FOMAプラスエリアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > FOMAプラスエリアの意味・解説 

FOMAプラスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/02 10:59 UTC 版)

FOMAプラスエリア(ふぉーま ぷらすえりあ)とは、NTTドコモ第3世代移動通信システム携帯電話・FOMAの一部機種で利用できる、800MHz帯W-CDMA方式によるサービスエリアのこと。2005年に、FOMAサービスエリア2GHz帯)では電波が届きにくかった山間部などでの電波状況の改善を目的に開始されたが、現在は、都市部とその周辺部での2GHz帯を補完する目的でも使われている。




  1. ^ 運用上は5MHz幅毎に3つに分かれており(先頭から5MHzずつA,B,Cブロック)、FOMAとXiが混在
  2. ^ FOMAのバンドを示しており、Xiのバンドとは別である。XiはFOMAとは異なり875 - 890MHz全てをバンド19として提供している。
  3. ^ 3GPP TR 36.800 V9.0.0 5.5章(http://www.qtc.jp/3GPP/Specs/36800-900.pdf)


「FOMAプラスエリア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FOMAプラスエリア」の関連用語

FOMAプラスエリアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三重野康

2002FIFAワールドカップ™記念500円ニッケル黄銅貨幣

櫛田川

99式自走155mmりゅう弾砲

佐渡弥彦米山国定公園

Grand Scenic

六郷湧水群

ボーイング式737-500型





FOMAプラスエリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFOMAプラスエリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS