疼痛 疼痛の概要

疼痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 06:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
疼痛
脚の痛みを訴えるサッカー選手
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
神経学
ICD-10 R52
ICD-9-CM 338
DiseasesDB 9503
MedlinePlus 002164
MeSH D010146

一般的な頭痛のような、痛みには非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)など依存性の少ない鎮痛薬が使われる。これはアスピリンアセトアミノフェンイブプロフェンといったものである。癌性疼痛は、悪性腫瘍の痛みの管理を指し、この痛みを管理するためにはオピオイドのような麻薬性鎮痛薬も使われる。

疼痛はほとんどの先進国において、医師受診の最上位理由である[1][2]。疼痛は多くの病状において重大な症状であり、人のクオリティ・オブ・ライフおよび一般的機能を妨げうる[3]。20-70%のケースでは、単に鎮痛薬を用いることが有用である[4]社会的支援、催眠、興奮、気晴らしなどの心理的要因は、痛みの強度や不快感に重大な影響を及ぼしうる[5][6]安楽死の議論において一部の論者は、痛みは終末期の人々の生活を終わらせることを許しえる理由だと主張している[7]

定義

1979年に国際疼痛学会 (International associations for Study of Pain) は、痛み(疼痛)を次のように定義している。

実際に何らかの組織損傷が起こったとき、または組織損傷を起こす可能性があるとき、あるいはそのような損傷の際に表現される、不快な感覚や不快な情動体験。

An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

組織の実質的な刺激は、物理的刺激、あるいはセロトニンブラジキニンなどの疼痛物質による化学的な刺激であり、これを疼痛神経終末端が感知し、電気的なシグナルに変換し温痛覚求心経路である外側脊髄視床路を通過し、大脳の中心後回が痛みとして認識した結果が疼痛となる。

痛みを伝える末梢神経には「Aδ繊維」と「C繊維」の2つの神経繊維が知られている。例えば腕を叩いた時、始めの痛みはAδ繊維の伝導により、局在が明確な鋭い痛み(一次痛)が伝わる。その後、C繊維の伝導により、局在が不明確なじんじんとした痛み(二次痛)を感じる。これはAδ繊維の方がC繊維より伝導速度が速いためである。この現象から「痛みは二度感じる」と言われることがある。この遅い痛みであるC繊維を軽度かつ持続的刺激を行うと痒みが生じることが知られており、そのため、生理学的には痛みと痒みは同じ感覚とされたが、痒みは頭頂葉内側部の楔前部による独自のメカニズムで覚えられる[8]

一方、定義からも分かるように、組織の実質的な損傷によるものでなくても、大脳が同様の不快な感覚上同体験をしたものであれば疼痛とされ、慢性的な痛みにおいては実質的な痛み以上に重要となる。

分類

痛みは4-6週間以内持続する「急性疼痛」、と4-6週間以上持続する「慢性疼痛」に分類される。

痛みという感覚が何故存在するのか。その生理的な説明に多くの生理学者は悩み続けてきた。現在は痛みは危険を知らせるシグナルとして有用と考えられている(無痛無汗症の患者が痛みを感じないがために無理な姿勢や外的接触による骨折、皮膚の深い損傷、皮膚の化膿、関節障害、骨髄炎など通常では考えられない怪我を頻繁に繰り返し、怪我や骨折はもちろん虫垂炎、腹膜炎などの内臓の病気も見逃される等生活するにあたって様々な不都合がある事からも窺える)。しかしこれは急性疼痛のみで有効な考え方であり、慢性疼痛では痛みの原因と考えられる危険が全く存在しないことも多々あり、痛みがそれ自身で疾患として振舞うことがあり痛みを感じなくすることが治療となることもある。こういったことは緩和医療の分野で詳しく研究されている。

急性疼痛は体性痛、内臓痛、関連痛の3つに分類されている。以降に体性痛と内臓痛の違いを記述する。

  体性痛 内臓痛
性質 鋭い 鈍い
局在 高い 低い
神経線維 Aδ繊維 C繊維
神経経路 新脊髄視床路 旧脊髄視床路
修飾 なし あり

要するに、痛む部位を尋ねて、はっきりとここが痛いと言うことができ、腹部所見がそれを証明できれば体性痛ということとなる。痛む部位がはっきりせず、また痛む部位をさすったり(Aβ繊維刺激)、ほかのことを考えること(心理的刺激)で軽快をしたりする修飾効果があれば内臓痛と考えればよい。

関連痛は実際に障害されている部位と異なる部位の表面が痛くなるような現象である。性状としては内臓痛に近く局在は明確でないことが多い。心筋梗塞で肩に起こる関連痛が有名である。この場合は肩自体の痛みと区別する方法は運動痛の有無と可動域制限の有無を調べればよい。本当に肩が障害されていれば、肩を動かせば痛みは変化するし、肩関節が障害され関節可動域は狭くなるはずである。

整形外科の領域で注意すべき関連痛
肩:心筋梗塞狭心症大動脈解離、大動脈破裂、胆嚢炎、横隔膜膿瘍
耳鼻科の領域で注意すべき関連痛
咽頭心筋梗塞狭心症

疼痛評価法として臨床的に最も用いられる指標にフェイススケール (Visual analogue scale) がある。

末梢神経においての分類

分類1

分類 髄鞘 平均直径(μm) 平均伝導速度(m/s) 役割
15 100 位置覚、運動線維
8 50 触覚、圧覚
8 20 位置覚
3 15 温痛覚
B 3 7 自律神経
C 0.5 1 交感神経、温痛覚

分類2

※感覚繊維に限る。

分類 髄鞘 平均直径(μm) 平均伝導速度(m/s) 感覚
Ia 15 100 位置覚
Ib 15 100 位置覚
II 9 50 位置覚、触覚、圧覚
III 3 20 温痛覚
IV 0.5 1 温痛覚

  1. ^ Debono, DJ; Hoeksema, LJ; Hobbs, RD (August 2013). “Caring for Patients with Chronic Pain: Pearls and Pitfalls”. Journal of the American Osteopathic Association 113 (8): 620–627. doi:10.7556/jaoa.2013.023. PMID 23918913. 
  2. ^ Turk, DC; Dworkin, RH (2004). “What should be the core outcomes in chronic pain clinical trials?”. Arthritis Research & Therapy 6 (4): 151–4. doi:10.1186/ar1196. PMC: 464897. PMID 15225358. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC464897/. 
  3. ^ Breivik, H; Borchgrevink, PC; Allen, SM; Rosseland, LA; Romundstad, L; Hals, EK; Kvarstein, G; Stubhaug, A (July 2008). “Assessment of pain”. Br J Anaesth 101 (1): 17–24. doi:10.1093/bja/aen103. PMID 18487245. 
  4. ^ Moore, RA; Wiffen, PJ; Derry, S; Maguire, T; Roy, YM; Tyrrell, L (4 November 2015). “Non-prescription (OTC) oral analgesics for acute pain - an overview of Cochrane reviews.”. The Cochrane database of systematic reviews 11: CD010794. doi:10.1002/14651858.CD010794.pub2. PMID 26544675. 
  5. ^ Eisenberger, NI; Lieberman, M (2005). “Why it hurts to be left out: The neurocognitive overlap between physical and social pain”. In Williams, KD. The Social Outcast: Ostracism, Social Exclusion, Rejection, & Bullying (Sydney Symposium of Social Psychology). East Sussex: Psychology Press. pp. 210. ISBN 1-84169-424-X. http://webscript.princeton.edu/psych/psychology/related/socneuconf/pdf/eisenberger-lieberman2.pdf. 
  6. ^ Melzack, R; Casey, KL. “Sensory, motivational and central control determinants of chronic pain: A new conceptual model”. In Kenshalo, DR. The skin senses: Proceedings of the first International Symposium on the Skin Senses, held at the Florida State University in Tallahassee, Florida. pp. 432. 
  7. ^ Weyers, H (September 2006). “Explaining the emergence of euthanasia law in the Netherlands: how the sociology of law can help the sociology of bioethics.”. Sociology of health & illness 28 (6): 802–16. doi:10.1111/j.1467-9566.2006.00543.x. PMID 17184419. 
  8. ^ 自然科学研究機構生理学研究所の柿木隆介教授らの実験
  9. ^ (編集)日本緩和医療学会、緩和医療ガイドライン作成委員会「薬理学的知識」『がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン』(pdf)金原出版、2010年6月20日、2014年版。ISBN 978-4-307-10165-3
  10. ^ 日本皮膚科学会、井上雄二、金子栄、加納宏行ほか「創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1:創傷一般ガイドライン」『日本皮膚科学会雑誌』第127巻第8号、2017年、 1659-1687頁、 doi:10.14924/dermatol.127.1659NAID 130005815329
  11. ^ Katz, J. A.; Swerdloff, M. A.; Brass, S. D.; Argoff, C. E.; Markman, J.; Backonja, M.; Katz, N.; Franklin, G. M. (2015). “Opioids for chronic noncancer pain: A position paper of the American Academy of Neurology”. Neurology 84 (14): 1503–1505. doi:10.1212/WNL.0000000000001485. ISSN 0028-3878. 
  12. ^ Kristina Fiore (2014年9月30日). “AAN Warns Against Opioids in Chronic Noncancer Pain”. MedPage Today. http://www.medpagetoday.com/PainManagement/PainManagement/47871 2015年5月15日閲覧。 
  13. ^ Megan Brooks (2018年6月15日). “First Ketamine Guidelines for Pain Released”. WebMD. 2018年6月15日閲覧。
  14. ^ Henry Goldman (2018年7月14日). “New York Health Officials See Marijuana as an Alternative to Opioids”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-07-13/n-y-health-officials-see-marijuana-as-an-alternative-to-opioids 2018年6月10日閲覧。 
  15. ^ Zhu C, Xu Y, Duan Y, et al. (November 2017). “Exogenous melatonin in the treatment of pain: a systematic review and meta-analysis”. Oncotarget (59): 100582–100592. doi:10.18632/oncotarget.21504. PMC: 5725045. PMID 29246003. http://www.oncotarget.com/index.php?journal=oncotarget&page=article&op=view&path%5B%5D=21504&path%5B%5D=68333. 
  16. ^ a b 世界保健機関 (2018-06) (pdf). Pre-review: Cannabis plant and resin: Section 4: Therapeutic Use (Report). World Health Organization. http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd_40_meeting/en/ 2018年6月10日閲覧。. , Fortieth meeting of the Expert Committee on Drug Dependence.
  17. ^ Lakhan SE, Sheafer H, Tepper D (2016). “The Effectiveness of Aromatherapy in Reducing Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Pain Res Treat: 8158693. doi:10.1155/2016/8158693. PMC: 5192342. PMID 28070420. https://doi.org/10.1155/2016/8158693. 
  18. ^ Dimitriou V, Mavridou P, Manataki A, Damigos D (December 2017). “The Use of Aromatherapy for Postoperative Pain Management: A Systematic Review of Randomized Controlled Trials”. J. Perianesth. Nurs. (6): 530–541. doi:10.1016/j.jopan.2016.12.003. PMID 29157760. 
  19. ^ Chen TH, Tung TH, Chen PS, et al. (2016). “The Clinical Effects of Aromatherapy Massage on Reducing Pain for the Cancer Patients: Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials”. Evid Based Complement Alternat Med: 9147974. doi:10.1155/2016/9147974. PMC: 4738948. PMID 26884799. https://doi.org/10.1155/2016/9147974. 
  20. ^ Eisenberger, NI; Lieberman (2005). "Why it hurts to be left out: The neurocognitive overlap between physical and social pain" Archived 29 February 2012 at the Wayback Machine. In Williams, KD; Forgas, JP; von Hippel, W. The social outcast: Ostracism, social exclusion, rejection, and bullying. New York: Cambridge University Press. pp. 109–127. ISBN 1-84169-424-X.
  21. ^ Melzack, R; Wall, PD (1996). The challenge of pain (2 ed.). London: Penguin. pp. 26–28. ISBN 978-0-14-025670-3
  22. ^ Vlaeyen, JW; Morley, S (2005). Cognitive-behavioral treatments for chronic pain: what works for whom?. 21. pp. 1–8. doi:10.1097/00002508-200501000-00001. PMID 15599126. 
  23. ^ Ost, LG (October 2014). “The efficacy of Acceptance and Commitment Therapy: an updated systematic review and meta-analysis.”. Behaviour research and therapy 61: 105–21. doi:10.1016/j.brat.2014.07.018. PMID 25193001. 
  24. ^ Cordell, WH; Keene, KK; Giles, BK; Jones, JB; Jones, JH; Brizendine, EJ (2002). “The high prevalence of pain in emergency medical care”. American Journal of Emergency Medicine 20 (3): 165–9. doi:10.1053/ajem.2002.32643. PMID 11992334. 
  25. ^ Hasselström, J; Liu-Palmgren, J; Rasjö-Wrååk, G (2002). “Prevalence of pain in general practice”. Eur J Pain 6 (5): 375–85. doi:10.1016/S1090-3801(02)00025-3. PMID 12160512. 
  26. ^ Abu-Saad Huijer, H (2010). “Chronic pain: a review”. J Med Liban 58 (1): 21–7. PMID 20358856. 
  27. ^ Smith, AK; Cenzer, IS; Knight, SJ; Puntillo, KA; Widera, E; Williams, BA; Boscardin, WJ; Covinsky, KE (November 2010). “The epidemiology of pain during the last 2 years of life”. Annals of Internal Medicine 153 (9): 563–9. doi:10.7326/0003-4819-153-9-201011020-00005. PMC: 3150170. PMID 21041575. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3150170/. 





疼痛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疼痛」の関連用語

疼痛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



疼痛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疼痛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS