武装偵察ヘリコプターとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 武装偵察ヘリコプターの意味・解説 

【武装偵察ヘリコプター】(ぶそうていさつへりこぷたー)

Armed Reconnaissance Helicopter (ARH)
冷戦末期登場した、軍用ヘリコプター新し種別
攻撃ヘリコプター観測ヘリコプター兼ね、かつ強行偵察も可能な機体という、従来軍用ヘリコプター以上に積極的な性格を持つ概念である。

従来ヘリコプターによる近接航空支援は、少数観測ヘリコプターによる状況把握と、多数攻撃ヘリコプターによるピンポイント攻撃分担されていた。
これらのヘリコプターは、迎撃に弱いため長時間戦域滞空ができず、かつ少数観測ヘリコプターが行不能になると、それだけ部隊全体攻撃力が失われてしまうという弱点があった。
観測ヘリコプター武装を施すという考え方は、ヒューズ500ディフェンダーや、OH-58Dカイオワ・ウォリアーといった機種実現されていたが、この考えをさらに発展させ、攻撃ヘリコプターとほぼ完全に統一することにより、生存性の向上と情報共有能力の向上、そして単一機種化による調達価格節約などを狙ったものが武装偵察ヘリといえる

こういった機種先駆者としてRAH-66が挙げられるが、両方機能取り込みつつステルス性能などを追求したことで価格高騰招き冷戦終結したこともあって開発中止されてしまった。
また、その代替として民生部品多用コストダウンを図ったはずのARH-70も、価格高騰招き開発中止されている。
一方で機能欲張りすぎずに開発されたユーロコプター・タイガー実用化され、配備がすすめられている。

日本では武装偵察ヘリに似たOH-1開発されたが、武装としては自衛用の空対空ミサイルを持つのみで、用途上は純粋な観測ヘリコプターである。
メーカー川崎重工では、OH-1本格的武装を施すことも提案しているが、もともと軽量軽快さを主眼に置いた機体であるため、発展性を疑問視する声も挙がっている。

上の機種おおよそ通している特徴として、タンデム複座ではあるが、攻撃ヘリコプターとは逆に前席がパイロット、後席がガナーである点が挙げられる。
これは敵前露出して飛行する機会増えるため、操縦者視界優先されるべきと判断されたためである。
(ただし既存観測ヘリコプターベースにしているサイドバイサイド座席ARH-70例外

また、タイガー武装偵察型やOH-1では観測装置としてRMS装備する。
これは、機動性重視して抗力小さな形態を採ったためである。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「武装偵察ヘリコプター」の関連用語

武装偵察ヘリコプターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



武装偵察ヘリコプターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2018 Weblio RSS