液体 天体中の液体

液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 04:15 UTC 版)

天体中の液体

地球太陽系において表面に液体の水を湛えた唯一の惑星であり、これがプレートテクトニクス大気中の二酸化炭素濃度調整、そして生命の存在を許容する特徴づけを行っている[35]。このように、液体の水が惑星表面に存在可能な恒星からの距離領域をハビタブルゾーンと言う[36]

火星の北半球にかつて液体の水が大量に存在したか否か、そしてどのような理由で現在の姿になったのは議論が分かれるところである。マーズ・エクスプロレーション・ローバーによる探査で見つかった扇状地状地形などから、火星には少なくとも地殻上に広く水が溜まった箇所が1つは存在することを突き止めたが、この規模については未だ分かっていない[37]金星表面からは河川跡のようなチャネル地形が発見されているが、これは粘度が低い液体の溶岩流が流れた跡である[38]木星中心にある岩石質の中心部にはまわりに広大な液体の大洋がある可能性を、ハーバード大学教授のカール・セーガンが示唆した。その体積は地球の海の620倍と試算した[39]

マントルと分離している充分な量の水やメタンなどの液体は、衛星であるタイタンエウロパカリストガニメデ等にも地下に存在すると考えられる[40]。同様に、イオにはマグマの海があると考えられる。液体の水が存在する決め手にはなっていないが、土星の衛星エンケラドゥスには間欠泉が見つかっている。その他の氷状衛星や太陽系外縁天体も内部に液体か、現在は氷結しているが過去には液体であった水を持っていた可能性がある[40]

太陽系外惑星では、グリーゼ581cがハビタブルゾーンにあると判明した。しかしながら、もし温室効果が過剰ならば、表面に液体の水を維持する以上の気温にある可能性は捨てられない。逆にグリーゼ581dは温室効果によって表面が液体の水を持ちうる温度まで引き上げられている可能性もある[41]。系外惑星オリシスも、その大気が水蒸気を含んでいるかが議論となっている。グリーゼ436bは、「高温の氷」が存在すると考えられている[42]。これらの惑星は液体の水を保持するには高温過ぎるが、そこに水の分子が存在するとすれば、他に適当な温度の惑星が発見される可能性がある[43]

惑星内部にも液体状の構造が存在する可能性が示唆される。地震波による測定から、地球半径の約半分程度の大きさを持つは、外側に液体の外核を持つことが分かった。これは溶融したニッケル硫黄が混ざり合った高密度流体であり、地磁気を発生させる原動力(ダイナモ効果)となっている[44]。同じ地球型惑星の中では、水星からも磁場が観測されており、これは逆に水星内部にも液体の核が存在する可能性が指摘されている[45]木星型惑星惑星の内部では、高い圧力によって金属水素が液体状になっていると考えられる[46]。天王星型惑星も内部にアンモニアやメタンが高温・高圧の環境下で凝縮液体となっており、これらの対流が惑星磁場を発生させる元となっている[47]




  1. ^ Theodore Gray, The Elements: A Visual Exploration of Every Known Atom in the Universe New York: Workman Publishing, 2009 p.127 ISBN 1579128149
  2. ^ アイザック・アシモフ「第一部 生物学 4.われわれの知らないようなやつ」『空想自然科学入門』小尾信彌、山高昭訳、ハヤカワ文庫、1995年(原著1978年)、18刷、69-87頁。ISBN 4-15-050021-5 ただしアシモフは、この定義は「われわれの知っている生命」すなわち地球の生命体が対象であるという。同項でアシモフは異なる温度や圧力下での生命に関する思考実験を行い、高温から低温にわたりフッ化珪素硫黄アンモニアメタン水素という物質がそれぞれ生命活動の環境になりうると言うが、それらは各温度域で液体であることを前提に置いている。
  3. ^ Theo Mang, Wilfried Dressel Lubricants and lubrication, Wiley-VCH 2007 ISBN 3527314970
  4. ^ George Wypych ’’Handbook of solvents’’ William Andrew Publishing 2001 pp. 847-881 ISBN 1895198240
  5. ^ N. B. Vargaftik Handbook of thermal conductivity of liquids and gases CRC Press 1994 ISBN 0849393450
  6. ^ Jack Erjavec Automotive technology: a systems approach Delmar Learning 2000 p. 309 ISBN 1401848311
  7. ^ Gerald Wendt The prospects of nuclear power and technology D. Van Nostrand Company 1957 p. 266
  8. ^ Modern engineering for design of liquid-propellant rocket engines by Dieter K. Huzel, David H. Huang – American Institute of Aeronautics and Astronautics 1992 p. 99 ISBN 1563470136
  9. ^ Thomas E Mull HVAC principles and applications manual McGraw-Hill 1997 ISBN 007044451X
  10. ^ R. Keith Mobley Fluid power dynamics Butterworth-Heinemann 2000 p. vii ISBN 0750671742
  11. ^ Bela G. Liptak Instrument engineers’ handbook: process control CRC Press 1999 p. 807 ISBN 0849310814
  12. ^ McQuarrie, D.A., Statistical Mechanics (Harper Collins, 1976)
  13. ^ Berry, R.S. and Rice, S.A., Physical Chemistry, App.23A: X-Ray Scattering in Liquids: Determination of the Structure of a Liquid (Oxford University Press, 2000)
  14. ^ Born, M., The Stability of Crystal Lattices, Proc. Camb. Phil. Soc., Vol. 36, p.160, (1940) doi=10.1017/S0305004100017138; Thermodynamics of Crystals and Melting, J. Chem. Phys., Vol. 7, p. 591 (1939) doi=10.1063/1.1750497; A General Kinetic Theory of Liquids, University Press (1949)
  15. ^ C.A. Angell, J.H.R. Clarke, I.V. Woodcock (1981). “Interaction Potentials and Glass Formation: A Survey of Computer Experiments”. Adv. Chem. Phys. 48: 397. doi:10.1002/9780470142684.ch5. 
  16. ^ C.A. Angell (1981). “The Glass Transition: Comparison of Computer Simulation and Laboratory Studies”. Trans. N.Y. Acad. Sci. 371: 136. doi:10.1111/j.1749-6632.1981.tb55657.x. 
  17. ^ D. Frenkel, J.P. McTague (1980). “Computer Simulations of Freezing and Supercooled Liquids”. Ann. Rev. Phys. Chem. 31: 491. doi:10.1146/annurev.pc.31.100180.002423. 
  18. ^ Levesque, D. et al., Computer "Experiments" on Classical Fluids, Phys. Rev. A, Vol. 2, p. 2514 (1970); Phys. Rev. A, Vol. 7, p. 1690 (1973); Phys. Rev. B, Vol. 20, p. 1077 (1979)
  19. ^ G. Jacucci, I.R McDonald (1980). “Shear waves in liquid metals”. Molec. Phys. 39: 515. doi:10.1080/00268978000100411. 
  20. ^ M.H. Cohen and G.S. Grest (1980). “Liquid-glass transition: Dependence of the glass transition on heating and cooling rates”. Phys. Rev. B 21: 4113. doi:10.1103/PhysRevB.21.4113. 
  21. ^ G.S. Grest, S.R. Nagel, A. Rahman (1980). “Longitudinal and Transverse Excitations in a Glass”. Phys. Rev. Lett. 49: 1271. doi:10.1103/PhysRevLett.49.1271. 
  22. ^ Mason, W.P., et al., Mechanical Properties of Long Chain Molecule Liquids at Ultrasonic Frequencies, Phys. Rev., Vol. 73, p. 1074 (1948); Measurement of Shear Elasticity and Viscosity of Liquids by Means of Ultrasonic Shear Waves, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 21, p. 58 (1949)
  23. ^ Litovitz, T.A., et al., Ultrasonic Spectroscopy in Liquids, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 431, p. 681 (1959); Ultrasonic Relaxation and Its Relation to Structure in Viscous Liquids, Vol. 26, p. 566 (1954); Mean Free Path and Ultrasonic Vibrational Relaxation in Liquids, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 32, p. 928 (1960); On the Relation of the Intensity of Scattered Light to the Viscoelastic Properties of Liquids and Glasses, Vol. 41, p. 1601 (1967); Montrose, C.J., et al., Brillouin Scattering and Relaxation in Liquids, Vol. 43, p. 117 (1968); Lamacchia, B.T., Brillouin Scattering in Viscoelastic Liquids, Dissertation Abstracts International, Vol. 27-09, p. 3218 (1967)
  24. ^ I.L. Fabelinskii (1957). “Molecular Scattering of Light in Liquids”. Uspekhi Fizicheskikh Nauk 63: 355. 
  25. ^ L. Brillouin (1922). “Diffusion de la lumière et des rayons X par un corps transparent homogène; influence de l'agitation thermique”. Annales de Physique 17: 88. 
  26. ^ E.N. Andrade (1934). “Theory of viscosity of liquids”. Phil. Mag. 17: 497, 698. 
  27. ^ C. Lindemann (1911). “Kinetic theory of melting”. Phys. Zeitschr. 11: 609. 
  28. ^ Frenkel, J., Kinetic Theory of Liquids, Translated from Russian (Oxford University Press, 1946)
  29. ^ Fleury, P.A., Central-Peak Dynamics at the Ferroelectric Transition in Lead Germanate, Phys. Rev. Lett., Vol. 37, p. 1088 (1976); in Anharmonic Lattices, Structural Transitions and Melting, Ed. T. Riste (Noordhoff, 1974); in Light Scattering Near Phase Transitions, Eds. H.Z. Cummins, A. P. Levanyuk (North-Holland, 1983)
  30. ^ D.B. Macleod (1923). “On a relation between the viscosity of a liquid and its coefficient of expansion”. Trans. Farad. Soc. 19: 6. doi:10.1039/tf9231900006. 
  31. ^ G.W Stewart (1930). “The Cybotactic (Molecular Group) Condition in Liquids; the Association of Molecules”. Phys. Rev. 35: 726. doi:10.1103/PhysRev.35.726. 
  32. ^ Scherer, G.W., Relaxation in Glass and Composites, Krieger, 1992 ISBN 0471819913
  33. ^ Mason, W.P., et al. (1948). “Mechanical Properties of Long Chain Molecule Liquids at Ultrasonic Frequencies”. Phys. Rev. 73: 1074. doi:10.1103/PhysRev.73.1074. 
  34. ^ Montrose, C.J., et al. (1968). “Brillouin Scattering and Relaxation in Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 43: 117. doi:10.1121/1.1910741. 
    Litovits, T.A. (1959). “Ultrasonic Spectroscopy in Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 31: 681. 
    “Ultrasonic Relaxation and Its Relation to Structure in Viscous Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 26: 566. (1954). Candau, S., et al. (1967). “Brillouin Scattering in Viscoelastic Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 41: 1601. doi:10.1121/1.2143675. 
    Pinnow, D. et al. (1967). “On the Relation of the Intensity of Scattered Light to the Viscoelastic Properties of Liquids and Glasses”. J. Acoust. Soc. Am. 41: 1601. doi:10.1121/1.2143676. 
  35. ^ 倉本圭. “惑星としての地球”. 北海道大学理学部地球惑星科学課. 2012年2月18日閲覧。
  36. ^ アストロ・トピックス (217) 太陽系外で発見されたハビタブルゾーンに位置する惑星”. 国立天文台. 2012年2月18日閲覧。
  37. ^ ジム・ベル/コーネル大学「別冊日経サイエンス no.167 見えてきた太陽系の起源と進化」、日経サイエンス社、2009年、 ISBN 978-4-532-51167-8
  38. ^ 宮本英昭. “研究・プロジェクト紹介”. 東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻. 2012年2月18日閲覧。
  39. ^ アイザック・アシモフ「16.もちろん木星だとも」『空想自然科学入門』早川書房、1963年、第一八刷、294-310頁。ISBN 4-15-050021-5
  40. ^ a b Hussmann, H.; Sohl, Frank; Spohn, Tilman (November 2006). "Subsurface oceans and deep interiors of medium-sized outer planet satellites and large trans-neptunian objects". Icarus 185 (1): 258–273.
  41. ^ Lightest exoplanet yet discovered” (英語). European Southern Observatory. 2012年1月20日閲覧。
  42. ^ M. Gillon et al. (2007). “Detection of transits of the nearby hot Neptune GJ 436 b” (PDF). Astronomy and Astrophysics 472 2: L13-L16. http://www.aanda.org/articles/aa/pdf/2007/35/aa7799-07.pdf. 
  43. ^ Hot "ice" may cover recently discovered planet” (英語). Reuters. 2012年1月20日閲覧。
  44. ^ David P. Stern. “地磁気の起源”. 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター. 2012年2月18日閲覧。
  45. ^ 倉本圭. “研究”. 北海道大学理学部地球惑星科学課. 2012年2月18日閲覧。
  46. ^ ビル・アーネット. “木星”. 福岡教育大学. 2012年2月18日閲覧。
  47. ^ 木村友亮ら. “高強度レーザー衝撃圧縮を用いたメガバール領域における水の状態方程式計測 (PDF)”. 日本惑星科学会誌 Vol.20, No.1, 2011. 2012年2月18日閲覧。


「液体」の続きの解説一覧



液体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「液体」の関連用語

液体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



液体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの液体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS