オングトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オングトの意味・解説 

オングト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 22:40 UTC 版)

オングト[1]、もしくはオングート[1]オングート部[1](汪古[1]・白達達部[2]、Ongud)は、モンゴル帝国以前から代にかけて存在した遊牧民族。代からタタル部が「黒韃靼」と呼ばれたのに対して「白韃靼」とよばれた[3]




  1. ^ a b c d 元朝秘史
  2. ^ 元史』太祖本紀
  3. ^ 南宋の使節趙珙の報告書『黒韃備録』『黒韃事略』より。
  4. ^ アブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン(訳注:佐口透)『モンゴル帝国史1』(平凡社東洋文庫〉、1968年3月、ISBN 978-4-582-80110-1)p309-311
  5. ^ C.M.ドーソン(訳注:佐口透)『モンゴル帝国史1』p75
  6. ^ 宮脇淳子『モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで』(2002年刀水書房ISBN 4887082444)p149-151


「オングト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オングト」の関連用語

オングトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オングトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオングト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS