スクウェア・エニックス スクウェア・エニックスの概要

スクウェア・エニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 14:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社スクウェア・エニックス
SQUARE ENIX CO., LTD.
本社が入居する新宿イーストサイドスクエア
種類 株式会社
略称 スクエニ、SQEX
本社所在地 日本
160-8430
東京都新宿区新宿六丁目27番30号
新宿イーストサイドスクエア
北緯35度41分47.97秒 東経139度42分30.75秒 / 北緯35.6966583度 東経139.7085417度 / 35.6966583; 139.7085417座標: 北緯35度41分47.97秒 東経139度42分30.75秒 / 北緯35.6966583度 東経139.7085417度 / 35.6966583; 139.7085417
設立 2008年10月1日(分割新設による)
業種 情報・通信業
法人番号 5011001058146
事業内容 コンシューマーゲームオンラインゲーム、携帯電話コンテンツの企画・開発・販売・配信、書籍の出版等
代表者 松田洋祐(代表取締役社長)
資本金 15億円(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 30000株(2020年3月31日現在)[1]
売上高 1949億0800万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 314億6700万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 320億2000万円
(2020年3月期)[1]
純利益 242億3100万円
(2020年3月期)[1]
純資産 1416億2400万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 1928億6800万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 4601人
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス 100%
関係する人物 福嶋康博
本多圭司
宮本雅史
鈴木尚
武市智行
和田洋一
その他関係人物は#主要クリエイター・広報#かつて在籍したクリエイターを参照
外部リンク https://www.jp.square-enix.com/
テンプレートを表示



注釈

  1. ^ 担当社員によるマッグガーデン設立およびスタジオDNAによる一賽舎設立へ参加する騒動。
  2. ^ 2015年に両社は和解し、2016年7月25日発売のビッグガンガンVol.08から連載を再開する予定。
  3. ^ スクウェアの元社長・武市智行の出身会社。
  4. ^ スクウェア・エニックス オンライン部門から独立した子会社。ニコッとタウン、ファイナルファンタジーブリゲイド他を開発

出典

  1. ^ a b c d e f g h 第12期 決算公告 (PDF)”. 株式会社スクウェア・エニックス. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ 和解による紛争の解決に関するお知らせ SQUARE ENIX”. スクウェア・エニックス・ホールディングス (2015年8月26日). 2015年10月17日閲覧。
  3. ^ エニックスとスクウェア、合併比率を変更ITmedia)2003.1、2009.12.30閲覧
  4. ^ 『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』開発者・宣伝担当インタビュー”. ファミ通.com. エンターブレイン (2013年12月28日). 2014年4月20日閲覧。
  5. ^ スクウェア・エニックス、来年度から11のビジネス・ディビジョンを4つの開発事業本部に再編。2019年3月期Q3決算説明会で明らかに” (日本語). 電ファミニコゲーマー. 2019年4月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e LTD, SQUARE ENIX CO. “役員一覧 | SQUARE ENIX” (日本語). www.jp.square-enix.com. 2019年4月5日閲覧。
  7. ^ プログラマー(エンジニア) スクウェア・エニックス
  8. ^ 役員一覧 スクウェア・エニックス
  9. ^ スクエニ、Apple Arcade向けの新作RPG『バリアスデイライフ』を配信開始 開発チームは過去『オクトパストラベラー』を手掛ける Social Game Info 2019年9月20日
  10. ^ a b 株式会社インプレス (2019年4月1日). “スクウェア・エニックスが、「FFXIV」に続く基幹プロジェクトのスタッフを募集 世界を見据えた次世代のAAAタイトルはアクションゲーム?” (日本語). GAME Watch. 2019年4月5日閲覧。
  11. ^ 『FFBE幻影戦争』広野プロデューサー&小倉ディレクターに訊く…900万DL突破、売上ランキング上位定着、好調を支えるのはユーザーと向き合う真摯な運営体制 Social Game Info 2020年2月28日
  12. ^ a b デザイナー(アーティスト) ソーシャルゲーム スクウェア・エニックス
  13. ^ 【インタビュー】「ガチャなし」「スマコマ」「ハクスラ」…スクエニが放つ異色作『ラストイデア』、セールスやDL数が好調に推移するその要因と今後の展望に迫る! Social Game Info 2019年6月19日
  14. ^ a b c 第1ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  15. ^ a b 第2ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  16. ^ 第3ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  17. ^ a b 第6ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  18. ^ a b c d e 新企画(?)”動く!スマゲ★革命”第1回は『DQM スーパーライト』柴Pとの同級生対談 ファミ通 2014年4月7日
  19. ^ 「少女迷宮」はキャラクターの内面へと踏み込む内容に!「プロジェクト東京ドールズ」プロデューサー・塩見卓也氏にインタビュー ixll 2017年7月13日
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 第8-12ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  21. ^ スクウェア・エニックスは巨大なトキワ荘。レジェンド開発者が登場した,ユニークな中途採用説明会をレポート 4Gamer.net 2018年1月10日
  22. ^ a b スクエニ「特モバイルニ部」に聞く--スマホゲームのこれまでとこれから CNET Japan 2012年12月29日
  23. ^ a b スクウェア・エニックスのプロデューサー募集についてその真意を確かめに行ってきました GIGAZINE 2011年3月4日
  24. ^ スクウェア・エニックス最強のカードゲームの話を聞いてきた ASCII 2012年9月10日
  25. ^ スクウェア・エニックス・グループの中国戦略を本多圭司氏に聞く 「最適のコンテンツを最適なパートナーと」【ChinaJoy 2014】”. ファミ通.com (2014年8月8日). 2014年8月31日閲覧。
  26. ^ SQUARE ENIX SHOP
  27. ^ ARTNIA
  28. ^ 日経産業新聞2001年10月19日28面記事より
  29. ^ a b 任天堂/スクウェア―――クリスタルクロニクルまでの8年間” (日本語). インサイド. 2020年8月31日閲覧。
  30. ^ a b そろそろ語ろうか(其の弐)|和田洋一|note” (日本語). note(ノート). 2020年8月31日閲覧。
  31. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/kawamurameikou/20200504-00174922/ 河村鳴紘 「記事も鳴かずば撃たれまい」 2020年5月4日(全文閲覧には定期購読が必要)
  32. ^ そろそろ語ろうか(其の壱)”. 和田洋一. 2020年5月26日閲覧。
  33. ^ 社長が訊く『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 (3/6)”. 任天堂 (2009年11月6日). 2016年10月14日閲覧。
  34. ^ 役員一覧|会社情報|株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
  35. ^ Twitter / 和田洋一: 申し訳ありませんでした。我々の未熟さからくる配慮不足 ... (2010.06.25 和田洋一)
  36. ^ スクエニChan!”. スクウェア・エニックス. 2013年6月13日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクウェア・エニックス」の関連用語

スクウェア・エニックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スクウェア・エニックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクウェア・エニックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS