養殖業 養殖の問題点

養殖業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/30 05:41 UTC 版)

養殖の問題点

生産過剰
養殖技術が確立され、稚魚から成魚になるまでの歩留まりが向上すると、生産過剰になり、成魚の市場価格が暴落する。ある魚種が収益が高いと注目されると多くの養殖業者がその魚種を取り扱おうとすることから生じ、また市場価格が低迷しているからといって長期間蓄養すると餌代金も無視できないので、安値でも出荷せざるを得なくなる。稚魚の確保に制約のある魚種の場合、一定のブレーキがきくが、幼生から養殖できる魚種の場合、その歯止めが利かない。
周辺の水質汚染
餌の過剰投与や過密養殖等による周辺の富栄養化[18]や水質汚染が指摘されている。養殖は波や海流の穏やかな内湾で行われる事が多く、海流による浄化作用が起きにくい。近年では餌も改良され、また投餌技術も進歩したため、食べ残し、汚染の少ない餌が用いられるようになっている。また、フグ養殖業者によるホルマリンたれ流し騒動もかつてはあった。
品質への不信
日本の消費者には天然物志向が極めて強く、「養殖物は何を食べさせているかわからない」という観念が支配的である。また、抗生物質など投与物への不信も根強いものがある。例えば、大日本水産会[19]が2003年度(平成15年度)に行なった「水産物を中心とした消費に関する調査(若年層対象調査)」では、養殖魚は海水汚染の問題や魚病対策に使用される抗生物質・抗菌剤残留など、多くの消費者が不安を抱いていることがわかったと報告されている。
養殖業者では餌の改良など食味の改良に取り組み[20]、品質の向上に努めている。また、関係団体では消費者への広報活動等も行っている。なお、養殖業者においては「何を餌に食べているかわからない天然物より食べさせた餌のはっきりしている養殖物の方が安心」と主張している。
また、近年では遺伝子組み換え技術を取り入れた「アクアドバンテージ・サーモン」のような養殖用品種に対する安全性への懸念が論争を起こしている[21]
天然資源の減少
前述の完全養殖に成功している海生魚類は少なく、天然の未成魚を捕獲して養殖しているのが実態である。養殖用稚魚全てを人工的に供給しており、自然界の資源減少には与していないと思われがちであるが、実際にはマグロ類、ウナギ、ハマチなどでは自然界から稚魚を捕獲して育てる蓄養という手段で養殖しており、クロマグロの極一部が完全養殖されている他は、商業ベースでの完全養殖に至っておらず、資源減少の要因として非難されている。また、餌に使用されるマイワシも自然界から捕ったものであり、しかも人間の食用よりも肥料や養殖の餌としての消費の方が多いという問題もある。
外国産水産物との競合
外国産の水産物が多量に流入し、これらとの競合に揉まれている。
遺伝的多様性が欠如した集団の形成
世代を重ね交配していく事で、遺伝的多様性は薄れ画一的な個体群が形成されていく。この、遺伝的な多様性に欠ける個体群は感染症に対する耐性が弱くなっている場合があり、感染症が蔓延しやすい。また、自然環境への放流後の環境対応力が薄れていくことが指摘されている。一方、多様性が維持できている個体群であれば感染を免れ生存する個体があり全滅の可能性を低くできる[13]
外来種化と遺伝子攪乱
養殖用に他地域から持ち込まれた生物が自然界に逃げ出し外来種として野生化した事例は多く、周辺の生態系を破壊したり、在来種との交雑による遺伝子攪乱が懸念される。また、植物やほ乳類において普通に行われている F1 と呼ばれる一代雑種の手法を養殖魚の生産性(成長速度)を上げるため、導入することがある。しかし、サケ科魚類の一代雑種では致死性仔魚のみが誕生する組合せが有り[22]、そのため養殖魚が自然界に逃げ出し、さらなる交雑個体が生じないようにするため、不妊化処理を施した生殖能力を持たない3倍体メスを作出することが多い[23][24]一方で、3倍体魚では繁殖力が無くなったため天然魚であれば生殖の為に消費されていたエネルギーが成長の向けられるので短期間で出荷可能な大きさに成長する。
魚への苦痛
飼われる魚は種々の病気、感染症、寄生虫に罹患する。逃げた魚は周辺の水域に病気を持ち込む[25]



  1. ^ 一例として、「心の支えはカープの勝利 西日本豪雨でコイの養魚場被害」産経フォト(2018年10月14日)2018年10月24日閲覧。
  2. ^ クロマグロ漁獲規制、14年度から 日本への影響「ほとんどない」 J-CAST ニュース 2013年9月24日
  3. ^ クロマグロ規制強まる 幼魚の漁獲枠削減へ『日本経済新聞』2013年12月3日
  4. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 334-335.
  5. ^ a b Harold McGee 2008, pp. 177-178.
  6. ^ (3)様々な養殖の方法水産白書』平成25年度版(2018年10月24日閲覧)。
  7. ^ 【世界経済 見て歩き】ノルウェー・ヒトラ島 オーシャンファーム1/革命的な「外洋養殖」油田技術応用 サーモン10倍『毎日新聞』朝刊2018年10月21日(総合・経済面)2018年10月24日閲覧。
  8. ^ Higginbotham, James Arnold (1997-01-01). Piscinae: Artificial Fishponds in Roman Italy. UNC Press Books. ISBN 9780807823293. https://books.google.com/books?id=cPyDuRqA2jEC. 
  9. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 316-320.
  10. ^ 香川のハマチ養殖の概要 香川県かん水養殖漁業協同組合
  11. ^ 世界初、ウナギを完全養殖に成功 産経スポーツ
  12. ^ 近畿大学クロマグロの完全養殖 近畿大学水産研究所
  13. ^ a b 井口恵一朗「アユを絶やさないための生態研究』『日本水産学会誌』 2011年 77巻 3号 p.356-359, doi:10.2331/suisan.77.356
  14. ^ a b c Based on data sourced from the FishStat database
  15. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 333-338.
  16. ^ Blumenthal, Les (2010年8月2日). “Company says FDA is nearing decision on genetically engineered Atlantic salmon”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/01/AR2010080103305.html?hpid=moreheadlines 2010年8月閲覧。 
  17. ^ a b 平成27年漁業・養殖業生産統計(概数値) 農林水産省
  18. ^ 堤裕昭、門谷茂「魚類養殖場直下に堆積したヘドロ(有機汚泥)のイトゴカイによる浄化の試み」『日本水産学会誌』1993年 59巻8号 p.1343-1347, doi:10.2331/suisan.59.1343
  19. ^ 大日本水産会
  20. ^ かぼすブリ 大分県
  21. ^ 遺伝子組み換え鮭が食卓へ」WIRED JAPAN 2015年8月6日閲覧。
  22. ^ 伊藤大一輔、藤原篤志、阿部周一「サケ科魚類の致死性雑種と染色体異常」『動物遺伝育種研究』Vol.34 No.1 (2006) pp.65-70, doi:10.5924/abgri2000.34.65
  23. ^ 試験研究は今 NO.183 -先端技術開発研究(水産孵化場)のこれまでの成果 北海道立総合研究機構水産研究本部
  24. ^ ニジマス四倍体との交雑による異質三倍体の作出」『長野県水産試験場研究報告』(7), pp.1-9, 2005-03-00
  25. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、79頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「養殖業」の関連用語

養殖業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



養殖業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの養殖業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS