ドメスティックバイオレンス ドメスティックバイオレンスの概要

ドメスティックバイオレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 22:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ドメスティックバイオレンス
分類および外部参照情報
eMedicine article/805546
Patient UK ドメスティックバイオレンス
MeSH D017579
テンプレートを表示

注釈

  1. ^ 例えば、殴ったり、蹴ったり、物を投げつけたり、突き飛ばしたりするなどの身体に対する暴行。
  2. ^ 例えば、人格を否定するような暴言、交友関係や行き先、電話・メールなどを細かく監視したり、長期間無視するなどの精神的な嫌がらせ、あるいは、自分もしくは自分の家族に危害が加えられるのではないかと恐怖を感じるような脅迫。
  3. ^ 例えば、生活費を渡さない、貯金を勝手に使われる、外で働くことを妨害されるなど。
  4. ^ 例えば、嫌がっているのに性的な行為を強要される、見たくないポルノ映像等を見せられる、避妊に協力しないなど。

出典

  1. ^ a b Oxford Dictionary
  2. ^ ドメスティック・バイオレンス(DV)とは”. 男女共同参画局. 2021年6月10日閲覧。
  3. ^ 「男女共同参画白書 令和2年版」第1節 配偶者等からの暴力の実態”. 内閣府男女共同参画局. 2021年5月6日閲覧。
  4. ^ DV相談について - 内閣府男女共同参画局
  5. ^ DV相談ナビについて - 内閣府男女共同参画局
  6. ^ 山口県男女共同参画課ホームページ
  7. ^ a b 警察庁生活安全局生活安全企画課; 警察庁刑事局捜査第一課 (2021-03-04) (PDF,Excel). 令和2年におけるストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について (Report). pp. 5-7. https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/dv.html 2021年3月6日閲覧。. 
  8. ^ a b c d 内閣府男女共同参画局 (2021-01-12) (PDF). 配偶者からの暴力に関するデータ (Report). pp. 1-3. https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/data/pdf/2019soudan.pdf 2021年2月6日閲覧。. 
  9. ^ 『女性センター等における「男性相談のあり方」研究報告書』(神奈川県立かながわ女性センター)2005年3月
  10. ^ a b "内閣府男女共同参画局 (2007-01-29) (PDF). 配偶者からの暴力の被害者の自立支援等に関する調査 (Report). http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/ziritusien1904kekka.html 2019年12月22日閲覧。. 
  11. ^ 内閣府男女共同参画局 (2018-03) (PDF). 男女間における暴力に関する調査(平成29年度調査)>2 配偶者からの暴力の被害経験 (Report). pp. 23-38. http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/pdf/h29danjokan-4.pdf 2019年12月22日閲覧。. 
  12. ^ 法務省 (2019-12). 令和元年版犯罪白書 第6編 平成における犯罪被害者 第1章 犯罪被害 第2節 犯罪被害についての実態調査 2 31年調査の結果 イ 被害態様別被害申告率 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_6_1_2_2.html#h6-1-2-03 2019年12月28日閲覧。. 
  13. ^ “性的被害の申告14%、19年犯罪白書 DVなども低迷” (日本語). 日本経済新聞. (2019年11月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52756330Z21C19A1CR0000/ 2019年12月22日閲覧。 
  14. ^ 琉球新報』社説 2008年2月17日
  15. ^ DV保護命令に地域差 最多沖縄 - asahi.com 2009年7月27日
  16. ^ 生田綾 (2017年3月13日). “デートDVの実態とは? 「無理矢理キス」「全額おごって」も該当(調査結果)”. The Huffington Post. 2018年6月23日閲覧。
  17. ^ a b c “「今時の中高生女子はコワイ」、男子相手に金銭要求、暴力 「デートDV」の仰天実態に驚きの声”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年2月8日). https://www.j-cast.com/2016/02/08257909.html?p=all 2018年2月27日閲覧。 
  18. ^ a b c “デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上”. 毎日新聞. (2016年2月7日). https://mainichi.jp/articles/20160208/k00/00m/040/054000c 2018年2月27日閲覧。 
  19. ^ 郵便会社:暴力被害の女性の住所手に漏らす 福岡『毎日新聞』2011年12月24日
  20. ^ DV被害届を警官の夫に漏らし… 妻が京都府を提訴産経新聞』2011年10月6日
  21. ^ DV:被害訴えの女性の情報を夫側に漏らす 福島の警察署『毎日新聞』2012年8月7日
  22. ^ DVで避難したのに…女性の情報、夫に誤送付読売新聞』2012年8月28日
  23. ^ DV:被害女性情報を男性に漏らす 香川の簡裁事務官 『毎日新聞』2013年7月10日
  24. ^ DV元夫、調書で住所入手…大阪の女性が国提訴『読売新聞』2015年1月29日
  25. ^ (Bennett & Williams 1998)
  26. ^ スイス、DV被害の4人に1人は男性。「男らしさ」に縛られ、孤立する被害者たち『ビッグイシュー358号掲載(2019年6月17日閲覧)
  27. ^ ニューズウィーク』「孤立無援のDV被害者」2010.9.22
  28. ^ 今日のドイツ・ニュース
  29. ^ “「殴るふり」も家庭内暴力、8割が回答=女性部調査”. 朝鮮日報. (2008年4月12日). オリジナルの2008年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080413031903/http://www.chosunonline.com/article/20080412000043 2013年8月14日閲覧。 
  30. ^ “韓国で国際結婚に関する新法、違反仲介業者を摘発へ”. AFPBB News. (2008年5月20日). オリジナルの2014年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140810115854/http://www.afpbb.com/articles/-/2393692?pid=2948447%E3%80%80 2013年8月14日閲覧。 
  31. ^ “韓国に10万人以上の外国人妻、半数がDV被害に遭う”. Record China. (2010年1月14日). オリジナルの2015年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150225190559/http://www.recordchina.co.jp/a39130.html%E3%80%80 2014年12月14日閲覧。 
  32. ^ a b 『中国でも「夫婦間暴力」深刻、3割の家庭で』 2005年7月28日付配信 中国情報局サーチナ
  33. ^ 「自殺する女性15万人、家庭内暴力が原因」2006年11月28日付配信 サーチナ・中国情報局
  34. ^ 中村正 「アメリカにおけるドメスティック・バイオレンス加害者教育プログラムの研究[1]」 1999年6月 /
  35. ^ 東京都生活文化局 「『女性に対する暴力』調査報告書」 1998年3月
  36. ^ WHO WHO Multi-country Study on Women’s Health and Domestic Violence against Women 2005
  37. ^ 星野仁彦『発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社新書)。
  38. ^ R.E. Dobash and R.P. Dobash, "Violence and Social Change, Routledge & Kegan Paul, 1992.
  39. ^ K. Yllo and M. Bograd, "Feminist Perspectives on Wife Abuse, Sage", 1988.
  40. ^ 「ドメスティック・バイオレンス(DV)の加害者に関する研究」、『研究部報告』24、法務総合研究所研究部。
  41. ^ 松島京、「親密な関係性における暴力性とジェンダー」、『立命館産業社会論集』36(4)、2001年。
  42. ^ DV加害者だった52歳夫を変えた強烈な「自覚」 - 東洋経済
  43. ^ a b Goetz, Aaron T.; Shackelford, Todd K. (2006). Platek, Steven M.; Shackelford, Todd K.. eds. Female Infidelity and Paternal Uncertainty. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 82–100. doi:10.1017/cbo9780511617812.005. ISBN 9780511617812. https://www.cambridge.org/core/product/identifier/CBO9780511617812A014/type/book_part 
  44. ^ 【基調講演2】ブレット・ジョンソン「ファミリー・ジャスティス・センター(FJC)モデル - 米国におけるファミリー・バイオレンス被害者のためのワンストップ・サービスの導入事例 - 」”. 警察庁. 2021年1月11日閲覧。
  45. ^ a b c 米田 弘枝 (2010).「DVによる被害と支援」 日本心理臨床学会(監修)、日本心理臨床学会支援活動プロジェクト委員会(編)『危機への心理支援学――91のキーワードでわかる緊急事態における心理社会的アプローチ―― 』(pp. 97-98) 遠見書房
  46. ^ a b 森田展彰:家庭内の暴力に対するオープンダイアローグの応用.『精神科治療学』,33(3);317-323,2018.


「ドメスティックバイオレンス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドメスティックバイオレンス」の関連用語

ドメスティックバイオレンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドメスティックバイオレンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドメスティックバイオレンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS