NBA NBA独自のルール

NBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 19:16 UTC 版)

NBA独自のルール

国際バスケットボール連盟(FIBA)ルール[3]とは異なる独自のNBAルール[4]があり、その違いからオリンピック、世界選手権などでアメリカが苦戦を強いられる要素にもなっている。ただし、2010年10月から五輪や世界選手権で、2012年10月からは各国で、それぞれFIBAルールが改正され、3ポイントラインが50センチ下がり、ペイントゾーンが長方形になる。これによって国際ルールとNBAルールが近づくことになる。

概要

フロントコート図
3秒ルール拡張仮想レーン
ロワー・ディフェンシブ・ボックス(LDB)図
  • コート規格、公認球規格が異なる。
  • ゴール下のペイントゾーンが長方形である。国際ルールでは台形であったが、これについては国際ルールがNBAと同様の長方形に変化し、過去の独自ルールとなっている。
  • 3ポイント・ラインが国際ルールよりもゴールからの距離が大きい(アーチ部はリング中心から7.24メートル、両コーナー近傍の直線部は6.71メートル)。3ポイントショットを、ショット・フロム・ダウンタウンと呼ぶこともある。
  • ノーチャージ・エリア:ゴール真下の半円より内側ではオフェンスのチャージングが適用されない(国際ルールに適用済み)。相手からチャージングを獲得することに長けたディフェンダーは両足がエリア外についていることを意識してプレーをしている。
  • 3秒ルール区域がペイントゾーンだけでなく、エンドゾーン外へ4フィート延長した仮想レーンでも適用される。3秒ヴァイオレイション回避に、安易にアウトオブバウンズを利用できなくしている。
  • パーソナルファウル6つで退場となる。また、スポーツマンシップに反した暴言や乱闘が起きた場合、テクニカルファウルとなり相手チームに1フリースローとボール保持権が渡る。テクニカルファウル2つで退場となる。明らかに故意によるもの、相手選手に怪我を負わせるような悪質なものはフレグラントファウルと呼ばれ、2フリースローとボール保持権が渡る。一発退場や罰金、出場停止になる場合もある。罰金は2,000ドルを超える場合もあり高額である。
  • ディフェンス3秒ルール:オフェンスプレイヤーにマークマンとしてついていないディフェンダーは、ゴール下のペイントゾーンに3秒以上留まっていてはいけない。相手チームに1フリースロー。ショットクロックは14秒以上は保持されそれ以下は14秒にリセットし、サイドラインからのインバウンド(スローイン)で攻撃再開。
  • 1999年 『Buck to Five Second』Rule(バック トゥー ファイブ セコンズ バイオレーション)(チャールズ・バークリー・ルール) - フリースローライン延長線とエンドラインの間で、バスケットに背を向け、5秒を越えてドリブルキープすることは出来ない。カウントは次の時点で終了する。 1. プレーヤーがボールを保持したとき。2. 指定区域を出たとき。3. ディフェンスプレーヤーによってボールが逸らされたとき。罰則:フリースローライン延長上のサイドラインから、相手チームボールのスローインで再開。
  • タイムアウト[5]
    • 2016-17シーズンまで - フルタイムアウト(90秒)が前後半合計6回20秒タイムアウト(実質60秒)が前後半各1回。オーバータイム時はフルタイムアウトが2回、20秒タイムアウトが1回。オフィシャル(マンダトリ)タイムアウトは2nd、4thクォーター各1回で、残り9分を切って最初にプレーが止まった時点。
    • 2017-18シーズンより - タイムアウト(75秒)が前後半合計7回。第4クオーターには4回まで持ち越せる。第4クオーターでは、残り3分を切って以降と2回目のオフィシャル(マンダトリ)タイムアウト後には、各チーム2回に制限される。オフィシャル(マンダトリ)タイムアウトは各クォーター2回で、残り①7分と②3分を切って最初にプレーが止まった時点。オーバータイム時はタイムアウトが3回。

タイムアウトの申請はヘッドコーチだけでなくプレー中ボールを保持している選手も可能。ショットクロックは保持される。タイムアウトは、ファウルゲームを仕掛けた際に残り試合時間のロスを防ぐなど、終盤になるほど戦術的に重要なものとなる。

  • 着用可能背番号は、00、0、1 - 55(56以上はリーグ申請が必要)
  • 試合時間は、1試合各12分4分割(クォーター)方式、計48分である。クォーター間のインターバルは130秒。2Qと3Qの間に15分間ハーフタイムが入る。10分4クオーターで行われる国際ルールの試合よりも8分長い。1試合あたりの所要時間は、およそ2時間から2時間半に及ぶ。
  • ジャンプボールシチュエーション時、両チーム交互のスローインではなくジャンプボールとなる。
  • 攻撃中に起きたヘルドボール(両チームの選手が同時にボールをつかみ、どちらが保持か判断できない状態)の際は、ショットクロックは14秒以上の場合は保持され、それ未満の場合は14秒にリセットされ、ジャンプボールで再開される。
  • (ハンドチェック改正後)コート上の4つの単線で区画されるロワー・ディフェンシブ・ボックス(LDB)と呼ばれる区域が設定されており、ここでは、ボールを保持しゴールに正対していない(背を向けている、あるいは横を向いている)オフェンスに対して、ディフェンダーは肘を曲げた状態での上腕、あるいは肘を曲げた状態での手、またはそれら両方を触れてのディフェンスが許される。格闘技とも称されるNBA特有の激しいせめぎ合いが見られる。また、ボールを保持しその状態で5秒以上経過するとオフェンスにオーバータイムバイオレイションが課される。両手同時や、肘を伸ばした状態で当たった場合はディフェンスのファウルとなる。
  • インスタント・リプレー:規定の時間帯や必要に応じてビデオ判定が行われる。
  • トランジションテイクファウル:2022-23 NBAシーズン以降、トランジションスコアリング(ターンオーバーからの速攻の得点)の機会で、ポゼッションの変更に続いて、攻撃チームはボールを継続的に前進させるが、プレーの速度、ディフェンダーの位置、またはその両方に基づいてアドバンテージがある。その時点でクリアパスファウルは従来どおり適用されるが、クリアパス以外のファウルを受けた場合、攻撃チームにはフリースローが1回与えられる。これは、ファウルが犯されたときに、ゲーム内の攻撃チームのどのプレーヤーも試みることができる。ワンスローの後、攻撃チームはボールの所有権を保持する。第4クオーターの残り2分以内、及びオーバータームの残り2分以内では適応外で従来どおり運用される[6]

補足

インスタントリプレイで確認するNBAオフィシャル
  • 微妙な判定や、クロックの修正(0.1秒単位での修正がある)に、録画判定(インスタントリプレイと呼ばれる)が使用される場合がある。
  • アリウープパスにおける違い:アリウープとは、パスされたボールを空中で受け取り、そのままダンクやレイアップを決めるプレーのこと。しかし、バスケットボールにおいてはシュートしたボールに対して落下を始めてから手を触れると反則となる。アリウープの場合、直前のパスがシュートと疑われる可能性がある。シュートと判断された場合は反則となる。
  • トラベリングに関して、無意味な場面で必要以上に厳しく取らない傾向があり、初心者などが見ると理解できない場合があるが、攻撃側に少しでも有利となる場面では、非常に厳密に判定されるため、ゲームレベルを損なうことはない。
  • アマチュアの試合では、点差にかかわらず最後まで通常のプレーが行われるが、NBAの場合、点差と残り時間に応じて、勝利チームは最後の攻撃は行わず、フロントコートで、ドリブルキープなどをしてタイムアップを待つことが対戦チームへの敬意を表するために行われる。NBAの場合、各ピリオドで残り1分以内は時間計測が0.1秒単位であるので、逆転の可能性が残っている場合は、残り時間が0になるまで、激しく攻防が繰り返されることは言うまでもない。ただし、1プレーに際して、最低0.3秒はゲームクロックから減らされる。したがってゲームクロックが0.3秒を下回った時点で、ピリオドは終了となる。

ドレスコード

NBAでは、選手が、ゲームウェアー以外で、チームやリーグに関わる場で、相応しい装いをすることを規定している。ショートパンツ、ジャージ、ノースリーブシャツ、Tシャツ、サンダル、冠り物、ヘッドフォン、チェーンやペンダントなどが禁じられている[7]







NBAと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NBAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NBAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNBA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS