リンクスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > コース > リンクスの意味・解説 

リンクス【links】

読み方:りんくす

海岸河岸造られた比較的平坦なゴルフ場


リンクス【lynx】

読み方:りんくす

オオヤマネコのこと。


【リンクス】(りんくす)

Westland Lynx

英仏陸海軍使用することを前提設計された、ウェストランド社(現アグスタウェストランド製の中型汎用ヘリコプター初飛行1971年
シュド・アビアシオン(現ユーロコプター)も開発参加しライセンス生産おこなっている。
アメリカ製UH-1よりも高性能機体として開発されアルーエト3などの後継機として用いられている。

エンジンとしてロールスロイスジェム ターボシャフト双発備えローターグラスファイバーチタニウム用いた4ブレード折り畳み式で、当初から海上運用意識されている。
とはいえ陸上型と海上型では機体構造差異があり、海上型がランディングギア備えているに対し陸上型ではランディングスキッド備えテイルブームの折り畳み機構省略されている。

リンクスMk.8ではBERP(英国実験ローター計画に基づき改良型ローター装備し能力向上果たしている。
このBERPローター旧型にも改修装備されたほか、AW101にも活かされている。
輸出行われており、英仏両国以外にもオランダ海軍をはじめ旧西ドイツアルゼンチンブラジルデンマーク韓国などでも採用されている。

スペックデータ

派生型

主な輸出型(カッコ内は輸出国での呼称)

生産されなかったもの・計画中止のものなど

IMG_9630.jpg
Photo:MASDF

リンクス

名前 LinksRings

リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 08:41 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

リンクス

lynx

LYNX

Lynx

  • 米国ゴルフメーカー。日本の播磨ゴルフ株式会社がLynx社を買収したGolfsmith社から日本のLynxのライセンスを取得して、株式会社リンクスに変更してグローバル展開をしている。

linx

links

RINX

  • RINX - 日本のメンズ脱毛専門サロン。


リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 06:42 UTC 版)

魔天道ソナタ」の記事における「リンクス」解説

Chap.2に登場中学のときのミカエル同級生少女両親悪魔夫婦だが、天使になりたい子。黒髪淡い空色の瞳。

※この「リンクス」の解説は、「魔天道ソナタ」の解説の一部です。
「リンクス」を含む「魔天道ソナタ」の記事については、「魔天道ソナタ」の概要を参照ください。


リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:58 UTC 版)

ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の記事における「リンクス」解説

世界宿屋協会グランゼドーラ統括部長男性冒険者メガルーラストーン配布するキャンペーン行っていた。だがその裏古代の遺跡発掘・復元し、被験者精神悪影響をもたらす実験行っていたことが発覚しロクサーヌ再教育プログラム受けさせられることとなった

※この「リンクス」の解説は、「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の解説の一部です。
「リンクス」を含む「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の記事については、「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の概要を参照ください。


リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 07:04 UTC 版)

アーマード・コア4」の記事における「リンクス」解説

ネクストAC駆る者の事。

※この「リンクス」の解説は、「アーマード・コア4」の解説の一部です。
「リンクス」を含む「アーマード・コア4」の記事については、「アーマード・コア4」の概要を参照ください。


リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 09:31 UTC 版)

エターナルアルカディア」の記事における「リンクス」解説

アルマダ第四艦隊旗艦提督ベレーザ座乗艦。赤い艦体色と流線形フォルム特徴で、高いスピード推進力を持つ。火力控えめで必殺砲も持たないが、その代わり旗艦唯一煌術砲」を搭載している。

※この「リンクス」の解説は、「エターナルアルカディア」の解説の一部です。
「リンクス」を含む「エターナルアルカディア」の記事については、「エターナルアルカディア」の概要を参照ください。


リンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:56 UTC 版)

ハレルヤ -運命の選択-」の記事における「リンクス」解説

大停電以降東京内で若者だけが発現する異能力スマホによって能力発動され人々からグッジョブ集めることにより力が上がる。25歳以降に確認されておらず加齢によりいずれ失われる能力とされている何らかの状況により能力失った場合は心が凍り意識戻らない態となってしまう。

※この「リンクス」の解説は、「ハレルヤ -運命の選択-」の解説の一部です。
「リンクス」を含む「ハレルヤ -運命の選択-」の記事については、「ハレルヤ -運命の選択-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リンクス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リンクス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リンクスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リンクスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リンクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLynxの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリンクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魔天道ソナタ (改訂履歴)、ドラゴンクエストXの登場キャラクター (改訂履歴)、アーマード・コア4 (改訂履歴)、エターナルアルカディア (改訂履歴)、ハレルヤ -運命の選択- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS