Bf109とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > Bf109の意味・解説 

【Bf109】(びーえふいちまるきゅう)

Messerschmitt Bf109
第二次世界大戦中全期間を通じて活躍した、ドイツ軍主力戦闘機
液冷エンジン装備した高速戦闘機で、機体重量に比し小さく薄い主翼モーターカノン主脚エンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。
何度も改修されたために多くバリエーションがある。
終戦までに製造された機数は30,000機を超え、戦闘機においてこれを凌ぐ生産機数はソビエトIl-2シュトルモビク36,163機だけである。
さらに戦後イスラエル軍チェコスロバキアから輸入し、中東戦争でも使われた。

スペックデータ(Bf109G-6)

乗員1名
全長9.02m
全高3.04m
全幅9.92m
面積6.05
自重2,670kg
最大重量3,150kg
発動機ダイムラーベンツ 605AM 液冷倒立V型12気筒出力1,800馬力)×1基
速度
(最高/巡航
621km/h(高度7,000m)/545km/h
上昇限度11,800m
航続距離720km
武装MG131 13mm機銃×2門、MGFF又はMG151/20 20mm機関砲×2門、
MK.108又はMK.103(MG151/20(20mm)の場合もあり)30mmモーターカノン×1門
IMG_5534.jpg
Photo:MASDF

(Bf-109 G2/trop)
関連メッサーシュミット Fw190 ルフトバッフェ ハンス・ヨアヒム・マルセイユ スピットファイア

バリエーション(カッコ内は非公式愛称)


メッサーシュミット Bf109

(Bf109 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 02:31 UTC 版)

第27戦闘航空団所属のBf 109G-6
(1943年撮影)




  1. ^ 1927年にメッサーシュミット社を吸収合併した。
  2. ^ 1938年にメッサーシュミット社は、バイエルン航空機製造から再独立し、Bf 109 も製造した。
  3. ^ 「イギリスの暗号解読」ディスカバリーチャンネル
  4. ^ 出典・メッサーシュミットBf109の全貌 モデルアート社
  5. ^ P-39はソ連軍に多数がレンドリースされていたため、東部戦線での交戦回数が非常に多かった。当時のパイロットの証言によると、低空での空戦ではBf109と互角に戦えたという。
  6. ^ 出典・モデルグラフィックス誌での市村弘の記事
  7. ^ 航空機の構造設計、鳥養 鶴雄、久世 紳二 、日本航空技術協会 、平成19年3月31日ISBN:978-4-930858-77-1
  8. ^ Messerschmitt Bf109: 1935 Onwards (all marks) (Owners' Workshop Manual)
  9. ^ http://109lair.hobbyvista.com/index800.htm
  10. ^ メッサーシュミット Bf110など
  11. ^ P-51は機体内部のタンクの燃料が機動性に影響するため、増槽を装備していても離陸してからしばらくは内部タンクの燃料を使う対応策をとった。
  12. ^ 世界軍用機解剖シリーズ 『丸メカニック』No.39「マニュアル特集 メッサーシュミットBf109」(潮書房、昭和58年3月10日刊)P.12
  13. ^ 野沢正 『日本航空機総集 輸入機篇』 出版協同社、1972年、170頁。全国書誌番号:69021786


「メッサーシュミット Bf109」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Bf109」の関連用語

Bf109のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Bf109のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメッサーシュミット Bf109 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS