アラビア文字 アラビア文字の概要

アラビア文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 07:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
アラビア文字
類型: アブジャドイラククルド語などでは母音記号を必ず付加するためアルファベット
言語: アラビア語ペルシア語バローチ語ウルドゥー語クルド語パシュトー語シンド語など
時期: 400年頃から
親の文字体系:
Unicode範囲: U+0600-U+06FF(アラビア文字)
U+0750-U+077F(アラビア文字拡張)
U+FB50-U+FDFF(アラビア文字表示形A)
U+FE70-U+FEFF(アラビア文字表示形B)
ISO 15924 コード: Arab
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

概要

文字体系の類型としてはアブジャドに属する。手書きでも活字でも必ず右から左に横書きし、原則として文字と文字を漢字草書ラテン文字筆記体のように続け書きにする。また、基本的に子音を表す文字からなっており、短母音を文字によってあらわさない。ただし、初学者の学習のためや、外来語の表記などの用途のために、補助的にシャクルとよばれる母音を表す記号も用いる。

アラビア語に存在する3種の長母音(ā, ū, ī / アー、ウー、イー)はそれぞれ無音価(ア行)を表すアリフ (alif) 、[w](ワ行)を表すワーウ (wāw) 、[j](ヤ行)を表すヤー (yāʾ) を使って表す。(なお、他言語の固有名詞をアラビア文字で表記するとき、母音は極力長母音を使って表記する傾向がある。こうした転写などの記述法についてはアラビア文字化を参照。)

アラビア語に用いられるアラビア文字はハムザ (ء) を除いて28文字であるが、ペルシア語などアラビア語以外の言語では、アラビア語にない子音(p, ch, zh, gなど)をあらわすため点や棒を付加したりした文字を28文字に付け加えて用いる。

歴史

アラビア文字の起源はアラム文字である。紀元前3世紀から紀元後3世紀頃までに勢力をもったペトラを中心とするアラブ系のナバタイ人が使用したアラム文字の一派、ナバテア文字を直接の起源としている。当時のナバテア文字は、他の地域のアラム文字と同様に文字同士を連結して、続け書きする特徴があった。ナバタイ人の活動範囲はシリア北部からイエメン方面まで広域におよび、4世紀頃からヒジャーズ(紅海東岸)地方を中心に、他のアラブ人にも用いられ始めた。当初ナバタイ人や他のアラブ人たちはこの文字をアラム語でのみ筆記して使用していたが、次第に自らの母語であるアラビア語も表記するようになった。

ただアラビア語はアラム語よりも子音が多く、さらに最初期のアラビア文字はいくつかの文字で本来異なる文字同士が同じ字形で表記されるという致命的な欠点を持っていた。この問題と続け書き表記のゆえに、文字を区別するために点が加えられたり、続け書きをしない文字が決められ、イスラム教の生まれた7世紀にはおおよその形ができあがっていた。ただし、点の使用は当初は非公式なものとされていたらしく、最初期のクルアーンでは点による文字の区別は排除されていた[注釈 1]。後に、クルアーンを正確に読む必要性からクルアーンにも点が採用されるようになり、さらに母音を表す記号も発明された。現在では点は正書法の一部となっているが、母音記号は日常的な文書では原則として用いられない。

イスラム教布教後のアラビア文字はアッラーフ)の発した言葉の記録であるクルアーン(コーラン)や宗教文献の表記に使われたため、イスラム教に改宗した非アラブ民族にも神の教えに近い文字と認識され、ペルシア語をはじめとする多くの言語の表記にも用いられるようになった。

中には近代ヨーロッパ文化の影響を受けて文章語が生まれた時に、あえてアラビア文字による正書法が選ばれた言語もある。

なお、フィリップ・K・ヒッティ教授(レバノン出身)は、「アラビア文字は、世界でラテン文字の次に広く使われている文字である」と『アラブの歴史(上)』(原著1937年発行)の中で述べた。そして、使用言語として、ペルシャ語アフガン語ウルドゥー語トルコ語ベルベル語マレー語をあげた[2]

ヴァイキングの墓から見つかる死装束にアラビア文字が織り込まれていたことを、スウェーデンの研究者が発見した。これらの衣服は100年以上前に見つかったものだが、ヴァイキング時代の典型的な死装束として片付けられ、そのまま保管されていた。[3]

ラーソン氏によると、死装束に織り込まれた細かい幾何学模様は、北欧では見たことがないものだったという。これらはヴァイキングが独自に編み出した模様ではなく、クーフィー体という古い書体のアラビア文字だった。 [3] 研究者は文字を拡大し、裏側からも含め、あらゆる角度から見てみた。頻繁に見つかったのは、イスラムの第4代カリフの名前「アリ」と、アラビア語で神を表す「アラー」という単語だった。[3]


注釈

  1. ^ 同時代の世俗的な碑文等では、点は既に現行のものにかなり近い形で使われている。

出典

  1. ^ Arabic Alphabet”. Encyclopaedia Britannica online. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月16日閲覧。
  2. ^ フィリップ・K・ヒッティ、「アラブの歴史(上)」岩永 博 訳、講談社(学術文庫)、1982年、48頁
  3. ^ a b c 北欧バイキングの死装束にアラビア文字見つかる
  4. ^ クルド語禁止が再燃 -嘆願書28行中、45文字が反政府的
  5. ^ Lorna A. Priest, Martin Hosken (SIL International) (2010年8月12日). “Proposal to add Arabic script characters for African and Asian languages”. 2013年10月17日閲覧。






アラビア文字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラビア文字」の関連用語

アラビア文字のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラビア文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラビア文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS