家畜化 家畜化の概要

家畜化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 05:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
は最も早い時期に家畜化された動物である。の家畜化はそれに次ぐ古さで知られている。

英語では "domestication" [1][3][4]1774年初出[3])が日本語「家畜化」に最も近似の語ではあるが、動物・植物の区別もなければ(元来は)遺伝子とも無関係で、用法は「飼い慣らし[注 1]」に近い[注 2]。なお、上述の日本語「栽培化」および「作物化」は、英語表現[植物 + domestication][注 3]の訳語として生まれている[2]

日本語でいう「家畜化」の過程では、動物の表現型発現および遺伝子型における変化が起きるため、動物を人間の存在に慣らす単純な過程である調教とは異なる。生物の多様性に関する条約では、「飼育種又は栽培種」とは、「人がその必要を満たすため進化の過程に影響を与えた種」と定義されている[7]。したがって、家畜化・栽培化の決定的な特徴は人為選択である。人間は、食品あるいは価値の高い商品英語版羊毛綿など)の生産や様々な種類の労働の補助(交通保護戦争など)、科学研究ペットあるいは観賞植物として単純に楽しむためなど様々な理由でこれらの生物集団を制御下に置き世話をしてきた。

家の中や周りを美しくすることが主な目的で栽培化された植物は、通常「観葉植物」あるいは「観賞植物」と呼ばれるが、大規模食料生産のために栽培化されたものは一般的に「作物」と呼ばれる。特別に望まれる特徴を意図的に変更あるいは選択した栽培植物(栽培起源種英語版を参照)と人間の利益のために用いられる植物とを区別することは可能であるが、野生種からは本質的な違いはない。家での交わりのために家畜化された動物は通常「ペット」と呼ばれるが、食料あるいは労働のために家畜化されたものは「家畜」と呼ばれる。

概要

有史以来人間は、多くの動物を自分たちのために飼育し、繁殖させてきた。その利用目的は様々で、食肉といった食料を得るため、毛皮などの日用品を得るため、役畜として畑を耕すため、移動のために騎乗するため、狩りのパートナーや愛玩用のためといったものがある。人間の管理下での繁殖の過程において、それらの動物には様々な変化が起きている。その一部は、より有益なものを選んで繁殖させるうちに、その特性が強化された、いわゆる品種改良の結果である。

しかし、それ以外の部分にも共通してみられる変化が生じており、これらの変化を総じて家畜化と呼んでいる。

なお、アジアゾウのように、人間によって飼い慣らされ役畜として使われていても、繁殖が人間の管理下に無い、もしくは入り切っていないものについては、「家畜化」という言葉を使わない場合も多い。

観賞愛玩目的に品種改良をされ飼育された場合は、愛玩化と呼ばれ、畜産物水産物の生産や仕事を目的に品種改良をされ飼育された場合は、家畜化と呼び、養殖化とは愛玩化家畜化の両方を指して呼ばれることもある。ただしニワトリのように、家畜化された当初は美しい声や朝一番に鳴く声を求めた祭祀用、および鶏どうしを戦わせる闘鶏用として家畜化されたもの[8]が、のちに肉や卵を求める畜産用途が主用途となったものも存在する。

家畜化された動物の、家畜化の程度はさまざまである。多くの動物は改良前の原種からは大きく変化し、ウシのように原種が絶滅してしまったものも存在する。ほとんどの家畜は人間の管理下を離れた場合野生に戻ることは可能であるが、最も強く家畜化された動物であるカイコの場合、食料確保から移動にいたるまですべて人間の管理に頼るようになってしまい、人間の手を離れては生きられなくなっている[9]

家畜化の条件

進化生物学者ジャレド・ダイアモンドの著書『銃、病原菌、鉄』(2013年刊、原著1998年刊)[10][11]によると、家畜化に適した動物(大型哺乳類)の条件は次の6つを満たすものである。

  1. 飼料の量
    草を食む牛の群れ
    多くの種類の食料を進んで食べ、また生態ピラミッドの下位に位置する飼料(トウモロコシオオムギ)を、そのなかでも特にヒトが食べられない飼料(〈まぐさ〉牧草など)を主食とする動物は、飼育に多くの出費を必要としないため、家畜化されやすい。純粋な肉食動物は、たくさんの動物の肉を必要とするため、家畜としては不適であるが、例外として、残飯で飼育できるうえに害獣を狩れるものは家畜化される場合がある。
  2. 速い成長速度
    ヒトより速く成長して繁殖可能になる動物は、ヒトの手で繁殖させることにより、ヒトにとって有用な性質を具える家畜へと比較的短期間で変容させることができる。一方で、ゾウのような大きな動物は、役畜として有用になるまでに長い年月を要する点で、家畜には不向きである。
  3. 飼育下での繁殖能力
    飼育下で繁殖したがらない動物は、ヒトの手で有益な子孫を得ることができない。パンダアンテロープなど、繁殖時に広いテリトリーを必要とし、飼育された状態では出産が難しい動物は家畜にならない。
  4. 穏やかな気性
    大きくて気性の荒い動物を飼育するのは危険である。例えば、アフリカスイギュウ[注 4]バッファローは気まぐれで危険な動物である。アメリカのペッカリーやアフリカのイボイノシシカワイノシシ英語版イノシシの一種であり、家畜化されたブタと似たような部分があるものの、飼育が危険であるために家畜化は成功しなかった。
  5. パニックを起こさない性格
    驚いたときにすぐに逃げだすような性格の動物も飼育しておくのが難しい。例えば、ガゼルは素早く走り、高く跳ぶことができるので、囲まれた牧場から簡単に逃げ出せる。パニックに陥りやすいという点では家畜化されたヒツジも同じ条件ではあるが、群れをつくる習性がとりわけ強いため、これをヒトやヒトに指図されたイヌによって利用され、群れ全体を制御されている。
  6. 序列性のある集団を形成する
    群れを形成する動物には、個体間で序列性を作り、自身よりも序列上位の個体の行動に倣う習性を、もつ種ともたない種がいる。ウシウマヒツジなどは前者の典型であり、集団のヒエラルキーの頂点にヒトを据えることで容易に集団のコントロールが可能になるが、同じく群れを作るシカトナカイを除く)やレイヨウなどははっきりと集団内の序列を作ることがない。北アメリカ原産のビッグホーンはヒツジの原種であるムフロンとよく似た特徴を具えているが、この一点において家畜化されることはなかった。

注釈

  1. ^ したがって、の "domestication" という語 "dog's domestication(犬の飼い慣らし)" も成立する。
  2. ^ 次のような語と連結する。animal(動物)、wild animals(野生動物)、plant(植物)、wild plants(野生植物)、human(人間)、ほか。心理学用語 self-(自己…)→ self-domestication(自己家畜化 cf. en[5][6]
  3. ^ domestication of wild plants などといった表現。
  4. ^ 元資料では、種を特定できない通称「バッファロー」が用いられているが、論旨に適う種を特定するならアフリカスイギュウが最適である。
  5. ^ イヌの起源」も参照のこと。
  6. ^ ドバト(土鳩、鴿)」ともいうが、この語は「家禽化(家畜化)された後で再野生化したカラワバトの総称」と定義される一方で、別の定義では「カワラバトの飼養品種」であるとされ、ベクトルが逆方向の相反する定義が並立している。いずれにしても、この表では野生のカワラバトが家禽化された時点を主題としており、その家畜の名称を問われれば、「カワラバト」である。「ドバト」の定義はどちらも後世の事象を説明している。
  7. ^ ミトコンドリアDNAの解析による知見[37][38]。2003年発表[38]
  8. ^ シロガチョウ(白鵞鳥)はシナガチョウの一種。

出典

  1. ^ a b c 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “家畜化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c 『世界大百科事典』第2版. “栽培化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  3. ^ a b domestication”. Online Etymology Dictionary. 2019年12月27日閲覧。
  4. ^ domestication”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2019年12月27日閲覧。
  5. ^ a b 『世界大百科事典』第2版. “自己家畜化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  6. ^ a b 『世界大百科事典』第2版. “self-domestication”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  7. ^ 生物の多様性に関する条約第二条を参照。
  8. ^ 岡本 2019, p. 20.
  9. ^ ワルドバウアー & 屋代 2012, p. 54.
  10. ^ ダイアモンド & 倉骨 2013 [要ページ番号]
  11. ^ Diamond 1998.
  12. ^ a b c d ブレンフルト 2004, pp. 54-55.
  13. ^ 赤澤威 (1997年). “ネアンデルタールとの出会い─洪積世人類遺跡調査”. 国際日本文化研究センター. 2019年12月31日閲覧。 “ドゥアラ洞窟の古生物分析が提供した興味深い論点は、イヌの起源問題である。洞窟からは、少なくとも三個体分のイヌ科の骨が見つかった。イヌの仲間としては、周囲に現在、オオカミとジャッカルが生息しているが、ドゥアラの骨はオオカミとしては小さすぎるし、ジャッカルよりは骨太である。しかも歯の形が違っている。むしろ家畜化されたイヌと似ていたのである。西アジアではっきりと家犬とわかるものが現れるのは、考古学的にはナトゥーフ期、つまり一万数千年前でしかない。どう新しく見積もっても四万五〇〇〇年よりは古いドゥアラの住人は、この珍奇な動物とどうつきあっていたのだろうか。ペイン[1980]が提示した「砂漠でイヌを飼っていた旧人」という興味深い仮説は、物議をかもしたままである。”
  14. ^ ブレンフルト 2004, p. 54.
  15. ^ 青山 2015, p. 252.
  16. ^ Arnold, Carrie (2015年12月22日). “イヌ家畜化の起源は中国、初の全ゲノム比較より 世界のイヌとオオカミ58頭の全ゲノムを解読、「2つの段階」が判明”. ナショナルジオグラフィック(公式ウェブサイト). 日経ナショナル ジオグラフィック社. 2019年12月30日閲覧。
  17. ^ Krebs 2003 [要ページ番号]
  18. ^ Simmons 2000 [要ページ番号]
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 鹿児島大学, p. 4.
  20. ^ Melinda A. Zeder, Goat busters track domestication (Physiologic changes and evolution of goats into a domesticated animal), April 2000, (英語).[リンク切れ]
  21. ^ a b Giuffra E, Kijas JM, Amarger V, Carlborg O, Jeon JT, Andersson L. The origin of the domestic pig: independent domestication and subsequent introgression., April 2000, (英語).
  22. ^ 石黒直隆ほか (2004年). “東アジアのイノシシ・ブタの遺伝的源流に位置するベトナムのイノシシ属の遺伝子調査”. 科学研究費助成事業データベース. 文部科学省日本学術振興会. 2019年12月30日閲覧。
  23. ^ a b c d 鹿児島大学, p. 3.
  24. ^ 本郷一美[1] (2008年). “ドメスティケーションの考古学 - 『総研大ジャーナル』13号 (PDF)”. 国立大学法人 総合研究大学院大学(総研大). 2019年12月30日閲覧。
  25. ^ Late Neolithic megalithic structures at Nabta Playa (Sahara), southwestern Egypt. Archived 2008年2月13日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Source : Laboratoire de Préhistoire et Protohistoire de l'Ouest de la France アーカイブされたコピー”. 2009年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月17日閲覧。, (フランス語).
  27. ^ West B. and Zhou, B-X., Did chickens go north? New evidence for domestication, World’s Poultry Science Journal, 45, 205-218, 1989, quotation (PDF, 26.3 KiB) , 8 p. (英語).
  28. ^ History of the Guinea Pig (Cavia porcellus) in South America, a summary of the current state of knowledge
  29. ^ Beja-Pereira, Albano et al., African Origins of the Domestic Donkey, Science 304:1781, 18 June 2004, cited in New Scientist, (英語).
  30. ^ Roger Blench, The history and spread of donkeys in Africa (PDF, 235 KiB) (英語).
  31. ^ Breeds of Livestock - Tarpan Horse”. Breeds of Livestock, Department of Animal Science. Oklahoma State University (1998年5月29日). 2019年12月30日閲覧。
  32. ^ The Domestication of the Horse Archived 2007年2月2日, at the Wayback Machine.[リンク切れ]
  33. ^ Domestication of Reindeer Archived 2009年3月16日, at the Wayback Machine.
  34. ^ a b c d 日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版. “ガチョウ(鵞鳥)”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  35. ^ Amun-Ra (2015年4月11日). “Controversy over the Meidum Geese”. Amun-Ra Egyptology Blog. 2019年12月31日閲覧。
  36. ^ Geese: the underestimated species”. 2019年12月31日閲覧。
  37. ^ Church, Bob (1998年2月27日). “Ferret Natural History FAQ”. Ferret Central. 2020年1月1日閲覧。 “Nevertheless, it is clear from other archaeological and historical sources that ferrets have been domesticated for quite a while, at least 2500 years. According to information from Bob Church, ferrets were mentioned in 450-425 BC in plays by Aristophanes, by Aristotle around 350 BC, and by Pliny in AD 79, for example.”
  38. ^ a b Sato JJ, Hosoda T, Wolsan M, Tsuchiya K, Yamamoto M, Suzuki H (Feb 2003). “Phylogenetic relationships and divergence times among mustelids (Mammalia: Carnivora) based on nucleotide sequences of the nuclear interphotoreceptor retinoid binding protein and mitochondrial cytochrome b genes.”. Zoological Science 20(4) (243-64). doi:10.2108/zsj.20.243. PMID 12655187. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12655187 2020年1月1日閲覧。. 
  39. ^ a b c d 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “シナガチョウ”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  40. ^ サカツラガン”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  41. ^ 日本の養蜂の歴史”. 日本養蜂協会. 2019年12月31日閲覧。 “文献上で「蜜蜂」の語が初めて用いられたのは「日本書紀」の皇極2年(643)のくだりに出てくる「百済の太子余豊、蜜蜂の房四枚をもって三輪山に放ち、養う。しかれどもついに蕃息(うまわ)らず」 という記載です。百済人の余豊が奈良の三輪山で養蜂を試みたけれど、失敗に終わったという記録で、これが日本における養蜂のはじめだというのが通説になっています。”
  42. ^ ウズラ(ニホンウズラ)の家畜化は食用から始まった。啼き鳥としての飼育は16世紀半ば(戦国時代後期)の『言継卿記』が初出。ヨーロッパウズラ (Coturnix coturnix) とは別種。ヨーロッパウズラは古代オリエントおよび古代地中海世界でも食用にされていた野鳥であるが、肉に毒性が認められる種であり、ニホンウズラと違って家畜化はされていない。
  43. ^ 伊藤文紀”. 日本の研究.com. 株式会社バイオインパクト. 2019年12月27日閲覧。
  44. ^ a b 伊藤 1995, p. 793.
  45. ^ a b Laboratory of Entomology, Faculty of Agriculture, Kagawa University (2103年2月20日). “Evaluation of the benefits of a myrmecophilous oribatid mite, Aribates javensis, to a myrmicine ant, Myrmecina sp.” (英語). PubMed. NCBI. 2019年12月27日閲覧。
  46. ^ a b c d 伊藤 1995, p. 795.
  47. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “社畜”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  48. ^ a b wage slave”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2019年12月27日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家畜化」の関連用語

家畜化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家畜化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家畜化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS