ジャーニーとは? わかりやすく解説

ジャーニー【journey】

読み方:じゃーにー

比較長期旅行。「センチメンタル―」

旅程また、ある段階から次の段階へ道のり推移行程


ジャーニー


ジャーニー

名前 Jānī

ジャーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 15:42 UTC 版)

ジャーニーjourney)は、英語で船旅やあてのない旅など、比較的長いを意味する。




「ジャーニー」の続きの解説一覧

ジャーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 22:05 UTC 版)

いすゞ・ジャーニー」の記事における「ジャーニー」の解説

上記ジャーニーM / ジャーニーLモデルチェンジしてジャーニーが発売販売台数減少設計旧態化、主要コンポーネント共用するエルフモデルチェンジに伴い自社開発中止日産・シビリアン2代目中期型)のOEMとなる。

※この「ジャーニー」の解説は、「いすゞ・ジャーニー」の解説の一部です。
「ジャーニー」を含む「いすゞ・ジャーニー」の記事については、「いすゞ・ジャーニー」の概要を参照ください。


ジャーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 16:06 UTC 版)

アーネル・ピネダ」の記事における「ジャーニー」の解説

ヴォーカリスト不在で低迷中であったジャーニーだったが、2007年秋ニール・ショーンが、YouTubeでジャーニーのヒット曲「Faithfully」をザ・ズーカバーアーネル友人によりアップされていた)していたのを偶然視聴しスティーヴ・ペリー彷彿とさせる声質高い歌唱力衝撃を受け、アーネルに連絡を取る。最初アーネル悪戯だと思い込んで相手にしていなかったが、周囲の説得友人ノエル助言もあり、ニール本人だと知ると慌てて連絡を取りサンフランシスコオーディションに来るよう命じられるその後見事にジャーニーのヴォーカリストとなる。ちなみに入国審査官渡航目的聞かれ、「ジャーニーのオーディションを受けに」と答えると「じゃあ『ホイール・イン・ザ・スカイ』を歌ってみろ」と言われ一節歌ったところ、あっさりと入国許可されたという。 アーネル加入後の作品Revelation」はチャート5位に入りバンドにとって久々のヒットとなった2009年2月25日エドサ革命記念式典で、40歳になるまでチャンス諦めなかったアーネル不屈の精神才能を称え特別賞受賞、「True Pride of Pinoy」等で紹介され一躍国民的英雄になっている3月には東名阪周り14日には母国フィリピンマニラ凱旋公演果たした。この模様は、DVD「ライヴ・イン・マニラ」としてウォルマートにて限定発売された。 CBSインタビューでは、亡き母への感謝涙ぐむ場面もあった。また、2010年のデヴィッド・フォスター・アンド・フレンズのマニラ公演では、元シカゴピーター・セテラ登場前にステージ呼ばれシカゴ17代表曲忘れ得ぬ君に」(Hard Habit to Break)をカバーした2013年に、彼のジャーニーへの加入成功勝ち取るまでの軌跡綴ったドキュメンタリー映画Don't Stop Believin' ~The Everyman's Journey」が制作公開された

※この「ジャーニー」の解説は、「アーネル・ピネダ」の解説の一部です。
「ジャーニー」を含む「アーネル・ピネダ」の記事については、「アーネル・ピネダ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャーニー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



ジャーニーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャーニー」の関連用語

ジャーニーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャーニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリジャーニーの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャーニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのいすゞ・ジャーニー (改訂履歴)、アーネル・ピネダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS