ガラパゴス化 ガラパゴス化の概要

ガラパゴス化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 09:45 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

ガラパゴス化の背景

この国際競争の側面における言葉の背景としては、オープンソースであっても独自様式に流れがちなエンジニア[1]や、日本市場で独自の進化を遂げた携帯電話世界標準から掛け離れてしまう現象[2]を指すため代名詞的に用いられていた。同時期に生まれた言葉として「パラダイス鎖国」があげられる。

ガラパゴス化というキーワードが、正確にいつごろ発生したのか定かではないが、総務省が2006年10月より開催したICT国際競争力懇談会[3]および、そのWG(ワーキング・グループ)では、携帯電話のガラパゴス化についての議論が行われ、この記述が議事要旨[4]および最終とりまとめ[5]では、活字化されており、既に、携帯電話関係者の間では、ある程度、認識される用語となっていた。

その後、2007年12月の、野村総合研究所2015年プロジェクトチームのコメント[6]や著作『2015年の日本 -新たな「開国」の時代へ-』[7]でも述べられ、より一般に広まった。

書籍では、非製造業が公的制度・商慣行面で日本市場に最適化している現状を「ガラパゴス化現象」と表現し、そこからの脱却(地域社会の開国、いわゆるグローバル化)を説いている。

ガラパゴス諸島の位置。大陸からおよそ900km離れたガラパゴス諸島では、独自の生態系が発達した。現在は人間による汚染や密漁など、多くの問題が浮上している。

野村総合研究所オピニオン[8]は、以下のように定義づけている。

  1. 日本国内には、独特な環境(高度なニーズや規制など)基づいたサービスの市場が存在する
  2. 海外では日本国内とは異なる品質機能の市場が存在する
  3. 日本国内の市場が独自の進化を遂げている間に、海外市場では「デファクトスタンダード」の仕様が決まる[注釈 1]
  4. 気がついた時には、世界の動きから大きく取り残される

これを、同じ野村総研が製造業分野向けに解釈し直し[9]、さらに書籍『ガラパゴス化する日本の製造業 産業構造を破壊するアジア企業の脅威』(2008年)も出版され、一般に広まった。

これに対し、任天堂DSWiiの世界展開への成功例を挙げ、国際的な「デファクト」として成功しうるのであれば、国内独自規格である事が必ずしも直ちに不利ではないと主張する向きもある。[10]

ガラパゴス化への対策

十分に大きく単独で成立する、特異性の強い市場の存在が前提となる。この市場内で成功する戦略として、ローカルなニーズに基づいた独自進化の推進が考えられ、特化した高水準の製品やサービスが誕生する。一方でこれとは逆に、より多くの市場のニーズを同時に必要十分満たす、という戦略も成り立つ。世界的に無視できないシェアを得れば、事実上の標準となる可能性が出てくる。

この時、高水準の少数派は低水準の多数派に対し、規格争いで不利となる。各国独自のレギュレーション(法律・規格・法規など)を背景に消費者のニーズが生まれている例も多く、日本においては発泡酒第三のビール小型自動車(サイズL4.7xW1.7m・排気量2L以下(ガソリンのみ)のいわゆる4/5ナンバー車)軽自動車などがある。しかし、国際規格(デジュリスタンダード)は、日本独自のニーズとは別に存在しており、規制回避に特化した技術には競争力がない。但しその一方で、軽自動車の排気量拡大版が輸出または現地生産[注釈 2]されているように、ガラパゴス化した環境で鍛えた技術を後ろ盾に海外進出をはかる例もある[注釈 3]

逆に言えば、ガラパゴス化の回避には、レギュレーションの改善が必要なこともあり得ると言うことであり、その例として、韓国における小型車(Bセグメント-Cセグメント相当)規格の排気量拡大がある[注釈 4]。日本でもかつて3ナンバー車に対して同じような現象が起こっていた。

全体の傾向としては、日本独自(あるいは一社だけの)の規格を採用したり、日本(人)固有(日本語や日本文化、日本の環境・レギュレーションなど)のニーズにもとづいて商品を開発したりすることで日本の消費者を囲い込む。1億人強しかいない日本市場での消費者を取り込んでいるという状況にあるので、顧客一人あたりの単価を上げることが追求され、高性能・多機能・高価格化が起こる。日本国外からの参入が阻まれ、一定の利益はあがるが、同じ商品で世界市場に参入することは困難な状況に陥る。その一方で、世界市場で営業を展開する商品は、消費者のニーズの多様性から機能や品質は日本の製品に比べれば劣るが、生産規模が膨大であるため安価である。あるいは同価格帯の製品を比較した場合、日本の製品の方が、スペックなどの面で見劣りする。携帯電話、パーソナルコンピューター、カーナビゲーションシステムなどは、スペックや機能または両方高性能である場合が多かった。

しかし当然海外製品も進化するので、いずれ「高性能・高価格なガラパゴスモデルと低性能・低価格なグローバルモデル」という構図は過去のものとなる。 日本の製品は日本市場に封じ込められ、高機能・高コスト化を強いられるなか、海外製品は世界市場での切磋琢磨から最終的に基本性能も国内仕様の製品と同等以上になり、グローバルモデルが(全部ではないにしても一定数の)日本人の要求も満たすようになってくる。(特にパソコンやスマホなどはOSに依存するため、OSが日本語に対応してしまえば参入障壁は一気に下がる。) この時点で「安くて高性能、日本語にも対応」になった海外製のグローバルモデルが一気に日本国内に流入し、それに太刀打ちできない日本独自仕様製品の敗北という結末に結びつく。

なお、特にコンテンツ分野におけるガラパゴス化については、日本市場の中で培われた独特の表現が魅力になっていることも事実である。その典型例が日本アニメであり、中でも尖鋭化が著しい萌えアニメは多くの日本人にすら理解しがたい「内輪受け」的な記号に満ちており、ある種「ガラパゴス化」の極北であって、このようなジャンルは当然大きな輸出コンテンツにはなっていない。しかし、日本製のキッズアニメが世界各国に輸出されファンを得たことで、日本国外の子供たちがより様々な日本アニメ作品に興味を持つようになり、「萌え」的な記号をも理解するディープなアニメファンが生まれている。日本ではガラパゴス化という語を肯定的に使う内田樹五木寛之のような文化人も多いが、特に表現の分野に関するガラパゴス化については、それが良いとか悪いといった価値判断はつけにくい。


  1. ^ なお当初から国際規格(または欧州など有力なブロック内規格)として制定、運用される場合にはデジュリスタンダードと言う。この文脈で表現する場合には以下、「」付きの『「デファクト」』として記述する。
  2. ^ 実際スズキ・ダイハツ主要車種の多く(アルト、ワゴンR、MRワゴン、ジムニー、キャリイ/エブリイ、ミラ、ムーヴ、ハイゼットなど)は輸出や現地ブランド(デーヴ国民車(現:韓国GM)マルチプロドゥアアジア(キアに吸収)等)による海外生産の実績がある。
  3. ^ 端的な例に餃子の王将の中国進出がある。餃子の王将のメニューは中国人が外食で食すということはほぼあり得ないにもかかわらず、中国進出を決行して頓挫した。
  4. ^ それまでも輸出仕様車には1600ccを設定していたが、韓国は課税額が変わる基準が日本と同じく500cc刻みであるため内需向けには1600ccよりも税金が1ランク低くなる1500cc車の需要があり、メーカー各社はそれぞれのエンジンを作る必要があった。それが1600ccに引き上げられたことにより必要がなくなった。
  5. ^ 日本でのMNPの導入は2006年10月。
  6. ^ キャリアのロックを解除するサービスが日本と違い合法で安価に存在する。SIMロックが諸外国にないということはない。
  7. ^ Apple社は世界での総数は発表しているが国別の出荷数は発表していない。日本のJAITAの統計は海外メーカーの出荷数を含んでいない。
  8. ^ ぎゃる☆がん』など。
  9. ^ ボディサイズはほぼ5ナンバー枠に収まっているが、その排気量の大きさのため実際には3ナンバーである。
  10. ^ 1970年代の死亡事故増加に対処するため、道路交通法を所管する警察庁交通局がとった措置による。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガラパゴス化」の関連用語

ガラパゴス化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガラパゴス化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガラパゴス化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS