縦割り行政とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 行政 > 縦割り行政の意味・解説 

縦割り行政

読み方:たてわりぎょうせい
別表記:タテ割り行政

行政組織の上下関に基づき営まれることを意味する語。もっぱら、その事業分野管轄する省庁、およびその下位組織の間でのみやりとりが行われ、異な分野にまたがる連携がとられない様子を指す。一般的に行政サービス効率化阻む要因一つみなされる

縦割り行政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 16:47 UTC 版)

縦割り行政(たてわりぎょうせい)とは、行政機関における不合理な役割分担や各省庁の過剰な管轄意識によって行政サービスが非効率に陥る問題。行政機関ごとに制定される法令の重複や矛盾あるいは包括的な情報収集が困難になるなどの弊害を含む[1]


  1. ^ 諸外国の博物館政策に関する調査研究報告書”. 公益財団法人文部科学省. 2020年2月11日閲覧。
  2. ^ 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』(文藝春秋)


「縦割り行政」の続きの解説一覧



縦割り行政と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「縦割り行政」の関連用語

縦割り行政のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



縦割り行政のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの縦割り行政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS