相棒 制作背景

相棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 11:55 UTC 版)

制作背景

制作の経緯

土曜ワイド劇場枠で、水谷豊が主演していた『探偵事務所』シリーズの原作が残り一本になった時点で、同作のプロデューサー松本基弘により、水谷主演の新シリーズというコンセプトで企画が立ち上がった。その時点で松本に明確なアイディアは全く浮かんでいなかったが、たまたま目にした明石家さんま主演のテレビドラマ(『恋のバカンス』(1997年、日本テレビ)だったかと回想している)の面白さに感銘を受け、そのドラマの脚本を務めた輿水泰弘にコンタクトを取り、輿水も了承したが、輿水のスケジュールが1年先まで埋まっており、水谷も納得した上で撮影開始まで1年半待つことになった[4]。そしてまもなく土曜ワイド劇場枠で同じく松本がプロデュースしていたシリーズの主演を務めていた寺脇康文と松本が打ち合わせした際に寺脇が水谷に憧れている話をし、水谷との共演を希望したことから、まもなく水谷と寺脇のコンビものという企画に決定する[4][5]

当初は輿水が「名探偵もの」、松本が「警視庁の刑事もの」と基本設定の方向性が分かれ、素人探偵では事件に取り組むプロセスが必要となるため、ダイレクトに事件に関われるように設定を刑事にし、所轄と異なり扱う事件が多岐に渡るという点から所属を警視庁へと決定した。なお、番組タイトルは当初「黄金刑事(ゴールデンコップス)」という候補があった。しかし、なかなかスタッフ全員が納得のいくタイトルがないがために仮タイトルという扱いになり、その後スタッフが中華料理屋で食事中に偶然出てきた『相棒』と言うフレーズがタイトルに決まった[注 4][6]

人物設定

特命係・杉下右京
特命係の設定は企画に今日性が欲しいという要望から、名探偵的な要素と警察ものを合わせて名前だけはかっこいい窓際部署でシリアスな裏設定があると、輿水が考えついて生まれたものである。そこに追いやられた右京もまた輿水により、切れ者すぎて嫌われているという人物像が設定された[7]
輿水は右京のキャラクターについて水谷が常に敬語の慇懃無礼なキャラを嫌味なく演じてくれたら面白そうだったからと語っている[8][9]。また右京の造形にはシャーロック・ホームズエルキュール・ポアロのような名探偵ものの線で構成し、ネチネチ犯人を追い詰めたり、回りくどい言い方をする部分は『刑事コロンボ』からインスパイアされた[10]。右京の名前の由来は『パパと呼ばないで』の石立鉄男演じる安武右京が由来となっており、作中での「右京さん」と言う呼び方の響きがとても良かったことから名前として採用され、名字に関してはパソコンであれこれ打ってしっくりきたものがあてられた。ちなみに水谷と石立は『夜明けの刑事』『赤い激流』で共演している。水谷の刑事役はこれが初。[6][8]
劇中のエピソードでは刑事部の所属となることに刑事部が反発したため、しかたなく本庁内でも(作中設定として)ランクが低い生活安全部に押し付けたということになっている(生活安全部は本来、被害予防が主な業務)。
右京の相棒
亀山薫は寺脇の明るい人柄が反映されたキャラ造形となっている。また須藤プロデューサーが薫の名付け親であり、ちょっと中性的でいいと拝借された[8]
薫の後任の相棒となる神戸尊は、薫と同じ性格の人物が入るのを避けるため対照的なキャラクター付けがなされた。そして薫同様に警視庁から左遷させられるのでは二番煎じになるため、輿水が警視庁の推薦組の存在から権力欲もある人物が特命係にくるのは面白そうとし、単に左遷させられるだけではつまらないとスパイの設定を付与し、及川のイメージを付与しながら尊の人物像を作り上げた。また名前についてはパッと見て何て読むのかわからない難しい名前にしたかったという[11]
また、右京の相棒となる人物は四人共、全員「」で始まり、「」で終わる名前となっている。これは最初から意図したものではなく、及川光博演じる神戸尊が登場するS7のタイミングでスタッフがこの事に気付き、尊の後任として成宮寛貴演じる甲斐享と、反町隆史演じる冠城亘の名もこの法則を踏襲していく事となった[6]。尚、亀山薫から甲斐享までは、名字全てが実在の地名となっている法則があったが、冠城亘が登場した後は、この法則は崩れた形となった[6]
小野田公顕
小野田は連続ドラマ化にあたり、右京と対等に話せる人物が必要であるという水谷の提案により考案され、小野田のキャラが生み出される事となり、岸部一徳が起用された[12]。また小野田の登場はseason1の縦軸となる「特命係誕生の経緯」を明かすために配されたという意図もある[13]。シーズンを通して人気の高いキャラクターであったが、相棒劇場版IIにて生活安全部長の三宅貞夫警視長に刺され死亡。

キャスティング

脇を固める俳優達に従来のドラマのような人気俳優などではなく、小劇団出身者を多く配していることが特徴である[14][15]。松本基弘は「舞台出身の実力派が多いだけに短時間の出演でも強いインパクトを残してくれる」とコメントしている[16]

他にも“トリオ・ザ・捜一”の一人・伊丹役の川原和久は『相棒』の成功の要因にこうしたキャスティングを理由に挙げており、「出番が少なかったり、出てこないことがあっても、右京と薫やゲストの話を中心に濃密な構成が出来る」とコメントし、「失敗しているドラマは有名な俳優を多く配置し、それぞれの見せ場を見せている内に話が細くなるのに対し、『相棒』は幹の太い話を展開できる」とも分析している[17]

亀山役の寺脇が降板した際、一部では水谷との不仲説が噂されていたが、製作関係者が 「そもそも寺脇さんの卒業は不仲説ではなく、水谷さんが〝独り立ち〟して欲しいという思いから背中を押しただけ。関係は良好ですよ」と否定しており[18]、season21では相棒として14年ぶりに復帰。

また後述のように本作の世界の中でのリアリティを理由に薫を卒業させたのに対して、捜査一課らの面子が変わらないことについて松本は、「相棒としてドラマを背負っている薫と違い、ドラマを背負ったわけではなく、例えば角田のポジションを別の演者がやっても面白くならないかもしれないリスクを冒してまで変更する必要はない」と語っている[19]。ただし、その中でも何人かは降板したりすることがあり、その影響で何人かの主要の登場人物が入れ替わり立ち替わりで変わったり、劇中の人物の役を務めた俳優が亡くなったりした際は別の俳優が代役で登板することもある。

また一度ゲストで登場した俳優が同じ役で再出演したり、反対に別の役で出演することもある。その中で、前沢保美は唯一同じ役である遠山ちず役を含め、計8回と役を替えての最多出演を果たしている。その他の常連ゲストとしては菅原大吉(計6回。うち2回は同じ役の山崎哲雄役)、山本道子(計5回。うち2回は同じ役の江波和江役)、迫田孝也(計4回)、西田健(計3回)、笹野高史(計3回)らがいる。これ以外の出演者としては2011年1月1日放送のseason9 第10話「聖戦」で、本作ファンの漫画家・青山剛昌カメオ出演(取材の誘いを受けて、現場を訪れたことが出演のきっかけだという)[20]、2012年2月15日放送のseason10 第16話「宣誓」で、映画監督の三池崇史が特別出演[21] した。三池と交流のある和泉聖治監督からのオファーによるもの[22][23]。その他にも元プロ野球選手の広沢好輝が2000年6月3日放送のpre season 第1話「刑事が警官を殺した!?」に警視庁記者クラブ記者・広沢役、フリーアナウンサーの羽鳥慎一が2015年1月1日放送のseason13 第10話「ストレイシープ」にリポーター役、ホストのROLANDが2016年10月26日放送のseason15 第3話「人生のお会計」にホスト役、プロゴルファーの原江里菜が2022年3月23日のseason20 最終話「冠城亘最後の事件―特命係との別離」に女医役でそれぞれカメオ出演している。

以前はゲスト出演で別役として登場していた俳優がメインキャストとして再登場することもある。例としては三浦信輔役の大谷亮介(PS1では室谷警部補役)、米沢守役の六角精児(PS1では監察医の米沢役[注 5])、芹沢慶二役の山中崇史(S1-1ではスナイパー役)、衣笠藤治役の大杉漣(S2-6では菅原英人役)、杉本哲太(S5-11では五十嵐哲夫役)、青木年男役の浅利陽介(S6-10では安藤博貴役)らがいる。

また、以前のエピソードでゲストとして出演していた俳優が、メインキャストとして登板することもある(月本幸子や青木年男がゲスト出演からレギュラーに昇格した)。

「相棒」の変遷

設定上は亀山薫の前にも6人の特命係員がおり、また薫が辞職してから神戸尊が着任するまで右京と組んで仕事をする人物がいたが、彼らは代数には含まれておらず、右京曰く最短で1日、最長でも1週間足らずで離脱していたとのこと。

亀山薫
初代相棒として亀山薫を演じる寺脇康文がpre season 第1話からseason7 第9話までの長きにわたり務めたが、設定上は組織に不要な人間を右京の下に就けて自ら辞めさせる様に仕向ける部署であった筈の特命係に8年にも渡って居続けているというリアリティの欠如や、亀山薫という人間のリアルを考えた時に「ずっとこのままでいい」とは思わないだろうという思いと、ドラマ上とは言え、薫と言う人間の人生を曖昧にしたくないと言う思いから、season7を以て薫を「卒業」させるという展開を迎えることになった[24][25]。なお、こうした考えはseason4の時点で構想され、本作の撮影で約7か月間拘束されている寺脇の今後の俳優生活の将来を思った上での措置でもあったという[26]
season21より14年ぶりに5代目相棒として特命係に復帰する[27][28]
神戸尊
2代目相棒の神戸尊役として、一度はゲストとしての起用を考えられ、映画『日本沈没』で無精ひげを生やした潜水艦乗りを自然に演じている様子から、ニュートラルに芝居に臨めること、なおかつどういうふうになるか読めないキャラであることが決め手となり、及川光博がseason7 最終話より演じることとなり[29][30]、season10 最終話で卒業した[31]
甲斐享
3代目相棒の甲斐享役としてseason11より成宮寛貴が起用された[32]。元々は2年の約束[注 6]だったものを水谷や制作陣の申し出により1年延長してもらい[33][34]、season13 最終話をもって卒業した。
冠城亘
4代目相棒の冠城亘役としてseason14からは、反町隆史が起用されることになり、亘は警視庁へ出向してきた法務省キャリア官僚という設定であり、歴代の中で異例の経歴を持つ相棒となった[35]。当初、オファーを受けた反町は出演するかどうかを相当に悩んだと言い、「歴史の長いドラマに果たして自分がどこまで貢献していけるのか、どれだけの事が出来るのか。」と迷っていたが、相談していた所属事務所の同僚や妻から「やった方が良いと思う。」と言う後押しを受け、出演する事を決めたと言う[36]
2021年11月24日、season20 最終話をもって卒業することが発表された[37]。また、同日放送のseason20 第7話をもって歴代相棒の中で最多の出演本数となった。これについて反町は「3年目に入る頃までは無我夢中で挑んでいましたが、4年目からは冠城亘としての立ち位置や居場所が出来たと手応えを感じられました。その上で僕自身が『相棒』に貢献できることは何か、冠城亘として何を残せるのか?そう考えた時に目標の1つとして思ったのが、最多の出演回数を達成する事でした。」と語っており、同時に目標達成に近付くにつれて「これからの相棒に向けて新しい風が必要なのではないか?」と感じたことからseason19の時点で水谷に卒業の意向を直接的に伝えて了承を得た上での事だったと言う[36]

注釈

  1. ^ ゴゴワイドでの再放送時は、S14以前の一部放送回の解説放送も実施されている。
  2. ^ 2014年3月までは「劇的空間」枠(不定期に「劇的5ch!」枠でも)のサブタイトル。
  3. ^ なお、現在(2022年10月)でも再放送の際は新聞ラテ欄の番組名に「相棒セレクション」と表記される場合がある。
  4. ^ 誰が思いついたかはいまだに不明。
  5. ^ 鑑識の米沢守とは別人物の設定。
  6. ^ 当初はseason12の最終話の被弾シーンで殉職するという設定で描く予定だった。
  7. ^ S20終了時点での出演回数は138回に上る。
  8. ^ 芦名は2020年9月14日に急逝。
  9. ^ 2020年9月29日のテレビ朝日の定例記者会見でテレビ朝日会長の早河洋が芦名はS19-2までの出演となり、その後は芦名の代役を立てないと発表した。
  10. ^ 右京曰く、「8人目の相棒」(season12、第13話)
  11. ^ 志水は2018年9月27日に逝去。
  12. ^ この時、峯秋に中絶を勧められた際「宿った子供に罪はない」と言い出産したとしている。
  13. ^ 大杉は2018年2月21日に急逝。
  14. ^ S7-9で右京がたまきに「最短で1日、長くても1週間持ちませんでしたねぇ」と話している。
  15. ^ ノベライズでは生活安全部に残った形を経たうえでどこの部にも所属しない設定となっている。
  16. ^ 薫・陣川のいずれも特命係への異動が不祥事を起こしたことによる左遷人事である事実を知った際に幻滅している。
  17. ^ S2までは窓の配置などの部屋のレイアウトが現在のものと微妙に異なっていた。また上述の設定を踏まえ、特命係の表札は左が欠落したものが掲げられていた。
  18. ^ エンディングの撮影協力に同名があり、実在の店だった模様。
  19. ^ 前者はseason7 第1〜2話、後者はseason14 第10話(元日スペシャル)による。
  20. ^ ミャンマーのラカイン州西部・チン州全域・マグウェ地方域北西部・ザガイン地方域南西部、バングラデシュのチッタゴン管区全域・シレット管区の大部分(北西部を除く)、インドミゾラム州全域・トリプラ州全域・マニプル州南西部・アッサム州南部・メガラヤ州南東部におおよそ相当。
  21. ^ ミャンマーにはサルウィン川という河川が実在する。なお、このサルウィン川の流域と前述したサルウィン国土は重なっていない。
  22. ^ バジェ・デル・カウカ県ブエナベントゥーラ(en)、同県マルペロ島チョコ県バイアソラーノ(en)を結んだ線におおよそ相当。
  23. ^ SEASON15 第3話、SEASON16 第4話、SEASON17 第3話・第13話など。SEASON15 第3話ではブラジルの隣国と明言されていたものが、SEASON17 第3話では「相棒」とほぼ同じコロンビアの西隣の国になっているなど、設定は一定していない。
  24. ^ SEASON17 第3話「折り鶴が見た殺人」(2017年11月2日放送)にて、コーヒー豆の原産国、エルドビアと領海紛争中の国として名が登場。また、最終話では副大統領が登場した。
  25. ^ パナマコスタリカの南、マルペロ島ココ島の中間付近に浮かぶ架空の島を国土とする。
  26. ^ a b 櫻井武晴の変名。
  27. ^ 相棒Pre seasonのメインテーマ。DVD・Blu-ray・ネット配信では『相棒シーズン2 オープニングテーマ』に差し替えている。ただしPS3のDVDに収録されている予告編は差し替えられていない。この曲は、放送当時もクレジットされていなかった。
  28. ^ 初放映当時および再放送時の土曜ワイド劇場の共通エンディング曲。DVD・Blu-rayでは他の曲に差し替えられており、クレジットもボカシ処理されている。
  29. ^ season4まではサワイアキヒコ 名義
  30. ^ season15第13話からチーフプロデューサー
  31. ^ 正式タイトルは「刑事が警官を殺した?赤いドレスの女に誘惑され…死体に残る4-3の謎とは?」
  32. ^ 正式タイトルは「恐怖の切り裂き魔連続殺人!サイズの合わないスカートをはいた女の死体」
  33. ^ 正式タイトルは「大学病院助教授、墜落殺人事件!日付けの違う乗車券の謎と、死体が語る美人外科医の秘密」
  34. ^ 新撮映像部分はハイビジョン撮影。そのため、アナログ放送では画面サイズ4:3と14:9、地上デジタル放送では画面サイズ4:3と16:9の混合放送となった。
  35. ^ a b 番外編「名コンビ誕生篇」の新撮部分とSeason7第8話「レベル4〜前篇」は、ストーリー上繋がっているが、Season7第8話とは撮影アングルが異なっている。
  36. ^ 当初、第3話として2003年10月22日に放送する予定だったが、プロ野球 日本シリーズ中継延長のため放送休止になり、前話の「殺人晩餐会」を第4話から第3話として予定通り10月29日に放送した後、順延する形となった。
  37. ^ 砂本(2005年死去)の病状悪化により須藤プロデューサーが書き継いだ。
  38. ^ 上野~札幌1200キロを走る密室 犯人はこの中にいる‼︎
  39. ^ 相棒 -劇場版II-』のプロローグ的位置づけとなっている。
  40. ^ 同日は放送前の18時00分から21時00分まで放送した「芸能人格付けチェック2016お正月スペシャル!」にもチームとして石坂浩二川原和久が出場した。ゲストで出演していた内山理名もチーム若女優として出場していた。そのため3人は5時間半に亘って出演したこととなった。
  41. ^ 〜無期限停職の右京が今夜復帰!?
  42. ^ 当初のサブタイトルは『アンフォゲタブル』だった。
  43. ^ 公式サイトでもこの表記が用いられている
  44. ^ この他にも、オープニング映像では「相棒」の下に「20」の文字が、放送に先駆けて公開されたメモリアル特報や初回の予告映像では「相棒」の右隣に「20」の文字が表記されるなど複数の表記が併用されている。
  45. ^ ただし、番組冒頭で画面四隅のどこか(位置は回によって異なる)に表示されるロゴについてはシーズン14から使用されているものが継続して使われている。また、連続ドラマ化以来、右京の相棒が交代する毎にタイトルロゴが変更されてきたが、今回は相棒は冠城のままであり、右京の相棒が続投したままタイトルロゴが変更になったのは今回が初となった。
  46. ^ 『裏相棒2』まで
  47. ^ 『裏相棒2』まで
  48. ^ 「花の里」の店内には黄桜の樽が置いてある。
  49. ^ 今井は後にseason10 第18話に出演した。
  50. ^ 2008年まではジェネオン エンタテインメント。2009年から2014年まではジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン。
  51. ^ DVDレンタルショップ向けのPOPでは、テレビ朝日のロゴの横にワーナー・ホーム・ビデオとジェネオンの双方のロゴが表記された。
  52. ^ これは2020年1月16日に、ワーナーユニバーサルのソフト販売・流通事業の統合に伴う国際ライセンス契約締結により、同年10月9日からジェネオンの後身でもあるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンがワーナー作品のソフト流通を担当しており、pre seasonからseason17までにおける『相棒』シリーズの販売権をハピネットに移管したため[124]
  53. ^ 推理作家鳥飼否宇アナグラムで、ノベライズ作品に用いる際の別名義。

出典

  1. ^ 水谷豊、3人の“相棒”を語る 卒業後の活躍が楽しみ”. ORICON STYLE (2015年3月11日). 2016年2月9日閲覧。
  2. ^ ドラマ『相棒』に“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も LITERA公式ホームページ
  3. ^ “テレビ朝日 : 視聴率好調の理由 “キャストより内容”が時代にマッチ”. 毎日新聞デジタル. (2012年5月16日). https://mantan-web.jp/article/20120515dog00m200056000c.html 2013年2月20日閲覧。 
  4. ^ a b 『相棒 警視庁ふたりだけの特命係』ノベライズ版あとがきの松本基弘の発言より。
  5. ^ 東映ウェブサイトより”. 東映ウェブサイト. 2013年7月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月1日閲覧。
  6. ^ a b c d 仮タイトルは?“右京”の名前の由来は?…『相棒』裏ネタ4”. 女性自身 (2013年10月23日). 2016年5月15日閲覧。
  7. ^ 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、31頁より。
  8. ^ a b c 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、32頁より
  9. ^ 『オフィシャルガイドブック 相棒』、132頁より
  10. ^ 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、33頁より
  11. ^ 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、54 - 56頁より
  12. ^ 『オフィシャルガイドブック 相棒vol.2』、76頁より
  13. ^ 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、38 - 39頁より
  14. ^ 『相棒』特命調書、242頁
  15. ^ “『相棒』はなぜ国民的ドラマになったのか? 本当にスゴイ陰の理由”. マイナビニュース. (2014年3月29日). https://news.mynavi.jp/article/20140329-aibou/ 2015年3月1日閲覧。 
  16. ^ ザテレビジョン』2007年9号、24頁
  17. ^ 川原和久 (2009年3月11日). 【ドラマ『相棒』特集第三弾!インタビュー追加】出演者が語る、ヒットの秘密〜俳優・川原和久インタビュー〜 (P12). (インタビュー). 日経トレンディネット.. https://xtrend.nikkei.com/atcl/trn/special/20081020/1020159/?P=12 2015年3月1日閲覧。 
  18. ^ “不仲説は… 水谷豊「相棒」に寺脇康文が出戻り 成宮寛貴の追随あるか - 記事詳細”. 東京スポーツ. https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/236605/ 2022年10月17日閲覧。 
  19. ^ オトナファミ』2011年12月号、30 – 31頁より
  20. ^ “青山剛昌がTVドラマ出演「相棒」元日スペシャルに登場”. コミックナタリー. (2010年12月22日). https://natalie.mu/comic/news/42453 2011年7月7日閲覧。 
  21. ^ STORY 第16話「宣誓」”. テレビ朝日 相棒season10. 2012年2月16日閲覧。
  22. ^ “三池崇史監督が『相棒』に暴力団幹部役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2012年2月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2006961/full/ 2012年2月16日閲覧。 
  23. ^ 三池崇史監督が「相棒」に出演!”. Smartザテレビジョン (2012年2月14日). 2015年5月19日閲覧。
  24. ^ 『「相棒」10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years』、52頁、及び『刑事マガジン』vol.6、36頁での松本基弘の発言より
  25. ^ 「特命係」杉下右京の"相棒"亀山薫が卒業へ...”. 2015年8月22日閲覧。
  26. ^ 『true view』2008年2月号、51頁
  27. ^ a b “初代相棒”寺脇康文が再登板で五代目に 14年ぶりタッグに“右京さん”水谷豊も喜び「亀山くんが帰ってくる」”. ORICON NEWS. 2022年6月23日閲覧。
  28. ^ a b “寺脇康文の「亀山薫」が14年ぶり「相棒」に帰還「シン亀山薫でございます」5代目に就任”. 日刊スポーツ. (2022年6月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206220000792.html 2022年6月23日閲覧。 
  29. ^ 『オフィシャルガイドブック 相棒vol.2』、118頁での松本基弘のインタビューより
  30. ^ ドラマ「相棒」撮影快調!“新・相棒”の及川光博は「水谷(豊)さんは優しい!」”. Smartザテレビジョン (2009年10月14日). 2015年5月19日閲覧。
  31. ^ 「密度の濃い3年間でした」及川光博が「相棒」を卒業!”. Smartザテレビジョン (2012年2月7日). 2015年5月19日閲覧。
  32. ^ 「何かが合うんです」水谷豊が“新相棒”成宮とのコンビネーションに絶対の自信!?”. Smartザテレビジョン (2012年10月3日). 2015年5月19日閲覧。
  33. ^ 成宮寛貴演じる甲斐享が“相棒”を卒業! - 相棒 season13公式サイト
  34. ^ 特命係に3年、3代目“相棒”成宮寛貴が3月で卒業”. Smartザテレビジョン (2015年2月4日). 2015年5月19日閲覧。
  35. ^ 新相棒は反町隆史! 水谷豊と初共演 『相棒14』10月から2クール放送”. オリコン (2015年7月18日). 2015年7月19日閲覧。
  36. ^ a b “ヒューマン 反町隆史「相棒」卒業スペシャル 「50代に向けて新たな自分を探す」ため…5代目相棒には「作品を大事にしてほしい」”. サンケイスポーツ. (2022年3月19日). https://www.sanspo.com/article/20220319-44QWLK62OFNE3ODLYLUXVLYI6M/ 2022年3月20日閲覧。 
  37. ^ “冠城亘”反町隆史、今シーズンで『相棒』卒業 歴代最多125回の記念の日に発表「感謝の気持ちでいっぱい」 ORICON NEWS、2021年11月24日配信・閲覧
  38. ^ 『相棒』新シリーズをもって寺脇康文が水谷豊とのコンビを“卒業””. ORICON STYLE (2008年8月29日). 2020年7月12日閲覧。
  39. ^ “絶好調“相棒”に賞金100万円”. ORICON NEWS. (2008年5月11日). https://www.oricon.co.jp/news/54478/full/ 2018年4月22日閲覧。 
  40. ^ 第48回ギャラクシー賞プレスリリース
  41. ^ ドラマ「相棒 season9」の第8話がなんと「貧困ジャーナリズム大賞」に!、東京スポーツ、2011年7月1日
  42. ^ 貧困ジャーナリズム賞 本紙連載が受賞、京都新聞、2011年7月1日
  43. ^ 今年おもしろかったドラマ 女性1位「花子とアン」、男性1位「軍師官兵衛」、4人に1人以上が「マッサン」”. 大和ネクスト銀行. 2014年12月9日閲覧。
  44. ^ 宮沢りえ&柄本明、『放送文化基金賞』で演技賞「素敵な作品に恵まれた」”. ORICON (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  45. ^ 【150人に聞いた】期待度が高い秋ドラマランキングベスト11!”. TVマガ. 2022年10月17日閲覧。
  46. ^ 水谷豊、“杉下右京の紅茶注ぎ”を約2500人の前で生披露!会場のファンも大興奮|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年11月4日閲覧。
  47. ^ 【新相棒&新シーズン解禁✨】 『相棒season21』放送決定‼️ 初代相棒 #亀山薫(#寺脇康文)が再び右京の"相棒"🎊” (日本語). Twitter. 2022年6月23日閲覧。
  48. ^ a b c “仲間由紀恵、2シーズンぶり『相棒』で反町隆史の上司に 新人事発動”. ORICON STYLE. (2016年9月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2078394/full/ 2016年9月14日閲覧。 
  49. ^ “水谷豊×反町隆史『相棒season19』10月より放送決定 森口瑤子が新レギュラーに”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年8月26日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-607924.html 2020年8月26日閲覧。 
  50. ^ a b 鈴木砂羽、14年ぶり『相棒』に帰還「シン亀山夫妻です!」 “寺脇康文”薫の妻・美和子再び「まるでタイムスリップしたかのよう」”. ORICON NEWS. 2022年10月16日閲覧。
  51. ^ “仲間由紀恵、『相棒』シリーズ初参戦&水谷豊と初共演「光栄」”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2014年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2042736/full/ 2016年2月9日閲覧。 
  52. ^ テレ朝「相棒」大杉漣さん代役に杉本哲太を起用 日刊スポーツ 2018/03/02閲覧
  53. ^ 劇場版IIパンフレットp.15
  54. ^ a b 和泉聖治 (2018年3月26日). 『相棒』シリーズの和泉聖治監督によるアガサ・クリスティ原作のドラマシリーズ 『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて』とは?. (インタビュー). ニッポン放送.. https://news.1242.com/article/140104 2018年8月27日閲覧。 
  55. ^ a b 水谷豊・寺脇康文コンビのドラマ『相棒』、ついに視聴率20%超え”. ORICON STYLE (2008年11月13日). 2016年2月9日閲覧。
  56. ^ a b c d e 全「相棒」放送リスト”. sabajanee233.dokkoisho.com. 2022年7月31日閲覧。
  57. ^ a b 『相棒 season7』視聴率アップでシリーズ最高19.7%”. ORICON STYLE (2008年10月30日). 2016年2月9日閲覧。
  58. ^ @AibouNow (2022年10月11日). "相棒のツイート" (ツイート). Twitterより2022年10月12日閲覧
  59. ^ 『相棒』新シリーズ、視聴率17.9%でスタート”. ORICON STYLE (2008年10月23日). 2016年2月9日閲覧。
  60. ^ 水谷豊の新“相棒”が及川光博に正式決定! 視聴率も歴代最高となる21.7%を記録”. ORICON STYLE (2009年3月12日). 2016年2月9日閲覧。
  61. ^ a b c d e f g 『相棒14』最終回視聴率15.8% 4代目相棒は警察学校からやり直し”. ORICON STYLE (2016年3月17日). 2016年3月21日閲覧。
  62. ^ 『相棒season8』、歴代シリーズ最高の初回視聴率となる19.4%の好スタート”. ORICON STYLE (2009年10月15日). 2016年2月9日閲覧。
  63. ^ ドラマ『相棒』最新作 初回視聴率は17.7% 好調な滑り出しでシリーズ10年目に突入”. ORICON STYLE (2010年10月21日). 2016年2月9日閲覧。
  64. ^ 『相棒』第2話が19.6%で今期最高視聴率を自ら更新”. ORICON STYLE (2010年10月28日). 2016年2月9日閲覧。
  65. ^ ドラマ『相棒』第13話が歴代シリーズ最高視聴率22.5%を記録”. ORICON STYLE (2011年1月27日). 2016年2月9日閲覧。
  66. ^ ドラマ『相棒』第16話が視聴率23.7% 歴代シリーズ最高視聴率をまたも更新”. ORICON STYLE (2011年2月24日). 2016年2月9日閲覧。
  67. ^ a b c “相棒 シリーズ”. スポニチアネックス. (2014年3月13日). オリジナルの2014年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140426172344/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2011/aibou9/ 2014年3月20日閲覧。 
  68. ^ 『ザテレビジョン』が発表した数字では17.1%。「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA、2014年5月16日、 10頁。
  69. ^ “成宮まさかの形で卒業「相棒13」最終回20.3%!2年ぶり大台”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年3月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/19/kiji/K20150319009994220.html 2016年3月21日閲覧。 
  70. ^ “「相棒14」最終回視聴率は15.8% 一時は12%台も貫禄”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年3月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/17/kiji/K20160317012229220.html 2016年3月21日閲覧。 
  71. ^ 『相棒』水谷&反町続投で10月から「シーズン15」&来年劇場版公開”. ORICON STYLE (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。
  72. ^ “「相棒15」最終回は16.2% 今シリーズ2位 前シリーズ最終回超え”. スポニチ Sponichi Annex. (2017年3月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/23/kiji/20170322s00041000333000c.html 2017年3月24日閲覧。 
  73. ^ “『相棒15』最終回視聴率16.2% 前シーズン最終回より上昇”. oricon. (2017年3月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2087929/full/ 2017年3月24日閲覧。 
  74. ^ 『相棒16』10・18開始 初回ゲスト・田辺誠一が特命係を追い詰める”. ORICON STYLE (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  75. ^ ORICON NEWS『相棒』300回 2週連続記念SP放送決定 懐かしの顔も続々”. 2018年1月2日閲覧。
  76. ^ a b 「相棒 season16」最終回SPは16.6%で有終の美 今シリーズ平均は15.2%”. スポーツ報知 (2018年3月8日). 2018年3月8日閲覧。
  77. ^ 『相棒17』初回SPに柄本明、初参戦 とよた真帆は“疑惑の女”として再登場”. ORICON STYLE (2018年10月1日). 2018年10月1日閲覧。
  78. ^ 水谷豊主演「相棒」第17シリーズ初回視聴率は17.1%で好発進”. スポーツ報知 (2018年10月18日). 2018年10月18日閲覧。
  79. ^ 公式サイト
  80. ^ 相棒 season18 テレビ朝日開局60周年記念 最終回スペシャル 第20話「ディープフェイク・エクスペリメント」”. テレ朝動画 (2020年3月18日). 2020年3月19日閲覧。
  81. ^ 相棒18”. テレビ朝日 (2019年10月5日). 2020年3月6日閲覧。
  82. ^ 水谷豊主演「相棒season18」最終回SP視聴率は13・8% 全話2ケタ台でフィニッシュ”. スポーツ報知 (2020年3月19日). 2020年3月19日閲覧。
  83. ^ “『相棒18』不調の原因は“花の里”ロスだった 全20話平均14.8%”. ORICON NEWS. (2020年3月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2157855/full/ 2020年3月23日閲覧。 
  84. ^ “相棒19”. テレビ朝日. (2020年10月8日). https://www.tv-asahi.co.jp/aibou19/OG.jpg 2020年10月14日閲覧。 
  85. ^ "水谷豊主演「相棒19」最終回は世帯15.3%、個人8.5%で高視聴率締め". スポーツ報知. 報知新聞社. 17 March 2021. 2021年3月17日閲覧
  86. ^ “『相棒19』好調維持で完走 全20話平均個人8.4%・世帯15.0%”. ORICON NEWS. (2021年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2187619/full/ 2021年3月18日閲覧。 
  87. ^ “反町隆史シリーズ卒業「相棒20」最終回15・2%で有終の美 右京&冠城の別れが瞬間最高19・9%”. スポニチ Sponichi Annex. (2022年3月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/24/kiji/20220323s00041000449000c.html 2022年7月1日閲覧。 
  88. ^ 『相棒season20』冠城亘の“卒業”最終回、今シーズン最高の世帯15.2%・個人8.6%で有終の美(オリコン)” (日本語). ORICON NEWS. 2022年3月24日閲覧。
  89. ^ 水谷豊主演「相棒21」 寺脇康文“相棒”復帰で初回17・3%の好スタート 前作も上回る - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年10月13日閲覧。
  90. ^ "水谷豊主演「相棒21」第2話視聴率15.4% 初代相棒・寺脇康文が復帰で2話連続15%超". スポーツ報知. 報知新聞社. 19 October 2022. 2022年10月19日閲覧
  91. ^ "水谷豊&寺脇康文「相棒 21」第3話14・2% 覚醒剤売人殺害の容疑者となった薫は逃亡を". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 October 2022. 2022年10月27日閲覧
  92. ^ "水谷豊&寺脇康文「相棒 21」第4話13・7% 右京と薫、堂島を探るときな臭い話が次々浮上". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 4 November 2022. 2022年11月4日閲覧
  93. ^ "水谷豊&寺脇康文「相棒 21」第5話14・0% 女子学生が実験中に死亡する事故と爆弾事件". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 10 November 2022. 2022年11月10日閲覧
  94. ^ "水谷豊&寺脇康文「相棒 21」第6話13・2% 右京が事件に興味持つも県警からストップが". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 17 November 2022. 2022年11月17日閲覧
  95. ^ “水谷豊&反町隆史「相棒」新作映画のビジュアル到着、「その未来にはなにがある?」”. 映画ナタリー. (2016年9月10日). https://natalie.mu/eiga/news/201333 2016年9月12日閲覧。 
  96. ^ “『相棒』初のスピンオフドラマが決定”. ORICON NEWS. (2008年4月10日). https://www.oricon.co.jp/news/53598/full/ 2017年2月4日閲覧。 
  97. ^ “脇キャラが大活躍 公式スピンオフ『裏相棒』8年ぶり復活へ”. ORICON NEWS. (2017年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2085485/full/ 2017年2月4日閲覧。 
  98. ^ 「相棒」配信限定のオリジナル2作品が誕生、右京&亘が珍事件に巻き込まれる”. テレ朝POST (2020-20-16). 2020年12月16日閲覧。
  99. ^ “水谷豊と反町隆史が珍事件に遭遇?「相棒」配信オリジナル作品がTELASAに登場”. 映画ナタリー. (2020-20-16). https://natalie.mu/eiga/news/409073 2020年12月16日閲覧。 
  100. ^ “「相棒」の配信オリジナル作「とりしらべ」TELASAで配信、脚本は輿水泰弘”. 映画ナタリー. (2022年2月9日). https://natalie.mu/eiga/news/465046 2022年2月9日閲覧。 
  101. ^ 東京特別公演『相棒』、宝塚歌劇団、公演案内
  102. ^ 「なんと新鮮な驚きと喜び!」水谷豊、『相棒』宝塚舞台化にビックリ”. ORICON STYLE (2009年8月14日). 2016年2月11日閲覧。
  103. ^ “あの右京さんが踊ってる… 宝塚花組公演「相棒」開幕”. 朝日新聞. (2009年12月23日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200912230038.html 
  104. ^ “警視庁の“相棒”に 飲酒運転防止&映画PRポスター完成”. 中日スポーツ. (2008年3月19日). オリジナルの2008年4月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080411235922/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008031902096509.html 
  105. ^ 相棒キャストがついにCMへ!オンエア情報のまとめもあるよ! - スタッフブログ 相棒-激情版 2008年4月19日
  106. ^ 事例 - 『相棒』テレビ朝日 - ページ1”. アップル. 2009年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月30日閲覧。
  107. ^ 事例 - 『相棒』テレビ朝日 - ページ2”. アップル. 2009年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  108. ^ 2014年10月14日放送『林修の今でしょ講座』内で警察OBの小川泰平が発言。
  109. ^ 『相棒』元日SPのデモ隊描写に物議…脚本家も「存在しないシーン」とブログで異議”. WEB女性自身. 光文社 (2022年1月3日). 2022年1月17日閲覧。
  110. ^ 藤崎剛人 (2022年1月5日). “ドラマ『相棒』の脚本家を怒らせた日本のある傾向”. Newsweek日本版. 現代ニホン主義の精神史的状況. CCCメディアハウス. 2022年1月17日閲覧。
  111. ^ 太田愛 (2022年1月1日). “相棒20元日SPについて(視聴を終えた方々へ)”. 脚本家/小説家・太田愛のブログ. 2022年1月17日閲覧。
  112. ^ 社団法人 日本図書館協会 JLAメールマガジン 第234号(2004年12月15日発信)
  113. ^ 「こらむ図書館の自由」101-106巻(2007-2012) Vol.106,No.6 (2012.06) - 日本図書館協会
  114. ^
    読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。 — 図書館の自由に関する第3宣言第1項
  115. ^ 図書館は読書の秘密を守ることについて(ご理解の要請) 日本図書館協会 2005年2月1日
  116. ^ 練馬図書館テレビドラマ事件も参照。
  117. ^ 捜査機関から「照会」があったとき”. www.jla.or.jp. 2021年9月27日閲覧。
  118. ^ 図書館の貸し出し履歴、捜査機関に提供 16年間で急増:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月27日閲覧。
  119. ^ 当時の番組表より[出典無効]
  120. ^ a b 『ドラえもん』2018年11月9日放送回にドラマ『相棒』の二人が出演!水谷豊さん&反町隆史さんがアフレコに挑む”. アニメイトタイムズ (2018年10月30日). 2018年10月30日閲覧。
  121. ^ 『刑事マガジン』vol.6(辰巳出版)インタビュー
  122. ^ 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-28 相棒グンペイ|東映[テレビ]
  123. ^ “すち下右京&亀山吉田裕の相棒コンビが登場、今夜ごきブラ”. お笑いナタリー. (2014年4月7日). http://natalie.mu/owarai/news/113917 2016年2月22日閲覧。 
  124. ^ ワーナーとユニバーサルがディスク流通事業統合。北米で合弁会社設立へ”. AV Watch (2020年1月16日). 2020年5月5日閲覧。
  125. ^ あの名コンビがニンテンドーDSでも! 『相棒DS』制作発表会見が開催”. ファミ通.com (2009年1月14日). 2009年1月14日閲覧。






相棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相棒」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS