原発ゼロとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 原発ゼロの意味・解説 

原発ゼロ

読み方:げんぱつゼロ

(1)いわゆる脱原発」を推進して完全に原子力発電廃止した状態。またはそうした構想
(2)原子炉定期検査ストレステストのために順次停止し、再稼動が見送られた結果稼動している原子炉国内に1基もなくなった状態。2012年5月に全原子炉停止された。

原子力撤廃

(原発ゼロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/08 21:09 UTC 版)

原子力撤廃(げんしりょくてっぱい、: Nuclear power phase-out)は、原子力すなわち核エネルギーの利用を撤廃することである。反原子力: anti-nuclear power)ともいう。字義通りには核兵器および原子炉すなわち核動力や核燃料を用いる全ての核エネルギー利用が対象となるが、本項では、主に後者について概説する。その他、「核廃絶」を含む原子力全般の撤廃を目的とする運動を反核運動という。地球温暖化対策に石炭や石油などの化石燃料による火力発電を世界的に控えている中でベースロードをどの代替エネルギーをどうするかのために議論がある[1]


注釈

  1. ^ 中曽根の原子力行政への関わりは、山岡淳一郎『原発と権力-戦後から辿る支配者の系譜』(ちくま新書、2011年9月、ISBN 978-4-480-06628-2)の第一章「『再軍備』がおしあけた原子力の扉」に詳しい。
  2. ^ この日本初の原子力予算では全体の94%が、目途も立っていない原子炉建造費にいきなり充てられるというものであった[3]
  3. ^ 中曽根康弘が『原子力開発十年史』(著・出版:日本原子力産業会議、1965年)に寄稿した文中「私が戦争中海軍に動員されて高松にいた時、広島の原爆雲を見た。この時私は、次の時代は原子力の時代になると直感した。」に対し、「まかり間違っても、キノコ雲をみて、次の時代は原子力平和利用の時代になると直感するなんて芸当は絶対にできっこないのだ。」と断じている[5]
  4. ^ 有馬は正力がCIAエージェントとして「ポダム」の暗号名を持つとも主張している[要出典]
  5. ^ 有馬はこの博覧会の成功を機に、CIAや合衆国情報局と正力の間に亀裂が発生し、徐々に拡大していったとしている[8]
  6. ^ その後、むつの原子炉はディーゼル機関に積み替えられた。その船体は独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC) の「みらい」として運航されている。また、取り去られた原子炉室はむつ市のむつ科学技術館で展示されている。
  7. ^ 初版はJICC出版局から1981年に出版されていた。1986年(昭和61年)8月に集英社文庫から改訂版が出版された。
  8. ^ この状況は「ヒロセタカシ現象」とも呼ばれた[要出典]
  9. ^ 2012年7月2日に放映されたワイドショー『スッキリ!!』では、安全対策が不十分なまま、原発素人の政治家連中が見切り発車をしたとして、机を叩きながら「コンセンサスの手順が無茶苦茶だ」と関西電力大飯原発3号機の再稼働を痛烈に批判。同年7月20日には、首相官邸前での大飯原発再稼働に反対するデモ活動に参加し、福島瑞穂湯川れい子と共に、再稼働を批判するスピーチを行っている[要出典]
  10. ^ その根底には、エリートが支配している大ジャーナリズムが相対的に原発推進派であることへの反発があるという[40]
  11. ^ 2012年5月9日の原子力委員会での資料における、原子力比率III(0%)のケースでは、8.1-8.7兆円と試算された[47]。また、原子力比率I(35%)のケースでは、使用済み核燃料をすべて再処理すると、2030年までに18.4兆円かかる。比べて、再処理せずにすべての使用済み核燃料を地中廃棄処分する場合は約4兆円が節約できると試算された[48]
  12. ^ 立地する自治体に対し電力料金の減免を実施している[要出典]
  13. ^ もっとも、平和利用を想定している事物を、その想定に反して、反社会勢力が反社会的な用途に使用することは、核関連物質に限らない事ではある
  14. ^ スイスではレファレンダムにより主要なイシューは国民投票で国民の判断を仰ぐ制度がある。

出典

  1. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00023860-president-soci
  2. ^ すが秀実 2012, p. 21.
  3. ^ a b 本田宏 2005, pp. 47-48
  4. ^ 高木仁三郎, 水戸巌 & 反原発記者会 1987, p. 146.
  5. ^ 高木仁三郎, 水戸巌 & 反原発記者会 1987, pp. 147-149.
  6. ^ 有馬哲夫 2008, p. 35.
  7. ^ 有馬哲夫 2008, p. 81.
  8. ^ 有馬哲夫 2008, pp. 123-124.
  9. ^ 中村政雄 2004, pp. 18-24.
  10. ^ 中村政雄 2004, pp. 27-30.
  11. ^ 中村政雄 2004, p. 41.
  12. ^ 「政界ジャーナル」編 1989.
  13. ^ 「特集・日本の未来を話そう 佐藤タイジ×曽我部恵一×加藤ひさし×下村健一(元内閣官房審議官)」『Rolling Stone 日本版[リンク切れ]』2013年4月号、 pp. 40-。2013年4月11日閲覧。
  14. ^ 国立国会図書館サーチ 検索結果「未来が原発神に勝てたわけ」”. 2013年4月11日閲覧。
  15. ^ 今野敏”. 小説総合情報サイト. さっかつ. 2013年4月11日閲覧。
  16. ^ “「ひと」‐木村結”. 朝日新聞. (2012年10月19日). オリジナルの2013年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130514203853/http://www.asahi.com/news/intro/TKY201210180694.html 2013年4月11日閲覧。 
  17. ^ 【政見放送】原発いらない人びと-Youtube”. セロン (2011年3月26日). 2013年4月11日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ 安藤丈将「脱原発運動と国政選挙-1989年参議院議員選挙の「原発いらない人びと」を中心に (PDF) 」 『ソシオロジスト : 武蔵社会学論集』第17巻第1号、武蔵大学社会学部、2015年、 31-65頁、 NAID 40020403098
  19. ^ “原発世論調査 ようやく半数が「原子力発電はエコ」を認識”. 産経新聞. (2009年11月26日). オリジナルの2009年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091129054441/http://sankei.jp.msn.com/life/environment/091126/env0911261829004-n1.htm 2009年11月27日閲覧。 
  20. ^ 『日本経済新聞』 2012年12月9日 [要文献特定詳細情報]
  21. ^ 『朝日新聞』 2012年12月3日 [要文献特定詳細情報]
  22. ^ 「再稼働容認首長54%」『読売新聞』 2013年1月6日。
  23. ^ IOJだより 第61号 (PDF)”. 日本の将来を考える会 (2013年1月22日). 2015年10月29日閲覧。 “読売新聞が原発事故対策重点区域の135市町村の首長に行ったアンケート結果である。原子力規制委員会...が安全と判断した場合、原発の再稼働を「認める」との回答は54%に上り「認めない」は18%。
  24. ^ “「脱原発」求め1千万人署名開始 鎌田慧さんら呼びかけ”. 朝日新聞. (2011年6月16日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106160166.html 2011年6月16日閲覧。 
  25. ^ さようなら原発 1000万人アクション[リンク切れ]
  26. ^ 『東京新聞』 2011年06月18日 [要文献特定詳細情報]
  27. ^ 『熱風』 スタジオジブリ、2011年(平成23年)、8号。
  28. ^ 斉藤円華 (2011年6月17日). “ジブリ屋上に幕「原発抜きで映画を」”. alterna. http://www.alterna.co.jp/5932 2015年10月29日閲覧。 
  29. ^ 鈴木敏夫 (2011年9月1日). “夏休みスペシャル第2弾!「スタジオジブリは、原発ぬきの電気で映画をつくりたい。」”. ジブリ汗まみれ. 2015年10月29日閲覧。
  30. ^ 『朝日新聞』 2011年10月11日 [要文献特定詳細情報]
  31. ^ 東日本大震災:福島原発全10基の廃炉、知事が表明[リンク切れ] 毎日新聞 2011年12月1日[リンク切れ]
  32. ^ 東日本大震災:福島第1原発事故 「全10原発廃炉」知事午後表明 復興計画の前提に[リンク切れ] 毎日新聞 2011年11月30日[リンク切れ]
  33. ^ 『茨城新聞』 2012年12月9日。[要文献特定詳細情報]
  34. ^ 「原発ゼロ基本法タウンミーティング」のお知らせ”. 立憲民主党 (2018年3月5日). 2018年3月18日閲覧。
  35. ^ “立憲など原発ゼロ法案を提出=希望、民進同調せず”. 時事ドットコム. (2018年3月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030900148&g=eco 2018年3月18日閲覧。 
  36. ^ “施行5年内に廃炉決定 原発ゼロ法案で立憲民主”. 日本経済新聞. (2018年2月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27257200S8A220C1PP8000/ 2018年3月18日閲覧。 
  37. ^ 内外情勢の回顧と展望 (PDF) 」、公安調査庁、2012年1月、2012年3月18日閲覧。
  38. ^ 西尾幹二『平和主義ではない「脱原発」-現代リスク文明論』文藝春秋、2011年12月。ISBN 978-4-16-374890-0 [要ページ番号]
  39. ^ 竹田恒泰『これが結論! 日本人と原発』小学館〈小学館101新書 128〉、2012年3月。ISBN 978-4-09-825128-5 [要ページ番号]
  40. ^ すが秀実 2012, p. 328.
  41. ^ 樋口大二 (2011年7月22日). “脱原発めぐり揺れる保守論壇”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201107220227.html 2013年2月4日閲覧。 
  42. ^ 小林よしのり 2012, p. 296.
  43. ^ “「核に対抗できるのは核」 北朝鮮情勢で中川前財務相”. 共同通信 (47NEWS). (2009年4月19日). http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009041901000582.html 2012年12月30日閲覧. "中川昭一前財務相は...日本として核武装を議論すべきだとの考えを表明した。" [リンク切れ]
  44. ^ 山岡淳一郎 2011, pp. 212-213.
  45. ^ 「安倍氏は全部強引」=脱原発、チャンス逸した―小泉元首相 時事通信 2015/12/09[リンク切れ]
  46. ^ 『東京新聞』 電子版、2012年4月20日。[要文献特定詳細情報] [リンク切れ]
  47. ^ 原子力政策担当室 (2012年5月9日). “各原子力比率におけるステップ3の評価 原子力比率III(0%)のケース (PDF)”. 新大綱策定会議(第18回) 資料第1-4号. 内閣府原子力委員会. pp. pp.87-. 2015年4月12日閲覧。 “p.104:単位:兆円 シナリオ3(全量直接処分)8.1~8.7
  48. ^ 原子力政策担当室 (2012年5月9日). “各原子力比率におけるステップ3の評価 原子力比率I(35%)のケース (PDF)”. 新大綱策定会議(第18回) 資料第1-4号. 原子力委員会. pp. pp. 1-34. 2015年4月12日閲覧。 “p. 18:単位:兆円 シナリオ1(全量再処理)18.4 シナリオ3(全量直接処分)13.9~14.8
  49. ^ 経済産業大臣 (2012-09-04). 議事次第 エネルギー・環境会議(第13回) : エネルギー・環境戦略策定に当たっての検討事項について (Report). 国家戦略室 エネルギー・環境会議. http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01_13.html. [リンク切れ]
  50. ^ “経済本部部長・長谷川秀行 原発比率の3シナリオ”. 産経新聞. (2012年7月22日). オリジナルの2013年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130314104201/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120722/biz12072208260001-n1.htm 2012年12月29日閲覧。 
  51. ^ “原発推進へ協力強化、原油価格を抑制…サミット首脳宣言”. (2008年7月4日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080704-OYT1T00925.htm 2008年7月5日閲覧。 [リンク切れ] [リンク切れ]
  52. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “ひと目で分かる世界の原発稼働状況と政策”. ニュースイッチ. (2018年1月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00010005-newswitch-bus_all.view-000 2018年3月25日閲覧。 
  53. ^ 「世界の原発:依存度の低減が潮流だ」 『高知新聞』 2012年11月19日、社説。
  54. ^ “ひと目で分かる世界の原発稼働状況と政策 各国のエネルギー政策はどう動く”. ニュースイッチ. (2018年1月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00010005-newswitch-bus_all 2018年3月25日閲覧。 
  55. ^ “ロシア、原発シェア拡大へ強気「福島より安全」 反対派の懸念を一蹴”. 産経新聞. (2011年3月31日). オリジナルの2011年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110403053722/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/erp11033119210005-n1.htm 2011年5月12日閲覧。 
  56. ^ 宮崎吉郎 2011, pp. 154-155.
  57. ^ 世界の流れと逆行、中国が2030年までに原発100基超を稼働へ、国外への原発輸出も加速―韓国メディア 2017年10月
  58. ^ 中東混迷の勝者ロシア、原発を残す 2017年12月22日
  59. ^ [国際独メルケルと米トランプ葛藤の本当の理由]
  60. ^ “中国、原発審査の凍結解除へ、8月にも安全計画策定、地元紙報道”. 産経新聞. (2011年4月22日). オリジナルの2011年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110730134724/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/chn11042216440003-n1.htm 2011年5月12日閲覧。 
  61. ^ 窪田秀雄 (2009年4月3日). “中国原子力の概況”. SciencePortal China. 科学技術振興機構中国総合研究交流センター. 2012年12月15日閲覧。
  62. ^ 「日本企業 復活の道は?」 『読売新聞』 2013年1月5日。
  63. ^ http://www.recordchina.co.jp/b75932-s0-c20.html
  64. ^ 原発:アジアで急増 台湾と逆行、日本・韓国、輸出推進 毎日新聞
  65. ^ Stott, David Adam . “South Korea’s Global Nuclear Ambitions”. The Asia-Pacific Journal.
  66. ^ 〈@ソウル〉「脱原発」!韓国ではどうなるか” (2012年11月21日). 2012年11月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月28日閲覧。
  67. ^ 「韓国大統領選、左派系野党候補が出馬辞退 革新系の結集目指す」『産経新聞』2012/12/16 19:27
  68. ^ “「寿命の尽きた原発稼動はセウォル号と同じだ」 … 文大統領、国民の生命権強調”. ハンギョレ. (2017年6月20日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27685.html 2017年7月21日閲覧。 
  69. ^ http://archive.is/7UndT
  70. ^ “文在寅大統領がUAE訪問…バラカ原発竣工式に出席予定”. 中央日報. (2018年3月25日). http://japanese.joins.com/article/914/239914.html 2018年3月25日閲覧。 
  71. ^ [1]【社説】国内では脱原発、UAEでは原発礼賛する文大統領
  72. ^ 英紙『フィナンシャル・タイムズ』のインタビュー、2012年7月30日付。
  73. ^ “米電力大手、30年ぶりの原発新設を凍結 採算取れず”. 朝日新聞. (2010年10月11日). オリジナルの2014年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140820064853/http://www.asahi.com/eco/TKY201010100316.html 2013年4月5日閲覧。 
  74. ^ イェーニッケら編 2012, p. 183.
  75. ^ “米、原発反対が賛成を上回る 民間シンクタンク調査”. 47NEWS (共同通信). (2012年3月8日). http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030801000832.html 2012年11月28日閲覧。 [リンク切れ]
  76. ^ 小川義也 (2013年3月12日). “米原子力規制委、メリーランド州の原発新設計画を却下”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASGN12019_S3A310C1000000/ 2013年4月5日閲覧。 
  77. ^ 「カナダの原子力発電事情 国民の過半数が今後も原発建設賛成」『バンクーバー新報』2011年11月22日
  78. ^ 真下俊樹 2012, p. 348.
  79. ^ 「仏、北アフリカに活路 原発やインフラ売り込み」『日本経済新聞』2012年12月28日
  80. ^ 「ドイツ:再生エネ普及で電気代高騰、戸惑う国民 野党批判、首相「想定外」と釈明」『毎日新聞』2012年12月22日
  81. ^ ドイツ、脱原発政策修正へ 保守・中道連立で最終合意”. 共同通信. 2009年10月26日閲覧。[リンク切れ]
  82. ^ “ドイツ:7基停止で電力輸入国に…「脱原発」先行き不透明”. 読売新聞. (2011年5月8日). オリジナルの2011年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110511002412/http://mainichi.jp/select/world/news/20110509k0000m030065000c.html 2011年5月12日閲覧。 
  83. ^ Energiewende: Wulff unterschreibt Atomausstieg-Gesetz”. SPIEGEL ONLINE (2011年8月1日). 2011年9月9日閲覧。
  84. ^ 松下ゆたか (2011年11月28日). “〈ドイツ〉“反原発”集会に2万3000人結集=福島事故被災者があいさつ!”. 松下ゆたかオフィシャルブログ. Ameba offical blog. 2011年11月28日閲覧。
  85. ^ 【コラム】脱原発、韓国とドイツの違い」『』。2018年8月12日閲覧。
  86. ^ [2][リンク切れ]
  87. ^ Michaelis J, Krebserkrankungen im Kindesalter in der Umgebung westdeutscher kerntechnischer Anlagen., in Deutsches Ärzteblatt, 89/1992, S.C-1386-90
  88. ^ Deutsches Kinderkrebsregister”. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月30日閲覧。
  89. ^ Epidemiologische Studie zu Kinderkrebs in der Umgebung von Kernkraftwerken – im Auftrag des Bundesamtes für Strahlenschutz 2007”. 2010年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月30日閲覧。
  90. ^ Welt Online: Bundesamt für Strahlenschutz im Zwielicht
  91. ^ 62 Tote - oder Hunderttausende? In: Süddeutsche Zeitung, 2011年4月22日. 参照:2012年2月28日
  92. ^ Tschernobyl-Opfer. Gezerre um die Strahlentoten. In: Der Spiegel, 2006年4月18日. 参照:2012年2月28日
  93. ^ Studie zu Tschernobyl. 93.000 statt 4.000 Tote. In: NTV.de, 2006年4月18日. 参照:2012年2月28日
  94. ^ Der nukleare GAU ist wahrscheinlicher als gedacht. Internetseite Max-Planck-Instituts für Chemie. 参照:2012年5月23日
  95. ^ Global risk of radioactive fallout after major nuclear reactor accidents, Seite 1 von 14. Studie des Max-Planck-Institutes für Chemie. 参照:2012年5月23日
  96. ^ EU-Bericht zu Stresstests. Fast alle Atomkraftwerke haben Mängel. In: tagesschau.de, 2012年10月1日. 参照:2012年12月30日.
  97. ^ AKW-Stresstest. Schlechte Noten für Europas Meiler. In: Süddeutsche.de, 2012年10月1日. 参照:2012年12月30日.
  98. ^ “EU耐性評価揺らぐ 原子炉12基閉鎖要求”. 東京新聞 TOKYO WEB. (2012年8月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012081902100009.html 2012年12月30日閲覧。 [リンク切れ]
  99. ^ AKW-Stresstest. Schlechte Noten für Europas Meiler. In: Süddeutsche Zeitung, 2012年10月1日. 参照:2012年10月2日.
  100. ^ AKW-Stresstest der EU in der Analyse. Die Mär von den sicheren deutschen Reaktoren. In: Tagesschau.de, 2012年10月2日. 参照:2012年10月2日.
  101. ^ AKW-Nachrüstung abhängig von der Laufzeit. In: Der Spiegel, 2012年10月2日. 参照:2012年10月2日.
  102. ^ Gesundheitliche Folgen des Uranbergbaus allgemein und am Beispiel des Konzerns Areva in Niger. IPPNW. 参照:2012年4月7日.
  103. ^ Atommüll-Entsorgung: Endlager-Frage ungeklärt” (ドイツ語). Die Zeit (2010年9月17日). 2013年4月5日閲覧。
  104. ^ Greenpeace (online)
  105. ^ Jeffrey Paine: „Will Nuclear Power Pay for Itself?“, The Social Science Journal, volume 33, number 4, S. 459–473, 1996.
  106. ^ Citibank, 9. November 2009: New Nuclear – The Economics Say No, 参照:2012年3月16日
  107. ^ LesEchos, 13. Oktober 2011: La facture de l'EPR finlandais d'Areva dérape encore
  108. ^ Atomreaktor wird Milliardengrab. EDF legt Hollande strahlendes Kuckucksei ins Nest. In: Handelsblatt, 2012年12月5日. 参照:2012年12月5日
  109. ^ FAZ Wirtschaft, 2010年2月6日: Von wegen Renaissance der Atomkraft, 参照:2012年3月16日
  110. ^ Atommeiler sind viel zu gering versichert. In: Focus, 2011年5月11日. 2012年5月23日
  111. ^ Kommission schätzt Fukushima-Schaden. 50 Milliarden für die Atom-Katastrophe. In: TAZ, 2011年10月14日. 参照:2012年10月5日
  112. ^ Peter Hennicke, Paul J. J. Welfens: Energiewende nach Fukushima: Deutscher Sonderweg oder weltweites Vorbild?, München 2012, 26f.
  113. ^ Pressemitteilung vom 25. Mai 2011[リンク切れ]
  114. ^ Pressemitteilung Germanwatch vom 26. Mai 2011: Warum sich die Energiewende rechnet
  115. ^ Studie widerlegt Billigstrom-Versprechen der Atomriesen auf spiegel.de, 11. Juni 2010
  116. ^ Spiegel Online 17. März 2011: Atomwende in Deutschland: Turbo-Ausstieg würde rund 170 Milliarden Euro kosten
  117. ^ Spiegel Online 19. Juni 2011: Mit Top-Anwälten gegen Merkels Atomkurs
  118. ^ Ökostrom dämpft Börsenstrompreis
  119. ^ PM Atomausstieg und Strompreis, FÖS
  120. ^ Energiewirtschaftliches Datenblatt Mai 2012. BDEW. Abgerufen am 15. Mai 2012.
  121. ^ 「ドイツ:再生エネ普及で電気代高騰、戸惑う国民 野党批判、首相「想定外」と釈明」 『毎日新聞』 2012年12月22日、東京朝刊。
  122. ^ “〈@ベルリン〉ドイツの電気代論争”. 朝日新聞デジタル. (2012年11月19日). オリジナルの2012年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121130123429/http://www.asahi.com/news/intro/TKY201211160581.html?id1=3&id2=cabcbbch 2013年1月4日閲覧。 
  123. ^ Neue Studie. Terroranschlag auf Atomkraftwerk Biblis würde Berlin bedrohen. In: Spiegel Online, 2007年11月26日. 参照:2012年12月30日.
  124. ^ a b 熊谷徹 2012, p. 155
  125. ^ Fraunhofer IWES-Studie - Weniger Platz für Großkraftwerke”. 2016年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月8日閲覧。
  126. ^ Aktuell - BerlinOnline.de
  127. ^ Pressemitteilung: Klimaverträglich, sicher, bezahlbar: 100% erneuerbare Stromversorgung bis 2050[リンク切れ]
  128. ^ Wirtschaftswoche vom 15. August 2010
  129. ^ Bundesnetzagentur wird den Reservebetrieb eines Kernkraftwerks nicht anordnen, Pressemitteilung BNetzAgentur, 31. August 2011
  130. ^ ZEIT-Artikel[リンク切れ]; IWR Stellungnahme
  131. ^ Warum Deutschland Strom aus Österreich braucht. In: Der Spiegel, 5. Januar 2012. Abgerufen am 8. Februar 2012.
  132. ^ BDEW: Richtigstellung der veröffentlichten Zahlen zum Stromaustausch mit dem Ausland, Pressemitteilung vom 12. September 2011
  133. ^ Studie: Atomstrom aus Frankreich? Kurzfristige Abschaltungen deutscher Kernkraftwerke und die Entwicklung des Strom-Austauschs mit dem Ausland
  134. ^ Französischer AKW-Strom importiert
  135. ^ Deutschland exportiert weiterhin Strom. Statistik widerlegt Atomlobby. In: TAZ, 23. Dezember 2011. Abgerufen am 30. Dezember 2011.
  136. ^ Energieverbrauch in Deutschland Daten für das 1.-3. Quartal 2011[リンク切れ] Archived 2014年8月8日, at the Wayback Machine.. Website der AG Energiebilanzen. Abgerufen am 30. Dezember 2011.
  137. ^ Bericht zum Zustand der leitungsgebundenen Energieversorgung im Winter 2011/12[リンク切れ]. Bundesnetzagentur. Abgerufen am 15. September 2012, S. 27.
  138. ^ Energiewirtschaftliches Datenblatt April 2012. BDEW. 参照:2012年5月15日
  139. ^ Zwischenbilanz der Energiewende: Mit halber Atomkraft sicher durch den Winter. In: Tagesschau, 2012年3月6日. 参照:2012年3月6日
  140. ^ Frankreich braucht „Stromhilfe“ aus Deutschland. In: Focus, 2012年2月8日. 参照:2012年2月8日
  141. ^ Energiewende im Praxistest. Atomkraft an die Wand geblasen. In: TAZ, 2012年2月3日. 参照:2012年2月4日
  142. ^ Ökostrom kompensiert AKW-Abschaltung. In: Frankfurter Rundschau, 2012年2月1日. 参照:2012年2月4日
  143. ^ Trotz Akw-Abschaltungen genug Strom durch Wind- und Solarenergie. In: Der Tagesspiegel, 2012年2月4日. 参照:2012年2月4日
  144. ^ Wie sicher ist Deutschlands Stromversorgung?. In: Tagesspiegel, 2012年2月10日. 参照:2012年2月10日
  145. ^ Trotz Atomausstieg. Deutschland exportiert so viel Strom wie nie. In: Der Spiegel, 2012年11月9日. 参照:2012年11月12日.
  146. ^ Deutschland exportiert große Mengen Strom. In: Badische Zeitung, 2012年11月7日. 参照:2012年11月12日.
  147. ^ a b Deutschland exportierte auch 2012 mehr Strom als es importierte” (ドイツ語) (2013年4月3日). 2013年4月5日閲覧。
  148. ^ “Deutschland bleibt Stromexportland” (ドイツ語). Die Welt. (2013年4月2日). http://www.welt.de/newsticker/dpa_nt/infoline_nt/schlaglichter_nt/article114931943/Deutschland-bleibt-Stromexportland.html 2013年4月5日閲覧。 
  149. ^ a b – es sei denn, die EU-Länder ändern diese vereinbarte Regel. Energiepolitik auf dem Holzweg dradio.de, 2010年6月6日
  150. ^ Pressemitteilung Umweltbundesamt
  151. ^ Energieökonomische Analyse aus der Kernenergie in Deutschland bis zum Jahre 2017[リンク切れ]. 参照:2012年2月16日
  152. ^ Germany's nuclear phase-out will cause UK emissions to fall, report says, The Guardian, 2011年6月22日.
  153. ^ Naturally-Occurring Radioactive Materials (NORM)
  154. ^ Schweigen über den strahlenden Abfall”. 2010年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月6日閲覧。
  155. ^ Laufzeitverlängerung: Milliarden für die Atomkonzerne, 2009年9月28日
  156. ^ Stromriesen drohen bis zu 22 Milliarden Euro Verluste
  157. ^ faz.net: Kernkraftbetreiber fordern 15 Milliarden Euro vom Staat . 2012年6月12日
  158. ^ a b c 「電力維新脱原発・上・独の再生エネ消費者圧迫」『読売新聞』2012年11月28日(水)朝刊14版1頁
  159. ^ “Strafzoll für China: Europas Solarbranche kann hoffen” (ドイツ語). Zeit online (Die Zeit). (2012年9月6日). http://www.zeit.de/wirtschaft/2012-09/solarbranche-china-strafzoelle 2013年4月5日閲覧。 
  160. ^ PV Exchange: EU-Richtlinie zu Antidumping-Zöllen führt zu Ansturm auf Module und schwankendem Photovoltaik-Markt” (ドイツ語). Solarserver (2013年3月20日). 2013年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  161. ^ Kommunale Wertschöpfung durch erneuerbare Energie” (ドイツ語). Agentur für Erneuerbare Energien. 2013年4月5日閲覧。
  162. ^ Ökoenergie macht's möglich. Stromfresser herein!. In: TAZ, 2012年9月5日, 2012年10月11日
  163. ^ stern-Umfrage:Die Deutschen halten an Energiewende fest”. Stern (2012年11月8日). 2012年11月28日閲覧。
  164. ^ 山家公雄 (2012年11月22日). “再エネ買い取り制度を見直すドイツ-想定を超えて増える再エネの調整に本腰”. 再生可能エネルギーの真実. 日経ビジネスオンライン. 2012年11月28日閲覧。
  165. ^ a b c Schulz. Matthias (2013-07). “Eco-Blowback: Mutiny in the Land of Wind Turbines” (英語). Spiegelonline (DER SPIEGEL). http://www.spiegel.de/international/germany/wind-energy-encounters-problems-and-resistance-in-germany-a-910816-2.html 2015年4月23日閲覧。. 
  166. ^ “独が2022年の原発停止合意、一方で原発大国・仏からは電力購入も”. モーニングスター. (2011年5月31日). オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121105014038/http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=492337 2012年12月15日閲覧。 
  167. ^ “スウェーデン、脱原発政策を転換 30年ぶり、小差で可決”. 共同通信 (47NEWS). (2010年6月18日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061801000138.html 2012年3月26日閲覧。 [リンク切れ]
  168. ^ a b 中村政雄 2004, pp. 50-56
  169. ^ a b http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/10/2017101001093.html
  170. ^ [3]【社説】国内では脱原発、UAEでは原発礼賛する文大統領
  171. ^ Bundesrat beschliesst Atomausstieg” (ドイツ語). wirtschaft.ch (2011年5月25日). 2011年9月9日閲覧。
  172. ^ “イタリア“脱・脱原発”に転換、仏との協力協定に署名”. 読売新聞. (2009年2月25日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090225-OYT1T00442.htm 2009年2月25日閲覧。 [リンク切れ] [リンク切れ]
  173. ^ “Italy nuclear: Berlusconi accepts referendum blow”. BBC news. (2011年6月14日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-13741105 
  174. ^ [4]高度情報科学技術研究機構
  175. ^ “シンガポール、原発導入見送り リスク大きいと判断”. 朝日新聞デジタル. (2012年10月17日). http://www.asahi.com/international/update/1017/TKY201210160765.html 2012年11月28日閲覧。 [リンク切れ]
  176. ^ “宙に浮く原発計画=http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/erp11033119210005-n1.htm、「アラブの春」機に-住民の反対運動活発化・エジプト”. 時事ドットコム. (2012年7月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201207/2012071800511&g=int 2012年12月4日閲覧。 [リンク切れ] [リンク切れ]
  177. ^ アッ=サイイド・ヒガージィー、西舘康平訳 (2012年9月3日). “エジプト:原発建設計画の継続を発表”. アル=アハラーム (東京外国語大学). http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=27515 2012年12月4日閲覧。 
  178. ^ 電力・エネルギー相、「初の原発計画に影響なし」(エジプト)”. 特集:東日本大震災の国際ビジネスへの影響. ジェトロ (2011年3月22日). 2012年12月4日閲覧。
  179. ^ 中東混迷の勝者ロシア、原発を残す2017年12月22日


「原子力撤廃」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原発ゼロ」の関連用語

原発ゼロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原発ゼロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子力撤廃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS