ディファレンシャルとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ディファレンシャルの意味・解説 

ディファレンシャル

別名:ディファレンシャル方式
【英】differential signalling, differential

ディファレンシャルとは、信号線を通じてデジタルデータ伝送する方式のうち、2本の信号線を利用し、どちら電圧が高いかによって信号の「1」と「0」を表現する方式のことである。

ディファレンシャルでは「+」を表す信号線と「-」を表す信号線があり、電圧比較して「+」の信号線の電圧「-」比べて高ければ「1」、逆に「+」が「-」よりも低ければ「0」としている。比較コストが高くなるが、ノイズ強く信号減衰しにくいという長所がある。

ディファレンシャルに対して、1本の信号線を利用してデータ伝送を行う方式は、シングルエンド呼ばれている。シングルエンドシンプル低コストだが減衰ノイズに弱い。

シングルエンドやディファレンシャルは、主にSCSIデータ伝送方式などで利用されている。当初、ディファレンシャルは供給電圧が高く、消費電力大きいといった難点からあまり利用されず、SCSI-1SCSI-2ではシングルエンド広く利用されてきた。SCSI-3登場した際に、低電圧動作するLVDLow Voltage Differencial)と呼ばれるディファレンシャルの新たな方式採用され、それ以降LVD広く利用されるようになっている

接続インターフェースのほかの用語一覧
IDE/ATA:  シリアルSCSI  シングルエンド  シリアルATA2  ディファレンシャル  Ultra SATA  Ultra SCSI  Ultra2 SCSI

ディファレンシャル


油種間価格差

読み方ゆしゅかんかかくさ
【英】: price differential of crude oil
同義語: ディファレンシャル  

品質、すなわち性状の差に基づく各種原油価格の差。かつて、原油公示価格国際石油会社決定していた時代から、原油価格は各留分得率硫黄含有率との2要素を主とし、その他の特殊性加味して決められていた。得率原油比重によってほぼ代替されるが、比重が軽いほど、すなわちガソリン得率が高いほど高価で、硫黄分が多いほど廉価となる。OPEC原油価格決定するようになってからもこの原理変わらないが、第二次オイル・ショックにおける油価高騰後、消費国において石油製品ごとの需要シェア変化が起こった一方分解設備増設もあって、得率差による原油価値変動も見きわめにくくなり、このようななかで OPEC固定的決める油種間価格差が市況実態に合わなくなり、OPEC 原油対す需要減少するなかで、このことが油種ごとの売行き左右するようになったため、油種間価格差の適正化問題は OPEC 内でセンシティブ課題となっている。

ディファレンシャル differential

サーモスタット動作のすきま。

差動装置

(ディファレンシャル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 14:07 UTC 版)

差動装置(さどうそうち)は機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ振り分ける装置。歯車を使った差動歯車やねじを使ったものなどがある。




注釈

  1. ^ : differential gear
  2. ^ プロペラシャフトを外す、もしくは両軸モーターの片側のギアを外して二輪駆動化するという手もあるが、その場合はミニ四駆として成立しない。

出典

  1. ^ 稲垣秋介 2005, p. 111.
  2. ^ 稲垣秋介 2005, p. 114.
  3. ^ 雪道の運転 快適なスノードライブの為に”. 2016年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月2日閲覧。


「差動装置」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディファレンシャル」の関連用語

ディファレンシャルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ディファレンシャルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリディファレンシャルの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差動装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS