日本の水族館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の水族館の意味・解説 

日本の水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 04:13 UTC 版)

この記事では日本の水族館(にほんのすいぞくかん)について解説する。 日本は、人口あたりの水族館数が世界一と言われており、水族館大国である。


  1. ^ a b 鮫島叡 「開園10周年・これからの水族館」(神戸市立須磨海浜水族園公式Webサイト、2010年1月22日時点のインターネット・アーカイブ)
  2. ^ a b マリンピア松島水族館の概略史 Archived 2007年12月12日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 阪神ナウ! 「甲子園の開発 Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.」。1936年(昭和11年)にゴンドウクジラを飼育と記載。
  4. ^ 鈴木克美 『水族館への招待』 丸善株式会社、平成6年、190-192頁。1935年(昭和10年)にゴンドウクジラを飼育と記載。
  5. ^ 堀家邦男 『水族館の魚達』 秦流社、昭和51年、95-116頁。1937年(昭和12年)に和歌山県太地町で捕獲されたゴンドウクジラ4頭を飼育と記載(オープンは昭和9年とされている)飼育年については阪神ナウ!、鈴木、堀家の間でぶれが見られる。またこれらにはゴンドウクジラの飼育と記述されているが、和歌山県太地で捕獲された個体であるとの堀家の記述から、コビレゴンドウであると解釈される。
  6. ^ “茨城)ペンギンの散歩始まる アクアワールド”. 朝日新聞. (2014年11月6日). オリジナルの2014年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141111051725/http://www.asahi.com/articles/ASGB03T81GB0UJHB00L.html 
  7. ^ 正会員名簿【水族館】”. 2024年2月27日閲覧。
  8. ^ 正会員名簿”. 2024年2月27日閲覧。
  9. ^ “法律上の位置付けがある登録博物館・指定施設”. 文化庁. (2024年2月27日). https://museum.bunka.go.jp/guide/ 
  10. ^ “法律上の位置付けがある登録博物館・指定施設”. 文化庁. (2024年2月27日). https://museum.bunka.go.jp/guide/ 
  11. ^ https://smartaqua-sz.jp/
  12. ^ https://kingyomuseum.com/
  13. ^ https://www.kingyoen.com/
  14. ^ 群馬県水産学習館”. 2009年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月16日閲覧。
  15. ^ 群馬県立水産学習館”. 2009年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月16日閲覧。
  16. ^ 「公共施設のあり方に関する最終報告書」について”. 群馬県. 2016年10月16日閲覧。
  17. ^ 中村元. “群馬県水産学習館”. Web水族館. 2016年10月16日閲覧。
  18. ^ https://chinobouken.com/kamakurasuizokukan/
  19. ^ 『保存版 糸魚川・妙高・頚南今昔写真帖』(2007年9月20日、郷土出版社発行)104ページ。
  20. ^ 長浜水族館復活を 住民団体が署名提出


「日本の水族館」の続きの解説一覧

「日本の水族館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の水族館」の関連用語

日本の水族館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の水族館のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の水族館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS