Bo105とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > Bo105の意味・解説 

【Bo105】(びーおーいちまるご)

MBB Bo105
西ドイツメッサーシュミット・ベルコウ・ブロームMBB)社(現ユーロコプター)が開発製造した軽量双発ヘリコプター
ベルコウ社が1962年開発始めたが、間もなくメッサーシュミットブローム・ウント・フォスBlohm + Voss)の航空機部門合併し、MBB製品となった。
初飛行1967年で、1970年型式証明取得した。

本機特徴信頼性重視して、5人乗り小型機でありながらアリソン250ターボシャフト双発搭載したことである。
これにより、後にライトツイン呼ばれるものの始祖存在となった。
また、ローターブレードをガラス繊維強化樹脂製にし、ローターハブを無関節のリジッドローターにするなど、ローター当時としては非常に先進的なものであり、操縦応答性がよく機動性優れている
さらに小型シングルローター機でありながら胴体後部のテイルブーム下にクラムシェルドアを備え担架などの積み下ろしが容易である(現代では多く小型ヘリがこれに倣っている)。

発展型としてBo108が開発されていたが、アエロスパシアルとの合併によりフェネストロン追加されることとなり、EC135改称された。

スペックデータ

派生型


MBB Bo 105

(Bo105 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/15 16:13 UTC 版)

MBB Bo 105は、 西ドイツシュトゥットガルトのベルコウ(Bölkow)社で開発された小型の双発多用途ヘリコプターである。生産はメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(MBB)社時代に始まり、同社は1991年ユーロコプター社になった。ユーロコプター社はBo 105の生産を2001年まで続け、その後はEC 135がこれに代わった。






「MBB Bo 105」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Bo105」の関連用語

Bo105のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Bo105のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMBB Bo 105 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS