痛快TV スカッとジャパン はい、論破!じゃんけん/スカッとじゃんけん

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 痛快TV スカッとジャパンの解説 > はい、論破!じゃんけん/スカッとじゃんけん 

痛快TV スカッとジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 16:16 UTC 版)

はい、論破!じゃんけん/スカッとじゃんけん

作曲:ヒャダイン〈前山田健一〉、振り付け:ラッキィ池田

2015年10月スタート。番組最後のエンディング前に放送。じゃんけんのあとにいやみな小ネタを言い「はい論破!」の発言をする。2016年6月以降から、「スカッとじゃんけん」としてイヤミ課長以外の主要キャラクター(大半は悪役)のじゃんけんもスタートした。彼らもじゃんけんの後に彼ら自身のお決まりネタを言っている。

2016年春以降、視聴者から投稿された振り付け動画もワイプ画面で紹介している。

なお、過去には「はい論破!占い」のミニコーナーもあった。

スタッフ

  • 制作統括:浜野貴敏(フジテレビ、以前は、チーフプロデューサー)
  • 構成:山内正之、くらなり、大井達朗、竹村武司、梅村真也、コバヤシマナブ、小峯裕之、武居秀剋、満斗りょう、山崎淳也
  • 脚本:森ハヤシ
  • ナレーション:茂木淳一
  • スタイリスト:中谷東一(内村光良担当)
  • メイク:水落万里子
  • エキストラ:株式会社アルテミス、株式会社オフィス・オーパ、株式会社アンカット、tachirourke Pro.
  • ドラマ撮影:平尾徹・名取正(以上Jeen)(毎週)、山田実(Jeen)、吉田剛徳、小林雄一郎、小野誠、小松嶺介、五江渕勝・東田博史・宮崎康仁・須藤康夫(以上ビデオスタッフ)、遠藤洋祐、福岡利浩、白石智彰、佐藤力、黒羽一也、栗栖一貴、丸尾侑未、綿引正太郎、生野美智信・大石裕久・中島敬・深野雄一・出口朝彦(以上ビデオフォーカス)、月村浩一、坂本誠、中嶋健、矢嶋貴都、吉田剛毅、磯貝喜作、三木誠、井原公二・高島一宗(以上エヌ・エス・ティー)、倉田良太、岡本和大、井出雅之(蓮)、菊池亘、藤山耕平(週替り)
  • 映像技術:兒玉成彦、栃木光信・稲田正治郎(以上Jeen)、須藤剛史、藤田尚也、山本直紀(エヌ・エス・ティー)、香山達也・古川明・角本輝夫(以上ビデオフォーカス)、千葉研、伊東大哲(ビデオスタッフ)、、中西勝哉、(兒玉・栃木・稲田・山本・伊東・中西→以前はドラマ技術)
  • ドラマ照明:田中秀典、田部谷正俊(光影舎)、森泉英男(ザ・ホライズン)、熊渕栞、福田実江子(サンライズアート)、中江純平、栗林映未里、坂本俊、木幡和弘、吉田真矢、村田瑛太、杉永勝志、渡辺大介
  • ドラマ音声:飯塚幸子・桜井秀一・金子徹・吉田勉(以上ビデオスタッフ)、松尾秀俊、乙部直樹(タムコ)、平塚勇也、中山寿範・林昭一・甲斐匡・関根光晶(ジースタッフ)、野崎秀人、葛原昌弘(エヌ・エス・ティー)
  • ドラマヘアメイク・衣裳:窪田浩樹・鈴木正子・薗(園)部聖奈(以上美粧屋)
  • 美術プロデュース→美術制作:木村文洋、本田邦宏(本田→途中から)
  • デザイン:鈴木賢太(フジテレビ)
  • 美術進行→アートコーディネーター:椛田学、西原数雄
  • 大道具:卜部徹夫
  • 大道具操作:松本達也
  • アクリル装飾:川満貴志
  • 絵画制作:高橋敬
  • 電飾:富谷聡
  • 装飾:武田正邦
  • TP:高瀬義美
  • SW:宮崎健司
  • CAM:小出豊
  • VE:原啓教
  • 音声:松原瑞貴
  • 照明:三觜繁
  • 技術協力:ニユーテレスfmt、JMC、WIND UP、Jeen、ビデオスタッフ、東京オフラインセンター、factory
  • 美術協力:フジアール、美粧屋
  • ドラマ編集:深沢佳文(ワインド・アップ、第5回、第8回 - )
  • 本編編集:吉川豪、水元綾子(共に以前は編集)
  • MA:山岸慎一郎
  • 音響効果:松長芳樹(デジタルサーカス→factory)
  • CG:小室泰樹、佐藤宏美
  • データ放送:齋藤浩史(フジテレビ)
  • 編成:赤池洋文(フジテレビ)
  • 広報:山本美沙(フジテレビ)
  • PRディレクター:佐藤詳悟・石川博章(以上FIRE BUG、佐藤・石川→共に2017年5月 - )
  • デスク:小林琴美(フジテレビ)
  • TK:色摩涼
  • リサーチ:大森智仁
  • AP:阿見たか子(イーストE→イーストF)、露木彩乃、貞本有紀、川島侑芽乃(川島→イーストF)
  • FD:趙成享、片桐なみき
  • ディレクター:杉原裕一(オイコーポレーション)、加賀佐知子・大内田龍馬(大内田→一時離脱►復帰)・龍史晃(以上イーストE→イーストF)、嘉元規人(アズバーズ、以前はFD)、岡本舞(MTG)、忍穂井綾(以前はFD)・寺田裕・佐々木崇人(以上フジテレビ)、高橋美鈴(一時離脱►復帰)、梶山貴弘、本田啓壱
  • ドラマ監修:長江俊和(ネビュラ、以前はドラマ演出)
  • ビジュアルクリエイター:佐藤大輔(佐藤映像)
  • キャスティングプロデューサー:壁谷悌之(泉放送制作
  • 演出:谷村政樹(フジテレビ、以前はディレクター)、大橋圭史(イースト・ファクトリー)、中澤智有(フリー)、和田英智 (LARGEST ARMY)
  • プロデューサー:佐久間茂・若林美樹・坪井進一郎・堀川香奈(堀川→以前はAP)(以上フジテレビ)、田岸宏一(クロスエイト)、鈴木康祝(イーストE→イーストF)
  • チーフプロデューサー:木月洋介(フジテレビ、以前は企画・演出・プロデュース)
  • 制作協力:イースト・ファクトリー(2018年1月 - )
  • 制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→制作局第二制作センター→編成局制作センター第二制作室)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ

  • 構成:大野ケイスケ
  • ナレーション:堀井真吾佐々木恭子
  • ドラマ撮影:佐藤陽弐・木下雄介・浅野仙夫・川村有紀子・福澤亮介・大石弘宜・船橋正成・篠田忠史(以上バスク)、福田陽平(第5回、第8回)、宮崎義毅・大森隆晴・田中浩一・高藤安正・橋本智司・上野翔太・山口泰博・高柳知之・水間淳一(以上エヌ・エス・ティー)、篠田力、川口次男、常田真一、中野真悟、小野寛明、迫信博(以上ビデオスタッフ
  • ドラマ技術:内田尚宏(フロムアール)、桜庭武志・青田保夫・植木康弘・岡本卓・藤本伊知郎・三熊世良・久米田俊裕(以上バスク)、宋晋瑞(第8回)、石田伸夫・青柳陽子・萩原謙一・久保澤知史・青木孝憲・榊聖一(以上エヌ・エス・ティー)、笠原宗一郎(東通)、國分玲、北本崇・武田健文・深澤敏行・宮入俊彰(以上ビデオスタッフ)、古茂田耕吉、市原敬司(ビデオフォーカス
  • ドラマ照明:堤慎太郎、笹川満・川里一幸・塙秀彦・山口泰一郎・齊藤卓(以上阿呍)、白石雄二・金子拓矢(以上サンライズアート)、青木義男・荒井徹夫(以上ラ・ルーチェ)、金原聖・村澤浩一・高瀬隆治・長谷川誠・山口賢二・青山茂雄・土居賢太郎・佐々木雄也(以上Kカンパニー)、溝渕健二、笠原健司、尾山隆之(クリア)、爲貝幸弘・田中亜矢・海保栄吉・藤原武夫・萩原文彦・稲木健(以上ザ・ホライズン)、山下由美、町田真祐、新明由華、小岩強、花岡正光、尾山隆之、三上日出志、佐藤友泰(ティ・エル・シー)、五十嵐孝文、江川斉(プログレッソ
  • ドラマ音声:渡部満裕・山成正己・神波哲史・池谷鉄兵・児玉考弘・堀知也・香川祥資(以上バスク)、箕輪真人(第8回)、横市義弘・笹川圭佑・小松正隆(いずれもエヌ・エス・ティー)、妹川英明(TAMCO)、佐藤公章(ブル)、片寄正一(ブルーバイユー)、山田裕樹、甲斐次雄、星かえで、佐藤寛俊、鈴木綾磨
  • ドラマヘアメイク・衣裳:藤原加奈・馬場麻子(以上美粧屋)
  • 美術進行→アートコーディネーター:中本孝史、勝見美幸、西岡萌子、安部智尋
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • マルチ:マルチバックス
  • 電飾:日下信二、川西紘平
  • 音声:奈良岡純一
  • 編集:粟嶋隆昌
  • MA:片桐麻莉子
  • TK:平野美紀子
  • 技術協力:IMAGICA、バスク
  • 編成:水野綾子、藤井修(フジテレビ)
  • 広報:福崎康裕、齋田悠、根本智史(フジテレビ)
  • デスク:弦牧和子(イーストE→イーストF)
  • リサーチ:鈴木さくら、渡我部美香、下川悟
  • ドラマ助監督:亀谷英司、小山亮太、今和紀
  • ドラマ制作進行:古谷忠之、藤原英志、上林千秋
  • 制作P:黒柳法子(フジテレビ、以前はAP)
  • ディレクター:金井紘・角山僚祐・相沢秀幸・金井克仁(以上フジテレビ)、上西浩之・河合希絵・久保田集・山本慶太・松本絵理・加藤富久・井ノ上龍登・小島直登・岡亨(以上イーストE→イーストF)、堀田大輔・小倉伸一(以上オイコーポレーション)、桑島岳大(以前はドラマ助監督)
  • プロデューサー:金井尚史・速水大介・春名剛生高瀬敦也(以上フジテレビ)
  • 制作協力:イースト・エンタテインメント(2014年10月 - 2017年12月)

ネット局と放送時間

  • 19:00開始の2時間スペシャル以外の拡大版を行う場合は飛び降り時刻は臨時に変更される。
放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST ネット状況
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 月曜 20:00 - 21:00 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb)[17] 同時フルネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)[18]
秋田県 秋田テレビ(AKT)
福島県 福島テレビ(FTV)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
宮城県 仙台放送(OX) 月曜 20:00 - 20:54 同時ネット
(20:54飛び降り)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
広島県 テレビ新広島(tss)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK)[注 10] フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 不定期放送[注 11] 遅れネット
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
金曜 19:00 - 20:00[注 12]
山口県 テレビ山口(tys) TBS系列 土曜 12:00 - 13:00[注 13]
山梨県 テレビ山梨(UTY) 不定期放送

変遷

期間 放送時間(JST
2014.10.10 2015.03.23 月曜日 20:00 - 20:54(54分)
2015.04.06 2018.03.26 月曜日 19:57 - 20:54(57分)
2018.04.16 2018.09.24 月曜日 19:57 - 21:00(63分)
2018.10.15 現在 月曜日 20:00 - 21:00(60分)



注釈

  1. ^ 当番組がレギュラー放送されている月曜20時台に当時、TBS系列1969年から2011年まで約42年間放送された長寿ドラマに続く意味から。
  2. ^ ショートショートスカッとに採用されたら賞金は1万円である。
  3. ^ 2015年4月以降は『ネプリーグ』のネットワークセールス化にともない、各ローカル番組には枠移動などの対処が取られている。
  4. ^ 本番組の翌日に同番組の放送がある場合は、エンディングにで同番組の告知もしている。
  5. ^ 当番組はネットセールス枠、後者はローカルセールス枠となっている。
  6. ^ 2017年3月を以て、同番組は放送終了した。
  7. ^ 18時台からの開始も初となる。
  8. ^ 21:00まで放送する局はフジテレビをはじめとする8局のみ。該当しない系列局は20:54に飛び降り。
  9. ^ シリーズ初回の投稿者から、ビンタした相手がB'zのファンなので、『ultra soul』に合わせてビンタをお願いして下さいという要望があったため。
  10. ^ 2015年4月6日より同時ネットを開始。同時ネットながらローカルスポンサーに差し替え、番販ネット。21:00をまたぐSP放送時やまれに自社制作番組のため、翌日もしくは翌週火曜日の未明・早朝帯に振替放送を行う。前者のケースでは21・22時台がテレビ朝日系列の遅れネット枠である関係上、20時台にはSPを同時ネットするのではなく、2015年3月以前の未放送の通常回を穴埋めで放送するか、あるいは過去に放送した内容の再放送か全く別の単発番組(日曜ファミリアなど)に差し替える。なお、2017年4月3日放送分については、「月曜ワイド劇場」終了に伴い、21:00にまたがるスペシャルが条件によるが同時ネット可能となった。
  11. ^ 2014年11月から2015年3月にかけては日曜14:00-14:57で放送していた。2015年3月30日より月曜15:50-16:45に変更したが、2017年ごろから不定期放送になった。レギュラー放送時代において2時間スペシャルの場合は放送時間が変動することがあった。
  12. ^ 2019年3月までは土曜午後に時間不定で放送されていたが、例外的にゴールデンタイムのローカルセールス枠(火曜19・20時台や金曜19時台)に放送されることもまれにあった。
  13. ^ 2015年4月2日より開始。2016年3月までは、木曜 23:58 - 翌0:53に放送されていた。
  14. ^ 2019年3月18日より休載となっている。

出典

  1. ^ 内村光良、「番宣でも良い」新番組アピールで公開オファー『痛快TV スカッとジャパン』”. テレビドカッチ (2014年10月20日). 2014年10月21日閲覧。
  2. ^ 『痛快TV スカッとジャパン』の番組概要ページ(2015年3月2日放送分) - gooテレビ番組
  3. ^ 【公式】痛快TV スカッとジャパンさんはTwitterを使っています: "『スカッとジャパン』では皆様からの投稿を募集!番組に採用されると賞金3万円を贈呈!また悪役へのファンレターもお待ちしております!こちらは紹介され...
  4. ^ 番組公式Twitterでの告知(3)番組公式Twitterでの告知(4) - いずれも2015年3月23日閲覧。
  5. ^ a b 内村光良MC「スカッとジャパン」胸キュンコーナーがコミック化”. お笑いナタリー (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  6. ^ ウッチャン、『サザエさん』本人役で出演 27時間テレビで『スカッとジャパン』とコラボ”. オリコン (2016年7月17日). 2017年3月13日閲覧。
  7. ^ 内村光良「スカッとジャパン」でおいしい役「素晴らしい1年のスタートが切れる」”. お笑いナタリー (2016年12月29日). 2018年5月24日閲覧。
  8. ^ a b ずっと好きでした。 presented by 胸キュンスカッと
  9. ^ 指原莉乃、涙の卒業スピーチ「私は11年間、本当に幸せでした」【全文掲載】”. ORICON NEWS (2018年12月28日). 2018年12月29日閲覧。
  10. ^ 『痛快TV スカッとジャパン』の番組概要ページ(2015年4月20日放送分) - gooテレビ番組
  11. ^ 『痛快TV スカッとジャパン』の番組概要ページ(2015年5月4日放送分) - gooテレビ番組
  12. ^ “小林麻耶、芸能界引退へ 所属事務所認める「本人の意思を尊重」”. ORICON NEWS. (2018年8月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2116917/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  13. ^ “清水富美加、森川葵、高杉真宙…『スカッとジャパン』はブレイク俳優の登竜門?”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル株式会社). (2016年5月7日). http://www.crank-in.net/entertainment/column/42843 2016年6月11日閲覧。 
  14. ^ “ナオト・インティライミ、『スカッとジャパン』ファンのあまり作った曲がCDに”. Ro69. (2016年5月23日). https://rockinon.com/news/detail/143469 2016年6月11日閲覧。 
  15. ^ “sumikaの新曲が「スカッとジャパン」内ドラマのテーマソングに”. 音楽ナタリー. (2019年1月29日). https://natalie.mu/music/news/317808 2019年1月29日閲覧。 
  16. ^ “ナオト・インティライミ、再び「スカッとジャパン」にテーマソング提供”. 音楽ナタリー. (2019年7月1日). https://natalie.mu/music/news/337976 2019年7月1日閲覧。 
  17. ^ 2019年4月より同時フルネット。2019年3月までは20:54で飛び降り『uhbニュース』を放送していた。
  18. ^ 2019年4月より同時フルネット。2019年3月までは20:54で飛び降り『mit天気情報』を放送していた。
  19. ^ ロングヒット中!「胸キュンスカッと」発のアルバム『ずっと好きでした。 presented by 胸キュンスカッと』ジャケットが冬期限定の冬服に衣替え! - ソニー・ミュージックレーベルズ(PR TIMES 2017年11月27日)
  20. ^ あの日、恋をしました。presented by 胸キュンスカッと 2019年2月25日閲覧


「痛快TV スカッとジャパン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痛快TV スカッとジャパン」の関連用語

痛快TV スカッとジャパンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



痛快TV スカッとジャパンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痛快TV スカッとジャパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS