THE_MANZAI_(お笑いのコンテスト)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > THE_MANZAI_(お笑いのコンテスト)の意味・解説 

THE MANZAI (お笑いのコンテスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 04:50 UTC 版)

日清食品 THE MANZAI 年間最強漫才師決定トーナメント!』(にっしんしょくひん ザ・マンザイ ねんかんさいきょうまんざいしけっていトーナメント!)は、2011年から2014年まで開催された吉本興業が主催する漫才コンクール、また、決勝戦が年末フジテレビ系列生放送されていたお笑い演芸特別番組




  1. ^ “『THE MANZAI 2011』が29年ぶり復活!紳助が審査委員長で№1漫才師決定” (日本語). オリコン. (2011年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/87046/full/ 2011年11月26日閲覧。 
  2. ^ a b “「THE MANZAI」復活!日本一決める!” (日本語). Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2011年4月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/04/27/kiji/K20110427000704120.html 2011年11月26日閲覧。 
  3. ^ 『THEMANZAI』当時は松本竜助とのユニット「島田紳助・松本竜介(紳助・竜介)」で出演したことがある。
  4. ^ “伝説のお笑い番組『THE MANZAI』が復活!” (日本語). リアルライブ. (2011年4月27日). http://npn.co.jp/article/detail/64166201/ 2011年11月26日閲覧。 
  5. ^ “「THE MANZAI」復活へ 一番おもろい漫才師決定” (日本語). 47NEWS. (2011年5月6日). http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050601000526.html 2011年11月26日閲覧。 
  6. ^ “「THE MANZAI」にも影響…”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年8月24日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108240067.html 2011年8月24日閲覧。 
  7. ^ “THE MANZAI開催へ 紳助さん抜きで”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2011年9月3日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108240067.html 2011年11月26日閲覧。 
  8. ^ “THE MANZAIやります!ナイナイ司会” (日本語). SANSPO.COM. 産経新聞社. (2011年9月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/110922/gnf1109220507003-n2.htm 2011年11月26日閲覧。 
  9. ^ “紳助、『THE MANZAI 2011』司会にナイナイ指名” (日本語). オリコン. (2011年7月24日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000099/full/ 2011年11月26日閲覧。 
  10. ^ a b “「THE MANZAI 2011」放送日時が決定、たけしが最高顧問就任” (日本語). お笑いナタリー. (2011年11月21日). http://natalie.mu/owarai/news/59926 2011年11月26日閲覧。 
  11. ^ “博多華丸・大吉 THE MANZAIの優勝特典に「もう大丈夫」” (日本語). Livedoor ニュース. (2014年12月16日). http://news.livedoor.com/article/detail/9579628/ 2015年7月6日閲覧。 
  12. ^ a b これは、第5回以降のプレミアマスターズ出場者に対しても同様に贈られている。
  13. ^ 「M-1グランプリ」はコンビ結成10年以内(2015以降は15年以内。なお例外の組もあり)、プロ・アマ問わず出場可能であった。
  14. ^ Bグループでハマカーン以外の3組が3票で並んだがワラテンポイントで1位を獲得したHi-Hiが最終決戦に進出した。
  15. ^ 選挙の顔!宮根、満を持して特番初挑戦 先リンク先からたどれる2ページ目と3ページ目も参照のこと。2012年12月4日閲覧。
  16. ^ 衆院選当日「MANZAI決勝」放送へ 2012年11月29日閲覧
  17. ^ 決勝は12.16「THE MANZAI 2012」組み合わせ決定 お笑いナタリー 2012年12月2日閲覧。
  18. ^ 月刊TVガイド 2013年1月号より
  19. ^ TOSは17:30 - 18:30は『ほこ×たて』、18:30 - 19:00は『スパーク オン ウェイヴ』で埋め、UMKは17:30 - 18:27は『1億3千万人が選ぶアニメ名セリフベスト20』(フジテレビで12月14日に放送されたもの。ただし57分の短縮版)、18:27 - 18:30は『Uチェキ!』、18:30 - 19:00は『ちびまる子ちゃん』の再放送で埋めた。
  20. ^ この余波で「THE GOLDEN BATTLE 2014」(関西テレビ制作)は当初より10分短縮される。
  21. ^ http://www.ktv.jp/gb/index.html
  22. ^ 国民ワラテン採点・審査員投票・各グループの結果をフォローする役を担当。
  23. ^ 『THEMANZAI』当時は横山やすしとのユニット「横山やすし・西川きよし(やすきよ)」で出演したことがある。
  24. ^ 『THEMANZAI』当時はオール阪神とのユニット「オール阪神・巨人」で出演したことがある。
  25. ^ ただし番組放送前から、テレビ欄などには爆笑問題の出演予定が記載されていたため、出演自体は既に決まっていたものと思われる。
  26. ^ 三中はバイト先であるフジテレビ内のレストラン「ラ・ポルト」から抜け出してきた形だったため、「ラ・ポルト」の制服姿でスタッフと同じように最後まで立ったまま観覧した
  27. ^ a b 当時のメンバー
  28. ^ ナインティナインのTHE MANZAI真夏のネタ連発SP<DO!深夜> - フジテレビ 2011年8月25日閲覧
  29. ^ 日清食品THE MANZAI2012認定漫才師50組大集結SP〜日本一の漫才師は誰だ!?〜<DO!深夜> - フジテレビ 2012年9月22日閲覧
  30. ^ 日清食品THE MANZAI2013認定漫才師50組大集結! この中から日本一の漫才師が決まるぞSP<ゴールデンブレイク> - フジテレビ 2013年9月20日閲覧
  31. ^ a b “THE MANZAIやります!ナイナイ司会”. サンケイスポーツ. (2011年9月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/110922/gnf1109220507003-n1.htm 2011年9月29日閲覧。 
  32. ^ 12:59 - 13:54に『お笑いワイドショー マルコポロリ!』を放送のため。
  33. ^ 第1回は審査員、第3回は審査員と兼任
  34. ^ 長谷川~中野・松本→第1回は構成。
  35. ^ 高田文夫のラジオビバリー昼ズニッポン放送、2012年12月14日。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「THE_MANZAI_(お笑いのコンテスト)」の関連用語

THE_MANZAI_(お笑いのコンテスト)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



THE_MANZAI_(お笑いのコンテスト)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTHE MANZAI (お笑いのコンテスト) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS