竹下亘 家族・親族

竹下亘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 18:40 UTC 版)

家族・親族

第74代内閣総理大臣竹下登は22歳離れた異母兄。妻は福田組会長を務めた福田正の二女で、衆議院議員小沢一郎の前妻・和子の妹にあたる[39]。また、竹下登の娘婿であり、衆議院議員金丸信の長男でテレビ山梨社長の金丸康信は義甥、孫である漫画家の影木栄貴、タレントのDAIGOはそれぞれ大姪大甥にあたる。

系譜

竹下亘の養祖父にあたる竹下儀造は、竹下荘太郎の三男として生まれ、のちに同名の先代竹下儀造の養子となっている。そのため、系譜には同名の竹下儀造が2名記載されている。竹下家の家業である醸造業は、竹下亘の弟である竹下三郎が当主として継承し、竹下本店の代表取締役を務めている。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下儀造
 
竹下儀造
 
竹下唯子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下登
 
金丸一子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下荘太郎
 
 
 
 
 
 
 
竹下勇造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金丸康信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤まる子
 
影木栄貴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DAIGO
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北川景子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下亘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下恕子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武永貞一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注

[脚注の使い方]



  1. ^ a b 「プロフィール」『profile.gif』竹下亘事務所。
  2. ^ 神一行著 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 185頁
  3. ^ a b c 「国会議員情報」『時事ドットコム:国会議員 竹下 亘(たけした わたる)時事通信社
  4. ^ 「第52回自民党島根県連大会開催!」『第52回自民党島根県連大会 開催! - 自民党島根県支部連合会自由民主党島根県支部連合会2013年9月29日
  5. ^ 「自由民主党島根県支部連合会役員」『組織・役員 - 自民党島根県支部連合会自由民主党島根県支部連合会2013年9月29日
  6. ^ a b 「人事異動」『官報』号外特14号、国立印刷局2014年9月3日、1面。
  7. ^ “【内閣改造】自民党四役、正式に決定 岸田氏は政策立案の要・政調会長に 第3次安倍第3次改造内閣、今夕発足”. 産経新聞. (2017年8月3日). http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030029-n1.html 
  8. ^ “自民竹下氏が食道がん公表入院へ、派閥会長は続投”. 共同通信. (2019年1月9日). https://this.kiji.is/455633296402711649?c=39546741839462401 2019年1月9日閲覧。 
  9. ^ “自民・島根県連、新会長に細田氏 昨年の知事選で分裂、混乱収拾”. 共同通信. (2020年8月29日). https://this.kiji.is/672377843191678049?c=39546741839462401 2020年8月29日閲覧。 
  10. ^ a b c 2012衆院選 島根2区 竹下亘
  11. ^ 毎日新聞2014年衆院選アンケート
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  13. ^ 第173回国会衆議院法務委員会 4号 平成21年11月25日
  14. ^ “受動喫煙防止法案「できれば出ないで」 自民・竹下氏”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2017年3月7日) 
  15. ^ “禁煙法案 「俺はどうやって生きていけば…」 愛煙家の自民・竹下亘国対委員長”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年3月7日). http://www.sankei.com/politics/news/170307/plt1703070035-n1.html 2018年7月21日閲覧。 
  16. ^ a b “自民党:愛煙家の竹下氏が複雑心情「禁煙強化できれば…」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年3月7日). https://mainichi.jp/articles/20170308/k00/00m/010/167000c 2018年7月21日閲覧。 
  17. ^ a b “自民党「愛煙家」議員暗躍!受動喫煙対策法案は骨抜きに”. ダイヤモンドオンライン (ダイヤモンド社). (2017年4月4日). https://diamond.jp/articles/-/123485?page=2 2018年7月21日閲覧。 
  18. ^ “受動喫煙調整難航 「分かろうとしない閣僚いる」「妥協成立しない」 竹下亘自民国対委員長が塩崎恭久厚労相を批判”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年6月4日). https://www.sankei.com/politics/news/170604/plt1706040019-n1.html 2018年7月21日閲覧。 
  19. ^ “自民・竹下氏「島根に落ちても意味ない」撤回せず”. 日本経済新聞. (2017年9月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H2M_U7A900C1PP8000/ 2017年10月8日閲覧。 
  20. ^ 宮中晩餐会の同性パートナー出席、反対」自民党の竹下亘朝日新聞2017年11月23日閲覧
  21. ^ 自民・竹下亘「言わなきゃよかった」同性パートナー発言朝日新聞2017年11月24日閲覧
  22. ^ 自民・竹下亘総務会長 「昭恵さんが迷惑をかけたのは事実」 証人喚問は否定 岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長支援も産経新聞2018.3.28
  23. ^ 橋本氏は「男みたいな性格、ハグ当たり前」自民・竹下氏:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年2月18日閲覧。
  24. ^ 竹下氏「島根県知事に注意する」五輪聖火リレー中止意向で共同通信、2021年2月18日
  25. ^ 産経新聞2008年9月29日記事
  26. ^ [1]
  27. ^ [2]
  28. ^ [3]
  29. ^ [4]
  30. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  31. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  32. ^ 「国会質問も議員立法も質問主意書もない『オールゼロ議員』、64人全氏名を公開、BLOGOS 2014年10月15日
  33. ^ “自民竹下派会長・竹下亘氏が食道がん公表”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2019年1月9日). https://www.sankei.com/politics/news/190109/plt1901090015-n1.html 2019年1月9日閲覧。 
  34. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  35. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  36. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  37. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)
  38. ^ 農業協同組合新聞
  39. ^ 検察が聴取?「小沢幹事長の妻」 実は新潟ゼネコンの大株主


「竹下亘」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹下亘」の関連用語

竹下亘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竹下亘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹下亘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS