アキウコンとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > アキウコンの意味・解説 

ウコン

ウコン
科名 ショウガ科
別名: アキウコン
生薬名: ウコン(鬱金
漢字表記 鬱金
原産 インド原産
用途 根茎にはクルクミン含み健胃に用いられます。英名をターメリックといって、主にカレー粉原料として、また食品色素として料理にも用いられます。
学名: Curcuma domestica Valeton
   

ウコン

(アキウコン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 20:18 UTC 版)

ウコン鬱金欝金宇金郁金玉金)は、ショウガ科ウコン属多年草学名 Curcuma longa [ syn. C. domestica ]。英語ターメリック (turmeric)[1]インドが原産であり、紀元前からインドで栽培されている。「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。呉音「ウッコン」が転訛しウコンとなった[2]




  1. ^ a b c d e f Herbs at a Glance - Turmeric (Report). アメリカ国立補完統合衛生センター. (2016-11-30). https://nccih.nih.gov/health/turmeric. 
  2. ^ 小曽戸洋「『日本薬局方』(15改正)収載漢薬の来源」、『生薬学雑誌』第61巻第2号、2007年、 p.69、 ISSN 00374377NAID /40015616633
  3. ^ 例えば、ハウス食品の二日酔い対策ドリンク「ウコンの力」など。
  4. ^ “Turmeric--chemistry, technology, and quality”. Crit Rev Food Sci Nutr 12 (3): 199–301. (1980). doi:10.1080/10408398009527278. PMID 6993103. 
  5. ^ 日本のハーブ事典 村上志緒 東京堂出版
  6. ^ 日本のハーブ事典 村上志緒 東京堂出版P85
  7. ^ アキウコン(ウコン) - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所) 更新日2018/07/12、閲覧日2018年9月26日
  8. ^ 大澤 俊彦「がん予防と食品」、『日本食生活学会誌』第20巻第1号、2009年doi:10.2740/jisdh.20.11
  9. ^ 水野瑞夫:ウコン.日本薬草全書,新日本法規,pp74-76,2000
  10. ^ 石田 聡他:健康食品による薬物性肝障害,肝胆膵48(6):747-755,2004
  11. ^ Iwata K.,et al.2006."Iron content and consumption of health foods by patients with chronic hepatitis C." J Gastroenterol. 2006 Sep;41(9):919-20.(PMID 17048058)
  12. ^ Iwasa M, Kaito M, Ikoma J, Kobayashi Y, Tanaka Y, Higuchi K, Takeuchi K, Iwata K, Watanabe S, Adachi Y.(2002) Dietary iron restriction improves aminotransferase levels in chronic hepatitis C patients. Hepatogastroenterology. 2002 Mar-Apr;49(44):529-31.
  13. ^ Isawa M.,et al.(2010)Restriction of calorie and iron intakes resuluts in reduction of visceral fat and serum alanine aminotransferase and ferritin levels in patients with chronic liver disease. Hepatol Res.2010 Dec;40(12):1188-94(PMID 20880065)
  14. ^ Jun-ichi NAGATA and Morio Saito (2005) Evaluation of correlation between amount of curcumin intake and its physiological effects in rats. Food Sci. technol. Res.,11(2), 157-160,2005
  15. ^ 健康・栄養ニュース第15号P5(独立行政法人 国立健康・栄養研究所)
  16. ^ 木村 吉秀 「ウコンによる薬物性肝障害により影響を受けた自己免疫性肝炎の1例」 ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 46(1), 26-32, 2005-01-25
  17. ^ 中本譲 「う金(ウコン)の人体に及ぼす影響及び副作用についての検討」 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 巻:49th 頁:206
  18. ^ 矢島 純 「Database of side effect cases. New trial of presentation of drug information. Dermatological medicines. A case of allergic contact dermatitis by external-use drug containing curcuma」 診断と治療 巻:84頁:760 特殊号:増刊号
  19. ^ ウコン摂取で、肝機能障害、悪化し死亡
  20. ^ ウコン摂取で肝障害 肝硬変の60代女性、症状悪化し死亡 「産経新聞」2004年10月19日
  21. ^ 伊藤 弘康 臨床医の立場から見た肝臓(肝障害)と健康食品について 生物試料分析, 32(1) : 66, 2009
  22. ^ 小島裕治 「健康食品, 特にウコンによる肝障害の検討」日本消化器病学会雑誌, 101 : 607, 2004


「ウコン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アキウコン」の関連用語

アキウコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アキウコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS