紫電改 紫電改の評価

紫電改

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/13 19:02 UTC 版)

川西 N1K2-J 紫電改




  1. ^ 壱「試製紫電改 仮取扱説明書」pp.9
  2. ^ a b 『最強戦闘機紫電改』160頁。笠井智一海軍上飛曹(343空)と岩下邦雄海軍大尉(横須賀航空隊)の対談より。"J"と"J改"は笠井。岩下は"紫電"と"紫電改"。
  3. ^ 『最強戦闘機紫電改』114頁「『紫電改』は何とよばれたか」
  4. ^ a b TAIC Evaluation "George 11" March 1945
  5. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』36頁、碇義朗『最後の戦闘機紫電改』44-45頁
  6. ^ a b c d e f 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』37頁
  7. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』85-86頁「試作計画混乱のしわよせ」
  8. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』37、74頁
  9. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』76頁
  10. ^ a b 『最強戦闘機紫電改』107-108頁。菊原静男(元川西設計課長)「最強戦闘機の生涯」
  11. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』100頁
  12. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』142頁
  13. ^ 『最強戦闘機紫電改』160頁
  14. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』75頁「あまりに拙速だった『紫電』(N1K1-K)」
  15. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』94頁「事故が頻発した『紫電』のテスト」
  16. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』75頁
  17. ^ 『最強戦闘機紫電改』160頁
  18. ^ a b 碇『紫電改の六機』278-279頁「精鋭三四三空」
  19. ^ a b c 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』38頁
  20. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』141頁
  21. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』77頁
  22. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』62頁
  23. ^ a b c 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』63頁
  24. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』216-218頁「紫電偵察隊の活躍」
  25. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』213頁
  26. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』218-220頁「特攻出撃した紫電隊」
  27. ^ 『最強戦闘機紫電改』145頁
  28. ^ a b c 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』64頁
  29. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』157頁
  30. ^ 『最強戦闘機紫電改』161頁。岩下邦雄(341航空隊401飛行隊長)、笠井智一(201空)
  31. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』218頁
  32. ^ a b c d e f 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』40頁
  33. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』78頁
  34. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』田中賀之「自動空戦フラップ操作装置開発の記」81-85頁
  35. ^ a b 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』84頁
  36. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』145-147頁
  37. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』85頁。田中は台湾やフィリピン前線に出張して調査。
  38. ^ 『最強戦闘機紫電改』136-137頁
  39. ^ 『最強戦闘機紫電改』167頁
  40. ^ 『最強戦闘機紫電改』193頁。小池田忠「海軍搭乗員の安全装備」
  41. ^ 丸1月別冊『蘇る海鷲 最強戦闘機「紫電改」』13頁
  42. ^ 『最強戦闘機紫電改』169頁
  43. ^ a b c d 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』41頁
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』42頁
  45. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』42-43頁
  46. ^ 決定版 局地戦闘機 (歴史群像シリーズ 太平洋戦史スペシャル9)ISBN-978-4056063288 内の陣風の項目ページより
  47. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』181頁
  48. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』181-182頁、『最強戦闘機紫電改』166頁
  49. ^ 『最強戦闘機紫電改』168頁
  50. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』217頁
  51. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』216-217頁
  52. ^ 決定版 局地戦闘機 (歴史群像シリーズ 太平洋戦史スペシャル9)ISBN-978-4056063288 紫電改の項目より
  53. ^ 『最強戦闘機紫電改』116頁
  54. ^ 『最強戦闘機紫電改』138頁
  55. ^ 『最強戦闘機紫電改』124頁「『戦闘馬力』と最大速度」
  56. ^ 『最強戦闘機紫電改』117頁。古峯文三「決戦戦闘機『J改』完成への軌跡」
  57. ^ 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』125頁
  58. ^ a b 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』71頁
  59. ^ 『最強戦闘機紫電改』138頁 山本久重「紫電改操縦法」。
  60. ^ 『最強戦闘機紫電改』164頁
  61. ^ 『最強戦闘機紫電改』137頁
  62. ^ a b 『最強戦闘機紫電改』182頁。前野秀俊「戦後デビューした“アイドル”戦闘機」
  63. ^ ヘンリー境田『源田の剣』ネコパブリッシング209-212頁、碇『紫電改の六機』313頁
  64. ^ 源田実『海軍航空隊始末記』 三四三空最後の勇戦 p333、碇『紫電改の六機』312-322頁「散り行く勇者」。
  65. ^ ヘンリー境田『源田の剣』ネコパブリッシング212頁
  66. ^ 『最強戦闘機紫電改』150-154頁。石坂光雄(戦闘403飛行隊分隊長)「不死身の愛機紫電『182号』の奮戦」
  67. ^ 『最強戦闘機紫電改』165頁
  68. ^ 『最強戦闘機紫電改』146頁「『紫電改』と特攻作戦」
  69. ^ 『最強戦闘機紫電改』57頁
  70. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』263頁、田中の証言。但し田中はF4UではなくF6Fとしている。
  71. ^ 海空会『海鷲の航跡』134-135頁
  72. ^ 海空会『海鷲の航跡』134頁
  73. ^ 『最強戦闘機紫電改』164-165頁
  74. ^ 『最強戦闘機紫電改』168頁
  75. ^ 『最強戦闘機紫電改』164頁
  76. ^ 海空会『海鷲の航跡』134頁
  77. ^ 神立尚紀『零戦 最後の証言』光人社NF文庫 55頁
  78. ^ 坂井三郎『坂井三郎空戦記録 下』340頁
  79. ^ 世良光弘『坂井三郎の零戦操縦』170頁
  80. ^ 世良光弘『坂井三郎の零戦操縦』174-177頁
  81. ^ 『最強戦闘機紫電改』108頁
  82. ^ 『最強戦闘機紫電改』110頁。菊原静男、元川西航空機設計課長談。
  83. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』269-270頁
  84. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』80頁
  85. ^ 日本語版=1970年鶴書房刊--湯浅謙三訳・野沢正監修『第2次大戦戦闘機』
  86. ^ 『最強戦闘機紫電改』136-137頁
  87. ^ 『最強戦闘機紫電改』118頁
  88. ^ 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』265頁
  89. ^ http://www.nanreku.jp/book/view.php?id=8 紫電改引き揚げ30周年記念ウエブブック
  90. ^ a b c d 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』30頁
  91. ^ 碇『紫電改の六機』45頁「紫電改浮上」
  92. ^ 碇『紫電改の六機』11頁「真夏の空中戦」
  93. ^ 碇『紫電改の六機』363頁
  94. ^ 碇『紫電改の六機』46、50頁
  95. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』206頁
  96. ^ 碇『紫電改の六機』364頁
  97. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』229頁
  98. ^ 碇『紫電改の六機』53頁
  99. ^ 碇『紫電改の六機』48頁
  100. ^ http://www.navalaviationmuseum.org/attractions/aircraft-exhibits/search-results/?search=kawanishi 国立海軍航空博物館 紫電二一型
  101. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』26頁、『最強戦闘機紫電改』16頁
  102. ^ http://www.nationalmuseum.af.mil/factsheets/factsheet.asp?id=525 アメリカ空軍博物館 紫電 二一型甲
  103. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』26頁
  104. ^ 『最強戦闘機紫電改』10頁
  105. ^ 『最強戦闘機紫電改』10頁
  106. ^ http://airandspace.si.edu/collections/artifact.cfm?object=nasm_A19830237000 国立航空宇宙博物館 紫電 二一型甲
  107. ^ 『世界の傑作機No.124 強風、紫電、紫電改』20頁、『最強戦闘機紫電改』2頁
  108. ^ 渡辺義之(2000) 『局地戦闘機紫電改』、学習研究社 p.182、海軍側のデータを元に
  109. ^ 同上。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

紫電改に関連した本

紫電改に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紫電改」の関連用語

紫電改のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

S-24

F-86

偵察機

パイロン

80式空対艦誘導弾

フォーポイントロール

マスターアームスイッチ

ミグ





紫電改のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紫電改 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS