NIH症候群とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 症候群 > NIH症候群の意味・解説 

NIH症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 01:50 UTC 版)

NIH症候群: Not Invented Here syndrome)とは、ある組織や国が別の組織や国(あるいは文化圏)が発祥であることを理由にそのアイデアや製品を採用しない、あるいは採用したがらないこと。また、その結果として既存のものとほぼ同一のものを自前で再開発すること。独自技術症候群と訳されることもある[1]。端的に「自前主義」とも。


  1. ^ Gancarz 2001, p. 6.
  2. ^ Katz & Allen, Investigating the Not Invented Here (NIH) Syndrome: a look at the performance, tenure and communication patterns of 50 R&D project groups. R&D Management vol. 12, pp. 7-19, 1982.
  3. ^ Bill Carter, Desperate Networks, New York: Doubleday, 2006. pp. 130-131


「NIH症候群」の続きの解説一覧




NIH症候群と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NIH症候群」の関連用語

NIH症候群のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NIH症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNIH症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS