内々定とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 内々定の意味・解説 

内々定

読み方:ないないてい
別表記:内内定

企業などの人材採用において、正式な内定通知先立って口頭などで、後日正式な内定通知別途行う予定である、などということ通知された状態や状況を指す表現

ない‐ないてい【内内定】

《「内定前の内定」の意》就職希望する新規学卒者などに対して企業が出す非公式採用予定通知

[補説] 経団連倫理憲章で、採用活動最終学年に入ってから、内定通知10月1日からと定められているため、4月から9月までは「内内定」となる。


内々定

「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知先立って非公式採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年卒業修了予定者等の就職採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対す内定通知卒業修了学年10月1日以降2021年入社対象場合)と要請したため、それ以前は「内々定」という形式とっています。

内定

(内々定 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 04:00 UTC 版)

内定(ないてい)は、


  1. ^ コトバンクー内定
  2. ^ 内定とは? 目的や内々定との違い、内定通知書や内定式、内定辞退や内定取り消しについてタレントマネジメントのカオナビ
  3. ^ インフォミックス事件(東京地決平成9年10月31日)では、経営悪化を理由とする中途採用予定者への内定取消しについて、整理解雇の有効性に関する判断枠組みの下で、経営悪化は内定取消の客観的合理的理由として認められるが、使用者の内定取消後の対応は不誠実であり、労働者が被った著しい不利益に鑑みると、内定取消は「社会通念上相当とは認められない」として内定取消の違法性を認めた。
  4. ^ 野田進「判例労働法入門第2版」有斐閣、2011年 p.56~
  5. ^ 宣伝会議事件(東京地判平成17年1月28日)では、博士課程在学中の大学院生が内定先企業からの課題や入社前研修の参加によって博士論文の作成に困難をきたし、いくつかの研修に参加しなかったところ内定取り消しとなった事案について、「入社日前の研修等を業務命令として命ずる根拠はない」として、違法な内定取り消しに対する損害賠償を認めた。
  6. ^ 実際の質問や内定トラブル「オワハラ」を、法的に詳しく解説します!創業手帳
  7. ^ オヤカク日本の人事部
  8. ^ オヤカクって何?内定後に求められる企業の対策3つタレントクリップ
  9. ^ コトバンク-嫁ブロック
  10. ^ 嫁ブロックとは?原因と対策を紹介不動産&建設転職エージェント
  11. ^ オワハラとは?オワハラの実態と対処法労働問題弁護士ナビ
  12. ^ コトバンク-内定式
  13. ^ 【新米人事必見】内定式の基礎知識 |コロナ禍で実施するポイントエンゲージ
  14. ^ 【先輩に聞く】内定式ではどんなことをする?参加時の持ち物、準備しておいたほうがいいことは?リクナビ
  15. ^ 内々定日本の人事部
  16. ^ 内々定とは?|内定との違い、内定取り消しに遭った場合の対処法もリサーチ第二新卒エージェントneo
  17. ^ 判例として東京地判平成15年6月20日。もっとも本件では「雇用契約の成立が確実であると相互に期待すべき段階に至ったとはいえない」として採用内定の成立を認めなかった。以降も新日本製鐵事件(東京高判平成16年1月22日)、コーセーアールイー事件(福岡高判平成23年2月16日)等、内々定による労働契約の成立を否定する判例が多い。


「内定」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内々定」の関連用語

内々定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内々定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS