ディスインフォメーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ディスインフォメーションの意味・解説 

disinformation

別表記:ディスインフォメーション

「disinformation」の意味・「disinformation」とは

「disinformation」は、誤った情報故意広め行為を指す英語の単語である。この語は、特に政治的な文脈使用され一般的には人々意見や行動を操作する目的用いられる例えば、選挙の際に、特定の候補者不利にするために、その候補者についての偽の情報流布する行為は「disinformation」に該当する

「disinformation」の発音・読み方

「disinformation」の発音は、IPA表記では /ˌdɪsɪnfərˈmeɪʃən/ となる。カタカナ表記では「ディスインフォーメーション」と読む。日本人発音する際のカタカナ英語読み方は「ディスインフォメーション」である。

「disinformation」の定義を英語で解説

「Disinformation」 is defined as the deliberate spread of false information, especially with the intention to deceive and manipulate public opinion or obscure the truth. For instance, in the context of an election, spreading false rumors about a particular candidate to influence voters' perception negatively can be considered as an act of disinformation.

「disinformation」の類語

「disinformation」の類語には、「misinformation」、「propaganda」、「deception」などがある。「misinformation」は誤った情報を指すが、これは必ずしも故意ではない点で「disinformation」とは異なる。「propaganda」は特定の意見視点強く推進する情報指し、「deception」は一般的に欺き詐欺を指す。

「disinformation」に関連する用語・表現

「disinformation」に関連する用語としては、「fake news」、「hoax」、「rumor」などがある。「fake news」は偽のニュース報道指し、「hoax」は意図的に作られ詐欺欺瞞を指す。「rumor」は確認されていない情報や噂を指す。

「disinformation」の例文

1. English example: The government was accused of spreading disinformation about the effects of the proposed policy. (日本語訳政府は、提案され政策の影響についてデマ流していると非難された。)
2. English example: Social media platforms are struggling to combat the spread of disinformation. (日本語訳:ソーシャルメディアプラットフォームは、デマの拡散闘うのに苦労している。)
3. English example: Disinformation campaigns can have serious consequences for democratic processes. (日本語訳デマキャンペーンは、民主的なプロセス深刻な影響を及ぼす可能性がある。)
4. English example: The disinformation was designed to create confusion and doubt. (日本語訳:そのデマ混乱疑念生むために設計された。)
5. English example: The public needs to be educated about the dangers of disinformation. (日本語訳公衆デマ危険性について教育を受ける必要がある。)
6. English example: The disinformation was spread through various online channels. (日本語訳:そのデマ様々なオンラインチャンネルを通じて広まった。)
7. English example: The disinformation was part of a larger strategy to influence public opinion. (日本語訳:そのデマは、公衆意見影響づける大きな戦略一部だった。)
8. English example: The source of the disinformation was traced back to a foreign government. (日本語訳:そのデマの源は外国政府遡ることができた。)
9. English example: The disinformation was quickly debunked by fact-checkers. (日本語訳:そのデマファクトチェッカーによってすぐに否定された。)
10. English example: The spread of disinformation has increased in recent years due to the rise of social media. (日本語訳ソーシャルメディア台頭により、デマの拡散近年増加している。)

ディスインフォメーション【disinformation】

読み方:でぃすいんふぉめーしょん

国家・企業組織あるいは人の信用失墜させるために、マスコミなど利用して故意に流す虚偽情報


ディスインフォメーション


偽情報

(ディスインフォメーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/21 21:20 UTC 版)

偽情報(にせじょうほう、: disinformation)は、虚偽情報の拡散・情報改竄・情報の抹消行為などで標的の認知を変容させる情報戦の一種。 古くから用いられてきた戦術であるもの、特にインターネットの普及後は規模や影響力も拡大している。逆情報とも言われる[1]


  1. ^ a b 偽情報とは【用語集詳細】”. SOMPO CYBER SECURITY. 2024年1月21日閲覧。
  2. ^ Arjun Makhijani, A Readiness to Harm: The Health Effects of Nuclear Weapons Complexes
  3. ^ Daniel Schorr, "Official US deception: Can it be trusted?", クリスチャン・サイエンス・モニター, 2002年3月1日; 検索日 - 2007年2月22日
  4. ^ Pete Earley, "Comrade J: The Untold Secrets of Russia's Master Spy in America After the End of the Cold War", Penguin Books, 2007, ISBN 978-0-399-15439-3, pages 169-177
  5. ^ Christopher Andrew and Vasili Mitrokhin (2000). The Mitrokhin Archive: The KGB in Europe and the West. Gardners Books. ISBN 0-14-028487-7.
  6. ^ Fukuzaki, Osamu (2019年3月17日). “NZ銃乱射事件 容疑者 法廷で白人至上主義のジェスチャー”. mashup NY. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ 訴追された男 裁判所に出廷 NZ乱射テロ”. FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ Blizzard reportedly tells OWL fans to not use OK gesture due to "association as a white power symbol"” (英語). Dot Esports (2019年4月5日). 2019年4月10日閲覧。
  9. ^ 「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい”. ニューズウィーク (2019年9月27日). 2020年11月22日閲覧。


「偽情報」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディスインフォメーション」の関連用語

ディスインフォメーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディスインフォメーションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリディスインフォメーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偽情報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS