NBA NBA TV

NBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 19:16 UTC 版)

NBA TV

2019年現在、NBAファン向けの有料サービスとして、NBA TVがある。世界各地へインターネットブロードバンド配信で、NBAのレギュラーシーズン、オールスターイベント、プレーオフ、ファイナルのすべてのゲームを配信している。HD画質で、ライブおよびオンデマンドで、パソコン上の視聴が可能である。この有料配信サービスはナローバンド低解像度画像で、数年前に開始され、その後ハイグレード化された。ただし、放送はすべて現地で制作され配信されるため、音声は英語のみであるが、往年の名選手の解説を聞くことも出来る。なお2019年まで日本国内向けにもサービスを展開していたが、2019-20シーズン以降は上述のNBA Rakutenに統合された。

NBA.com/Stats

NBAの公式ウェブサイトの統計ページ。ボールの支配率、クラッチシュート数、ポゼッションあたりのエフィシェンシ―、プレイヤー/チームの比較などの統計情報のほか、NBA ボックス・スコア、シュートチャート、トップラインナップのコンビネーション、歴代NBAプレイヤーの履歴などの情報が掲載されている[10][11]

ドイツの大手ソフトウェア企業SAPと提携し、高速データ処理プラットフォーム「SAP HANA」を利用したことで膨大なデータをリアルタイムで表示できるようになったことに伴い、2013年2月から一般のNBAファンおよび報道関係者を問わず、誰でも無料で利用できるようになった[10][11][12][13]

下部組織相当のリーグ

NBAが直接運営するマイナーリーグはなかったが、近年NBAゲータレード・リーグ(通称Gリーグ)(旧・NBADL)を直轄の下部リーグとして運営している。それ以外の組織は独立リーグセミプロ)と見なされる。

賞・タイトル

個人賞

セレクトチーム

  • オールNBAチーム(ポジションごとにもっとも優秀な選手を選出。ファーストチーム以下、セカンド、サードまで計15人が選ばれる)
  • オールディフェンシブチーム(ポジションごとにもっとも守備の優秀な選手を選出。ファーストチーム以下、セカンドまで計10人が選ばれる)
  • NBAオールルーキーチーム(ポジションに関係なくもっとも優秀な新人選手を選出。ファーストチーム以下、セカンドまで計10人が選ばれる)

スタッツリーダー








NBAと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NBAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NBAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNBA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS