PLANET-Cとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > PLANET-Cの意味・解説 

プラネット‐シー【PLANET-C】


PLANET-C

分類:月・惑星探査


名称:金星探査機(PLANET-C)
小分類金星観測
開発機関会社宇宙航空研究開発機構(JAXA
運用機関会社宇宙航空研究開発機構(JAXA
打ち上げ国名機関日本/宇宙航空研究開発機構(JAXA
打ち上げ年月日2010年予定
打ち上げ国名日本
打ち上げロケット
打ち上げ場所:

金星探査機「PLANET-C」は火星探査機のぞみに続く、日本惑星探査計画です。「地球双子星と言われるお隣の惑星金星の大気の謎を解き明かすことを目的にしています。
金星一番星、あるいは「明けの明星」「宵の明星」として親しまれ、地球大きさがよく似ていますが、その環境地球大きく異なっています。高温二酸化炭素大気太陽エネルギーを閉じこめて温暖化引き起こしているために灼熱地獄となり、硫酸浮かんでいます。なぜ金星地球とまったく異な環境になったかの原因を探れば、地球環境成り立ち気候変動解明す手がかりが得られるでしょう
また、金星243日かけて西向き自転していますが、大気毎秒100mにも達する「スーパーローテーション」と呼ばれる暴風が吹いています。自転速度60倍にも及ぶ風は金星最大の謎と言われています。
PLANET-Cは2010年打ち上げられる予定です。厚い通して地表面まで観測する高分解能の赤外線カメラ放電発光高速でとらえるセンサー高速を見るカメラ、厚い大気突き抜ける電波などを用いて金星全体気象現象地表面調べ金星から宇宙空間へと逃げ出す大気観測クローズアップ撮影行います。まだ見ぬ活火山発見や、鉱物分布を知ることも期待されています。


あかつき (探査機)

(PLANET-C から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 16:14 UTC 版)

あかつき(第24号科学衛星: 計画名「PLANET-C」または「VCO(Venus Climate Orbiter、金星気候衛星)」)は、宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)宇宙科学研究所(以下ISAS)の金星探査機。観測波長の異なる複数のカメラを搭載して金星の大気を立体的に観測する。




注釈

  1. ^ もっとも効率的な燃料と酸化剤の比を1:1(完全燃焼)とすると、あかつきでは1:0.8としている。
  2. ^ 従来の金属製スラスタに対してセラミックスラスタは数百度高い 1,500 °C まで耐えられるが、完全燃焼時の温度は 2,000 °C に達する[9]
  3. ^ 金星周回軌道上(当初予定)では、2,649 W/m2(設計時に想定した最大熱入力は 2,800 W/m2)。金星投入に失敗し、太陽周回軌道に入ったが、その軌道上で想定される最大熱入力は 3,655 W/m2 で、金星周回軌道上の熱入力に対し、約 1,000 W/m2 大きい。

出典

  1. ^ 「あかつき」の金星周回軌道投入失敗の状況について”. JAXA (2010年12月17日). 2020年8月29日閲覧。
  2. ^ “あかつき 金星周回軌道へ噴射成功 5年ぶり再挑戦”. 毎日新聞. (2015年12月7日). http://mainichi.jp/articles/20151207/k00/00e/040/116000c 2015年12月7日閲覧。 
  3. ^ a b “金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入結果について” (プレスリリース), JAXA, (2015年12月9日), http://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151209_akatsuki_j.html 2015年12月9日閲覧。 
  4. ^ a b “金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入結果に関する記者説明会” (プレスリリース), JAXA, (2015年12月9日), http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/detail/6415.html 2015年12月9日閲覧。 
  5. ^ a b “あかつき 金星軌道投入に成功 JAXA発表”. NHK NewsWeb. (2015年12月9日). オリジナルの2015年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151209124659/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151209/k10010335321000.html 2015年12月9日閲覧。 
  6. ^ a b c d “「あかつき」軌道修正”. 読売新聞. (2016年4月9日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160409-OYS1T50006.html 2016年4月10日閲覧。 
  7. ^ NHK 逆転人生「金星探査機あかつき 執念のカムバック」 2019年4月15日放送 サイト
  8. ^ “金星探査機「あかつき」観測成果論文のScience誌掲載について - JAXA” (プレスリリース), JAXA, (2020年4月24日), https://www.jaxa.jp/press/2020/04/20200424-1_j.html 2020年4月25日閲覧。 
  9. ^ a b 松尾哲也、森島克成、井上涼平、野中吉紀「金星探査機(PLANET-C)向け500Nセラミックスラスタの開発 (PDF) 」 『三菱重工技報』第45巻第4号、三菱重工業、2008年、2015年8月12日閲覧。
  10. ^ 松浦晋也 (2010年10月13日). “第2話 平面アンテナが金星と地球を結ぶ”. 太陽系大航海時代の幕明け > 届け、あかつきの星へ. NEC. 2015年12月7日閲覧。
  11. ^ 太陽系大航海時代の幕明け > 届け、あかつきの星へ 第1話「はやぶさ」を継ぎし「あかつき」へ”. NEC. 2010年11月22日閲覧。
  12. ^ 金星探査計画提案書 (PDF)
  13. ^ “金星探査機「PLANET-C」の名称の決定について” (プレスリリース), JAXA, (2009年10月23日), http://www.jaxa.jp/press/2009/10/20091023_akatsuki_j.html 2010年11月22日閲覧。 
  14. ^ “H-IIAロケット17号機による金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の打上げ延期について” (プレスリリース), JAXA, http://www.jaxa.jp/press/2010/05/20100518_h2af17_j.html 2010年5月18日閲覧。 
  15. ^ “H-IIAロケット17号機による金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の打上げ結果について” (プレスリリース), JAXA, http://www.jaxa.jp/press/2010/05/20100521_h2a-f17_j.html 2010年5月21日閲覧。 
  16. ^ 金星探査機「あかつき」の軌道制御の実施結果について”. JAXA. 2010年7月18日閲覧。
  17. ^ a b 「あかつき」の金星周回軌道投入日、12月7日と決定”. JAXA. 2010年12月12日閲覧。
  18. ^ 金星探査機「あかつき」の軌道制御エンジン(OME)噴射開始及び金星による掩蔽に伴う通信中断について (PDF)”. JAXA. 2010年12月7日閲覧。
  19. ^ 金星探査機「あかつき」の状況について (PDF)”. JAXA (2010年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  20. ^ 金星探査機「あかつき」の金星周回観測軌道投入(VOI-1)の結果について, (日本語), プレスリリース (宇宙航空研究開発機構), (2010年12月8日), https://www.jaxa.jp/press/2010/12/20101208_akatsuki_j.html 2010年12月8日閲覧。 
  21. ^ “「あかつき」の金星周回軌道投入失敗に係る原因究明と対策について(その2)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年12月27日), http://www.jaxa.jp/press/2010/12/20101227_sac_akatsuki_2.pdf 2011年1月2日閲覧。 
  22. ^ “あかつき投入失敗、燃料逆流防止弁の詰まりが根本原因”. asahi.com. (2010年12月27日). オリジナルの2010年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101230053853/http://www.asahi.com/science/update/1227/TKY201012270077.html 2015年12月7日閲覧。  - この説明の中の「燃料を供給するパイプに取り付けられていた」は不適切。
  23. ^ “「あかつき」軌道投入失敗の原因は燃料逆流防止弁の動作不良”. アストロアーツ. (2010年12月27日). http://www.astroarts.co.jp/news/2010/12/27akatsuki/index-j.shtml 2010年1月2日閲覧。 
  24. ^ “「あかつき」の金星周回軌道投入失敗に係る原因究明と対策について(その3)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2011年6月30日), http://www.jaxa.jp/press/2011/06/20110630_sac_akatsuki.pdf 2012年8月4日閲覧。 
  25. ^ “「あかつき」の金星周回軌道投入失敗の状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年12月17日), https://www.jaxa.jp/press/2010/12/20101217_sac_akatsuki_j.html 2010年12月20日閲覧。 
  26. ^ “「あかつき」逆噴射中に前転、姿勢崩す 6年後の再挑戦、電池寿命がカギ”. 日本経済新聞. (2010年12月8日) 
  27. ^ “金星探査機「あかつき」の周回軌道への投入は失敗、6年後の再投入を目指す”. マイコミジャーナル. (2010年12月8日). https://news.mynavi.jp/articles/2010/12/08/planet-c_retry/index.html 2015年12月7日閲覧。 
  28. ^ “金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入結果について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年12月8日), https://www.jaxa.jp/press/2010/12/20101208_sac_akatsuki_j.html 2010年12月8日閲覧, "6年余り後の金星再会合時での軌道投入の可能性を追求する" 
  29. ^ 「あかつき」の機能確認作業において金星を撮影!”. JAXA (2010年12月10日). 2015年12月7日閲覧。
  30. ^ 東山正宜 (2011年1月4日). “あかつき、寄り道を検討 金星再挑戦までに小惑星観測”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/science/update/0103/TKY201101030294.html 2011年1月7日閲覧。 
  31. ^ 山田大輔 (2011年1月5日). “あかつき:軌道再投入1年前倒し 「待ち伏せ作戦」を検討”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/science/news/20110105k0000m040105000c.html 2011年1月7日閲覧。 
  32. ^ “「あかつき」の現状について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2011年4月13日), https://www.jaxa.jp/press/2011/04/20110413_sac_akatsuki_j.html 2011年4月27日閲覧。 
  33. ^ “「あかつき」の金星周回軌道投入失敗に係る原因究明と対策について(その3)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2011年6月30日), https://www.jaxa.jp/press/2011/06/20110630_sac_akatsuk_j.html 2011年9月2日閲覧。 
  34. ^ “金星探査機「あかつき」はあきらめない 次善の観測可能軌道だってある”. J-CASTニュース. (2011年9月16日). http://www.j-cast.com/2011/09/16107578.html 2011年9月17日閲覧。 
  35. ^ “「あかつき」の金星周回軌道投入失敗に係る原因究明と対策について(その4)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2011年9月30日), http://www.jaxa.jp/press/2011/09/20110930_sac_akatsuki.pdf 2015年12月7日閲覧。 
  36. ^ “第24号科学衛星(PLANET-C)「あかつき」の金星周回軌道への投入失敗に係る原因究明及び今後の対策について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙開発委員会, (2012年2月1日), https://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2012/03/05/1317560_01.pdf 2015年12月8日閲覧。 
  37. ^ “「あかつき」の現状と今後の運用について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2012年1月31日), https://www.jaxa.jp/press/2012/01/20120131_sac_akatsuki_2_j.html 2013年8月16日閲覧。 
  38. ^ “金星に向け軌道修正成功 探査機あかつき”. 産経新聞. (2015年8月5日). http://www.sankei.com/life/news/150805/lif1508050021-n1.html 2015年8月5日閲覧。 
  39. ^ “「あかつき」軌道修正成功、太陽最接近が試練にみ”. 読売新聞. (2015年8月5日). http://www.yomiuri.co.jp/science/20150805-OYT1T50069.html 2015年8月5日閲覧。 
  40. ^ 金星探査機「あかつき」の金星周回軌道再投入に向けての軌道修正制御の実施結果について”. JAXA (2015年8月5日). 2015年8月6日閲覧。
  41. ^ a b “金星探査機あかつき、太陽に最接近”. 産経新聞. (2015年8月31日). http://www.sankei.com/life/news/150831/lif1508310027-n1.html 2015年9月5日閲覧。 
  42. ^ 金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入における姿勢制御用エンジン噴射結果について (html)” (日本語). 宇宙航空研究開発機構 (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  43. ^ a b c 「あかつき」搭載の2つのカメラ、科学観測を休止 (html)” (日本語). 宇宙航空研究開発機構 (2017年3月3日). 2017年8月17日閲覧。
  44. ^ “金星探査機「あかつき」(PLANET-C) メッセージキャンペーンの実施について” (プレスリリース), JAXA, (2009年10月23日), http://www.jaxa.jp/press/2009/10/20091023_akatsuki_campaign_j.html 2015年9月9日閲覧。 
  45. ^ a b c 「あかつき」メッセージキャンペーンの舞台裏 (PDF) 」 『JAXA's』第31巻、宇宙航空研究開発機構、2010年4月、 9-11ページ、2010年5月27日閲覧。
  46. ^ 「あかつき」メッセージキャンペーンに寄せられたメッセージ”. JAXA. 2015年9月9日閲覧。
  47. ^ a b c 森岡澄夫 (2010年2月23日). “金星へ飛び立つ「あかつき」と初音ミクパネルを見てきた”. ITmedia news (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/23/news024.html 2010年5月30日閲覧。 
  48. ^ 森岡澄夫 (2010年4月8日). “初音ミク「あかつき」に搭乗! 種子島で実機を見てきた”. ITmedia news (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/08/news044.html 2010年5月30日閲覧。 
  49. ^ ミッションマーク”. あかつき特設サイト. JAXA. 2015年9月9日閲覧。
  50. ^ あかつきくん・きんせいちゃんを作って軌道投入を応援しよう!応募作品集”. あかつき特設サイト. JAXA. 2015年9月9日閲覧。
  51. ^ “イカロス君「はやぶさ兄さんに僕の広がった姿を見せられてよかった!”. ITmedia News. (2010年6月11日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/11/news068.html 2015年9月9日閲覧。 


「あかつき (探査機)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PLANET-C」の関連用語

PLANET-Cのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PLANET-Cのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあかつき (探査機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS