樹皮 定義

樹皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/23 08:16 UTC 版)

定義

樹皮は、樹木木本植物)の表層にある組織を意味するが、その範囲は定義によって異なる。一般用語としては、樹皮は樹木のの最外層にある死んだ細胞からなる組織を意味することが多い[2][3][4]。ただし生物学的には、樹木の茎(幹や枝)やにおいて、維管束形成層より外側にある部分をまとめて樹皮とよぶ[2][3][4][5][6](下図2a)。木材学分野でも、樹皮は同様な範囲を示す[4]。この広義の樹皮は、内側の靭皮と外側の周皮からなり、若い樹皮ではこれに表皮や皮層、一次師部の残骸を含むことがある[5]。上記の一般的な意味での樹皮は、周皮の外層(コルク組織)のみに相当する。

2a. 木本の模式図: 1. 、2, 3. 二次木部 (材)、4. 維管束形成層、5. 靱皮 (二次師部)、6. 周皮、5 + 6 = 樹皮(広義)
2b. シナノキ属アオイ科)の(3年目)の周縁部横断面: 左下が二次木部であり、その外周に維管束形成層が存在、その外側の三角形で構成された部分は二次師部(靭皮)、その外側が周皮。
2c. ニワトコ属(ガマズミ科)の茎の周皮: 下部の緑色に染色された部分はコルク皮層とコルク形成層、その上はコルク細胞からなるコルク組織であり、最外層のコルク細胞は崩壊している。コルク細胞内の黒色部はタンニン

広義の樹皮は、内側の靭皮(二次師部)と外側の周皮からなる。

靭皮 (じんぴ、bast)[5]
において維管束形成層の外側に形成された師部、つまり二次師部 (secondary phloem) は、靭皮とよばれる[2][5][7](上図2a, b)。二次師部の外側に一次師部が残っている場合、これも靭皮に含める[7]。靭皮やそれに付随する皮層や一次師部で形成された繊維は、靭皮繊維(bast fiber)とよばれる[5]
周皮 (しゅうひ、periderm)[4][5]
維管束形成層の活動によって新たな組織(主に二次木部)が形成され、茎や根の直径が増すことにより、外側にあった表皮や(一次)皮層は押し出されて引き伸ばされ崩壊していく。この際、表皮や皮層にコルク形成層(phellogen, cork cambium)とよばれる新たな側方分裂組織が形成され、内側にコルク皮層(phelloderm, cork cortex)、外側にコルク組織(コルク層、phellem, cork, cork tissue)を形成する[2][4][8][5][9][6](上図2a, b, c)。このコルク形成層とそれに由来する組織を合わせたものが周皮とよばれる[2][4][8][5][9]。コルク形成層も次第に外に押しやられ活動を停止し、その内側に新たなコルク形成層が形成される。このことを繰り返し、やがてコルク形成層は靭皮の部分へ移っていく[4][5]。コルク皮層は、少量の柔組織からなる[4]。一方、コルク組織は規則正しく密接したコルク細胞(cork cell)から構成され、コルク細胞は成熟すると死細胞となり、細胞壁には疎水性物質であるスベリンが沈着している[4][8][5]。樹脂やタンニンのため、コルク組織は褐色を呈することが多い[8]
3. さまざまな樹木の樹皮:(上段左から)シロバナトックリキワタ(アオイ科)、イブキヒノキ科)、チリマツ(ナンヨウスギ科)、(中段)アレッポマツマツ科)、オウシュウトウヒ(マツ科)、フユボダイジュ(アオイ科)、(下段)ヨーロッパナラブナ科)、シナカエデ(ムクロジ科)、セイヨウミザクラバラ科

広義の樹皮のうち、靭皮(二次師部)からコルク形成層までの間の部分は生きた細胞からなるが、それより外側(コルク組織)は死んだ細胞からなる[4][5]。前者は内樹皮(inner bark)または甘皮(あまかわ)、後者は外樹皮(outer bark)または粗皮(あらかわ)とよばれることがある[2][3][注 1]。また外樹皮はリチドーム(rhytidome)ともよばれるが[2][3]、周皮とほぼ同様の範囲をリチドームとよんでいることもある[4]

茎の二次肥大成長に伴い、樹皮は裂けて外側から剥離していく[3][4]。ただしセコイアヒノキ科)やコルクガシブナ科)ではコルク組織が剥離しにくく大量に蓄積し、厚い樹皮を形成する[2]。コルク組織の裂け方や剥がれ方は植物種によって異なり、そのため樹皮の特徴から植物種を同定できることもある[2][3][8][10](図3)。

周皮は、表皮に代わって植物体の表面を保護する機能を担う[4][8][5]。特にコルク組織の細胞はスベリンなどを蓄積し、寄生菌や有害物質の侵入を防ぎ、また植物体からの水の喪失を防ぐ。


注釈

  1. ^ 靭皮を内樹皮、周皮を外樹皮とよんでいる例もある[4]

出典

  1. ^ 日本植物学会 (1990). 文部省 学術用語集 植物学編 (増訂版). 丸善. p. 311. ISBN 978-4621035344 
  2. ^ a b c d e f g h i j 樹皮. コトバンクより2023年6月23日閲覧
  3. ^ a b c d e f 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “樹皮”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 645. ISBN 978-4000803144 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 原襄 (1994). “コルク形成層と周皮”. 植物形態学. 朝倉書店. pp. 139–141. ISBN 978-4254170863 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 清水建美 (2001). “樹皮”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 190–193. ISBN 978-4896944792 
  6. ^ a b L. テイツ, E. ザイガー, I.M. モーラー & A. マーフィー (編) (2017). “二次成長”. 植物生理学・発生学 原著第6版. 講談社. pp. 583–588. ISBN 978-4061538962 
  7. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). 靭皮. コトバンクより2023年4月18日閲覧
  8. ^ a b c d e f g 原襄 (1972). “6.10 周皮”. 基礎生物学選書 3. 植物の形態. 裳華房. pp. 137–140. ISBN 978-4-7853-5103-8 
  9. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). 周皮. コトバンクより2023年6月22日閲覧
  10. ^ a b 池田書店編集部、高橋秀男 (2007). 葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑. 池田書店. pp. 287. ISBN 978-4262136165 
  11. ^ a b c d 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “皮目”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 1163. ISBN 978-4000803144 
  12. ^ 皮目. コトバンクより2023年6月25日閲覧
  13. ^ a b c d "コルク". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月23日閲覧
  14. ^ コルクガシ. コトバンクより2023年6月23日閲覧
  15. ^ 和田勝 (2004年). “第6章 すべての生物は細胞から”. 東京医科歯科大学. 2023年6月23日閲覧。
  16. ^ 井上友樹, 村上拓彦, 光田靖, 宮島淳二, 溝上展也, 吉田茂二郎「ニホンジカによる人工林剥皮害と下層植生との関連性」『日本森林学会誌』第89巻第3号、2007年、208-216頁、doi:10.4005/jjfs.89.208 
  17. ^ a b 野生鳥獣による森林被害”. 林野庁. 2023年6月23日閲覧。
  18. ^ エゾシカの樹皮食害林野庁北海道森林管理局(2017年12月21日閲覧)
  19. ^ 令和 3 年度ノウサギ被害対策検討事業報告書 サイト:林野庁 令和 3 年 12 月
  20. ^ 裕伸, 浅利; 久, 柳川; 元一, 安藤 (2014). “日本産樹上性リス類による森林被害”. 森林野生動物研究会誌 39: 11–16. doi:10.18987/jjwrs.39.0_11. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjwrs/39/0/39_11/_article/-char/ja/. 
  21. ^ ちょっと昔のくらし探検 山で働く”. 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト (2010年). 2022年6月23日閲覧。
  22. ^ 木材保存を観点とする間伐材の土木利用マニュアル”. 奈良県森林技術センター (2011年). 2023年6月23日閲覧。
  23. ^ スギ葉枯らし乾燥”. 徳島県 (1992年). 2023年6月23日閲覧。
  24. ^ 浅野浩之, 金澤好一, 小野里光, 鶴渕恒雄, 綿貫邦男「ヒノキの巻き枯らし間伐実証試験」『群馬県林業試験場 研究報告』第14号、2009年、1-9頁、NAID 220000114953 
  25. ^ 崎尾均, 川西基博, 比嘉基紀, 崎尾萌「特集「外来種と植生管理」 巻き枯らしによるハリエンジュの管理」『日本緑化工学会誌』第40巻第3号、2015年、446-450頁、doi:10.7211/jjsrt.40.446 
  26. ^ 水田泰徳「環状はく皮処理が主幹形モモの生育と果実品質に及ぼす影響」『兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告〔農業編〕』第55号、2007年、5-9頁、NAID 40015454908 
  27. ^ 森口一志「キウイフルーツの生育期の環状はく皮による果実肥大効果,果実品質及び樹体への影響」『愛媛県立果樹試験場研究報告』第15巻、2002年、55-65頁、NAID 220000084486 
  28. ^ 山根崇嘉, 加藤淳子, 柴山勝利「ブドウ‘安芸クイーン’の着色実態および 環状はく皮と着果量の軽減による着色改善」『園芸学研究』第6巻第3号、2007年、441-447頁、doi:10.2503/hrj.6.441 
  29. ^ 長谷川耕二郎「カキ‘西村早生’の雄花と雌花の着生に及ぼす側枝の環状はく皮ならびに結縛の影響」『高知大学学術研究報告』第44巻、1995年、11-18頁、NAID 120001107288 
  30. ^ 四方正義, 星野正生, 新城健, 古沢寿治, クスウィアーエンジャン「環状はく皮処理による亜熱帯系桑古条さし木の時期別露地実験」『日本蚕糸学雑誌』第55巻第2号、日本蚕糸学会、1986年、173-174頁。 
  31. ^ 池田虎三「各都道府県の林業・林産業と遺伝育種の関わり(24)石川県」『森林遺伝育種』第8巻第1号、2019年、63-66頁、doi:10.32135/fgtb.8.1_63 
  32. ^ a b バークチップ”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2023年6月24日閲覧。
  33. ^ バークチップとウッドチップの効果や違いは?使い方や値段は?”. GreenSnap. 2023年6月23日閲覧。
  34. ^ たくさんの利点がある!ウッドチップ・バークチップをガーデニングに使おう。”. LOVEGREEN (2017年12月7日). 2023年6月24日閲覧。
  35. ^ 小林章「日本の造園におけるエクステリアウッド利用の伝統と現在」『木材保存』第26巻第4号、2000年、168-176頁、doi:10.5990/jwpa.26.168 
  36. ^ バーク堆肥とは? 使い方や効果、デメリットなどを紹介します”. 株式会社カインズ (2022年7月5日). 2023年6月24日閲覧。
  37. ^ "檜皮葺き". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月23日閲覧
  38. ^ 大脇潔「〈隠岐・山陰沿岸の民俗〉隠岐・出雲甍紀行 : 杉皮葺きと左桟瓦・石州瓦」『民俗文化』第23号、近畿大学民俗学研究所、2011年6月、1-80頁、CRID 1050001202545583744ISSN 09162461 
  39. ^ 樺細工について”. 仙北市. 2023年6月24日閲覧。
  40. ^ "樺細工". 事典 日本の地域ブランド・名産品. コトバンクより2023年6月24日閲覧
  41. ^ a b "カバノキ". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月28日閲覧
  42. ^ a b 井上治「北東アジアの白樺樹皮文化: 環境・社会・伝統・歴史からの北東アジア学」『北東アジア研究』第22巻、2012年、81-106頁、CRID 1050001201687598208NAID 120005710696 
  43. ^ 王海冬, 宮崎清 & 植田憲「中国オロチョン族における樺皮の活用: 樺皮を活用した生活用具を中心に」『デザイン学研究』第55巻第3号、2008年、45-54頁、doi:10.11247/jssdj.55.45_2 
  44. ^ 松田和信「バーミヤン渓谷から現れた仏教写本の諸相」『調整班研究報告/調整班研究A01「原典」』2000年、32–35頁。 
  45. ^ 書写材料 白樺(樹皮紙 1)”. 地球ことば村・世界言語博物館. 2023年6月28日閲覧。
  46. ^ 森本正和「非木材繊維利用の現状と将来」『紙パ技協誌』第51巻、1997年、895-914頁、doi:10.2524/jtappij.51.895 
  47. ^ 和紙はどんな原料からつくられる?”. 全国手すき和紙連合会. 2023年6月24日閲覧。
  48. ^ アットゥシ. コトバンクより2023年6月24日閲覧
  49. ^ 坂本勇 (2011). “新石器時代に世界へ伝播した樹皮布/樹皮紙”. 民族藝術 27: 190-197. 
  50. ^ 稲葉政満 (2017). “和紙繊維の世界-太布, 紙布, 紙衣”. 繊維学会誌 73 (10): P-380. doi:10.2115/fiber.73.P-380. 
  51. ^ 樹皮布. コトバンクより2023年6月24日閲覧
  52. ^ 福本繁樹:樹皮布「タパ」誇り高く◇南太平洋の島々訪ね記録 氏族伝統の文様まとう◇『日本経済新聞』朝刊2017年12月19日(文化面)
  53. ^ Lappalainen, M. (2014). “Death and disease during the great Finnish famine 1695-1697”. Scandinavian Journal of History 39 (4): 425-447. doi:10.1080/03468755.2014.937740. https://doi.org/10.1080/03468755.2014.937740. 
  54. ^ "シナモン". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月24日閲覧
  55. ^ トーマス・ウィルソン (1997). “カネラ科”. 週刊朝日百科 植物の世界 9. p. 98. ISBN 9784023800106 
  56. ^ 新常用和漢薬集”. 東京生薬協会. 2023年6月21日閲覧。
  57. ^ キナ. コトバンクより2023年6月25日閲覧
  58. ^ 紙屋和宏, 宇水泰三郎, 島村雄三, 橋本茂「キハダ優良品種の増殖と徳島県下におけるキハダ造林に関する調査研究」『徳島県林業総合技術センター研究報告』第38号、徳島県林業総合技術センター、2001年7月、6-13頁、CRID 1050282813650721920ISSN 0386-0310NAID 40004162370 
  59. ^ 自然を染める”. 高崎市. 2023年6月24日閲覧。
  60. ^ "ヤマモモ". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月24日閲覧
  61. ^ a b c 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、221頁。ISBN 978-4-416-61438-9 
  62. ^ "タンニン". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年6月21日閲覧


「樹皮」の続きの解説一覧




樹皮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「樹皮」の関連用語

樹皮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樹皮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樹皮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS