葡語とは?

葡語

読み方:ポご
別表記:ポ語

ポルトガル語を略した言い方

ポルトガル語

(葡語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 15:36 UTC 版)

ポルトガル語(ポルトガルご、português [puɾtuˈgeʃ / poɾtuˈges], língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルとその他の9の国と地域で公用語として使われている言語である。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。




ポルトガル語の分布
ポルトガル語の話される地域
国または地域 母語話者
話者 人口
(2005年)
アフリカ州
アンゴラ[表1 1][表1 2] 60% 約80% 11,190,786
カーボベルデ[表1 3] 4% 72% 418,224
ギニアビサウ[表1 4][表1 5] 不明 14% 1,416,027
モザンビーク[表1 1] 9% 40% 19,406,703
サントメ・プリンシペ[表1 4][表1 3] 50% 95% 187,410
赤道ギニア[表1 4][表1 3] 50% 95% 523,040
非公式:
ナミビア[表1 4][表1 6] 20% 20% 2,030,692
南アフリカ共和国[表1 6] 2% 2% 44,344,136
アジア州
日本[表1 7] 0 0.21% 127,214,499
東ティモール[表1 4] 不明 15% 1,040,880
中華人民共和国マカオを含む) 2% 3% 1,395,380,000
非公式:
ダマンとディーウ, インド[表1 4] 10% 10% 不明
ゴア, インド 3-5% 5% 不明
ヨーロッパ州
ポルトガル 100% 100% 10,566,212
非公式:
ルクセンブルク[表1 6] 14% 14% 468,571
アンドラ[表1 7] 4-13% 4-13% 70,549
フランス[表1 7] 2% 2% 60,656,178
スイス[表1 7] 2% 2% 7,489,370
アメリカ州
ブラジル 98-99% 100% 194,000,000
非公式:
パラグアイ[表1 7] 7% 7% 6,347,884
バミューダ[表1 7] 4% 4% 65,365
ベネズエラ[表1 7] 1-2% 1-2% 25,375,281
カナダ[表1 7] 1-2% 1-2% 32,805,041
オランダ領アンティル[表1 7] 1% 1% 219,958
アメリカ合衆国[表1 7] 0.5-0.7% 0.5-0.7% 295,900,500
  1. ^ a b 公式統計、モザンビーク - 1997年; アンゴラ - 1983年
  2. ^ ポルトガル語系ピジン言語と簡易ポルトガル語が共通語として他部族とのやり取りに使われている。アンゴラ人の30%はポルトガル語のみを解するモノリンガルである。他の国民もポルトガル語を第二言語とする。
  3. ^ a b c ポルトガル語系クレオール言語の話者数
  4. ^ a b c d e f 政府、カトリック教会による予測
  5. ^ ポルトガル語系クレオール言語話者の大部分
  6. ^ a b c 公的なポルトガル語教育
  7. ^ a b c d e f g h i j 移民の人数から
  1. ^ 「事典世界のことば141」p459 梶茂樹・中島由美・林徹編 大修館書店 2009年4月20日初版第1刷
  2. ^ Cruz-Ferreira (1995:91)
  3. ^ Sobre os Ditongos do Português Europeu. Carvalho, Joana. Faculdade de Letras da Universidade do Porto. ページ 20. 引用: A conclusão será que nos encontramos em presença de dois segmentos fonológicos /kʷ/ e /ɡʷ/, respetivamente, com uma articulação vocálica. Bisol (2005:122), tal como Freitas (1997), afirma que não estamos em presença de um ataque ramificado. Neste caso, a glide, juntamente com a vogal que a sucede, forma um ditongo no nível pós-lexical. Esta conclusão implica um aumento do número de segmentos no inventário segmental fonológico do português.
  4. ^ Bisol (2005:122). 引用: A proposta é que a sequencia consoante velar + glide posterior seja indicada no léxico como uma unidade monofonemática /kʷ/ e /ɡʷ/. O glide que, nete caso, situa-se no ataque não-ramificado, forma com a vogal seguinte um ditongo crescente em nível pós lexical. Ditongos crescentes somente se formam neste nível. Em resumo, a consoante velar e o glide posterior, quando seguidos de a/o, formam uma só unidade fonológica, ou seja, um segmento consonantal com articulação secundária vocálica, em outros termos, um segmento complexo.
  5. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7405985.stm
  6. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2704072 「ポルトガル語圏で「ブラジル式」に表記統一へ、国民は混乱」 AFPBB 2010年03月02日 2015年6月20日閲覧
  7. ^ a b c ブラジルでは「さようなら」の挨拶としては「Tchau.」をよく用いる。「Adeus.」はポルトガルでの「さようなら」の挨拶で、ブラジルでは永遠の別れを意味するので使用は控えたほうがよい。「Passe bem.」、「Fique bem.」は「ごきげんよう」といった挨拶で、ややフォーマル。「Até amanhã.」は直訳すると「明日まで」で、次も会うことが決まっている場合。「また来週」なら「Até semana que vem.」(直訳すると「来たる週まで」)。
  8. ^ Cabo Verdeは本来ポルトガル語 (緑の岬 の意味)だが、スペイン語でも同じCabo Verdeである。スペイン語、ポルトガル語両方ともCaboは"岬"、Verdeは"緑色の"という意味である。



葡語

出典:『Wiktionary』 (2012/11/17 16:04 UTC 版)

名詞

(ぽご)

  1. ポルトガル語葡萄牙)の略称


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葡語」の関連用語

葡語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



葡語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポルトガル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの葡語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS