ジンギスカンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ジンギスカンの意味・解説 

ジンギスカン

ンギスカン成吉思汗モンゴル帝国を建てたチンギス・ハン(1162~1227)の名から〕[名] 羊肉(ラムまたはマトン)を用いた焼肉料理。ジンギスカン用の独特のたれを肉に漬け込んでから焼くか,或いは焼いてからたれを付けてべる。通常,ジンギスカン用の中央部盛り上がった独特の形の鍋を用いる。〈全,標〉 ~ジンギスカンキャラメルというものが売られている。その名のとおりジンギスカン味のキャラメルで味はまずいらしい。

チンギス・カン

(ジンギスカン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 15:57 UTC 版)

チンギス・カンモンゴル語Cinggis qagan.svgキリル文字Чингис хаанラテン文字化Činggis Qan または Činggis Qa'an漢字:成吉思汗、1162年5月31日 - 1227年8月25日)は、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 - 1227年)。日本語での名前表記については複数の表記揺れがある(名前の節を参照)。




  1. ^ a b c 一般的に1162年説が流布しているが、これは『元史』太祖本紀などに「(太祖二十二年)秋七月壬午、不豫。己丑、崩于薩里川哈老徒之行宮。(中略)壽六十六。」とあり(太祖二十二年秋七月己丑=1227年8月25日)、ここから逆算したものである。
    1155年説については、主にイルハン朝ガザンオルジェイトゥの勅命によって編纂された『集史』などに基づくもので、同書「チンギス・ハン紀」では「彼の誕生した時は、ブタの年(亥年)であるヒジュラ暦549年であり、ズー=ル=カアダ月に起きたことであった」" az waqt-i walādat-i ū az ibtidā'-yi Qāqā yīl ki sāl-i Khāk ast, muwāfiq-i shuwūr-i sanna-yi tis`a wa arba`īna wa khamsa-mi'a Hijrī ki dar māh-i Dhī al-Qa`da wāqi` shuda …(Rashīd/Rawshan, vol.1, p.309)"(1155年1月6日 - 2月4日)とあり、『元朝秘史』と同じくこれが父イェスゲイによるタタル部族への遠征とその首長コリ・ブカ(Qūrī Būqā)とテムジン・ウゲ(Tamūjīn Ūka)捕縛の年であったことが説明されている(Rashīd/Rawshan, vol.1, p.310)。また没年も「ブタの年(Qāqā yīl ki sāl-i Khāk ast)」であり「彼の生涯は72年間であり、73年目に逝去した」"muddat-i `umr-i ū haftād u du sāl būda, wa dar sāl-i haftād u siyyum wafāt yāfta." とあり、生没年が同じ「ブタの年」であったと述べる(没年である1227年は実際に丁亥年である)。『集史』の後に編纂されたイルハン朝時代の他の歴史書でもこの生年の情報は踏襲されたようで、例えば『バナーカティー史』(アブー・サイード即位の1317年まで記述)では「ブタの年であるヒジュラ暦549年ズー=ル=カアダ月」(1155年1月6日 - 2月5日)、同じくムスタウフィー・カズヴィーニーの『選史』(1330年)ではもう少し詳しく「ヒジュラ暦549年ズー=ル=カアダ月20日」(1155年1月25日)とする。
    一方、1167年については、『聖武親征録』諸本のひとつに1226年(丙戌年)の記事において「上年六十」とするものがあることから(王国維の校訂では「六十五」に改める)ここから逆算してこの年時としている。他の資料の年代としては、1221年にムカリ国王の宮廷を訪れた南宋の使節、の撰(王国維の研究により著者は趙と校正された)による『蒙韃備録』では「今成吉思皇帝者甲戌生彼俗…」とあり、甲戌、すなわち1154年とする。
    このようにチンギス・カンの生年の年代については資料によって様々であり、多くの学説が立てられ現在でも結論が出ていない。元朝末期の陶宗儀編『南村輟耕録』において元朝末から明朝初の文人・楊維禎(1296年 - 1370年)の言として「太祖の生年は宋の太祖の生年である丁亥と干支を同じくする」(四部叢刊本 第三巻 「正統辯」 第六葉「宋祖生于丁亥而建國于庚申。我太祖之降年與建國之年亦同…」)というようなことを述べており、清朝末期の学者洪鈞は丁亥年すなわち1167年ではなく乙亥年の誤り、つまり、『集史』その他の西方資料にあらわれるものと同じ1155年に比定する説を唱えた。この説は『新元史』の著者柯劭(かしょうびん)や『蒙兀児史記』の著者屠寄など当時の学者たちの賛同を得た。しかし、フランスの東洋学者ポール・ペリオは、それならばこの場合、楊維禎の言に従い丁亥年すなわち1167年とした方が良く、この丁亥年説であればチンギスの生涯における諸事件の年月日とよく合致し、チンギス・カンは1167年に生まれ、1227年に60歳、『聖武親征録』のいう数え年61歳で死んだと考えた方が妥当であろう、と述べている。『元朝秘史』には生年についての情報は載っていない。
  2. ^ a b c デリウン岳 Deli'ün Boltaq (迭里温孛合)での出産についても、主な資料では共通して述べている。『集史』では دلون بولداق Dilūn Būldāq 、『聖武親征録』では跌里温盤陀山と書かれている。ドルヂスレン・ツェー著、小澤重男 訳「チンギス・ハーンの生れたデリウン・ボルダクは何処にあるか」『遊牧社会史研究』第30号、1967年、p.1 - 16(ドルヂスレン・ツェー著、小澤重男 訳「チンギス・ハーンの生れたデリウン・ボルダクは何処にあるか」『内陸アジア史論集』第2、内陸アジア史学会編 国書刊行会 東京、1979年、p.71 - 86. 再録);村上正二(訳注)『モンゴル秘史 チンギス・カン物語』(東洋文庫)第1巻、平凡社、1970年、p.79 - 80.
  3. ^ a b チンギス・カン死去の日時について、『元朝秘史』『聖武親征録』など亥年や65歳であったことなど以外は全く言及されていないが、ジュヴァイニーの『世界征服者史』やバル・ヘブラエウスの『諸王朝史略(Ta'rīkh mukhtaṣar al-duwal)』などのヒジュラ暦624年ラマダーン月4日という記述から1227年8月25日になる(Qazvīnī, vol.1, p,144/Bar Hebraeus, Tārīkh mukhtaṣar al-duwal ,Bayrūt, Dār al-Mashriq, 1992. p.244.)。(ドーソンの『モンゴル帝国史』やボイル J.A. Boyle の『世界征服者史』の英訳 The World-Conqueror, vol. 1, p.182., note 11 では死去日時を「1227年8月18日」としているが、これはヒジュラ暦624年ラマダーン月4日をユリウス暦に変換すると1227年8月18日になるためとも考えられる) また、『元史』太祖本紀の太祖二十二年秋七月条に「秋七月壬午,不豫。己丑,崩于薩里川哈老徒之行宮。臨崩謂左右曰:「金精兵在潼關,南據連山,北限大河,難以遽破。若假道于宋,宋、金世讎,必能許我,則下兵唐、鄧,直擣大梁。金急,必徵兵潼關。然以數萬之衆,千里赴援,人馬疲弊,雖至弗能戰,破之必矣。」言訖而崩,壽六十六。葬起輦谷。」とある。『元史』での不予(病を患った)となった太祖二十二年七月壬午は1227年8月18日であり、死去した同七月己丑は1227年8月25日になる。また、ラシードゥッディーンの『集史』チンギス・ハン紀では、「亥年の秋の中月の15日、すなわち(ヒジュラ暦)624年ラマダーン月に逝去あそばされた。( و پانزدهم روز از ماه ميانه پاييز سال خاك، موافق ماه رمضان سنة اَرْبَعَ وَ عِشرِينَ وَ سِتَّمِائَة، از جهان فانى بگذاشت wa Pānzdahum rūz az māh-i Miyāna-yi Pā'īz-i sāl-i Khūk muwāfiq-i māh-i Ramaḍān sana Arba` wa `Ishrīn wa Sitta-Mi'a, az jahān fanā gudhāsht. :Rarshan&Mūsawī, vol. 1, p. 541.)」とあり、別の箇所では「先述の亥年の閏月(shūn-āy)、すなわちヒジュラ暦624年ラマダーン月14日に彼の棺(marqad)は彼の諸オルドへ運ばれ、(チンギス・ハンの崩御の)出来事が明らかにされた( در شُون آی سال خوك مذكور، موافق چهاردهم رمضان سنة اَرْبَعَ وَ عِشرِينَ وَ سِتَّمِائَة هجرى، مرقد او را به اوردوهاى او رسانيدند و اظهاد واقعه كردند /dar Shūn-Āy-yi sāl-i Khūk-i madhkūr, muwāfiq-i Chahārdahum-i Ramaḍān sana Arba` wa `Ishrīn wa Sitta-Mi'a-yi Hijrī, marqad-i ū rā bi ūrdū-hā-yi ū rasānīdand wa aẓhār-i wāfi`a kardand)」。しかし、前者の「秋の中月の15日」という日時のとおりでは1227年9月26日になってしまい、さらに後者の「閏月」という記述を受け入れると、同年の「閏5月15日」は1227年6月30日となるため、それぞれのヒジュラ暦と中国暦との整合性が取れなくなる。ポール・ペリオは「秋の中月の15日」は「秋の初月の15日」の誤り(すなわち「秋の初月の15日」は陰暦の7月15日なので1227年8月28日になる)と考えた。また、「閏月」についても、中国暦ではこの年の閏月は5月の後だが、ウイグル暦では7月の後に閏月を置いたであろうとして、「ラマダーン月の14日」とは中国暦での「7月25日」、西暦での「1227年8月28日」となるだろう、と論じた(Paul Pelliot, Note on Marco Polo, vol. 1., Paris, 1959, pp.305-309.)。また、『元史』が死去の場所としている「薩里川哈老徒之行宮」も西夏国内ではなくモンゴル高原のあたりになるため死去の地とは考え難く、恐らく葬儀が執り行われた地と解するのが妥当と考えられる。村上正二によると、あるいは、18日に亡くなり、25日か28日には遺骸をモンゴル本土へ運び葬儀を執り行ったのでは、と論じている。(村上正二訳註『モンゴル秘史 3』p.274-275.)
  4. ^ この時、出生したばかりのテムジンは「右手に髀石のような血の固まりを握りしめていた」と伝承されているが、この有名な逸話は『元朝秘史』のみならず『集史』、『元史』、『聖武親征録』などにも見えるポール・ペリオによると、この「血のかたまりを握って生まれる」という伝承は、『雑阿含経』第25巻にある『アショーカ王物語』 (Ašokāvadāna) の中の、カウシャーンビーの王マハーセーナの逸話と関係していると言う。この『アショーカ王物語』の伝説によれば、マハーセーナ王に鎧を身に付け手に血のかたまりを持つ息子が生まれ、やがてこの生まれた息子は全世界を支配する王者になるが、それまでに計り知れないほどの犠牲者を出すであろう、という不吉な予言を受けたと言う。これは経典中では仏教を破る凶悪な王者の相として語られているものであるが、ペリオは『元朝秘史』にみえるこの伝承は、仏教的な凶兆としてよりは、古い仏教伝承を起源としながらもアジア内陸において世界を征する強大な王者の瑞兆として変化し流布したものであろうと推測している。
  5. ^ ちなみに、この「テムジン」 (temüǰin) とはテュルク・モンゴル語で「テムルチ」 (temür-či) 、すなわち鉄(テムル)を作る人、鍛冶職人」を意味する単語の省略形だったため、「テムジン=チンギス・カンは鍛冶屋だった」という伝説が流布するようになった。この種の「チンギス・カン鍛冶職人伝説」とも言える伝承は、13 - 14世紀に活躍した東ローマ帝国の歴史家パキメレスや、同じくマムルーク朝の歴史家ヌワイリー、1247年のグユクの即位に列席したキリキア小アルメニア王国のハイトン1世の旅行記、さらには1254年にモンケの宮廷を訪れたルブルクのギヨーム修道士の旅行記などに記録されており、13世紀中頃という早い時期から帝国の外来の人々に広く流布していたようである。[要出典]
  6. ^ 杉山正明、北川誠一『世界の歴史9 大モンゴルの時代』(中央公論社、1997年)94 - 95頁などを参照。
  7. ^ 『元史』太祖本紀:太祖二十二年秋七月条「秋七月壬午,不豫。己丑,崩于薩里川哈老徒之行宮。(中略)壽六十六。葬起輦谷。」
  8. ^ 缅怀乌兰夫:从草原之子到国家领导人 曾动员内蒙古收养三千名孤儿(组图)”. 人民網 (2014年12月9日). 2018年3月14日閲覧。
  9. ^ チンギスハンの墓は四川省? 末裔の女性が新証言
  10. ^ Tatiana Zerjal, Yali Xue, Giorgio Bertorelle, R. Spencer Wells, Weidong Bao, Suling Zhu, Raheel Qamar, Qasim Ayub, Aisha Mohyuddin, Songbin Fu, Pu Li, Nadira Yuldasheva, Ruslan Ruzibakiev, Jiujin Xu, Qunfang Shu, Ruofu Du, Huanming Yang, Matthew E. Hurles, Elizabeth Robinson, Tudevdagva Gerelsaikhan, Bumbein Dashnyam, S. Qasim Mehdi, and Chris Tyler-Smith, "The Genetic Legacy of the Mongols", American journal of human genetics, 72-(3), 2003., p.717-721.
  11. ^ Charlotte Schubert, "Y chromosomes reveal founding father", Nature Digest, 2005, p.6(邦題「Y 染色体は始祖を表す」)
  12. ^ ブライアン・サイクス『アダムの呪い』(大野晶子訳) ソニー・マガジンズ、2004年5月、p.244-250
  13. ^ 早川智「青い血のカルテ(28)Y染色体とチンギス・ハーンの子孫」『産科と婦人科』73-(4)、2006年4月、p.532-535
  14. ^ Michael Kohn (1 January 2006). Dateline Mongolia: An American Journalist in Nomad's Land. RDR Books. pp. 35–. ISBN 978-1-57143-155-4.
  15. ^ Zhamsrangiĭn Sambuu (2010). Herdsman to Statesman: The Autobiography of Jamsrangiin Sambuu of Mongolia. Rowman & Littlefield. pp. 125–. ISBN 978-1-4422-0750-9.
  16. ^ Bayar, Nasan (2007), "On Chinggis Khan and Being Like a Buddha: A Perspective on Cultural Conflation in Contemporary Inner Mongolia", The Mongolia–Tibet Interface: Opening New Research Terrains in Inner Asia, Brill's Tibetan Studies Library, Vol. 10/9, Proceedings of the 10th Seminar of the IATS, Oxford, 2003, Leiden: Brill, pp. 212.
  17. ^ 涼殿峡”. 新華社 (2017年6月1日). 2018年3月14日閲覧。
  18. ^ 森時彦編『20世紀中国の社会システム : 京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター研究報告』収録「成吉思汗廟の創建 / 田中剛 著」
  19. ^ 巴森:再现成吉思汗风采(组图) 新浪网 (中国語)
  20. ^ 北方新闻网 中国蒙古学信息网 (中国語)
  21. ^ 習近平向成吉思汗雕像點頭致意”. 人民網 (2014年8月22日). 2018年2月24日閲覧。
  22. ^ 習近平彭麗媛向成吉思汗雕像點頭致意”. 多維新聞網 (2014年8月22日). 2018年2月24日閲覧。
  23. ^ チンギスハンの肖像画踏みつけ懲役1年、ネットで話題に—中国”. Record China (2017年12月17日). 2018年1月4日閲覧。
  24. ^ チンギス・ハーンの画像踏みつけた19歳に実刑、その背景”. NEWSポストセブン (2018年1月3日). 2018年1月4日閲覧。
  25. ^ Chinese man jailed for stamping on Genghis Khan portrait”. BBC (2017年12月15日). 2018年1月4日閲覧。
  26. ^ チンギス・ハンは誰の英雄”. 朝日新聞 (2002年11月29日). 2017年7月11日閲覧。
  27. ^ チンギス・ハンは中華的英雄?奪われた陵墓の数奇な運命”. ニューズウィーク日本語版 (2015年7月30日). 2017年10月30日閲覧。
  28. ^ Mongolian activist likely released from China jail”. Associated Press. Las Vegas Sun (Sunday, Dec. 19, 2010). 2010年12月31日閲覧。
  29. ^ 中国 : 中国は行方不明中のモンゴル人活動家の消息を明らかにしなければならない”. アムネスティ・インターナショナル日本 (2011年1月1日). 2011年1月3日閲覧。
  30. ^ チンギス・カン前半生研究のための『元朝秘史』と『集史』の比較考察 宇野伸浩 2008
  31. ^ 村上正二訳注『モンゴル秘史1チンギス・カン物語』p254
  32. ^ a b 中村淳・松川節「新発現の蒙漢合璧の少林寺聖旨碑」『内陸アジア言語の研究』第8号、1993年 pp.1 - 92.
  33. ^ 『元史』巻一 太祖本紀「至元三年冬十月、追諡聖武皇帝 。至大二年冬十一月庚辰、加諡法天啓運聖武皇帝。廟號太祖。在位二十二年。」
  34. ^ 白石典之『チンギス・カン -“蒼き狼”の実像』 中公新書、2006年1月





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジンギスカン」の関連用語

ジンギスカンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジンギスカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2019 by akaringo. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチンギス・カン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS