脳性麻痺者7人制サッカーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > パラリンピック正式競技 > 脳性麻痺者7人制サッカーの意味・解説 

脳性麻痺者7人制サッカー

脳性麻痺者によるサッカー
チーム7名、オフサイドがない、片手でのスローイン認める、グラウンド大きさゴール大きさ11人制サッカーより小さい等、FIFAルール一部修正加えられている。
前後30分、ハーフタイム15分、選手交代は3人まで認められている。  

脳性麻痺7人制サッカー

(脳性麻痺者7人制サッカー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/22 23:32 UTC 版)

脳性まひ者7人制サッカー(のうせいまひしゃしちにんせいサッカー、: Cerebral Palsy Football 7-a-side、通称:CPサッカー)とは、比較的軽度な脳性麻痺選手がプレーできるように考案されたサッカーである。






「脳性麻痺7人制サッカー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脳性麻痺者7人制サッカー」の関連用語

脳性麻痺者7人制サッカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



脳性麻痺者7人制サッカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人日本障害者スポーツ協会財団法人日本障害者スポーツ協会
Copy Rights : 2019 JSAD All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脳性麻痺7人制サッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS