主なルール変更とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 主なルール変更の意味・解説 

主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 01:29 UTC 版)

2015年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

無資格レシーバー宣言をした選手タックルボックス内にセットしなければならないというルール規定された。これは、2014年シーズンニューイングランド・ペイトリオッツ無資格レシーバーワイドレシーバースロット位置セットしライン紛れ込ませた有資格レシーバーパスを通すトリックプレー多用し問題視されたことへの対応策として規定されたものであるタッチダウン後のエクストラポイントのキック開始地点が2ヤード地点から15ヤード地点変更された。2ポイントコンバージョンはこれまで通り、2ヤード地点から開始され、2ポイントコンバージョンの攻撃側反則発生した場合キック変更することも可能となったまた、エクストラポイントで守備側ボール奪った場合これまではエクストラポイント失敗終了していたが、リターンしてエンドゾーンまで到達した場合守備側2点加算されることになった。なお、このルールでの初めての得点は、この年第13週パンサーズセインツで、セインツパンサーズのエクストラポイントキックをブロックしエンドゾーンまでリターンしたものである。

※この「主なルール変更」の解説は、「2015年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2015年のNFL」の記事については、「2015年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/07 03:37 UTC 版)

1974年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ゲームの迅速な進行プレイ活性化目的として、いくつかのルール変更が行われた(WFL で採用された新ルールへの対抗措置という側面もある)。 プレシーズンレギュラーシーズンゲームにおけるオーバータイム(サドンデス方式、1Qのみ)の導入ゴールポスト位置を、ゴールラインからエンドラインへと移動(1932年以前の状態へと戻された)。また、ゴールポスト長さ30フィートへと延長フィールドゴール失敗後攻撃開始地点を、フィールドゴール蹴られプレイ開始位置(ボール蹴った位置ではない)と自陣20ヤード地点どちらか遠い方へと変更キックオフ位置を、自陣40ヤード地点から 自陣35ヤード地点へと変更パント時、カバーチームの選手両端の2名を除き ボール蹴られるまでスクリメージライン越えてならないとされた。 パス捕球有資格者に対するバンプは、スクリメージラインから3ヤード以内範囲において1回のみとされた。 ディフェンスによる、スクリメージライン越えた位置でのイリーガル・ユーズ・オブ・ハンドや腕や体を使ってファウルに対しては、罰退を反則起こった位置ではなく そのプレイ開始位置から適用することに。 オフェンシブホールディング、イリーガル・ユーズ・オブ・ハンド、トリッピングの罰退を15ヤードから10ヤード変更WR による、スクリメージラインから3ヤード以内エリア戻ってくるかたちでのブロックでは、腰から下へのヒット禁止

※この「主なルール変更」の解説は、「1974年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1974年のNFL」の記事については、「1974年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/08 00:25 UTC 版)

1976年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

フィールド両端にプレークロック(スナップまでの残り時間表示)が置かれるようになった。 エクストラポイント失敗時にディフェンス反則犯していた場合、エクストラポイントはやり直しへと変更また、罰退はエクストラポイント再試行適用しても、次プレイであるキックオフ適用してもよい(反則受けた側で選択可)とされた。 エクストラポイント成功時にディフェンス反則犯していた場合、罰退は次プレイであるキックオフ適用するとされた。 フェイスマスク反則導入偶発的に手がかかっただけなら5ヤードの罰退。つかんで引っ張ったり振り回した場合15ヤードの罰退。悪質な場合には退場処分対象になると規程された。 自ら転倒しボール前に進め意図のないボールキャリアーに対するヒット禁止(いわゆる "Ben Davidson Rule")。

※この「主なルール変更」の解説は、「1976年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1976年のNFL」の記事については、「1976年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:05 UTC 版)

2021年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

オンサイドキック成功率上げるため、キック地点から10ヤード離れたラインから25ヤード離れたライン間のレシービングチーム選手数が9人以下に制限された。 プレシーズンゲームではオーバータイム廃止された。 ユニフォーム背番号制限が緩和され攻撃側ではQB、Kに加えてRBTEFBHBWR1-19番号つけること可能になった。守備側でもLBDBが可能となった

※この「主なルール変更」の解説は、「2021年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2021年のNFL」の記事については、「2021年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 08:45 UTC 版)

2006年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

この年ルール変更無かった

※この「主なルール変更」の解説は、「2006年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2006年のNFL」の記事については、「2006年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 08:43 UTC 版)

1981年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

粘着性の高い物や滑り易い物をユニフォーム、体、装備に付けてプレーすることが禁止された前年レスター・ヘイズスティッカム塗りたくっインターセプト量産したことなどによる そのポジションでは付けることが認められていない番号プレーする場合、オフェンスプレーヤーはそのプレー前に主審申告しなくてはならなくなったフォワードパス反則時にレシーバーがそのボール触れた場合罰則ダウン喪失になった。 イリーガルユース系の反則罰則15ヤードから10ヤード減らされた。 インテンショナル・グラウンディング罰則が、ダウン喪失に加えプレー開始時ボール位置(プレビアススポット)から10ヤードの罰退または反則地点スクリメージラインより10ヤード上下がっている場合反則地点まで罰退(スポットオブファウル)となった

※この「主なルール変更」の解説は、「1981年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1981年のNFL」の記事については、「1981年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 08:44 UTC 版)

1994年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

2ポイントコンバージョンが認められるようになったキックオフ35ヤードラインから30ヤードラインに変更になった守備選手ニュートラルゾーン侵入し攻撃選手反応した場合ニュートラルゾーン・インフラクション反則適用されるようになったフィールドゴール失敗の場合、相手チーム20ヤードラインか、ボールキックした位置の内、自陣ゴールラインに対して遠い方から攻撃を始めることになったフィールドゴールやエクストラポイントの際に守備側チームが腰より下位置ブロックをすることが禁じられた

※この「主なルール変更」の解説は、「1994年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1994年のNFL」の記事については、「1994年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 08:33 UTC 版)

2002年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ディフェンス選手ボール保有する選手からボール掻き出す行為ルールブック禁じていたが、形骸化していたため削除され正式に認められるようになった選手パイロン触れても、サイドライン触れてなければアウトオブバウンズとは見なさないようになったプレー後に引き続いて発生した反則プレー終了地点から罰則適用されるようになった。 キッキングプレーにおけるチョップブロックはすべて反則となり、15ヤードの罰退が課されるようになったターンオーバー後、守備まわったQBに対するヘルメットによるヒット正当なブロック除き禁じられるようになったオーバータイム前後半残り2分のみ、キックオフではフィールド上の選手ボール正当に触れた瞬間からゲームクロックが再開されていたが、すべてのキックオフ適用されるようになった前後半残り2分でQBサックされた場合時計止まっていたが、QBサック後、ボール次のプレイスポット置かれるまで時計止まらないように変更された。 ビジターチーム攻撃権有する時にホームチーム人工的な音楽騒音起こしてはいけないという規定追加された。 初めての開閉式屋根を持つリライアント・スタジアムができたことで、屋根の開閉に関するルール定められた屋根開けてゲームを行うか閉じて行うかは、キックオフ90 分前までに決定する屋根閉じてキックオフした場合ゲーム中に開けることはできない屋根開けてキックオフした場合天候の悪化ゲームの続行支障を来さない限り閉じることはできない

※この「主なルール変更」の解説は、「2002年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2002年のNFL」の記事については、「2002年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/21 16:00 UTC 版)

1990年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

アンネセサリー ラフネスの明確化頭突き等の行為行った選手は、退場処分対象とされることになったスクリメージ ライン越えてイリーガル フォワード パス反則は、パサー体の一部出た場合でも適用されるようになったタイムアウトおよび その他審判による中断後のプレー クロック25秒から始めるとされた(30秒からの変更)。 前半残り2分以上、後半残り5分以上の時間帯では、前のプレイ選手アウト オブ バウンズ出た場合でも 審判ボールセットした時点でゲーム クロック再稼動させるものとした。 前半残り2分以上、後半残り5分以上の時間帯では、反則適用放棄の場合でもゲーム クロックすぐさま再稼動させるものとした。

※この「主なルール変更」の解説は、「1990年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1990年のNFL」の記事については、「1990年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 01:19 UTC 版)

1991年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ドロップキックフィールドゴールパントは、全てスクリメージライン後方ら行う、と変更された。 前・後半残り 2 分以降除き反則により相手怪我をさせた場合チームタイムアウト没収されなくなった選手アウトオブバウンズ出たとしても、攻守交代際は次のスナップまでゲームクロックを動かさない守備側オフサイドで、クォーターバックへの威嚇意図明白な場合審判直ちプレイ止めるファンブルしたボール相手エンドゾーンからアウトオブバウンズ出た場合は、タッチバックになる。 ファンブルしたボール自軍エンドゾーン入り相手側選手によりアウトオブバウンズ出され場合は、セイフティではなくタッチバックになる。 攻撃側選手は、バックワードパスを故意に叩いてならないジャージ首元パンツの左太ももに、リーグマーク付けることになった

※この「主なルール変更」の解説は、「1991年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1991年のNFL」の記事については、「1991年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 01:21 UTC 版)

1992年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

インスタント リプレイ廃止。 既に他のオフェンス選手組み合っている状態のディフェンス選手に対しての、プレイ開始時バックフィールド位置していた選手によるチョップ ブロック禁止

※この「主なルール変更」の解説は、「1992年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1992年のNFL」の記事については、「1992年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 01:51 UTC 版)

2003年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

試合時間残り5分以内オンサイドキック10ヤード達せずアウトオブバウンズやキッキングチームに触れられ場合今までは5ヤード罰退で蹴り直しであったが、レシービングチーム即時攻撃権得られる選択肢追加された。 今までコマーシャル中断することが出来なかったが、レビューチャレンジが開始され場合リーグ担当者コマーシャル中断できるようになった

※この「主なルール変更」の解説は、「2003年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2003年のNFL」の記事については、「2003年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 23:10 UTC 版)

1977年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

スクリメージラインでの頭部への打撃禁止された。このプレーロサンゼルス・ラムズディーコン・ジョーンズがしばしば行ったものである市販品以外の改造されたキッキングシューズの使用禁止。これは、生まれつき右足の先を欠損していたトム・デンプシー先の平たい靴を使用していたことが不公平であるとの声があり、その対策として導入されたものであったことから、トム・デンプシールールと呼ばれている。なお後ESPN検証したところ、先の平たい靴の使用科学的にはむしろ不利であるとの結論至っている。 守備選手のレシーバーに対する接触一回のみ許される。 オフェンシブラインマンは腕を伸ばして相手の首、顔、頭を押してならないレシーバー守備選手突き飛ばしてならない

※この「主なルール変更」の解説は、「1977年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1977年のNFL」の記事については、「1977年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 21:15 UTC 版)

1978年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

この年からレギュラーシーズン14試合から16試合変更された。またプレーオフ出場できるチームが8チームから10チーム増えてワイルドカードプレーオフ出場権得た2チーム最初に対戦し翌週カンファレンス最高勝率をあげたチーム対戦するようになったバンプ・アンド・ランカバレッジスクリメージラインから5ヤード以内でしか行ないようになった。このルールはメル・ブラウントルールと呼ばれている。 ボールキャリアー)が一旦スクリメージラインを超えたら、後ろへ戻ってフォワードパス投げられないフォワードパス空中にあるときに、エンドゾーンの方向へボールを叩くことは禁止されたパスプロテクションの際、腕を伸ばしたり手を開いてブロック認められたインテンショナルグラウンディング罰則が、ダウン喪失15 ヤードの罰退から、ダウン喪失10 ヤードの罰退(10 ヤード上後方から投げていればその位置から次のダウン)に変更された。エンドゾーン内から投げた場合は、相手チームセイフティ与えられる7 人目のオフィシャルとして、サイドジャッジが加わる。

※この「主なルール変更」の解説は、「1978年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1978年のNFL」の記事については、「1978年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 21:13 UTC 版)

1979年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

クォーターバックサックされたときは、(最低)5 秒間計時停止される前・後半最後のプレイで、フェアキャッチをするかそれを妨害され場合ピリオド延長してスクリメージプレーかフェアキャッチキック1 回行える。 ディフェンシブラインマンの背番号90 番台認められるセンター背番号は、インテリアラインマンに含まれる60, 70番台付けられる)。 破損或いは改造した装具使用禁止破けてしまうジャージ禁止前年ヒューストン・オイラーズアール・キャンベルジャージロサンゼルス・ラムズ戦で破れたことによるキックオフパントフィールドゴール時のレシービングチーム選手の腰から下へのブロック禁止。 クラックバックブロックの禁止ゾーンが、スクリメージライン挟んで 3 ヤードずつから 5 ヤード拡張される。 4th ダウン或いはツーミニッツウォーニング後のファンブルは、ファンブルした選手のみが拾い上げて走ることができる。これは、ホーリー・ローラー・ゲームのような混乱を防ぐための変更。ステイブラー・ファンブル・ルールとして知られているレフェリー黒い帽子他のオフィシャル白い帽子着用する初めて、オフィシャルポジションシャツ表示胸ポケット背番号の上にポジションを表す略語表示される

※この「主なルール変更」の解説は、「1979年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1979年のNFL」の記事については、「1979年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 21:00 UTC 版)

1986年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

選手は、企業名組織名あらゆる個人的メッセージ等を表示した服、装具その他を着用してならない前・後半残り時間 2 分以降のオフェンスのデッドボールファウルの後はスナップと同時に計時再開するオフェンス選手のファンブル前方へ転がってアウト・オブ・バウンズ出た場合は、ファンブルした地点から次のプレーを行う。 オフェンス選手のファンブル前方へ転がって相手エンドゾーンからアウト・オブ・バウンズ出た場合は、ファンブルした地点からディフェンス側に攻撃権与えられる判定の手助けとするため、インスタントリプレイ導入

※この「主なルール変更」の解説は、「1986年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1986年のNFL」の記事については、「1986年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 20:59 UTC 版)

1987年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

エンド ゾーン内でディフェンスパス インターフェアランス反則犯した場合次のプレイは1ヤード地点からとされた(ただし、既に敵陣ヤード以内進入している場合エンドゾーンまでの距離の2分の1の罰退となる)。 2度目オンサイド キックアウト オブ バウンス出てしまった場合リターン側はキックオフ位置から30ヤード地点またはボール出た地点からの攻撃とされた。 時計止める目的での、クオーターバックボールスパイクする(またはサイドライン投げ捨てる)行為許可された。 パスプレイ時のオフェンス選手によるチョップ ブロック(既にオフェンス選手組み合っている状態のディフェンス選手に対する足元へのブロック)の禁止パント フォーメーション相手に対しては、スクリメージ ラインから5ヤード以上離れたエリアでのイリーガル コンタクト反則適用しないとした。 キックオフ/パント時のリターン チーム選手による腰から下へのブロック禁止腰から下へのブロックは、ボール蹴られるまでの間でキッキング チーム選手よるもののみを許可するとされた。

※この「主なルール変更」の解説は、「1987年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1987年のNFL」の記事については、「1987年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 21:02 UTC 版)

1985年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

前・後半ツーミニッツウォーニング後のチームタイムアウトが、90秒から 60 秒短縮されるクォーターバックニーダウンや、ボールキャリアが足から滑り込んだ場合は、直ちボールデッドこの場合最初にフィールドに体が触れた地点ボールを置く。(守備選手が体に触れたらデッド、その地点ボールを置く、からの変更。) 誰も触れられないことが明らかなパスには、パスインターフェアランス適用されないラフィング・ザ・キッカーランニング・イントゥ・ザ・キッカーは、キックブロックし選手には適用されない正当なフェアキャッチシグナルは、「頭上に腕を完全に伸ばし左右に振る」こと(腕を上げるだけで良く、振る必要はなかった)。 ゴールテンディングキックされたボールゴールポストを超えるところに飛び上がって触れること)は不正行為とする。

※この「主なルール変更」の解説は、「1985年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1985年のNFL」の記事については、「1985年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 23:55 UTC 版)

2001年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ファンブルリカバーの際、リカバーした選手故意でなく移動した場合移動後の地点ではなくボールリカバーした地点からの攻撃再開認められるようになった。これはファンブルリカバーた際にボール拾った勢いで自陣エンドゾーン入りセイフティとなった事例2000年シーズンファルコンズパンサーズレイダーズシーホークスの2試合生じためである侮辱行為反則をより厳格に適用するようになったラフィング・ザ・パサー反則をより厳格に適用するようになった

※この「主なルール変更」の解説は、「2001年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2001年のNFL」の記事については、「2001年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 23:53 UTC 版)

2005年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ホースカラータックル英語版)が反則となり、15ヤードの罰退が与えられることとなった背後から腰回りブロックするピールバックブロックが反則となり、15ヤードの罰退が与えられることとなった

※この「主なルール変更」の解説は、「2005年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2005年のNFL」の記事については、「2005年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 23:57 UTC 版)

1993年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

プレイインターバル短縮(45秒→40秒)。 パス捕球有資格者以外のダウンフィールドへの進入禁止

※この「主なルール変更」の解説は、「1993年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1993年のNFL」の記事については、「1993年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 23:56 UTC 版)

1998年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

フィールドジャッジとバックジャッジの位置入れ替え大学高校と同じにした。 医療必要な場合除きフェイスマスクの上色つきバイザー禁止されたスナップ前に守備選手攻撃ライン選手から後退する動きをすることが禁止されたハドル解いて、まっすぐサイドライン出たとしても、12人でハドル組んだら即時反則課されるようになったコイントスの際、今までコイン空中にある間にコールをしていたが、コイントスする前にコールするように変更された。これはデトロイト・ライオンズピッツバーグ・スティーラーズ延長戦コイントスにおいて、ピッツバーグ・スティーラーズ正しコールをしたにも関わらず主審聞き間違いにより、デトロイト・ライオンズコイントス勝者判定されたと主張しその後論争になったことから変更されものである

※この「主なルール変更」の解説は、「1998年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1998年のNFL」の記事については、「1998年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 01:21 UTC 版)

2017年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

オーバータイム試合時間15分から10分短縮フィールドゴールポイント・アフター・タッチダウンキックの際、ディフェンス側の選手相手オフェンシブライン選手の頭上乗り越えてキッカープレッシャー与えようとする行為禁止する頭部への悪質なヒットをした選手に対して即刻退場処分下す

※この「主なルール変更」の解説は、「2017年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2017年のNFL」の記事については、「2017年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 23:53 UTC 版)

2004年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

過度なセレブレーションへの規制と罰則強化されアンスポーツマンライク・コンダクト罰則に加え悪質な選手退場処分できるようになったホールディングパスインターフェアランス厳格にチェックするように変更ヘッドコーチタイムアウトコールできるようになったワイドレシーバー80番台に加え10番台背番号着用することが認められるようになった今までパント外したフィールドゴールレシービングチーム選手触れられずにエンドゾーン着地した後も、レシービングチーム選手ボール獲得してリターンすることができたが、これらのキックエンドゾーン着地又はエンドゾーン内にいるキッキングチームの選手触れた時点でボールデッドになるように変更された。 判定に対するチャレンジが2回とも成功している場合3回目権利認められるようになった

※この「主なルール変更」の解説は、「2004年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2004年のNFL」の記事については、「2004年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 01:51 UTC 版)

1975年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

4thダウン失敗したパスボールエンドゾーン内に侵入した場合今までタッチバックであったが、失敗前のボール位置から相手チーム攻撃権を得るように変更された。 オフェンスチームパスインターフェアランスの罰退が15ヤードから10ヤード減らされた。 両チーム同時に反則犯した場合両チーム反則相殺されて、ボール位置に対する罰則適用されないが、片方チーム退場者がいる場合はその退場処分については有効であることが規定された

※この「主なルール変更」の解説は、「1975年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1975年のNFL」の記事については、「1975年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 02:35 UTC 版)

2018年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

下のルール変更NFL競技委員会承認された。 2016年からキックオフ後のタッチバック25ヤード地点からとしていた暫定措置恒久的なルール変更した。 パスレシーブにおけるキャッチの定義が簡易化された。ボールコントロールすること 両足着地もしくは、その他部位地面接すること 以下のフットボール上の動きをすること3歩目のステップ ライン・トゥ・ゲインへ到達あるいはこれを延ば動き もしくはこれらのアクションを行うだけの能力のある動き 地面倒れ込みながらのキャッチに関するルール削除された。

※この「主なルール変更」の解説は、「2018年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2018年のNFL」の記事については、「2018年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 20:27 UTC 版)

2012年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

すべてのターンオーバーに対してビデオ判定が行われるようになった2010年シーズンよりプレイオフにおいて適用されていたオーバータイムルールが、レギュラーシーズン試合にも適用されるようになった不正なプレー参加反則12人以上でプレー)はプレー終了後に5ヤードの罰退であったが、スナップ時点で反則適用されるデッドボールファールに変更された。この変更は、第46回スーパーボウル第4Q終盤においてリードしていたジャイアンツがこの反則犯したが、時間消費しジャイアンツ利する結果となったことによるルーズボール意図的に蹴った場合10ヤードの罰退に加えダウンを失うことになった。 「クラック ブロック視界外からの体の側面へのブロック)を受けたディフェンス選手」もディフェンスレス プレーヤー無防備な選手)に認定されることになった第6週火曜日までだったトレード期限が、第8週火曜日までに変更された。 故障者リスト入り際に特に指定された1名は、シーズン中アクティブ ロースター戻せることになった

※この「主なルール変更」の解説は、「2012年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2012年のNFL」の記事については、「2012年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 23:17 UTC 版)

2019年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

2019年3月26日オーナー会議で以下のルール変更承認された: ブラインドサイドからのブロック全面禁止 1年間実験措置として、チャレンジ及びブースレビューを以下に示すものについても対象にするパスインターフェアランスの是非 得点やターンオーバー取り消した反則の是非 すべてのポイントアフタータッチダウン 攻守交代があった後に両チーム反則した場合攻撃権維持されるようになったボール位置タッチバックの場合、パント25ヤードライン、キック25ヤードライン、セーフティー後の場合は1ヤードライン。

※この「主なルール変更」の解説は、「2019年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2019年のNFL」の記事については、「2019年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 22:59 UTC 版)

2016年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

下のルール1年間試験導入することが決定された。 キックオフタッチバック後の攻撃開始地点自陣25ヤードとする。 アンスポーツマンライク・コンダクト1試合2回犯した選手自動的に退場処分することにした

※この「主なルール変更」の解説は、「2016年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2016年のNFL」の記事については、「2016年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 02:07 UTC 版)

2000年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

複数人によるセレブレーション防止するため、複数人によるセレブレーションアンスポーツマンライクコンダクト反則罰金課されるになったボールに触れる権利を持つ背番号1-49番、80番台)を付けた選手主審事前報告をすることなくクォーターバック位置セットできるようになったレシーバーボールキャッチし地面倒れこむ際、明らかにボールコントロールしている場合は、ボール地面接してレシーブ認められるようになった。これは1999年シーズンにおいて、バッカニアーズのバート・エマニュエルがラムズ戦の僅差終盤両手ボール抱え込みうつ伏せ地面倒れこむキャッチをしたが、ビデオ判定結果レシーブ認められず、試合にも負けたことによって規定されたものである

※この「主なルール変更」の解説は、「2000年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2000年のNFL」の記事については、「2000年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 11:09 UTC 版)

2014年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

ゴールポストを5フィート(約152cm)高くする当初はエクストラポイントキックの開始地点25ヤード地点まで下げ変更検討されていた)。 ルーズボールリカバーもオフィシャルレビューの対象追加前年NFCチャンピオンシップゲームでナバーロ・ボウマンがインターセプトした後、倒れてファンブルしたプレーがオフィシャルレビュー対象とならなかったこと、後に誤審であることをNFL公式に認めた。ナバーロ・ボウマンルール)。 QBサックの際、ゲームクロックを止めない。 タッチダウンセレブレーションで、ゴールポストへのダンクシュート禁止

※この「主なルール変更」の解説は、「2014年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「2014年のNFL」の記事については、「2014年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 20:47 UTC 版)

1996年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

怪我防止するため、ヘルメット頭部に対するヒットパーソナルファウル罰金対象になった

※この「主なルール変更」の解説は、「1996年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1996年のNFL」の記事については、「1996年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 15:22 UTC 版)

1999年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

オフェンシブラインマンがディフェンシブラインマンの膝より下ブロックすることの禁止。 パス・インターフェアの規則の改正新しインスタントリプレイ導入されるフォワードパス投げようとしてボール零し場合の、パス不成功ファンブルかの判断基準示される

※この「主なルール変更」の解説は、「1999年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1999年のNFL」の記事については、「1999年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 08:07 UTC 版)

1995年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

レシーバー守備選手強制的にアウトオブバウンズ出され場合インバウンズ戻ってフォワードパス最初に触れて良いようになった1956年から続く規則一部改正し、QBベンチとのやり取り限りヘルメット内蔵小型無線機行えるようになった

※この「主なルール変更」の解説は、「1995年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1995年のNFL」の記事については、「1995年のNFL」の概要を参照ください。


主なルール変更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 08:05 UTC 版)

1997年のNFL」の記事における「主なルール変更」の解説

フェイクパントの際に外側2人守備選手パス投げられたことを知らずにダウンフィールド侵入しようとするカバー選手ブロックしても、パスインターフェアの反則課せられないようになった過度な挑発行為セレブレーション防止するため、タイムアウト、各クォーター間、怪我の場合を除きフィールド内でヘルメットを脱ぐことが禁止された。これはダラス・カウボーイズランニングバックエミット・スミスタッチダウンのたびにヘルメット脱いでいたことから規定されたものである

※この「主なルール変更」の解説は、「1997年のNFL」の解説の一部です。
「主なルール変更」を含む「1997年のNFL」の記事については、「1997年のNFL」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主なルール変更」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主なルール変更」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主なルール変更のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2015年のNFL (改訂履歴)、1974年のNFL (改訂履歴)、1976年のNFL (改訂履歴)、2021年のNFL (改訂履歴)、2006年のNFL (改訂履歴)、1981年のNFL (改訂履歴)、1994年のNFL (改訂履歴)、2002年のNFL (改訂履歴)、1990年のNFL (改訂履歴)、1991年のNFL (改訂履歴)、1992年のNFL (改訂履歴)、2003年のNFL (改訂履歴)、1977年のNFL (改訂履歴)、1978年のNFL (改訂履歴)、1979年のNFL (改訂履歴)、1986年のNFL (改訂履歴)、1987年のNFL (改訂履歴)、1985年のNFL (改訂履歴)、2001年のNFL (改訂履歴)、2005年のNFL (改訂履歴)、1993年のNFL (改訂履歴)、1998年のNFL (改訂履歴)、2017年のNFL (改訂履歴)、2004年のNFL (改訂履歴)、1975年のNFL (改訂履歴)、2018年のNFL (改訂履歴)、2012年のNFL (改訂履歴)、2019年のNFL (改訂履歴)、2016年のNFL (改訂履歴)、2000年のNFL (改訂履歴)、2014年のNFL (改訂履歴)、1996年のNFL (改訂履歴)、1999年のNFL (改訂履歴)、1995年のNFL (改訂履歴)、1997年のNFL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS