景行天皇とは?

けいこう てんのう けいかうてんわう 【景行天皇】 ○

記紀所伝で,第一二代天皇大足彦尊(おおたらしひこのみこと)大足彦忍代別尊(おおたらしひこおしろわけのみこと)漢風諡号(しごう)垂仁天皇第三皇子。都は大和(やまと)纏向日代宮(まきむくのひしろのみや)熊襲(くまそ)征討し,皇子日本武尊やまとたけるのみこと派遣して蝦夷(えぞ)平定したという。記紀歴史構想で,四道将軍派遣みられる崇神期の王化拡大をうけて,それを辺境にまで及ぼす意義を負う。

景行天皇 (けいこうてんのう)

日本書紀にほんしょき]』に書かれている12天皇で、紀元後51年天皇になり、以後60年即位していたと言われています。有名な日本武尊やまとたけるのみこと]のお父さんです。熊襲[くまそ]を攻める際に玉祖神社近く訪れたと言われています。


景行天皇

垂仁天皇崩御にともない即位し、都を纒向日代宮に移した。
景行天皇には皇后皇妃多くまた子供80人もいたという。
播磨稲日大郎姫との間には、日本武尊(やまとたけるのみこと)がいる。
この日本武尊については語ること多くここでは記載できないので、別な機会があれば書いてみたいと考えている。
さて、この天皇(三輪王朝三代目)自身業績は、熊襲征伐のために九州遠征に行ったり、屯倉田部設置したということが知られているだけだが、個人的見解だが、日本武尊登場させ諸国遠征させているが、これは日本武尊の名を借り三輪王朝というより三輪大王家が威信をかけて全国平定していく過程比喩的にあらわしたものではないか考えている。
大王家が諸国統一していく過程にあると考えたほうがよい。


景行天皇 山邊道上陵
(けいこうてんのう やまのべのみちのえのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第12
天 皇 名 :景行天皇
けいこうてんのう
御   父 垂仁天皇
御   母 皇后媛
御 陵 名 山邊道上
やまのべのみちのえのみささぎ
陵   形 前方後円
所 在 地 奈良県天理市渋谷町
交通機関等 近鉄天理」又は「桜井」からバス渋谷下車  南へ0.1km
陵印保管場所 畝傍陵墓監区事務所

景行天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 01:47 UTC 版)

景行天皇(けいこうてんのう、垂仁天皇17年 - 景行天皇60年11月7日)は、『古事記』『日本書紀』に記される第12代天皇(在位:景行天皇元年7月11日 - 同60年11月7日)。日本武尊(やまとたけるのみこと)の父。『日本書紀』には自ら九州に遠征して熊襲・土蜘蛛を征伐し、東国には日本武尊を遣わして蝦夷を征討させたと伝わる。和風諡号大足彦忍代別天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと)・大帯日子淤斯呂和氣天皇(古事記)。常陸風土記には大足日足天皇。播磨風土記には大帯日子天皇、大帯日古天皇、大帯比古天皇。






「景行天皇」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「景行天皇」の関連用語

景行天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カーリング

ハナイカダ

報國丸

カラシラサギ

フロンティア

佐藤秀司

新庄宿の小川

グランディス





景行天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2017.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2017 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの景行天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS