ディスインフレーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 金融 > インフレーション > ディスインフレーションの意味・解説 

ディスインフレーション [6] 【disinflation】


ディスインフレ

別名:ディスインフレーション
英語:disinflation

継続的物価上昇するインフレ(インフレーション)の過程において、その上昇率であるインフレ率が緩やかになること。

デフレーション

(ディスインフレーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/28 06:02 UTC 版)

デフレーション: Deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す[1]。略してデフレと呼ぶ(日本語では物価収縮[2]とも)。対義語には物価が持続的に上昇していく現象を指すインフレーション: Inflation)がある。


  1. ^ デフレーション|証券用語解説集|野村證券
  2. ^ 「デフレーション」(deflation)とは「収縮、縮んでいく」という意味である(小塩隆士 『高校生のための経済学入門』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2002年、137頁。竹中平蔵 『竹中先生、経済ってなんですか?』 ナレッジフォア、2008年、68頁。)。
  3. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、107頁。
  4. ^ 革命スローガンは、自由・平等・インフレ 青木健太郎 日経BPネット 2010年11月14日
  5. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、58頁。
  6. ^ [1]
  7. ^ a b インフレになるとデフレになるの怪ワイアードビジョン アーカイブ 2008年2月2日
  8. ^ a b c デフレと金融政策に関する9つの論点 片岡剛士SYNODOS -シノドス- 2011年7月26日
  9. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、99頁。
  10. ^ 竹中平蔵 『あしたの経済学』 幻冬舎、2003年、72頁。
  11. ^ 円居総一 『原発に頼らなくても日本は成長できる』 ダイヤモンド社、2011年、152頁。
  12. ^ a b 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、27頁。
  13. ^ 浜田宏一イェール大学教授 憂国のインタビュー第3回 聞き手:高橋洋一 日本の新聞が日銀批判を語らない理由現代ビジネス 2011年3月18日
  14. ^ a b 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、215頁。
  15. ^ 消費者の懐を温める方法PHPビジネスオンライン 衆知 2008年9月7日
  16. ^ 日本のデフレは人口減少が原因なのか 人口増減と「物価」は実は関係がないダイヤモンドオンライン 2011年1月13日
  17. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、29頁。
  18. ^ 「デフレは死に至る病」産経新聞平成21年 (2009) 4月12日朝刊【日曜経済講座】編集委員・田村秀男
  19. ^ ケインズは「貨幣価値変動の社会的帰結」(1923年)で「物価下落の原因をなすデフレーションは、企業者が損失を回避するために生産を制限するようになるから、労働者と企業にとって窮乏化をもたらし、したがって、雇用にとって悪である」(東洋経済新報社刊ケインズ全集9「説得論集」P86-87)と述べている。
  20. ^ 産経エクスプレス紙2014年5月21日付け 田村秀男の国際政治経済学入門「デフレ呼ぶ増税値上げ」
  21. ^ ここまで深刻「食のデフレ」PHPビジネスオンライン 衆知 2009年8月17日
  22. ^ 最先端を行く「リフレ・レジーム」〔1〕PHPビジネスオンライン 衆知 2013年6月20日
  23. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、32頁。
  24. ^ アベノミクスでAKB48は沈む?(2)NetIB-NEWS ネットアイビーニュース 2013年6月3日
  25. ^ a b 米コロンビア大学交換教授として赴任 ニューヨークで出会った経済学者たちダイヤモンド・オンライン 2008年12月24日
  26. ^ a b c d e 「日本のデフレの真実と克服する方法」 京大・中澤准教授が講演朝日新聞デジタル 2012年6月12日(2012年6月13日時点のインターネットアーカイブ
  27. ^ 上念司 『デフレと円高の何が「悪」か』 光文社〈光文社新書〉、2010年、41頁。
  28. ^ a b c 第5回「デフレの解消を至上課題として、直接それを解決する方策」RIETI 2003年12月25日
  29. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、86頁。
  30. ^ a b 野口旭の「ケイザイを斬る! 第1回 人々はなぜデフレを好むのかHotWired Japan ALT BIZ(2005年12月2日時点のインターネット・アーカイブ)
  31. ^ 不況の原因:森永卓郎が語るイー・ウーマン(ewoman)
  32. ^ 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、91頁。
  33. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、216頁。
  34. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、40頁。
  35. ^ a b c 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、54頁。
  36. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、249頁。
  37. ^ 日本経済新聞社編著 『経済学をつくった巨人たち―先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、226頁。
  38. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、89頁。
  39. ^ 円居総一 『原発に頼らなくても日本は成長できる』 ダイヤモンド社、2011年、143頁。
  40. ^ 日本経済新聞社編著 『経済学をつくった巨人たち―先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、186頁。
  41. ^ a b 日本経済新聞社編著 『経済学をつくった巨人たち―先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、187頁。
  42. ^ 円居総一 『原発に頼らなくても日本は成長できる』 ダイヤモンド社、2011年、151-152頁。
  43. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、136頁。
  44. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、150頁。
  45. ^ みずほ総合研究所編 『3時間でわかる日本経済-ポイント解説』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、25頁。
  46. ^ a b c みずほ総合研究所編 『3時間でわかる日本経済-ポイント解説』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、26頁。
  47. ^ 岩田規久男 『日本経済を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2005年、73頁。
  48. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、134頁。
  49. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、120頁。
  50. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、156-157頁。
  51. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、85頁。
  52. ^ a b 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、90頁。
  53. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、23-24頁。
  54. ^ アベノミクスでAKB48は沈む?(4)NetIB-NEWS ネットアイビーニュース 2013年6月5日
  55. ^ リフレ政策 評価 田中秀臣・上武大教授 「アベノミクス」支持東京新聞 群馬(TOKYO Web)2013年3月7日
  56. ^ 中野剛志 『グローバル恐慌の真相』69-70頁。
  57. ^ 中野剛志 『グローバル恐慌の真相』 78-80頁。
  58. ^ ちょくマガ 中野剛志「岩田喜久男先生の理論を徹底的に批判する!-なぜ、金融政策はデフレを止められなかったか」ちょく論 2014年12月26日
  59. ^ 岩田規久男教授:日銀の国債購入不可欠 物価目標達成で毎日jp(毎日新聞) 2013年2月15日(2013年5月1日時点のインターネット・アーカイブ)
  60. ^ インタビュー:政府・日銀共同文書、法的裏付けに日銀法改正を=岩田教授Reuters 2013年1月18日
  61. ^ 円居総一 『原発に頼らなくても日本は成長できる』 ダイヤモンド社、2011年、144頁。
  62. ^ 高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とはPHPビジネスオンライン 衆知 2014年11月26日
  63. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、28頁。
  64. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、91頁。
  65. ^ 勝間和代・宮崎哲弥・飯田泰之 『日本経済復活 一番かんたんな方法』 光文社〈光文社新書〉、2010年、194頁。
  66. ^ a b 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、155頁。
  67. ^ a b 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、38-39頁。
  68. ^ 田中秀臣 『雇用大崩壊 失業率10%時代の到来』 NHK出版〈生活人新書〉、2009年、85頁。
  69. ^ 経済・マネー 日銀が日本をつぶす!“高給”総裁はデフレ&円高がお好き?ZAKZAK 2012年5月16日(2012年5月18日時点のインターネット・アーカイブ)
  70. ^ GDPギャップの概念について (PDF)”. 内閣府政策統括官付参事官 野村彰宏. 社団法人経済企画協会. 2012年1月4日閲覧。
  71. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、82頁。
  72. ^ a b 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、26頁。
  73. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、236頁。
  74. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、181頁。
  75. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、175頁。
  76. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、26頁。
  77. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、180頁。
  78. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、97頁。
  79. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、50頁。
  80. ^ COLUMN-〔インサイト〕4─5%の名目成長率目標、マクロ政策に大きな柔軟性=エコノミスト・岡田靖Reuters 2007年11月2日
  81. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、28頁。
  82. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、187頁。
  83. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、60-61頁。
  84. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、187頁。
  85. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、94頁。
  86. ^ 財政ファイナンスをやってはいけない東洋経済オンライン 2012年12月5日
  87. ^ 池尾和人 慶應義塾大学教授 日銀に“政治的判断”を押し付けるなダイヤモンド・オンライン 2010年10月5日
  88. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、51-52頁。
  89. ^ a b c 物価に関する研究会・議事要旨(第2回)日本銀行 Bank of Japan 2001年6月28日
  90. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、48頁。
  91. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、53頁。
  92. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、194頁。
  93. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、152頁。
  94. ^ 政治・社会 【日本の解き方】徘徊する「良いデフレ」の亡霊 日本の深刻事例なぜかスルー (1/2ページ)ZAKZAK 2014年7月19日
  95. ^ デフレになると、本当に不況が来るのか東洋経済オンライン 2015年04月08日
  96. ^ 不況の原因:森永卓郎が語るイー・ウーマン(ewoman)
  97. ^ a b インタビュー:日銀は極端な国債購入拡大回避を=伊藤・東大大学院教授Reuters 2012年12月14日
  98. ^ 【田中秀臣氏インタビュー】日本をデフレから救うのは、凡庸だが最良の処方箋の「リフレ政策」 ソフトバンク ビジネス+IT 2010年9月10日
  99. ^ a b 岩田・日銀副総裁候補:物価目標のマジック、予想インフレ上昇で円安Bloomberg 2013年3月4日
  100. ^ a b デフレ脱却のための政策を問うNIRA 総合開発研究機構 2013年4月
  101. ^ 岩田規久男 『経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1994年、196-197頁。
  102. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、164頁。
  103. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、99-100頁。
  104. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、154頁。
  105. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、51頁。
  106. ^ 経済の死角 ぶちぬき大特集アベクロでGO! アベクロ・バブルの教祖新たな「お告げ」 浜田宏一登場「株高と円安私にはここまで見えている」現代ビジネス 2013年3月18日
  107. ^ 【中央銀行企画】④高望みはいけない 政治は日銀に責任転嫁47NEWS(よんななニュース) 2010年8月13日
  108. ^ 中野剛志 『レジーム・チェンジ-恐慌を突破する逆転の発想』 NHK出版〈NHK出版新書〉、2012年、147頁。
  109. ^ a b 村上尚己「エコノミックレポート」 アベノミクスの大きな揺らぎ〜「第2の矢」の弱点〜ザイ・オンライン 2013年10月28日
  110. ^ 中野剛志 『グローバル恐慌の真相』 190-191頁。
  111. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、112頁。
  112. ^ クルーグマン教授、日銀追加緩和を「強く支持」 世界のビジネスリーダーの懸念を一蹴ニュースフィア 2014年11月4日
  113. ^ a b c 【WSJで学ぶ金融英語】第60回 インフレ期待WSJ.com 2011年3月7日
  114. ^ a b 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、30頁。
  115. ^ 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、188頁。
  116. ^ 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、189頁。
  117. ^ a b 岩田規久男氏「期待実質金利の低下が円安・株高の要因に」日経新聞 2013年3月4日
  118. ^ 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、281頁。
  119. ^ 岩田規久男氏、2%「日銀が達成と市場に信用してもらう事重要」日経新聞 2013年3月12日
  120. ^ 日本は財政難から3-5年で円安、長期金利3%へ-伊藤隆敏東大教授Bloomberg 2012年3月7日
  121. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、42頁。
  122. ^ 経済の死角 【独占インタビュー】ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン 日本経済は、そのときどうなるのか現代ビジネス 2013年10月21日
  123. ^ 期待形成と社会改革:少子化対策、男女共同参画、雇用制度改革へ意味することRIETI 2013年5月21日
  124. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、90頁。
  125. ^ 関税・外国為替等審議会 外国為替等分科会 最近の国際金融の動向に関する専門部会 (第4回)議事録 平成15年4月16日
  126. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『スティグリッツ教授の経済教室-グローバル経済のトピックスを読み解く』 ダイヤモンド社、2007年、27-28頁。
  127. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、163頁。
  128. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、79-80頁。
  129. ^ 【日本の解き方】デフレ論者に共通する矛盾 まったく見苦しい…ZAKZAK 2013年2月20日(2013年3月18日時点のインターネット・アーカイブ)
  130. ^ 国際分業の利益実現へ、産業構造の転換が必要--池尾和人・慶應義塾大学経済学部教授東洋経済オンライン 2011年3月14日
  131. ^ 第3回「深刻さを前提に、漸進的に構造改革を進め、諸問題を総合的に解決する選択肢」RIETI 2003年9月22日
  132. ^ 中野剛志『レジーム・チェンジ』NHK出版pp.178-189
  133. ^ 岩田規久男氏「財政出動を効果的にするには金融緩和が必要に」日経新聞 2013年3月4日
  134. ^ 岩田規久男 『日本経済にいま何が起きているのか』 東洋経済新報社、2005年、151頁。
  135. ^ 伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論 「賃金上昇」→「デフレ脱却」という好循環を実現できる成長戦略とは?ダイヤモンド・オンライン 2013年11月11日
  136. ^ いろいろ変わっちゃったから、もう一度本当の経済の話をしよう--『本当の経済の話をしよう』刊行一周年記念SYNODOS -シノドス- 2013年8月15日
  137. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、202頁。
  138. ^ 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、94頁。
  139. ^ 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、95頁。
  140. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、167頁。
  141. ^ a b 岩田日銀副総裁 2%のインフレ目標を達成する覚悟<質疑応答編>PHPビジネスオンライン 衆知 2013年12月13日
  142. ^ 政府が企業に賃上げ要請 何かがおかしいWEDGE Infinity(ウェッジ) 2013年3月6日
  143. ^ 日銀、なぜ“予想外”追加金融緩和?消費増税で急激な経済悪化、政府に投げられたボールビジネスジャーナル 2014年11月2日
  144. ^ 第3回「深刻さを前提に、漸進的に構造改革を進め、諸問題を総合的に解決する選択肢」RIETI 2003年9月22日
  145. ^ 関税・外国為替等審議会 外国為替等分科会 最近の国際金融の動向に関する専門部会 (第4回)議事録 平成15年4月16日
  146. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、158頁。
  147. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、159-160頁。
  148. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、138頁。
  149. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、197頁。
  150. ^ a b c 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、197頁。
  151. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、210頁。
  152. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、211頁。
  153. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、212頁。
  154. ^ 危ない与謝野発言PHPビジネスオンライン 衆知 2009年7月10日
  155. ^ 歴史を誤認する藤井大臣PHPビジネスオンライン 衆知 2009年11月10日
  156. ^ 原田泰・大和総研 『新社会人に効く日本経済入門』 毎日新聞社〈毎日ビジネスブックス〉、2009年、137頁。
  157. ^ a b IMF専務理事「多くの国でデフレの恐れ強まる」日本経済新聞 2014年1月16日
  158. ^ a b 世界経済は今年成長加速へ、デフレリスク高まっている=IMF専務理事Reuters 2014年1月16日
  159. ^ 10月のギリシャCPI、下落幅が拡大 デフレ状況続くReuters 2014年11月10日
  160. ^ ユーロ圏物価0・2%下落 12月、原油安でデフレ濃厚47NEWS(よんななニュース) 共同通信 2015年1月7日
  161. ^ ユーロ圏インフレ、12月速報は前年比-0.2%で09年以来のマイナスReuters 2015年1月7日





ディスインフレーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディスインフレーション」の関連用語

ディスインフレーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ディスインフレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデフレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS