桜木みなと 桜木みなとの概要

桜木みなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 20:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

神奈川県横浜市[1][2]神奈川総合高等学校出身[1][2]。身長170cm[1][2][4]。愛称は「ずん」[1][2][4]

来歴

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[6][2][4][5]。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[1][4]。その後、宙組に配属[6][2][4]

2014年、凰稀かなめ退団公演となる「白夜の誓い」で、新人公演初主演[6][2][4][7]

2015年、朝夏まなと実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、2度目の新人公演主演[8]。続く「相続人の肖像」でバウホール公演初主演[6][2][4][7]

2017年の「パーシャルタイムトラベル」で、2度目のバウホール公演主演[6][4]

2020年、「壮麗帝」(ドラマシティ公演)で主演[5][9]。当初は自身初の東上主演作となる予定だったが[2][4][7]新型コロナウイルス感染拡大防止による公演休止・延期を経て、ドラマシティのみでの振替公演となった[9][5]

人物

芸名は、地元・横浜の「桜木町」と「みなとみらい」に由来する[4]

主な舞台

初舞台

宙組時代

出演イベント

  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』(コーラス)
  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』
  • 2014年8 - 9月、凰稀かなめディナーショー『Metamorphose-メタモルフォーゼ-』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!』
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』



「桜木みなと」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桜木みなと」の関連用語

桜木みなとのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桜木みなとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桜木みなと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS