土地収用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 収用 > 土地収用の意味・解説 

とち しゅうよう -しうよう [3] 【土地収用】

特定の公共利益となる事業に用いるため、国や地方公共団体などが強制的土地所有権使用権などを取得すること。

土地収用 (とちしゅうよう)

 道路河川などの公共事業のために土地が必要になった場合一般的にはその事業施行者土地所有者等と話し合い合意の下で契約を結んで土地に関する権利取得します。このような方法任意買収と呼ぶことがあります話し合い合意達することができないとか権利について関係者間で争いがあるといったときのように、任意買収できない場合について、土地収用法定め手続きに従って事業施行者土地に関する権利取得することを土地収用、あるいは単に収用といいます。
 土地収用の制度は、諸外国にもある一般的な制度ですが、日本では、憲法規定を受けて、土地収用法により詳細内容定められています。憲法29条は、私有財産保障する一方で、「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる」と規定しています。この規定を受けて、土地収用法では、公共の福祉私有財産調整を図るため、土地等の収用又は使用に関する要件手続き効果損失補償等について具体的に定めています。主な手続きとしては、事業認定収用裁決あります

事業認定
 土地収用の対象事業は、土地収用法道路河川などの公共施設個々細かく定められていますが、具体事業について土地収用を行おうとする場合は、起業者事業施行者のこと)は国土交通大臣又は都道府県知事から事業認定を受ける必要があります。これは、事業が土地収用の対象とするに足る公益性妥当性等を備えているかを審査し、認定するものです。これにより、土地収用する権限起業者与えられます。
 なお、都市計画事業認可又は承認を受けた事業については、事業認定を受けなくても裁決申請を行うことができます。 

収用裁決
 事業認定後、起業者都道府県収用委員会に対し個々土地について裁決申請を行うと、収用委員会審理の手続を経て裁決補償金額等を決定します。この裁決に基づき起業者土地取得することができるようになります。

土地収用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 15:51 UTC 版)

土地収用とちしゅうよう)とは、日本国憲法第29条第3項「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。」に基づき、公共の利益となる事業の用に供するため、土地所有権その他の権利を、収用委員会(委員は都道府県議会の同意を経て任命された収用委員により構成される行政委員会)での審理裁決など、一連の手続きを経てその権利者の意思にかかわらず、又は地方公共団体等に強制的に取得させる行為をいう。











土地収用と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土地収用」の関連用語

土地収用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホステリング

5000系

ヘルフォード・リバー

カリガネ

FLSTSE3

大村和久

藤田晋

フリーホイール





土地収用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2017 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土地収用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS