ポツンと一軒家 視聴率

ポツンと一軒家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 06:55 UTC 版)

視聴率

特番時代から、日曜夜という視聴率激戦区において高視聴率を記録している。特に、放送開始1年目は視聴率20%超えが関東地区で7回、関西地区で8回達成している(いずれも世帯視聴率)。

しかし、2020年春から本格的に導入された「個人視聴率」や若年層(13歳から49歳)をターゲットとしている「コア視聴率」では本番組は性別や年齢層別の集計によっては最下位に近い週も発生するなど、苦戦を強いられている[15][16]

レギュラー放送視聴率
初回視聴率:14.0%(2018年10月7日放送、関東地区)
最高視聴率:22.9%(2020年4月26日放送、関東地区)[17]23.7%(2020年4月26日放送、関西地区)[18]
平均視聴率
2018年の年間視聴率:14.0%(関東地区)
2019年の年間視聴率:17.8%(関東地区)
2020年の年間視聴率:18.2%(関東地区)
2021年の年間視聴率:15.1%(関東地区)
2022年の年間視聴率:13.8%(関東地区)[19]

出演者

MC
レギュラーパネリスト[注 4]
  • 林修 - 字幕の色は水色。着席位置は下手寄り。

放送リスト

不定期特番

放送日 ゲスト 備考
1 2017年10月22日(日) 高橋克実波瑠 18:00 - 19:57[注 5]に放送。
2 2018年01月14日(日) 市村正親羽田美智子 18:30 - 21:00に放送。
3 2018年03月25日(日) 松本利夫EXILE)、黒木瞳 18:30 - 20:54に放送。
4 2018年05月27日(日) 光石研相武紗季 19:58 - 20:54に放送。
5 2018年06月03日(日) 中村芝翫関根麻里 18:30 - 19:58に放送。
6 2018年07月01日(日) 尾上松也貫地谷しほり 18:57 - 20:54に放送。
7 2018年07月22日(日) 尾上松也、真飛聖 18:57 - 19:58に放送。
8 2018年08月19日(日) 薬丸裕英鈴木杏樹 18:57 - 20:54に放送。

レギュラー放送

  • 放送日が2段になっているものについては、上段が制作局での放送日、下段が制作局以外のテレビ朝日をはじめとする大半のテレビ朝日系列フルネット局での放送日。放送日時が通常時間となっていない放送日に関しては、注記を行い、具体的な放送時間も明示。

アクシデント

2020年7月5日は当初、「あの家は今?」の企画で、宮崎県の一軒家を取り上げる予定だったが、放送当日に熊本県南部を中心に発生した豪雨(令和2年7月豪雨)を連想させるシーンがあるため、急遽予定を変更し、2020年1月19日に放送されたものを再放送した[注 6]

2021年7月11日は当初、熊本県の一軒家を取り上げる予定だったが、放送前日に熊本県・鹿児島県・宮崎県で発生した豪雨の影響を受けて、急遽予定を変更し、2021年2月7日に放送されたものを再放送した。奇しくも前述の2020年7月から約1年経過して、ほぼ同じ理由での内容変更となった[注 6]。その日放送予定だった内容は、同年9月5日に放送された。

番組コラボ

2020年3月29日は、姉妹番組である『大改造!!劇的ビフォーアフター』とのコラボ企画で、2019年9月22日に放送した一軒家をリフォームした模様を放送。18:30 - 18:57は『ポツンと一軒家』特別編として事前に取材した模様がダイジェストで紹介され、18:57 - 20:56は『大改造!!劇的ビフォーアフター ポツンと一軒家を匠がリフォームスペシャル!!「物件313 物置になった家」』を放送。所と林は『ポツンと一軒家』には出演せず、『ビフォーアフター』のみの出演となった[注 7][20][21]

2023年8月20日は、テレビ朝日系列の人気バラエティ番組による3夜連続コラボ企画第2弾『『ザワつく!池上彰&林修!ポツンと秘境バス 真夏の番組コラボ金土日』の第3夜として、『帰れマンデー見っけ隊!!』の企画『秘境路線バスの旅』とのコラボ特番『ポツンと一軒家×帰れマンデー秘境バス 田舎の魅力を再発見SP』が放送。制作は前半をテレビ朝日、後半はレギュラー同様に朝日放送テレビが担当した。前半(19:00 - 19:58)は『秘境路線バスの旅』として、サンドウィッチマン、秋山竜次(ロバート)、オカダ・カズチカが、路線バスに乗り、前述の『ビフォーアフター』とのコラボでリフォームされた一軒家をゴールに旅を展開した。後半(19:58 - 20:56)は『ポツンと一軒家』のレギュラー同様、番組取材班が発見したポツンと一軒家の新作を放送。スタジオでは所・林とサンドが出演し、一緒に進行、VTRを鑑賞した[22]

2018年(平成30年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
1 10月07日 米倉涼子
三浦翔平
初回2時間半SP(18:30 - 20:54に放送) 14.0%
2 10月14日 内藤剛志
馬場ふみか
11.8%
3 10月21日 久本雅美
岡山天音
12.8%
4 10月28日 草野仁
山瀬まみ
13.7%
5 11月04日 梅沢富美男
宮本茉由
14.4%
6 11月11日 上川隆也
早見あかり
2時間半SP(18:30 - 20:54に放送) 15.4%[23]
7 11月25日 立川志らく
しゅはまはるみ
15.0%
8 12月09日 和田アキ子
津田寛治
14.1%
9 12月16日 関根勤
内田恭子
14.8%
2019年(平成31年/令和元年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
10 01月06日 財前直見
間宮祥太朗
2時間半SP(18:30 - 21:00に放送) 15.4%
11 01月20日 勝村政信
持田香織
14.2%
12 01月27日 平泉成
トリンドル玲奈
14.9%
13 02月03日 伊武雅刀
川田裕美
13.8%
14 02月10日 高橋克典
三田寛子
15.2%
15 02月24日 MEGUMI
横山だいすけ
16.4%
16 03月03日 武田鉄矢
Dream Ami
15.9%
17 03月10日 泉谷しげる
飯豊まりえ
17.0%
18 03月24日 手塚とおる
酒井美紀
16.1%
19 03月31日 藤井フミヤ
市川紗椰
2時間半SP(18:30 - 20:54に放送) 16.8%[24]
20 04月07日 森公美子
emma
17.6%
21 04月14日 高橋一生
畠山愛理
16.6%
22 04月21日 雛形あきこ
魔裟斗
17.2%
23 05月05日 村上弘明
枡田絵理奈
17.7%
24 05月12日 髙田万由子
永瀬廉King & Prince
17.7%
25 05月19日 吉田鋼太郎
岡本玲
19.8%
26 05月26日 近藤芳正
丘みどり
6分延長(19:58 - 21:00に放送) 19.0%
27 06月02日 小日向文世
岡副麻希
19.2%
28 06月09日 坂崎幸之助THE ALFEE
吉本実憂
20.3%
29 06月23日 坂口健太郎
松島花
20.7%
30 06月30日 市川右團次
泉里香
20.7%
31 07月07日 真野恵里菜
竜星涼
20.6%
32 07月14日 高杉真宙
朝比奈彩
19.3%
33 07月28日 木南晴夏
生駒里奈
18.3%
34 08月04日 尾上寛之
広瀬アリス
[注 9] 17.8%
35 08月11日 片岡愛之助
今田美桜
19.4%
36 08月18日 沢村一樹
本仮屋ユイカ
20.7%
37 08月25日 (特別編) 全編VTRで構成されたためスタジオ部分はなかった(所・林も不出演)。 14.4%
38 09月08日[注 10]
09月01日
西田敏行
伊原六花
朝日放送テレビ(当番組の制作局)と広島ホームテレビ[注 11]は各局ローカルのプロ野球中継を優先するため、テレビ朝日をはじめとする同系列フルネット22局では、本来の放送日時に制作局からの先行裏送りネットを実施した。 18.4%
39 09月08日[注 12] 春風亭一之輔
辻元舞
20.7%
40 09月15日 田中要次
前田敦子
17.8%
41 09月22日 筒井真理子
TAKAHIRO(EXILE
[注 13] 18.0%
42 09月29日 松岡茉優
西銘駿
20.8%
43 10月06日 寺島しのぶ
鈴木浩介
この回から放送時間が2分拡大し20:56までになる。 19.9%
44 10月13日 天海祐希
遠藤憲一
2時間半SP(18:30 - 20:56に放送) 16.4%[25]
45 10月27日 升毅
仁村紗和
20.7%
46 11月03日 田山涼成
栗山千明
18.3%
47 11月10日 山崎まさよし
菊川怜
18.1%
48 11月24日 堤真一
AYA
19.7%
49 12月01日 中田喜子
瀬戸利樹
17.7%
50 12月08日 山本寛斎
若村麻由美
18.5%
51 12月15日 立川志らく
牧野真莉愛モーニング娘。'19
19.1%
52 12月29日 ゲスト無し 2時間SP(19:58 - 22:00に放送) 15.4%
2020年(令和2年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
53 01月05日 高橋英樹
黒島結菜
19.5%
54 01月19日 山口もえ
渡辺大知
16.1%
55 02月02日 速水もこみち
木嶋真優
18.8%
56 02月09日 宮尾俊太郎
夏菜
17.5%
57 02月16日 高橋克典
すみれ
18.4%
58 02月23日 西郷輝彦
武田玲奈
18.1%
59 03月01日 坂口健太郎
E-girls
18.8%
60 03月08日 中村橋之助
髙橋ひかる
3分短縮(19:58 - 20:53に放送) 20.4%[26]
61 03月15日 秋野暢子
成田凌
22.2%
62 03月29日 特別編 大改造!!劇的ビフォーアフター ポツンと一軒家を匠がリフォームスペシャル!!』の前座番組として放送された(18:30 - 18:57に放送)[注 14][21]
63 04月05日 かたせ梨乃
加藤諒
19.7%
64 04月19日 間宮祥太朗
姿月あさと
20.0%
65 04月26日 山内惠介
谷村美月
22.9%[27]
66 05月10日 ゲスト無し 21.9%[28][29]
67 05月17日 新型コロナの影響で、所と林のみの出演で、セットの無いスタジオで、所と林の席の距離をあけて収録された[30] 19.8%[31]
68 05月24日 22.2%[32]
69 05月31日 20.9%[33]
70 06月07日 19.2%[34]
71 06月14日 19.5%[35]
72 06月21日 18.2%[36]
73 06月28日 18.3%[37]
07月05日 山口もえ
渡辺大知
2020年1月19日放送分の再放送(前述) 18.8%[38]
74 07月19日 ゲスト無し 17.3%[39]
75 07月26日 17.8%[40]
76 08月02日 18.9%[41]
77 08月09日[注 15] 19.8%[42]
78 08月16日 20.9%[43]
79 08月23日 14.3%[44]
80 08月30日 18.8%[45]
81 09月13日 17.8%[46]
82 09月20日 16.2%[47]
83 09月27日 16.8%[48]
84 10月11日 2時間SP(19:58 - 21:51に放送) 16.5%[49]
85 10月18日 14.4%[50]
86 10月25日 15.5%[51]
87 11月01日 15.3%[52]
88 11月08日 16.5%[53]
89 11月22日 16.1%[54]
90 11月29日 15.7%[55]
91 12月06日 15.1%[56]
92 12月13日 立川志らく
山瀬まみ
約半年ぶりに新作を放送[13] 14.2%[57]
2021年(令和3年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
93 01月03日 沢村一樹
井上真央
3時間SP(18:00 - 21:00に放送)[58] 16.1%[59]
94 01月17日 高畑充希
リョウガ超特急
16.2%[60]
95 01月24日 馬場ふみか
桜田通
15.9%[61]
96 01月31日 小田井涼平純烈
深川麻衣
17.0%[62]
97 02月07日 高橋克実
岡本玲
14.6%[63]
98 02月14日 DAIGO
福岡みなみ
14.7%[64]
99 02月21日 森口瑤子
今井翼
15.2%[65]
100 02月28日 松崎しげる
奥菜恵
15.4%[66]
101 03月07日 伍代夏子
鈴木伸之劇団EXILE
15.5%[67]
102 03月14日 相田翔子
坂口健太郎
15.2%[68]
103 03月21日 片岡鶴太郎
宇野実彩子AAA
15.2%[69]
104 03月28日 松山ケンイチ
木村文乃
この回をもって、前身の『人生で大事なことは○○から学んだ』から5年間にわたりナレーションを務めたキートン山田が番組を卒業。 13.7%[70]
105 04月04日 紫吹淳
小宮璃央
この回より、前述のキートン山田に替わり、緒方がナレーションを担当。 15.3%[71]
106 04月11日 山下健二郎三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
新條由芽
15.5%[72]
107 04月18日 IKKO
佐々木久美日向坂46
16.7%[73]
108 04月25日 真矢ミキ
伊藤淳史
2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 16.8%[74]
109 05月02日 松岡充
安藤美姫
14.8%[75]
110 05月16日 内藤剛志
井上咲楽
16.5%[76]
111 05月23日 菊池桃子
柳楽優弥
17.3%[77]
112 05月30日 小倉智昭
高橋ユウ
16.7%[78]
113 06月06日 キムラ緑子
河合郁人A.B.C-Z
14.2%[79]
114 06月13日 賀来千香子
浅利陽介
15.9%[80]
115 06月20日 高橋みなみ
武尊
15.2%[81]
116 06月27日 井森美幸
山里亮太南海キャンディーズ
15.5%[82]
07月11日 高橋克実
岡本玲
2021年2月7日放送分の再放送(前述) 12.9%[83]
117 07月18日 船越英一郎
貴島明日香
14.9%[84]
118 08月01日 戸次重幸
本田望結
14.7%[85]
119 08月15日 水野真紀
前田旺志郎
16.0%[86]
120 08月22日 大地真央
高嶋政伸
2時間SP(19:00 - 20:56に放送)[注 16] 13.0%[87]
121 09月05日 春風亭昇太
高城れにももいろクローバーZ
当初は2021年7月11日放送予定だった(前述)。 14.0%[88]
122 09月12日[注 17] とよた真帆
小松菜奈
14.2%[89]
123 09月19日 沢口靖子
益若つばさ
14.2%[90]
124 09月26日 工藤阿須加
中村ゆりか
15.6%[91]
125 10月03日 木下ほうか
柴咲コウ
15.0%[92]
126 10月10日 ゲスト無し 2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 14.1%[93]
127 11月14日 中村雅俊
松本まりか
14.4%[94]
128 11月21日 NAOTO(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS)
なえなの
14.9%[95]
129 11月28日 篠田麻里子
松島花
15.3%[96]
130 12月05日 内田有紀
北村有起哉
15.9%[97]
131 12月12日 (特別編) 元気な女性大集合2時間SP(19:00 - 20:56に放送)[注 18][98]
全編VTRで構成されたためスタジオ部分はなかった(所・林も不出演)。
13.6%[99]
132 12月26日 石坂浩二
葵わかな
3時間SP(19:00 - 21:56に放送) 12.7%[100]
2022年(令和4年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
133 01月09日 小沢真珠
桜井ユキ
13.6%[101]
134 01月16日 早乙女太一
島崎遥香
13.1%[102]
135 01月30日 浅野ゆう子
元木大介
14.5%[103]
136 02月06日 渡辺満里奈
小越勇輝
13.2%[104]
137 02月13日 YOU
つるの剛士
15.3%[105]
138 02月27日 ゲスト無し 13.4%[106]
139 03月06日 15.7%[107]
140 03月13日 峯村リエ
葉山奨之
14.4%[108]
141 03月20日 梅沢富美男
篠原ゆき子
14.3%[109]
142 03月27日 ソニン
石田ニコル
13.0%[110]
143 04月03日 風間トオル
福岡みなみ
13.6%[111]
144 04月10日 斉藤由貴
和田颯Da-iCE
13.5%[112]
145 04月17日 榊原郁恵
藤岡真威人
14.1%[113]
146 04月24日 原沙知絵
瀧川鯉斗
13.6%[114]
147 05月01日 明日海りお
松田里奈櫻坂46
14.2%[115]
148 05月08日 渡辺正行
吉本実憂
13.5%[116]
149 05月15日 DAIGO
高田夏帆
13.2%[117]
150 05月22日 岡本知高
井上咲楽
13.2%[118]
151 05月29日 檀れい
浦浜アリサ
14.0%[119]
152 06月05日 松たか子
賀喜遥香乃木坂46
12.9%[120]
153 06月12日 森公美子
大倉孝二
15.2%[121]
154 06月19日 山下美月(乃木坂46)
伊藤あさひ
13.0%[122]
155 06月26日 高畑淳子
早乙女太一
2時間SP(19:58 - 21:52に放送[注 19] 14.5%[123]
156 07月03日 要潤
トラウデン直美
13.9%[124]
157 07月17日 山里亮太
安斉かれん
13.0%[125]
158 07月31日[注 20] 田辺誠一
桜田ひより
14.3%[126]
159 08月07日[注 21] 泉ピン子
山崎樹範
13.4%[127]
160 08月14日 古田敦也
長濱ねる
13.5%[128]
161 08月21日 田中道子
数原龍友GENERATIONS from EXILE TRIBE
13.2%[129]
162 08月28日 (総集編) おもてなし料理SP。
全編VTRで構成されたためスタジオ部分はなかった(所・林も不出演)。
08.4%[130]
163 09月04日 原田美枝子
井本彩花
14.4%[131]
164 09月11日 和田アキ子
東原亜希
14.0%[132]
165 09月18日 上地雄輔
ねお
13.7%[133]
166 09月25日 橋本じゅん
近藤千尋
14.9%[134]
167 10月02日 佐々木蔵之介
髙橋ひかる
15.5%[135]
168 10月09日 小芝風花
松岡広大
14.3%[136]
169 10月16日 伊武雅刀
広瀬アリス
2時間SP(19:58 - 21:52に放送[注 19] 14.0%[137]
170 11月06日 泉谷しげる
横山由依
14.6%[138]
171 11月13日 森尾由美
星野真里
14.2%[139]
172 11月20日 勝俣州和
久間田琳加
14.3%[140]
173 12月04日 EXILE MAKIDAI
ほのか
14.4%[141]
174 12月11日 若村麻由美
益田恵梨菜
14.1%[142]
175 12月25日 沢村一樹
香里奈
3時間SP(19:00 - 21:56に放送) 13.2%[143]
2023年(令和5年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
176 01月08日 西村まさ彦
矢作穂香
11.3%[144]
177 01月15日 髙嶋政宏
矢田亜希子
2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 14.1%[145]
178 01月29日 綾瀬はるか
鈴木浩介
12.4%[146]
179 02月05日 中山美穂
新浜レオン
13.4%[147]
180 02月12日 佐藤隆太
加藤史帆(日向坂46)
12.7%[148]
181 02月19日 飯田基祐
神部美咲
13.6%[149]
182 03月05日 赤井勝
藤本美貴
13.2%[150]
183 03月26日 北村一輝
みちょぱ(池田美優)
13.3%[151]
184 04月02日 宇野実彩子(AAA)
香音
13.5%[152]
185 04月09日 中越典子
中村アン
2週連続(前・後編)で放送。 13.9%[153]
186 04月16日 12.9%[154]
187 04月23日 勝地涼
清野菜名
2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 12.7%[155]
188 05月14日 三田寛子
松村沙友理
12.3%[156]
189 05月21日 尾美としのり
石井杏奈
12.5%[157]
190 05月28日 松下由樹
高橋みなみ
13.4%[158]
191 06月04日 榎木孝明
石川花
12.1%[159]
192 06月11日 賀来千香子
タカシ(超特急)
12.2%[160]
193 06月18日 岸井ゆきの
山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS)
13.2%[161]
194 06月25日 ISSADA PUMP
丹生明里(日向坂46)
13.3%[162]
195 07月02日 浅田美代子
犬飼貴丈
12.9%[163]
196 07月09日 渡辺いっけい
工藤遥
13.5%[164]
197 07月16日 伊藤英明
山之内すず
3時間SP(19:00 - 21:56に放送) 12.3%[165]
198 08月06日 陣内孝則
飯豊まりえ
11.3%[166]
199 08月13日 林家正蔵
モモコグミカンパニー
11.5%[167]
200 08月20日[注 22] サンドウィッチマン[注 23]
秋山竜次ロバート[注 24]
オカダ・カズチカ[注 24]
ポツンと一軒家×帰れマンデーコラボ 2時間SP(19:00 - 20:56に放送)[注 25][22]
前半はテレビ朝日、後半は朝日放送テレビが制作を担当した。
12.4%[注 26]
14.9%[注 27][168]
201 08月27日 (特別編) 全編VTRで構成されたためスタジオ部分はなかった(所・林も不出演)。
202 09月03日 tetsuyaL'Arc〜en〜Ciel
門脇麦
13.7%[169]
203 09月10日 上川隆也
川瀬莉子
2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 11.1%[170]
204 09月17日 六角精児
えなこ
11.5%[171]
205 09月24日[注 28] 槙野智章
早見あかり
12.0%[172]
206 10月01日 酒井美紀
濱正悟
11.7%[173]
207 10月08日 本田望結
井上祐貴
09.8%[174]
208 10月15日 山里亮太(南海キャンディーズ)
堀田真由
2時間SP(19:58 - 21:56に放送) 11.3%[175]
209 10月22日 加藤貴子
梅澤美波(乃木坂46)
12.1%[176]
210 10月29日 竹野内豊
逢沢りな
12.4%[177]
211 11月05日 武田真一
田中あいみ
10.6%[178]
212 11月12日 高橋ユウ
矢吹奈子
12.6%[179]
213 11月19日 (特別編) 全編VTRで構成されたためスタジオ部分はなかった(所・林も不出演)。 11.5%[180]
214 11月26日 加藤ローサ
萩原利久
12.0%[181]
215 12月03日 的場浩司
岩渕真奈
13.4%[182]
216 12月10日 浅野ゆう子
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
11.6%[183]
217 12月17日 黒木瞳
佐々木希
3時間SP(19:00 - 21:56に放送) 13.0%[184]
2024年(令和6年)
放送日 ゲスト 備考 視聴率[注 8]
218 01月14日 名取裕子
岡崎紗絵
2時間SP(19:58 - 21:56に放送)
番組初、海外[注 29]のポツンと一軒家を取り上げた[185]
12.0%[186]
219 01月28日 福士蒼汰
竹内由恵
13.0%[187]
220 02月04日 NANAMAX
青木崇高
11.7%[188]
221 02月11日 笹野高史
鈴木砂羽
11.2%[189]
222 02月18日 紫吹淳
菅井友香
11.6%[190]
223 02月25日 坂東彌十郎
高橋ひとみ
2時間SP(19:00 - 20:56に放送) 13.4%[191]
224 03月03日 内藤剛志
蝶花楼桃花
12.5%[192]
225 03月17日 池上季実子
前田公輝
12.2%[193]
226 03月24日 滝沢沙織
飯豊まりえ
12.3%[194]
227 03月31日 市川右團次
夏菜
2週連続(前・後編)で放送。 12.6%[195]
228 04月07日

スタッフ

レギュラー(2024年2月18日時点)

〈技術〉

  • TP・TD:山田洋和(ロケ技術CAM兼務の回あり)
  • CAM:三好哲也、亀田勇、中村純(中村→以前はTP・TD►一時離脱►復帰)、杉山紀行(ロケ技術CAM兼務の回あり、以前は毎週)、安達良(以前はロケ技術CAM/CAM►一時離脱►復帰)【週替り】
  • VE:楠部達也
  • VTR:徳永一馬(以前はVTR→VE)、善方光一(一時離脱►復帰)【週替り】
  • LD:稗田晋一
  • MIX:伊藤璃子

〈ロケ技術〉

  • CAM:岡田栄・山田洋和・千葉弦毅・杉山紀行・三好哲也(池田屋)、塚本達郎(共同テレビジョン)、高野清隆(写楽)、白似田健介、吉田剛(吉田→以前はロケ技術CAM/ドローン►一時離脱►復帰)、海渡敬介(OCEAN CROSS)、石田優行、杉村正規(杉村→一時離脱►復帰)、山本真也、高師専(千)吉(フロムアール)、齊藤将光、伊藤正彦、奥村一彦(白似田・奥村→一時離脱►復帰)【週替り】
  • ドローン:大貫晶(以前はロケ技術CAM兼務)、藤本拓磨、早川多祐(GUTS、普段はディレクター)、田中佳津樹、高師専吉(フロムアール)、吉田剛【週替り】
  • VE:梅津大輔【週替り】
  • 編集:滝嶋秀臣、江原英生
  • MA:浦辺裕太
  • 音効:篠原光、東由美、明田悠依
  • 技術協力:池田屋、Bluebox Studio、レモンスタジオ(以前は砧スタジオで表記)、TACT(旧TAMCO[注 30]佳夢音、Soyb CooE、DOME【毎週】、写楽(写楽→以前は毎週)、メディアリース、オーシャンクロス、THREE CHORD MOVIES、フロムアール、miruca、mabu、ITB(THREE・フロム→一時離脱►復帰)【週替り】

〈美術〉

  • プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:別所晃吉
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具製作:木村敬
  • 大道具操作:菅原英一
  • アクリル装飾:松浦由佳
  • マルチ:伊藤拓也
  • 装置:藤生由紀
  • 電飾:熊田裕衣子
  • ヘアメイク:武部千里
  • タイトルCG:早瀬瑠璃
  • 美術協力:フジアール[注 31]東宝舞台ヤマモリテルミック、マルチバックス
  • 編成:田上英幸、森川亜紀(共に朝日放送テレビ、2024年2月18日 - )
  • 営業:髙妻蔵馬(朝日放送テレビ、2023年6月25日 -、2020年7月19日 - 2022年1月は編成)
  • 番組宣伝:平田めぐみ、槇野博信(共に朝日放送テレビ、2023年6月4日 - )
  • キャスティング:田村力(ビーオネスト)
  • 制作補:松生藍(バックアップメディア、2023年11月26日 - )、大本昌徳(Ao,inc.)、磯田今日子(JUMP)
  • 番組デスク:中村美恵(朝日放送テレビ、2022年4月10日 - )
  • 演出補:鈴木彩音(鈴木→以前は週替り)、小原康樹(小原→以前は週替り►毎週►週替り)、藤田剛、小玉彩花(小玉→以前は週替り)【毎週】、鈴木佑磨、山本鈴奈、中野晴香、小松理紗【週替り】
  • ディレクター:黒河内隼仁・小原斎(JUMP)、黒川和樹、早川多祐(早川→GUTS、ドローンの回あり)、岡島友孝、加藤翔輝(3RINGS)、本橋宏之(GUTS、以前は週替り)【毎週】、永田修一、瀧島光人(プロジェクト ドーン、以前は毎週)【週替り】
  • 演出:古原幸一・熊田明弘(JUMP、熊田→2023年4月9日 -、以前はディレクター►一時離脱►復帰)、古賀謙一(Ao,inc.)
  • 総合演出:高橋章良(CHAPTER)
  • プロデューサー:一丸拓之(JUMP)、青山速己・武川和美(Ao,inc.)、廣中ゆかり(GUTS)
  • チーフプロデューサー:桒山哲治(朝日放送テレビ、2021年1月17日 -、2020年7月19日 - 2021年1月3日まではプロデューサー)
  • 制作協力:TV CLUB、ワタナベエンターテインメントGUTS、Ao,inc.
  • 制作/制作協力:JUMP、CHAPTER【隔週で担当が異なる】
  • 制作:朝日放送テレビ

過去のスタッフ

  • ナレーション:キートン山田(番組開始時 - 2021年3月28日)[14]
  • 構成:ビル坂恵
  • ブレーン:植田貴之(朝日放送テレビ、以前はチーフプロデューサー)、谷口秀一(インガルス)
  • TP:別府忠久
  • CAM:佐藤文、檜山忠
  • VTR:熊倉智大、中村寿昌、吉岡辰沖
  • ロケ技術CAM:竹本真也、佐藤慎也、千葉元気、金子圭太郎、鴫原直彦、安藤恒(共同テレビ)、植松賢一、毛利公美、横山修、平尾隆弘(JAX)、河野浩典、三宅凌平、行廣晋一、黒田勝征、松本安正、山岸祐一(ピースリー本舗)、岩崎真澄、山下貴之、中垣宏一、橋本俊令(ヒートワン)、河合輝久、松浦覚(松浦→以前はドローン)、西謙三、松本綾佳、越智宏亮、那波雄大
  • ロケ技術CAM/ドローン:柳澤将喜、玉城悟
  • ドローン:三橋孝裕、植松正行、境哲也、鈴木修二、薮内楽、松花澤健一、森哲也、新立翔、岡田秀一、佐々木孔明、森下智文、岡野進司、橋本俊令(ヒートワン)、小野寺亨、櫻井優一、矢尾板亨、稲田悠樹、広瀬和久、福重伸隆(福重→以前はVTR)
  • 技術協力:空創技研プロペラ、アルファーミングル、そらパチ!、プロダクションナップ、スズキシューティングサービス、AVC放送開発、瀬戸内DroneWalker、アシスト日南、アカシック・ビジョン、ツウテック、ピースリー本舗、Agrid、ジェイ・クルー、エムテック空撮サービス、サクラボ、共同テレビジョン[注 32]、プレサイド、ヒートワン、WIN-plus、アカシックビジョン、コマンドディ、みさる屋、ツウテック、UGcompany、テーク・ワン、アールビット
  • 大道具製作:卜部徹夫
  • 大道具操作:大坪信昭
  • アクリル装飾:松本健
  • 電飾:福田隆正
  • 編成:石橋義史(朝日放送テレビ、番組開始時 - 2019年10月27日)、鈴鹿相哉(朝日放送テレビ、2019年6月23日 - 2024年2月11日)
  • 営業:伊地智厚太(朝日放送テレビ)、多喜澪(朝日放送テレビ)、長嶋亮(朝日放送テレビ、2019年11月10日 - 2020年7月12日)、武田行剛(朝日放送テレビ、2020年7月19日 - 2022年6月5日)、田嶋康次郎(朝日放送テレビ、2022年6月12日 - 2023年6月18日・9月24日)
  • 番組宣伝:藤田高一郎(朝日放送テレビ)、衣川淳子(朝日放送テレビ、2019年3月10日 - 2021年5月)、市川貴裕(朝日放送テレビ)、江﨑希与子(朝日放送テレビ、2021年6月6日 - 2022年6月5日)、中田陽子、澤野井信宏(共に朝日放送テレビ、2022年6月12日 - 2023年5月28日)
  • 番組デスク:松原幹(朝日放送テレビ、番組開始時 - 2022年4月3日)
  • 制作デスク:沢口恵美(JUMP)
  • 制作補:沖津一洋(Ao,inc.)、小嶋悠介(ホールマン、2019年7月14日 -)
  • 演出補:村椿智美、大塚未結、西田侑平、菅原由輝、尾上愛海、久保田侑平、我妻和希、山本康二、遠藤巧弥、山下雄司、上坂和也、小金丸理子、伊藤泰周、谷翔太、垣内佑太、佐々木真侑(垣内・佐々木→以前は毎週)、鵜飼由梨、久保田雄大、小林勇介(小林→以前は週替り)、石郷美紅、茂刈邦了、田中百音華(田中→以前は週替り)、小倉芽依、加賀美柚帆(加賀美→以前は週替り)、北直樹、渡辺宗(也)(渡辺→以前は毎週)
  • ディレクター:佐藤哲士・池田浩士・高橋行広(TWS)、佐藤一輝・水上雄一朗(GUTS)、今村拓実(TOSS)、須藤潤、藤尾佳央、笠松拓也、中野聡
  • プロデューサー:山下浩司(朝日放送テレビ、2018年12月9日 - 2019年10月27日)、花苑博康(TWS)、芝聡(朝日放送テレビ、2021年2月14日 - 2021年6月6日)、白石和也(朝日放送テレビ、2021年6月13日 - 2022年1月16日)、平田翔子(朝日放送テレビ、2022年1月30日 - 10月9日)、大橋洋平(朝日放送テレビ、2021年6月13日 - 2024年2月4日)
  • 制作協力:TWS

不定期特番

  • ナレーション:キートン山田、小山茉美
  • 構成:中野俊成、伊藤正宏、むらこし豪昭

〈技術〉

  • TP:別府忠久
  • TD:山田洋和
  • CAM:杉山紀行
  • VE:楠部達也
  • VTR:吉岡辰沖(第8弾)
  • MIX:伊藤璃子
  • LD:稗田晋一

〈ロケ技術〉

  • CAM:岡田栄(第1-6,8弾)、田端優一(第7,8弾)、安藤亘(第8弾)、小田裕貴(第1,6,8弾)
  • ドローン:櫻井優一(第2-6,8弾)、鈴木修二(第1,3,8弾)、川内達也(第2,8弾)
  • 編集:滝嶋秀臣(第8弾)
  • MA:浦辺裕太(第8弾)
  • TK:伊藤梓見
  • 音効:篠原光、東由美(共に第1,3弾-)、明田悠依(第3-5,7弾-)
  • 技術協力:池田屋、Bluebox Studio(Blue→第8弾)、砧スタジオ、TAMCO、DOME、佳夢音(スタジオ)、Shaluck!(写楽名義→第5弾まで、第7弾-)、Soyb cooE(Soyb→第7弾-)、共同テレビジョン(第1-4,8弾)、オーシャンクロス(第2,5,8弾)、空創技研(究)プロペラ(第2,3,5,6弾は研究名義、8弾)、HBC FLEX(第7弾-)、fmt(第1,8弾)、ウィンプラス(第2弾はWin-plus名義,8弾)(ロケ)

〈美術〉

  • プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:別所晃吉
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具製作:卜部徹夫
  • 大道具操作:大坪信昭
  • アクリル装飾:松本健(第5弾までは美術進行)
  • マルチ:伊藤拓也
  • 装置:藤生由紀
  • 電飾:福田隆正(第3弾-)
  • ヘアメイク:武部千里
  • タイトルCG:早川瑠璃(第3弾-)
  • 美術協力:フジアール、東宝舞台、ヤマモリ、テルミック、マルチバックス
  • 編成:石橋義史(朝日放送テレビ)
  • 営業:伊地智厚太・多喜澪(朝日放送テレビ)
  • 番組宣伝:市川貴裕・藤田高一郎(藤田→第4弾-)(朝日放送テレビ)
  • 番組デスク:松原幹(朝日放送テレビ)
  • キャスティング:田村力(ビーオネスト)
  • 制作補:磯田今日子(JUMP)
  • 制作デスク:沢口恵美(JUMP)
  • 演出補:上坂和也(第1弾-)、山本康二(第8弾)、フレッド彰史(第4弾-)、村椿智美(第3弾-)、大塚未結(第6弾-)
  • ディレクター:古賀謙一、早川多祐(GUTS)、佐藤哲士、小原斎、熊田明弘(JUMP、第5,8弾、他回は演出)
  • 演出:古原幸一(JUMP)
  • 総合演出:高橋章良(CHAPTER)
  • プロデューサー:一丸拓之(JUMP)、花苑博康(NEXTEP)
  • チーフプロデューサー:植田貴之(朝日放送テレビ、第4弾まではプロデューサー)
  • 制作協力:TV CLUB、ワタナベエンターテインメント/CHAPTER、GUTS、NEXTEP(NEXTEP→第1-3,8弾)
  • 制作:朝日放送→朝日放送テレビ、JUMP

過去のスタッフ(不定期特番)

〈技術〉

  • VTR:徳永一馬(第1,2,4-7弾)、善方光一(第3弾)

〈ロケ技術〉

  • CAM:河合輝久(第1弾)、黒田椎子(第2弾)、海渡敬介(第3,5,6弾)、竹本真也(第3,4弾)、松浦覚(第5弾)、金子直太郎、橋本俊令(第6弾)、高野清隆(第7弾まで)
  • VE:斉藤弘一(第2弾まで)
  • ドローン:福澤健二、高橋伸明、小野寺亨(全員第1弾)、薮内楽、桑野師一(全員第2弾)、筒井康友、大村孝徳(全員第3弾)、藤井豊(第3,4弾)、中西竜太(第5,6弾)、杉浦航也(第6弾)、伊藤公智、稲田悠樹(全員第7弾)
  • 水中撮影(第2弾):速形豪
  • 編集:伊藤和幸、安川修平、鈴木大知(全員第7弾まで)
  • MA:柴田敏幸(第6弾)、伊藤慎吾(第7弾まで)
  • 音効:藤原大介(第1弾)、堺慶史郎(第2,6弾)
  • 技術協力:スズキシューティングサービス、Sky shot、fmt、cool shooting(共に第1弾)、ザ・チューブ(第7弾まで)、インサイド・シケット、スカイスフィーダ、ジー・オーシャン(共に第2弾)、M-TANK(第2,6弾)、べーシステム山口(第3,4弾)、AVC放送開発(第5弾)、Web CHayana(第5,6弾)、ヒートワン、キュー(第6弾)、Raye project、コマンドティー(共に第7弾)
  • 電飾:熊田裕衣子(第2弾まで)
  • タイトルCG:soybeans&rice(第2弾まで)
  • 美術協力:テレサイト(第1弾)
  • 撮影協力:鳥羽磯部漁業協同組合、片浜荘(共に第2弾)
  • 映像協力:ABCリブラ(第2,3弾)
  • 協力:ヤマトリフォーム(第3弾)
  • 番組宣伝:田中彰(第3弾まで、朝日放送テレビ)
  • 演出補:市川頌子、脇田悠哉(共に第1弾)、市川良太(第2弾)、岡本佳和、藤田剛(第3弾)、余謀師(第4-6弾)、渡辺拓真(第6,7弾)
  • FD:小川剛(第1弾)
  • ディレクター:木下大輔(第1弾)、水上雄一郎(朗)(第4-7弾、第1,2弾は演出補)
  • プロデューサー:田村雄一(朝日放送テレビ、第1弾)
  • チーフプロデューサー:井口毅(朝日放送テレビ、第4弾まで)

注釈

  1. ^ 2018年3月(2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送(ABC、現・朝日放送グループホールディングス[1][2][3][4]
  2. ^ 『人生で大事なことは○○から学んだ』放送当時は2018年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  3. ^ Google Earthを使用。
  4. ^ 名目上はパネリストだが、進行役も担っている。
  5. ^ 本来は同日18:57 - 20:54に放送予定であったが、『選挙ステーション』(第1部…19:57 - 翌0:30・第2部…翌0:30 - 4:00)放送のため、57分繰り上げ。
  6. ^ a b 放送当日EPG
  7. ^ MC:所ジョージ、アテンダント:江口ともみ、ゲスト:林修、菜々緒。
  8. ^ a b c d e f g ビデオリサーチ調べ
  9. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対阪神」を放送するため、8月10日(土曜)13:00 - 14:00に放送(字幕放送なし。本来同枠で放送の自社制作番組『ひろしま深掘りライブ フロントドア』は休止)。
  10. ^ 15:25 - 16:25に放送(制作局ではこの日1回目の放送)。
  11. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対DeNA」を放送するため、9月7日(土曜)15:00 - 16:00に放送(字幕放送なし)。
  12. ^ 制作局をはじめとするテレビ朝日系列フルネット全24局で19:58 - 20:54に放送(制作局では同日に2回目の放送を行った)。先行ネット局での前回放送分の予告では、『2019 WBSC U-18ワールドカップ』で日本代表が決勝戦に進出した際に地上波中継を行う可能性があったことから、放送日が変更する場合がある旨が告知されていたが、日本代表が予選で敗退したことから、当初の予定通りでの放送となった。
  13. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対中日」を放送するため、後日に放送予定だったが、台風17号接近に伴う中止により同時ネットとなった。
  14. ^ VTRのみの構成で、所と林は直後の『ビフォーアフターSP(18:57 - 20:56)からの出演となった。
  15. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対中日」を放送するため、8月16日(日曜)12:00 - 12:55に放送。
  16. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対ヤクルト」を放送するため、9月4日(土曜)14:00 - 16:00に放送する予定だったが、雨天中止により同時ネットとなった。
  17. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対巨人」を放送するため(BS朝日でもテレビ朝日が別制作したものを放送)、9月19日(日曜)12:00 - 12:55に放送(字幕放送あり。通常同枠で放送の本番組の再放送を休止)。
  18. ^ 2021/2022 ISUグランプリファイナル(英語: 2021–22 Grand Prix of Figure Skating Final』開催中止による代替として放送(当日はエキシビションを放送する予定だった)。
  19. ^ a b テレビ朝日ほか一部ネット局では21:55まで放送
  20. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対中日」を放送するため、8月7日(日曜)12:00 - 12:55に放送(字幕放送あり。通常同枠で放送の本番組の再放送を休止)。
  21. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対阪神」を放送するため、8月14日(日曜)12:00 - 12:55に放送(字幕放送あり。通常同枠で放送の本番組の再放送を休止)。
  22. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対巨人」を放送するため(BS朝日でもテレビ朝日が別制作したものを放送)、『帰れマンデー』を8月26日(土曜)12:00 - 13:00に、『ポツンと一軒家』を8月27日(日曜)12:00 - 13:00に分割して振替放送予定だったが、9月3日(日曜)13:55 - 15:55に一挙放送する形に変更された(字幕放送は朝日放送テレビ主導制作の後半パートのみ実施)。当初予定していた放送枠では前者は『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の、後者は『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日)の再放送に変更となった。
  23. ^ 『帰れマンデー』MC
  24. ^ a b 『帰れマンデー』ロケゲスト
  25. ^ ザワつく!池上彰&林修!ポツンと秘境バス 真夏の番組コラボ金土日』第3夜として放送。
  26. ^ 『帰れマンデー秘境バス』パート(19:00 -19:58)
  27. ^ 『ポツンと一軒家』パート(19:58 - 20:56)
  28. ^ 広島ホームテレビはプロ野球「広島対ヤクルト」を放送するため、10月1日(日曜)12:00 - 12:55に放送(字幕放送あり。通常同枠で放送の本番組の再放送を休止)。
  29. ^ ニュージーランド
  30. ^ TBSグループ標準のロゴタイプをベースとする独自ロゴで表記している。
  31. ^ テレビ朝日系列の番組ながら、フジサンケイグループ統一書体の正式ロゴで表記されている。
  32. ^ 「共テレ」の愛称ロゴ(2018年10月制定)ではなく、「共同テレビ」の正式ロゴ(フジサンケイグループ統一書体)での表記を継続した後、2021年5月現在はゴシック体で「共同テレビジョン」と表記している。
  33. ^ 開始当初は不定期放送だったが当該時間帯で放送されていた『世界・ふしぎ発見!』(TBSテレビ)のネット打ち切りに伴い、2020年7月4日より定期放送開始。
  34. ^ 放送時間を変えて宮崎県内が登場した回を複数回連続放送する場合もある。
  35. ^ 複数話の連続放送あるいは放送休止(別番組の放送)する場合や、別の日時にも放送する場合がある。
  36. ^ 通常日曜ナイターは、サンテレビと朝日放送テレビの共同制作として、サンテレビ・KBS京都での放送とすることが多いが、対巨人戦は自社のみの放送(BS朝日で完全生中継〈地上波とは別制作〉で放送する場合は、サンテレビとのリレー中継は原則として実施しない。但し、BS朝日が放送しない場合はサンテレビとのリレー中継〈KBS京都では編成によりリレー中継の有無が異なる〉を実施する)とすることがある。
  37. ^ 朝日放送テレビ(阪神対巨人。リレー中継はサンテレビのみ実施)の他に、広島ホームテレビでも『カープ応援中継“勝ちグセ。”』(広島×DeNA)放送のため、(キー局・テレビ朝日他フルネット22局よりは遅れるも)制作局より先行ネットとなった(放送時間は前述)。
  38. ^ 2019年9月1日の阪神対巨人はBS朝日では放送なし(『2019 WBSC U-18ワールドカップ 日本対アメリカ』を放送したため)。NHK BS1も別番組を編成したため、衛星波ではスカイATigers-ai制作)のみの放送となった。

出典

  1. ^ a b 会社分割による認定放送持株会社体制への移行に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年2月8日)
  2. ^ a b 会社分割による認定放送持株会社体制への移行に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年2月8日)
  3. ^ a b 認定放送持株会社の認定等について - 朝日放送,2018年2月7日
  4. ^ a b 会社分割による認定放送持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約締結および定款の一部変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年5月10日)
  5. ^ テレ朝『ポツンと一軒家』、“激戦区”の「日8」で大河ドラマ『西郷どん』に3連勝! レギュラー昇格は確実か”. ニフティニュース (2018年7月6日). 2018年8月25日閲覧。
  6. ^ テレ朝『ビートたけしのスポーツ大将』が“予定通り”打ち切り! 後枠は『所&林修のポツンと一軒家』”. ニフティニュース (2018年8月22日). 2018年8月25日閲覧。
  7. ^ 『ポツンと一軒家』10月レギュラー化 『スポーツ大将』はSPで継続”. マイナビニュース (2018年8月17日). 2018年8月25日閲覧。
  8. ^ 『ポツンと一軒家』レギュラー化”. 朝日新聞デジタル (2018年8月17日). 2018年8月25日閲覧。
  9. ^ “「ポツンと一軒家」GWの最中 番組最高17.7%マーク”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年5月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/07/kiji/20190507s00041000148000c.html 2019年5月7日閲覧。 
  10. ^ “「ポツンと一軒家」20.3%、番組最高更新、ついに“大台”到達!”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年6月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/10/kiji/20190607s00041000122000c.html 2019年6月10日閲覧。 
  11. ^ “「ポツンと一軒家」20.8%、また番組最高更新!”. Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/30/kiji/20190929s00041000224000c.html 2019年9月30日閲覧。 
  12. ^ “所ジョージ「ポツンと一軒家」レギュラー化1周年に感慨「暮らす方々それぞれにドラマ」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年10月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/12/kiji/20191011s00041000375000c.html 2019年10月12日閲覧。 
  13. ^ a b “ポツンと一軒家:一軒家の“捜索”を再開 12月13日、年内最後の放送で”. MANTANWEB. (2020年12月12日). https://mantan-web.jp/article/20201211dog00m200077000c.html 2020年12月12日閲覧。 
  14. ^ a b c "ポツンと一軒家:ベテラン声優・緒方賢一がナレーター就任 キートン山田からバトンタッチ「これまでの友情がここで結実」". まんたんウェブ. MANTAN. 29 March 2021. 2021年3月29日閲覧
  15. ^ 新指標「コア&個人視聴率」定着で明確にわかれた各テレビ局の明暗”. FRIDAY (2020年9月15日). 2021年7月17日閲覧。
  16. ^ テレビ朝日が絶不調?新基準の視聴率で“最下位目前”の日も”. 女性自身. p. 2 (2021年3月19日). 2021年7月17日閲覧。
  17. ^ “「ポツンと一軒家」22・9% また番組歴代最高更新!今年3月に続き”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年4月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/27/kiji/20200426s00041000217000c.html 2020年4月27日閲覧。 
  18. ^ “「ポツンと一軒家」関西でも番組最高23・7%”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年4月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/27/kiji/20200427s00041000161000c.html 2020年4月27日閲覧。 
  19. ^ “テレビ朝日、2022年世帯視聴率で2冠 世帯の全日トップは開局以来初の快挙 個人全体でもプライムトップ”. オリコンニュース. (2023年1月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2263032/full/ 2023年12月10日閲覧。 
  20. ^ ポツンと一軒家を匠がリフォームSP「物置になった家」”. 大改造!!劇的ビフォーアフター. 朝日放送テレビ (2020年3月29日). 2023年8月20日閲覧。
  21. ^ a b 菜々緒も「神回ですね」と感動!『ビフォーアフター』と『ポツンと一軒家』が初コラボ”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2020年3月28日). 2023年8月20日閲覧。
  22. ^ a b 『ポツンと一軒家』と『帰れマンデー』がタッグ!過酷さ倍増で…所ジョージ「大変なことやってんな!?」”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2023年8月20日). 2023年8月20日閲覧。
  23. ^ “絶好調!「ポツンと一軒家」またもレギュラー化後の最高視聴率を更新!!”. ザテレビジョン. (2018年11月12日). https://thetv.jp/news/detail/169091/ 2020年5月13日閲覧。 
  24. ^ “ポツンと一軒家:2時間半SP視聴率は16.8% 群馬、愛媛、熊本の一軒家を“捜索””. まんたんウェブ. (2019年4月1日). https://mantan-web.jp/article/20190401dog00m200015000c.html 2020年5月13日閲覧。 
  25. ^ “「ポツンと一軒家」2時間半SPは16.4% ラグビー中継裏でも高視聴率キープ”. スポーツ報知. (2019年10月15日). https://hochi.news/articles/20191015-OHT1T50041.html 2020年5月13日閲覧。 
  26. ^ “新型コロナ効果!? 『ポツンと一軒家』5カ月ぶりに視聴率20%突破で“日8”戦争はさらに激化”. 日刊サイゾー. (2020年3月10日). https://www.cyzo.com/2020/03/post_233870_entry.html 2020年5月13日閲覧。 
  27. ^ ポツンと一軒家:視聴率22.9%で番組最高を更新 初登場の大分を捜索” (2020年4月27日). 2020年4月28日閲覧。
  28. ^ “ポツンと一軒家:視聴率21.9%で好調維持 大分の一軒家を取材”. まんたんウェブ. (2020年5月11日). https://mantan-web.jp/article/20200511dog00m200000000c.html 2020年5月13日閲覧。 
  29. ^ “「ポツンと一軒家」関西23.1%、関東21.9%で高視聴率キープ”. スポーツ報知. (2020年5月11日). https://hochi.news/articles/20200511-OHT1T50043.html 2020年5月13日閲覧。 
  30. ^ potsun_abctvのツイート(1261974529816981504)
  31. ^ “ポツンと一軒家:視聴率19.8% 高知、三重の一軒家を捜索”. MANTANWEB. (2020年5月18日). https://mantan-web.jp/article/20200518dog00m200000000c.html 2020年5月24日閲覧。 
  32. ^ “「ポツンと一軒家」関東22.2%、関西22.5%の高視聴率”. スポーツ報知. (2020年5月25日). https://hochi.news/articles/20200525-OHT1T50041.html 2020年5月31日閲覧。 
  33. ^ “ポツンと一軒家:視聴率20.9%で好調 愛媛山中に移住した男性は今?”. MANTANWEB. (2020年6月1日). https://mantan-web.jp/article/20200601dog00m200008000c.html 2020年6月7日閲覧。 
  34. ^ “ポツンと一軒家:視聴率19.2%で大台届かず 94歳女性が暮らす山梨の一軒家のその後”. MANTANWEB. (2020年6月8日). https://mantan-web.jp/article/20200608dog00m200006000c.html 2020年6月14日閲覧。 
  35. ^ “ポツンと一軒家:視聴率19.5% 山口、ミカン畑に囲まれた一軒家は今?”. MANTANWEB. (2020年6月15日). https://mantan-web.jp/article/20200615dog00m200008000c.html 2020年6月15日閲覧。 
  36. ^ “ポツンと一軒家:視聴率18.2%で好調 静岡・伊豆半島で暮らす元水中カメラマンを再取材”. MANTANWEB. (2020年6月22日). https://mantan-web.jp/article/20200622dog00m200003000c.html 2020年6月28日閲覧。 
  37. ^ 「ポツンと一軒家」関東18・3%、関西18・8%の高視聴率維持”. スポーツ報知 (2020年6月29日). 2020年6月29日閲覧。
  38. ^ 「ポツンと一軒家」視聴率は18・8% 都知事選開票速報など抑え同時間帯トップ”. スポーツ報知 (2020年7月5日). 2020年7月5日閲覧。
  39. ^ 「ポツンと一軒家」視聴率は関東17・3%、関西19・1%で高数字キープ”. スポーツ報知 (2020年7月20日). 2020年7月20日閲覧。
  40. ^ “「ポツンと一軒家」視聴率は関東17.8%、関西18.7%で高水準維持”. スポーツ報知. (2020年7月27日). https://hochi.news/articles/20200727-OHT1T50077.html 2020年7月27日閲覧。 
  41. ^ “「ポツンと一軒家」視聴率は関東18・9%、関西17・9%で好調キープ”. スポーツ報知. (2020年8月3日). https://hochi.news/articles/20200803-OHT1T50057.html 2020年8月3日閲覧。 
  42. ^ “「ポツンと一軒家」視聴率、関西20・2%で大台超え 関東は19・8%”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年8月11日). https://hochi.news/articles/20200811-OHT1T50059.html 2020年8月11日閲覧。 
  43. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は20・9% 2か月半ぶり大台突破". スポーツ報知. 報知新聞社. 17 August 2020. 2020年8月17日閲覧
  44. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率6・6ポイント激減の14・3%…裏の「24時間テレビ」が影響?". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 August 2020. 2020年8月24日閲覧
  45. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は18・8% 4・5ポイント大幅増で高水準回復". スポーツ報知. 報知新聞社. 30 August 2020. 2020年8月30日閲覧
  46. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東17.8%、関西19.5%で高水準維持". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 September 2020. 2020年9月14日閲覧
  47. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東16.2%、関西18.3%で高水準キープ". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  48. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東16.8%、関西19.7%で好調維持". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  49. ^ "「ポツンと一軒家」SPは関東16.5%、関西18.0%の高視聴率". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  50. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東14・4%、関西16・8%". スポーツ報知. 報知新聞社. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  51. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東15・5%、関西17・6%で好調キープ". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  52. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東15・3%、関西15・6%". スポーツ報知. 報知新聞社. 2 November 2020. 2020年11月2日閲覧
  53. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東16・5%、関西19・1%で高水準維持". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 November 2020. 2020年11月9日閲覧
  54. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東16・1%、関西18・2%で高水準キープ". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 November 2020. 2020年11月24日閲覧
  55. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東15・7%、関西18・0%". スポーツ報知. 報知新聞社. 30 November 2020. 2020年11月30日閲覧
  56. ^ "「ポツンと一軒家」視聴率は関東15・1%、関西16・6%". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 December 2020. 2020年12月7日閲覧
  57. ^ "ポツンと一軒家:視聴率14.2% 久しぶりの一軒家"捜索"". MANTANWEB. MANTAN. 14 December 2020. 2021年1月3日閲覧
  58. ^ スタジオも手に汗にぎる山道!『ポツンと一軒家』SPで沢村一樹「何度も鳥肌が立ちました」 テレ朝POST、2021年1月3日配信・閲覧
  59. ^ VOL.1 2020年 12月28日(月)〜2021年 1月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年1月17日閲覧。
  60. ^ VOL.3 2021年 1月11日(月)〜2021年 1月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年1月31日閲覧。
  61. ^ VOL.4 2021年 1月18日(月)〜2021年 1月24日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年2月7日閲覧。
  62. ^ VOL.5 2021年 1月25日(月)〜2021年 1月31日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年2月7日閲覧。
  63. ^ 「麒麟がくる」有終18.4%、「ポツンと一軒家」「イッテQ!」のライバルにも勝利」『デイリースポーツ』、2021年2月8日。2021年2月14日閲覧。
  64. ^ VOL.7 2021年 2月8日(月)〜2021年 2月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年2月21日閲覧。
  65. ^ “「青天を衝け」第2回視聴率は16.9% ポツンと一軒家&イッテQ上回る”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2021年2月22日). https://www.sanspo.com/article/20210222-H32WQQLKPZI27EWAL5X4C4YB4I/ 2021年2月28日閲覧。 
  66. ^ VOL.9 2021年 2月22日(月)〜2021年 2月28日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年3月7日閲覧。
  67. ^ VOL.10 2021年 3月1日(月)〜2021年 3月7日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年3月14日閲覧。
  68. ^ VOL.11 2021年 3月8日(月)〜2021年 3月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年3月21日閲覧。
  69. ^ VOL.12 2021年 3月15日(月)〜2021年 3月21日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年3月28日閲覧。
  70. ^ VOL.13 2021年 3月22日(月)〜2021年 3月28日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年4月4日閲覧。
  71. ^ VOL.14 2021年 3月29日(月)〜2021年 4月4日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年4月11日閲覧。
  72. ^ VOL.15 2021年 4月5日(月)〜2021年 4月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年4月18日閲覧。
  73. ^ VOL.16 2021年 4月12日(月)〜2021年 4月18日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年4月25日閲覧。
  74. ^ VOL.17 2021年 4月19日(月)〜2021年 4月25日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年5月2日閲覧。
  75. ^ VOL.18 2021年 4月26日(月)〜2021年 5月2日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年5月16日閲覧。
  76. ^ VOL.20 2021年 5月10日(月)〜2021年 5月16日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年5月30日閲覧。
  77. ^ VOL.21 2021年 5月17日(月)〜2021年 5月23日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年5月30日閲覧。
  78. ^ VOL.22 2021年 5月24日(月)〜2021年 5月30日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年6月6日閲覧。
  79. ^ VOL.23 2021年 5月31日(月)〜2021年 6月6日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年6月13日閲覧。
  80. ^ VOL.24 2021年 6月7日(月)〜2021年 6月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年6月20日閲覧。
  81. ^ VOL.25 2021年 6月14日(月)〜2021年 6月20日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年6月27日閲覧。
  82. ^ VOL.26 2021年 6月21日(月)〜2021年 6月27日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年7月11日閲覧。
  83. ^ VOL.28 2021年 7月5日(月)〜2021年 7月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年7月18日閲覧。
  84. ^ VOL.29 2021年 7月12日(月)〜2021年 7月18日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年8月1日閲覧。
  85. ^ VOL.31 2021年 7月26日(月)〜2021年 8月1日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年8月15日閲覧。
  86. ^ VOL.33 2021年 8月9日(月)〜2021年 8月15日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年8月22日閲覧。
  87. ^ VOL.34 2021年 8月16日(月)〜2021年 8月22日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年9月5日閲覧。
  88. ^ VOL.36 2021年 8月30日(月)〜2021年 9月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年9月12日閲覧。
  89. ^ VOL.37 2021年 9月6日(月)〜2021年 9月12日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年9月19日閲覧。
  90. ^ VOL.38 2021年 9月13日(月)〜2021年 9月19日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年10月3日閲覧。
  91. ^ VOL.39 2021年 9月20日(月)〜2021年 9月26日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年10月3日閲覧。
  92. ^ VOL.40 2021年 9月27日(月)〜2021年 10月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年10月10日閲覧。
  93. ^ VOL.40 2021年 10月4日(月)〜2021年 10月10日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年10月23日閲覧。
  94. ^ VOL.46 2021年 11月8日(月)〜2021年 11月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年11月21日閲覧。
  95. ^ VOL.47 2021年 11月15日(月)〜2021年 11月21日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年11月28日閲覧。
  96. ^ VOL.48 2021年 11月22日(月)〜2021年 11月28日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年12月5日閲覧。
  97. ^ VOL.49 2021年 11月29日(月)〜2021年 12月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年12月12日閲覧。
  98. ^ “ポツンと一軒家:今夜2時間スペシャル 元気に楽しく暮らす女性を紹介”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年12月12日). https://mantan-web.jp/article/20211211dog00m200040000c.html 2021年12月12日閲覧。 
  99. ^ VOL.50 2021年 12月6日(月)〜2021年 12月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年12月23日閲覧。
  100. ^ VOL.52 2021年 12月20日(月)〜2021年 12月26日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年1月9日閲覧。
  101. ^ VOL.2 2022年 1月3日(月)〜2022年 1月9日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年1月23日閲覧。
  102. ^ VOL.3 2022年 1月10日(月)〜2022年 1月16日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年1月23日閲覧。
  103. ^ VOL.5 2022年 1月24日(月)〜2022年 1月30日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年2月6日閲覧。
  104. ^ VOL.6 2022年 1月31日(月)〜2022年 2月6日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年2月13日閲覧。
  105. ^ VOL.7 2022年 2月7日(月)〜2022年 2月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年2月27日閲覧。
  106. ^ VOL.9 2022年 2月21日(月)〜2022年 2月27日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年3月6日閲覧。
  107. ^ VOL.10 2022年 2月28日(月)〜2022年 3月6日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年3月13日閲覧。
  108. ^ VOL.11 2022年 3月7日(月)〜2022年 3月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年3月20日閲覧。
  109. ^ VOL.12 2022年 3月14日(月)〜2022年 3月20日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年3月27日閲覧。
  110. ^ VOL.13 2022年 3月21日(月)〜2022年 3月27日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年4月3日閲覧。
  111. ^ VOL.14 2022年 3月28日(月)〜2022年 4月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年4月10日閲覧。
  112. ^ VOL.15 2022年 4月4日(月)〜2022年 4月10日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年4月17日閲覧。
  113. ^ VOL.16 2022年 4月11日(月)〜2022年 4月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年4月24日閲覧。
  114. ^ VOL.17 2022年 4月18日(月)〜2022年 4月24日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年5月1日閲覧。
  115. ^ VOL.18 2022年 4月25日(月)〜2022年 5月1日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年5月15日閲覧。
  116. ^ VOL.19 2022年 5月2日(月)〜2022年 5月8日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年5月22日閲覧。
  117. ^ VOL.20 2022年 5月9日(月)〜2022年 5月15日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年5月29日閲覧。
  118. ^ VOL.21 2022年 5月16日(月)〜2022年 5月22日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年5月29日閲覧。
  119. ^ VOL.22 2022年 5月23日(月)〜2022年 5月29日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年6月5日閲覧。
  120. ^ VOL.23 2022年 5月30日(月)〜2022年 6月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年6月12日閲覧。
  121. ^ VOL.24 2022年 6月6日(月)〜2022年 6月12日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年6月19日閲覧。
  122. ^ VOL.25 2022年 6月13日(月)〜2022年 6月19日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年6月26日閲覧。
  123. ^ VOL.26 2022年 6月20日(月)〜2022年 6月26日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年7月3日閲覧。
  124. ^ VOL.27 2022年 6月27日(月)〜2022年 7月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年7月17日閲覧。
  125. ^ VOL.29 2022年 7月11日(月)〜2022年 7月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年7月31日閲覧。
  126. ^ VOL.31 2022年 7月25日(月)〜2022年 7月31日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年8月7日閲覧。
  127. ^ VOL.32 2022年 8月1日(月)〜2022年 8月7日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年8月14日閲覧。
  128. ^ VOL.33 2022年 8月8日(月)〜2022年 8月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年8月21日閲覧。
  129. ^ VOL.34 2022年 8月15日(月)〜2022年 8月21日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年8月28日閲覧。
  130. ^ “NHK大河「鎌倉殿の13人」次のダークヒーローは誰か!?善児自身も善児ロス…第34回みどころ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年9月2日). https://hochi.news/articles/20220902-OHT1T51036.html?page=1 2022年9月4日閲覧。 
  131. ^ VOL.36 2022年 8月29日(月)〜2022年 9月4日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年9月11日閲覧。
  132. ^ VOL.37 2022年 9月5日(月)〜2022年 9月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年9月18日閲覧。
  133. ^ VOL.38 2022年 9月12日(月)〜2022年 9月18日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年10月2日閲覧。
  134. ^ VOL.39 2022年 9月19日(月)〜2022年 9月25日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年10月2日閲覧。
  135. ^ VOL.40 2022年 9月26日(月)〜2022年 10月2日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年10月9日閲覧。
  136. ^ VOL.41 2022年 10月3日(月)〜2022年 10月9日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年10月16日閲覧。
  137. ^ VOL.42 2022年 10月10日(月)〜2022年 10月16日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年11月6日閲覧。
  138. ^ VOL.45 2022年 10月31日(月)〜2022年 11月6日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年11月13日閲覧。
  139. ^ VOL.46 2022年 11月7日(月)〜2022年 11月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年11月20日閲覧。
  140. ^ VOL.47 2022年 11月14日(月)〜2022年 11月20日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年12月4日閲覧。
  141. ^ VOL.49 2022年 11月28日(月)〜2022年 12月4日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年12月11日閲覧。
  142. ^ VOL.50 2022年 12月5日(月)〜2022年 12月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2022年12月25日閲覧。
  143. ^ VOL.52 2022年 12月19日(月)〜2022年 12月25日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年1月8日閲覧。
  144. ^ VOL.2 2023年 1月2日(月)〜2023年 1月8日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年1月22日閲覧。
  145. ^ VOL.3 2023年 1月9日(月)〜2023年 1月15日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年1月22日閲覧。
  146. ^ VOL.5 2023年 1月23日(月)〜2023年 1月29日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年2月5日閲覧。
  147. ^ VOL.6 2023年 1月30日(月)〜2023年 2月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年2月12日閲覧。
  148. ^ VOL.7 2023年 2月6日(月)〜2023年 2月12日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年2月19日閲覧。
  149. ^ VOL.8 2023年 2月13日(月)〜2023年 2月19日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年3月5日閲覧。
  150. ^ VOL.10 2023年 2月27日(月)〜2023年 3月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年3月12日閲覧。
  151. ^ VOL.13 2023年 3月20日(月)〜2023年 3月26日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年4月2日閲覧。
  152. ^ VOL.14 2023年 3月27日(月)〜2023年 4月2日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年4月9日閲覧。
  153. ^ VOL.15 2023年 4月3日(月)〜2023年 4月9日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年4月16日閲覧。
  154. ^ VOL.16 2023年 4月10日(月)〜2023年 4月16日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年4月23日閲覧。
  155. ^ VOL.17 2023年 4月17日(月)〜2023年 4月23日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年5月14日閲覧。
  156. ^ VOL.20 2023年 5月8日(月)〜2023年 5月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年5月28日閲覧。
  157. ^ VOL.21 2023年 5月15日(月)〜2023年 5月21日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年5月28日閲覧。
  158. ^ VOL.22 2023年 5月22日(月)〜2023年 5月28日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年6月4日閲覧。
  159. ^ VOL.23 2023年 5月29日(月)〜2023年 6月4日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年6月11日閲覧。
  160. ^ VOL.24 2023年 6月5日(月)〜2023年 6月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年6月18日閲覧。
  161. ^ VOL.25 2023年 6月12日(月)〜2023年 6月18日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年6月25日閲覧。
  162. ^ VOL.26 2023年 6月19日(月)〜2023年 6月25日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年7月2日閲覧。
  163. ^ VOL.27 2023年 6月26日(月)〜2023年 7月2日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年7月9日閲覧。
  164. ^ VOL.28 2023年 7月3日(月)〜2023年 7月9日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年7月16日閲覧。
  165. ^ VOL.29 2023年 7月10日(月)〜2023年 7月16日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年7月23日閲覧。
  166. ^ VOL.32 2023年 7月31日(月)〜2023年 8月6日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年8月13日閲覧。
  167. ^ VOL.33 2023年 8月7日(月)〜2023年 8月13日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年8月13日閲覧。
  168. ^ VOL.34 2023年 8月14日(月)〜2023年 8月20日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年8月25日閲覧。
  169. ^ VOL.36 2023年 8月28日(月)〜2023年 9月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年9月10日閲覧。
  170. ^ VOL.37 2023年 9月4日(月)〜2023年 9月10日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年9月17日閲覧。
  171. ^ VOL.38 2023年 9月11日(月)〜2023年 9月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年9月24日閲覧。
  172. ^ VOL.39 2023年 9月18日(月)〜2023年 9月24日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年10月1日閲覧。
  173. ^ VOL.40 2023年 9月25日(月)〜2023年 10月1日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年10月8日閲覧。
  174. ^ VOL.41 2023年 10月2日(月)〜2023年 10月8日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年10月16日閲覧。
  175. ^ VOL.42 2023年 10月9日(月)〜2023年 10月15日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年10月22日閲覧。
  176. ^ VOL.43 2023年 10月16日(月)〜2023年 10月22日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年11月17日閲覧。
  177. ^ VOL.44 2023年 10月23日(月)〜2023年 10月29日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年11月17日閲覧。
  178. ^ VOL.45 2023年 10月30日(月)〜2023年 11月5日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年11月17日閲覧。
  179. ^ VOL.46 2023年 11月6日(月)〜2023年 11月12日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年11月17日閲覧。
  180. ^ VOL.47 2023年 11月13日(月)〜2023年 11月19日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年11月26日閲覧。
  181. ^ VOL.48 2023年 11月20日(月)〜2023年 11月26日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年12月3日閲覧。
  182. ^ VOL.49 2023年 11月27日(月)〜2023年 12月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年12月10日閲覧。
  183. ^ VOL.50 2023年 12月4日(月)〜2023年 12月10日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2023年12月17日閲覧。
  184. ^ VOL.51 2023年 12月11日(月)〜2023年 12月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年1月14日閲覧。
  185. ^ 『ポツンと一軒家』史上初の海外捜索!これまでにない暮らしぶりに所ジョージも驚きの連続”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2024年1月14日). 2024年1月14日閲覧。
  186. ^ VOL.02 2024年 1月8日(月)〜2024年 1月14日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年1月21日閲覧。
  187. ^ VOL.04 2024年 1月22日(月)〜2024年 1月28日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年2月4日閲覧。
  188. ^ VOL.05 2024年 1月29日(月)〜2024年 2月4日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年2月11日閲覧。
  189. ^ VOL.06 2024年 2月5日(月)〜2024年 2月11日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年2月18日閲覧。
  190. ^ VOL.07 2024年 2月12日(月)〜2024年 2月18日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年2月25日閲覧。
  191. ^ VOL.08 2024年 2月19日(月)〜2024年 2月25日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年3月3日閲覧。
  192. ^ VOL.09 2024年 2月26日(月)〜2024年 3月3日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年3月17日閲覧。
  193. ^ VOL.11 2024年 3月11日(月)〜2024年 3月17日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年3月24日閲覧。
  194. ^ VOL.12 2024年 3月18日(月)〜2024年 3月24日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年3月31日閲覧。
  195. ^ VOL.12 2024年 3月25日(月)〜2024年 3月31日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2024年4月7日閲覧。
  196. ^ ポツンと一軒家:ベテラン声優・緒方賢一がナレーター就任 キートン山田からバトンタッチ「これまでの友情がここで結実」”. MANTANWEB. MANTAN (2021年3月29日). 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月29日閲覧。
  197. ^ 2023年10月編成・基本番組表” (PDF). 福島放送 (2023年9月28日). 2024年3月12日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポツンと一軒家」の関連用語

ポツンと一軒家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポツンと一軒家のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポツンと一軒家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS