カルスト地形 地下地形(石灰洞;鍾乳洞)

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 地形 > カルスト地形の解説 > 地下地形(石灰洞;鍾乳洞) 

カルスト地形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 01:50 UTC 版)

カルスト地形(カルストちけい、ドイツ語: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水地表水土壌水地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象である。


  1. ^ Slovene Classical Karst - Kras -, pp.11-14;ZRC SAZU, Ljubljana, 1997
  2. ^ 秋吉台の自然観察, p.88;秋吉台科学博物館, 1984
  3. ^ a b c 地形学事典;二宮書店, 1981
  4. ^ a b 日本の典型地形について 3.地質を反映した地形 国土地理院
  5. ^ 「石灰岩柱」は、洞窟内において溶食から溶け残った残柱状の壁(柱石)、あるいは鍾乳石と石筍が繋がった柱状の洞窟生成物を指す用語としても用いられる。
  6. ^ 秋吉台学術調査報告書;山口県教育委員会, 1957
  7. ^ Karst Geomorphology by J.N.Jennings, 1985. Blackwell.
  8. ^ 洞窟学雑誌, 30巻, 2005. 日本洞窟学会
  9. ^ 大分地質学会誌特別号, no.5, 1999
  10. ^ 日本の天然記念物, 1995. 講談社
  11. ^ 3次元海底地形図が完成 名蔵湾の沈水カルスト 八重山毎日新聞、2014年8月28日
  12. ^ 日本の地形6 近畿・中国・四国, 2004. 東京大学出版会.
  13. ^ 洞窟研究, no.4, 1971. 山口ケイビングクラブ
  14. ^ 富士宮市立郷土資料館調査報告書, no.2, 1991. 裾野市教育委員会
  15. ^ 裾野市文化財調査報告, no.5, 1992. 裾野市教育委員会
  16. ^ 北九州市文化財調査報告書, no.67, 1995, 北九州市教育委員会
  17. ^ 地学研究, vol.13, no.10, 1963. 日本地学研究会
  18. ^ 鎌田泰彦教授論文選集, pp.299-307. 1991. 鎌田泰彦教授退官記念事業会
  19. ^ 鹿児島県立博物館研究報告, no.12. 1993
  20. ^ 新版地学辞典Ⅲ, p.314;古今書院, 1973
  21. ^ 新版地学事典, p.686;平凡社, 1996
  22. ^ カルスト-その環境と人びとのかかわり-;大明堂, 1996
  23. ^ 秋吉台の鍾乳洞-石灰洞の科学-, 1980. 河野通弘教授退官記念事業会


「カルスト地形」の続きの解説一覧




カルスト地形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カルスト地形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カルスト地形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルスト地形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS