カリーム・アブドゥル・ジャバーとは?

カリーム・アブドゥル=ジャバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 11:20 UTC 版)

カリーム・アブドゥル=ジャバーKareem Abdul-Jabbar1947年4月16日 - ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ)は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。身長218cm。1970年代1980年代の20年にわたりNBAの第一線でプレーし続けた伝説的センタープレイヤー。類まれな能力と技術を持ち、数々の記録や受賞歴に彩られたキャリアを過ごす。史上最高のセンターが誰かを論ずる際にはしばしば挙げられる人物であり、史上最高の選手と言われることもある[1][2][3][4][5]




  1. ^ Kareem Abdul-Jabbar bio”. nba.com. 2013年6月3日閲覧。
  2. ^ Mitchell, Fred (2012年3月23日). “NBA's best all-time player? You be the judge”. Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/2012-03-23/sports/ct-spt-0324-mitchell--20120324_1_kareem-abdul-jabbar-greatest-scorer-lebron-james 2013年6月3日閲覧。 
  3. ^ The Greatest Player in NBA History: Why Kareem Abdul-Jabbal Deserves the Title”. bleacherreport.com. 2013年6月3日閲覧。
  4. ^ The growing pains for seven-footer Kareem Abdul-Jabbar”. The National. 2013年6月3日閲覧。
  5. ^ Julius Erving interview, Grantland. Retrieved April 11, 2014.
  6. ^ Hoiberg, Dale H., ed (2010). “Abdul-Jabbar, Kareem”. Encyclopedia Britannica. I: A-ak Bayes (15th ed.). Chicago, IL: Encyclopedia Britannica Inc.. pp. 20–21. ISBN 978-1-59339-837-8. 
  7. ^ Scavone, Daniel C (2002) [1992]. Dawson, Dawn P. ed. Great Athletes. 1 (Revised ed.). Salem Press. pp. 7–10. ISBN 1-58765-008-8. 
  8. ^ 25 Greatest Players in College Basketball”. ESPN. 2013年6月3日閲覧。
  9. ^ Kareem Abdul-Jabbar”. imbd.com. 2013年6月3日閲覧。
  10. ^ Books by Kareem Abdul-Jabbar”. amazon.com. 2013年6月3日閲覧。
  11. ^ “Kareem Abdul-Jabbar named U.S. global cultural ambassador”. latimes.com. (2012年1月19日). http://latimesblogs.latimes.com/nationnow/2012/01/kareem-abdul-jabbar-named-us-global-ambassador-.html 2013年6月3日閲覧。 


「カリーム・アブドゥル=ジャバー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カリーム・アブドゥル・ジャバー」の関連用語

カリーム・アブドゥル・ジャバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カリーム・アブドゥル・ジャバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリーム・アブドゥル=ジャバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS