BSHとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > BSHの意味・解説 

bsh

【仮名】bsh
原文】BSH

ボロカプテイトホウ素中性子捕捉療法呼ばれる放射線療法一種用いられる物質。bshには、静脈内注射されると腫瘍細胞中に集積する性質がある。これを腫瘍内に集積させた後に、中性子原子構成する粒子のひとつ)を用い放射線治療を行う。すると中性子がbshに含まれるホウ素反応することで放射性粒子発生するため、正常な細胞には害を及ぼすことなく腫瘍細胞死滅させることが可能となる。「sodium borocaptateボロカプテイト)」とも呼ばれる

BSH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/30 07:44 UTC 版)

BSH, bsh ,BSh




「BSH」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BSH」の関連用語

BSHのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BSHのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBSH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS