iPad iPadの概要

iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 02:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
iPad

iPad、iPad Pro
製造元 アップル
種別

タブレット型メディアプレーヤー/コンピュータ

iPad(第1世代)
2010年4月3日 (2010-04-03)(Wi-Fi)
2010年4月30日 (2010-04-30)(Wi-Fi+3G)
2010年5月28日 (2010-05-28)
iPad 2
2011年3月11日 (2011-03-11)
2011年3月25日 (2011-03-25)
iPad(第3世代)
2012年3月16日 (2012-03-16)
iPad(第4世代)
2012年11月2日 (2012-11-02)
iPad(第5世代)
2017年3月24日 (2017-03-24)
iPad(第6世代)
2018年3月28日 (2018-03-28)
iPad(第7世代)
2019年9月30日 (2019-09-30)
iPad(第8世代)
2020年9月18日 (2020-09-18)
ストレージ フラッシュメモリ
16, 32, 64, 128GB
*128GBは第4世代のモデル以降のみ
*16, 64GBは第4世代のモデルまで
入力機器 マルチタッチタッチスクリーンディスプレイ、ヘッドセットコントロール、近接センサーとローキー照明センサー、3軸加速度計、デジタルコンパス
オンラインサービス iTunes Store, App Store, iBooks, iCloud
関連商品 iPad mini, iPad Air, iPad Pro

概要

アメリカ西海岸時間2010年1月27日サンフランシスコで開かれた製品発表会で最初のiPadが発表された[1]

製品としては同社が発売するポータブルメディアプレーヤーであるiPod touchスマートフォンであるiPhoneを踏襲しており、マルチタッチによる操作方法やユーザーインターフェースのデザインなど多くの機能が共通化されている。さらには電子書籍の購読ができるなど、新たな機能が搭載された。ただし、iPhoneと異なり通話機能は備えていない。

販売されるモデルはWi-Fi無線LAN)のみと、Wi-Fiと携帯電話事業者が提供する通信網である第3世代移動通信システム(3G)または第4世代移動通信システム(LTE)の機能を搭載した2種類のモデルがある。

小型版であるiPad miniおよび薄型・軽量版であるiPad Air、大型・高性能版であるiPad Proについては個別記事を参照のこと。

また、商品の表記について、スペースやハイフンがなく、pのみが大文字である「iPad」が公式商品名である。

沿革

2002年

  • 初期のプロトタイプ開発が開始される[2][3]

2010年

  • 1月28日 (米国時間) - サンフランシスコで開かれた製品発表会で第1世代発表。
  • 3月12日 - アメリカ合衆国Apple Online Store、各Apple Storeで予約受付が開始される。
  • 4月3日 - アメリカでWi-Fi版の販売が開始される。米国のみの発売初日で30万台の販売[4]。ダウンロードされたiPadアプリは100万本、iBookstoreからダウンロードされた電子書籍は25万冊を記録。
  • 4月8日 - アメリカで累計45万台のセールスを記録(1日3万台)[5]。ダウンロードされたiPadアプリは350万本、iBookstoreからダウンロードされた電子書籍は60万冊を記録。
  • 4月30日 - 米国でWi-Fi+3G版の販売が開始される。
  • 5月7日 - 日本オーストラリアカナダフランスドイツイタリアスペインスイスイギリスの9カ国で5月28日販売開始[6]と発表。当初は4月下旬の発売を予定していたが、アメリカでの想定外の売れ行きで生産が追い着かなくなったことを理由に延期となった[7]
  • 5月8日 - SoftBankが日本でのiPadの販売をすることを発表[8]。合わせてWi-Fi版およびWi-Fi+3G版の両方とも提供することや料金プラン、端末代を発表。
  • 5月28日 - 日本、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、イギリスでWi-Fi版およびWi-Fi+3G版の販売を開始。

2011年

  • 3月2日 (米国時間) - サンフランシスコで開かれた製品発表会で、iPad 2を発表。
  • 3月11日(米国時間) - アメリカでiPad 2発売開始。
  • 3月25日 - 世界各国でiPad 2発売開始。当初は日本でも発売される予定だったが、東北地方太平洋沖地震で多くの被害が出ていることを考慮し、発売が延期された[9]
  • 4月28日 - 日本でiPad 2発売開始。3G版についてはSoftBankが販売する[10](Wi-Fi版の販売は複数から)。

2012年

  • 3月7日 (米国時間) - サンフランシスコで開かれた製品発表会で第3世代を発表。「iPad 3」や「iPad HD」という予想があったものの、第3世代にナンバリングは使用されず公式サイトでも「新しいiPad」と表現していた[11]
  • 3月16日 - アメリカをはじめ世界各国で第3世代発売開始。日本では3G版について、これまで同様SoftBankが販売する(Wi-Fi版の販売は複数から)。
  • 10月23日(米国時間)- サンノゼで開かれた製品発表会でI/OインタフェイスとしてLightningを採用した第4世代および小型版iPad mini第1世代を発表。Cellular版について日本ではこれまでのソフトバンクに加え、KDDIも発売する。

2013年

2014年

  • 6月10日 - この日よりNTTドコモがiPadのCellular版の取り扱いを開始[14]。これにより、iPhoneに続いてiPadも日本の携帯電話大手三社全てが取り扱う事になる。
  • 10月16日(米国時間)- 製品発表会でiPad Airとしては第2世代となるiPad Air 2およびiPad miniの第3世代となるiPad mini 3を発表[15]

2015年

2016年

  • 3月21日(米国時間) - 製品発表会で9.7インチiPad Proを発表[17]。これによりiPad Proは同一名称で画面の異なる2モデルが発売されることになる。
  • 6月14日(米国時間) - 6月14日に行われたWWDC2016でiOS 10を発表。iPad 2iPad(第3世代)は対象外となった。よってiOS 9系が最終サポートとなる。
  • 9月7日(米国時間) - 製品発表会でiPad Air 2およびiPad mini 4に32GBが追加されることが発表された。また16GBと64GBは在庫限りで販売終了となった。

2017年

2018年

2019年

  • 3月18日(米国時間) - 10.5インチモデルとして第3世代となるiPad Air、7.9インチモデルとして第5世代となるiPad miniを発表した[23]
  • 6月3日(米国時間) - この日行われたWWDC2019においてiOSをベースに改良を施した専用OS「iPadOS」を発表。同年秋よりiPadのOSをiOSからiPadOSに切り換える[24]
  • 9月10日(米国時間) - 10.2インチのスクリーンサイズとなったiPad (第7世代)を発表した[25]

2020年




注釈

  1. ^ オブソリート製品は米国を含めた世界でサポートを終了した製品(販売から7年以降)。ビンテージ製品は米国以外でサポートを終了した製品(販売から5年以上7年未満)

出典

  1. ^ Apple、タブレット型コンピュータ「iPad」発表、499ドルから”. 日経BP社 (2010年1月28日). 2010年5月29日閲覧。
  2. ^ Earliest known photos of an Apple iPad prototype
  3. ^ The Original iPad Was Gigantic
  4. ^ iPad、発売初日に30万台販売——Appleが発表 itmedia、2010年4月6日
  5. ^ 米アップルiPadの販売45万台に、電子書籍ダウンロードは60万冊 ロイター、2010年 4月9日
  6. ^ iPad、5月28日に米国外の9カ国でも発売開始
  7. ^ Apple Media Advisory
  8. ^ 本体価格は月々2220円から:ソフトバンクモバイル、「iPad」を5月28日に発売――専用プランも発表 ITmedia +D モバイル、2010年5月8日
  9. ^ iPad 2、震災で発売延期 アップル 共同通信社、2011年3月16日
  10. ^ アップル、iPad 2を28日発売。16GB Wi-Fi 44,800円 -64GBは68,800円。ソフトバンクが3G版を展開。 SoftBankは、iPadアレソレコレキャンペーンを実施。 iPhone3G/Sを使っていた方が、iPhone4/4Sに機種変更すると、iPadが機種代金とWifispot料金のみで使用できるというもの。 100MBまでの通信は無料。AV Watch、2011年4月28日
  11. ^ アップル — 新しいiPad — 外も中も、鮮やかに優れています。 2012年3月8日
  12. ^ 米Apple、9.7インチタブレット「iPad Air」発表 - 11月1日より日本でも発売 マイナビニュース、2013年10月23日閲覧。
  13. ^ 米Apple、高精細タブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」発表 マイナビニュース、2013年10月23日閲覧。
  14. ^ NTTドコモとApple、6月10日(火曜)からiPadを提供開始 NTTドコモ・Apple Inc.、2014年5月28日
  15. ^ アップル、「iPad Air 2」「iPad mini 3」を発表〜iOS 8.1も配信 ケータイWatch、2014年10月17日
  16. ^ 12.9型/2,732×2,048ドットの「iPad Pro」。Apple Pencilで手書き、「iPad mini 4」も AV Watch、2015年9月10日
  17. ^ 【更新終了】iPhone SEは31日に発売!9.7インチiPad Proも登場! ASCII.jp 2016年3月22日発行、同月26日閲覧。
  18. ^ Clips ClipsはiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)に対応しています。iOS 10.3以降が必要です。 - apple.com
  19. ^ アップル、9.7インチタブレットの新製品「iPad」発表、37,800円から マイナビニュース 2017年3月21日発行、同月22日閲覧。
  20. ^ http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1063631.html
  21. ^ “速報!アップル「新iPad」は何がスゴいのか”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2018年3月28日). http://toyokeizai.net/articles/-/214355?display=b 2018年3月28日閲覧。 
  22. ^ “Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止”. ITmedia News (ITmedia Inc.). (2018年10月30日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news149.html?display=b 
  23. ^ 新「iPad Air」と新「iPad mini」は何が変わった? iPad/iPad Proと比較する” (日本語). ITmedia Mobile. 2019年5月2日閲覧。
  24. ^ アップル、iPad向け新OS「iPadOS」今秋提供。マルチタスク強化,AV Watch,2019年6月4日
  25. ^ Apple、10.2インチの新型「iPad」発表”. ITmedia Mobile (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  26. ^ LP097X02-SLL1 Overview
  27. ^ [1]
  28. ^ iPad 3 4G Teardown
  29. ^ iPad 4 Wi-Fi Teardown
  30. ^ a b 新しいiPad向けスタイラス「Logitech Crayon」
  31. ^ ビンテージ製品とオブソリート製品 - apple
  32. ^ 日本通信、SIMフリー版iPadをドコモ網で使えるマイクロSIM新発売
  33. ^ Apple SIMの衝撃 キャリア主体のスマホ販売が激変する 週刊アスキー、2014年10月20日
  34. ^ Apple SIMがGigSkyと組んで90の国と地域で利用可能に━━海外渡航時に安く使える選択肢が次々に登場 ITmedia、2015年7月7日
  35. ^ 日本初、auの「LTEデータプリペイド」がiPad向けApple SIMに対応 KDDI株式会社、2015年11月17日
  36. ^ Apple SIMの対応キャリアにソフトバンクがひっそり追加 ギズモード・ジャパン 2016年9月8日
  37. ^ 主な質疑応答(2010年3月期 第3四半期決算説明会) NTTドコモ、2010年1月29日
  38. ^ ドコモ、iPad用SIMカード発売へ Itmedia、2010年4月28日
    iPad用SIMカード、NTTドコモが発売へ 朝日新聞、2010年4月29日
  39. ^ iPad、ソフトバンクが28日から国内販売へ ロイター通信、2010年5月8日
  40. ^ iPadのSIMロック理由は「戦いの武器渡せない」 孫社長がネット番組で フジサンケイビジネスアイ、2010年5月14日
  41. ^ ドコモ、iPad用SIMカード販売断念 読売新聞、2010年5月11日
  42. ^ 「iPadをドコモ3G回線で使いたい人はいる」──山田社長 ITmedia、2010年5月18日
  43. ^ Apple ジョブズ氏、日本ユーザーの「iPad 3G」SIMロック解除希望メールに返信 マイコミジャーナル、2010年5月13日
  44. ^ “アイパッド3G版は、ソフトバンクの通信回線のみに対応=米アップルの広報担当者” (日本語). ウォール・ストリート・ジャーナル. (2010年5月17日). http://jp.wsj.com/Business-Companies/Technology/node_61279 2017年7月15日閲覧。 
  45. ^ 「日本向けiPad、海外のSIMささる」と孫社長 ITmedia、2010年5月28日
  46. ^ [iPad]他通信会社のMicro USIMカードは使えますか?(ソフトバンクモバイルFAQページ)
  47. ^ SIMフリー版iPadが発売開始 週アスPlus、2014年7月1日
  48. ^ Trademark Assignment Abstract of Title USPTO。合意内容は公表されていない。
    アップルにiPad使用認める 富士通が商標譲渡 47NEWS、2010年3月27日
  49. ^ APad – China iPad
  50. ^ “中国でipadのパクリが登場!その名も「iped(アイペッド)」”. サーチナ. (2010年5月28日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0528&f=national_0528_010.shtml 2010年6月7日閲覧。 



iPAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 08:18 UTC 版)

iPAD(アイパッド)は富士通アメリカ法人が開発・販売していた業務用携帯情報端末。後に、商標はアップルへ有償譲渡される。


  1. ^ 「iPad」の商標はどうなる? 富士通も米で出願」『ITmedia ニュース』アイティメディア、2010年1月28日。2014年10月17日閲覧。
  2. ^ 「iPad」商標、米Appleが富士通から取得 - 有償譲渡か」『マイナビニュース』マイナビ、2010年3月27日。2014年10月17日閲覧。
  3. ^ 「iPad」の商標、富士通がAppleに譲渡」『Impress Watch』インプレス、2010年3月29日。2014年10月17日閲覧。
  4. ^ Apple、富士通から「iPad」商標を取得」『ITmedia ニュース』アイティメディア、2010年3月29日。2014年10月17日閲覧。
  5. ^ 「iPad」商標問題 - 発表を優先したApple、富士通対策も万全!?」『マイナビニュース』マイナビ、2010年2月8日。2014年10月17日閲覧。
  6. ^ a b USPTO Assignments on the Web”. 米国特許商標庁. 2014年10月17日閲覧。


「iPAD」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「iPad」に関係したコラム

  • ETFの取引をスマホで行える証券会社の一覧

    ETFの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字...

  • 株式取引をスマホで行える証券会社の一覧

    株式取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字が見...

  • バイナリーオプションの取引をスマホで行うには

    バイナリーオプションの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もあ...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「iPad」の関連用語

iPadのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



iPadのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiPad (改訂履歴)、iPAD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS