マスメディアとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > マスメディアの意味・解説 

マス メディア [3] 【mass media】

マス-コミュニケーション媒体となるもの。新聞雑誌・ラジオ・テレビなど。マス-コミ

マス・メディア

【英】mass media

テレビラジオ雑誌新聞など一般大衆対象情報伝え媒体。マス・メディアは、マス・マーケティング支配的時期には販売促進広告のための媒体として告知広告中心に利用されていた。しかし今日では、商品販売直接利用するよりも、企業イメージ創造利用されるケースが多い。メディア多様化分断化現象が起きている。また、フリーダイヤル記載し、問い合わせ注文を受けるダイレクト・レスポンス・メディアとして使用されるケース多くなってきている。

マスメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/19 20:23 UTC 版)

マスメディア(mass media)は、新聞社出版社放送局など特定の発信者から、不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞雑誌ラジオ放送テレビ放送インターネットブログなどのメディア(媒体)である。マスメディアにより実現される情報の伝達(コミュニケーション)が「マスコミュニケーション」である。


  1. ^ 『広辞苑【マスコミ】』
  2. ^ 1日のメディア接触総時間は、約5時間20分…博報堂 DY が発表”. japan.internet.com. インターネットコム (2008年7月8日). 2009年9月23日閲覧。
  3. ^ 2008年日本の広告費”. 出版・研究データ. 電通. 2009年9月23日閲覧。
  4. ^ 『新聞学』 291頁。(主要放送局については各社決算報告を参照)。
  5. ^ 海形マサシ (2009年9月23日). “ネットメディアはどうやったら生き残れるか”. JanJanオムニバス (JANJAN). http://www.news.janjan.jp/media/0909/0909210573/1.php 2009年9月23日閲覧。 
  6. ^ 藤代裕之 (2008年7月11日). “大量販売モデルにこだわるニュースメディアの落とし穴”. ガ島流ネット社会学 (日本経済新聞). http://it.nikkei.co.jp/internet/column/gatoh.aspx?n=MMIT11000011072008 2008年12月30日閲覧。 
  7. ^ 藤代裕之 (2008年12月26日). “異例の引き抜き人事にみる大新聞の危機感”. ガ島流ネット社会学 (日本経済新聞). http://it.nikkei.co.jp/internet/column/gatoh.aspx?n=MMIT11000025122008 2008年12月30日閲覧。 


「マスメディア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マスメディアに関連した本

マスメディアに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マスメディア」の関連用語

マスメディアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




マスメディアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマスメディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS