著作権 著作権の概要

著作権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 22:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

このうち著作者の権利は、著作物を活用して収益や名声などを得ることができる財産的権利(著作財産権)と、著作物の内容と著作者を紐づけることで、著作者の人間性を正確に表現する人格的権利(著作者人格権)に分類される[3][4]。狭義に解する場合、著作権はとりわけ著作財産権と同義とされる[5]。反対に、最も広義に解する場合、実演家、レコード製作者、放送事業者など著作物を伝達する者に付与される権利(著作隣接権[6]も、著作権の概念に含めることがある[5]

知的財産権には著作権のほか、特許権商標権などの産業財産権があるが[7][8]、保護の対象や権利の強さが違う。産業財産権は産業の発達を目的とする技術的思想(アイデア)を保護の対象とし、権利者に強い独占性を与える性質のため、所管官庁による厳しい審査を経て登録されなければ権利が発生しない[註釈 1]。一方の著作権は、創造的な文化の発展を目的とする表現を保護の対象としていることから、産業財産権と比べて独占性は低く、日本を含む多くの国・地域では登録しなくても創作した時点で権利が発生する[7][8][註釈 2]

著作物の定義・範囲、著作物の保護期間、著作物の管理手続や著作侵害の罰則規定などは、時代や国・地域によって異なるものの、国際条約を通じて著作権の基本的な考え方は共通化する方向にある。しかし、著作物のデジタル化やインターネットの社会普及に伴い、著作権侵害フェアユース(無断利用が著作権侵害にあたらないケース)をめぐる事案が複雑化している時代趨勢もある。




註釈

  1. ^ これを審査登録主義と呼ぶ。
  2. ^ 著作権が指す「創作性」とは、高度な芸術性や独創性を要求するものではなく、たとえ幼児が書いた稚拙な絵であっても、それぞれの個性が発揮されていれば著作物として保護される[9]
  3. ^ 著作権表示
  4. ^ もっとも、この時代は著作権の対象は書籍だけで、音楽などは対象外であり、モーツァルトも盛んに盗作【既存の音楽の再利用、改変】を行っていた。
  5. ^ 電子計算機を用いてその映像面に文書又は図画として表示されるようにする方式
  6. ^ 例として、出版社と専属出版契約の締結をした場合、著作権者(複製権者)はその契約に反して自ら出版、または他の出版社から出版させる事はできない。
  7. ^ なお、いわゆる平成26年改正法による電子出版権の新設に関して「出版社の著作隣接権」として取り沙汰されているが、著作権の法構造上、電子出版権を含む出版権は著作権たる複製権の一形態であるため、少なくとも改正法新設の電子出版権に関しては著作隣接権は何ら関係がない(例えば放送事業者の隣接権を例に取れば、訴訟等原告資格を得るのは自らの放送番組に対してだけであるし、いっぽうで出版権には第2章第8節のような裁定利用制度は規定されていない)。
  8. ^ 電子計算機を用いてその映像面に文書又は図画として表示されるようにする方式

出典

  1. ^ 福井健策 2020, p. 9.
  2. ^ 福井健策 2020, p. 20-21.
  3. ^ 著作権なるほど質問箱 - 著作者の権利”. 文化庁. 2019年2月2日閲覧。
  4. ^ a b 山本桂一 1973, p. 10.
  5. ^ a b c d e f g h i 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 14.
  6. ^ 著作権なるほど質問箱 - 関連用語「た行」”. 文化庁. 2019年2月2日閲覧。
  7. ^ a b 文化庁『著作権法入門 (2018-2019)』著作権情報センター、2018年、2頁。
  8. ^ a b 特許権と著作権の違いは?”. 経済産業省北海道経済産業局. 2018年12月1日閲覧。
  9. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 幼児の書いた絵は著作物ですか。”. 文化庁. 2019年2月2日閲覧。
  10. ^ a b 半田 2018, p. 「著作者の権利」.
  11. ^ 比良友佳理 2017, p. 30.
  12. ^ 山本桂一 1973, p. 9.
  13. ^ 日本写真協会著作権委員会 2012, p. 39.
  14. ^ a b c 山本桂一 1973, p. 13.
  15. ^ a b c 山本桂一 1973, p. 14.
  16. ^ a b 土肥一史 2003, p. 244.
  17. ^ 土肥一史 2003, p. 241.
  18. ^ 山本桂一 1973, p. 16.
  19. ^ 著作隣接権 - 文化庁
  20. ^ a b c d 安藤和宏 2018, p. 169.
  21. ^ a b 『著作権とは何か』 113頁。
  22. ^ 『知識の社会史―知と情報はいかにして商品化したか』ピーターバーグ著 2004年 新曜社 p230
  23. ^ 宮澤溥明 2017, p. 10.
  24. ^ 土肥一史 2003, p. 231.
  25. ^ 土肥一史 2003, p. 234.
  26. ^ 『著作権とは何か』 111-112頁。
  27. ^ 『著作権とは何か』 112-118・199-207頁。
  28. ^ 『著作権とは何か』 127-129頁。
  29. ^ 『著作権とは何か』 131-132頁。
  30. ^ 『著作権とは何か』 133-134頁。
  31. ^ 『著作権とは何か』 194-199頁。
  32. ^ 『著作権とは何か』 137-138頁。
  33. ^ 山本桂一 1973, p. 32.
  34. ^ a b 土肥一史 2003, p. 232.
  35. ^ a b 土肥一史 2003, p. 233.
  36. ^ 山本桂一 1973, p. 33.
  37. ^ 田中一実 (2002年4月17日). “ネット掲示板書き込みにも著作権!)!)東京地裁が初判断”. 日経クロステック (日経BP) 2021年2月10日閲覧。
  38. ^ 大学入試の「過去問」 自分のサイトに無断で掲載したら「著作権侵害」になる?弁護士ドットコム 2013年12月5日 2019年2月28日閲覧
  39. ^ 大阪地方裁判所判決 平成16年11月4日 、平成15(ワ)6252
  40. ^ 大阪高等裁判所判決 平成17年4月28日 、平成16(ネ)3684
  41. ^ “著作権なるほど質問箱”.pf.bunka.go.jp
  42. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 著作権なるほど質問箱 人気アニメのキャラクターは著作物ですか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  43. ^ a b c 著作権テキスト ~初めて学ぶ人のために~”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  44. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 自動車メーカーが売り出しているファミリーカーのデザインは著作物ですか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  45. ^ 著作権法の基本的な枠組みについて(オープンデータ関連) 文化庁 2013年1月24日
  46. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 小説や音楽などの題名は著作権で保護されますか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  47. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 著作権なるほど質問箱 図書館で、書籍の題名、著作者名、出版者名、発行年等の書誌情報をデータベース化し、パソコンコーナーで検索できるようにしようと考えていますが、問題がありますか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  48. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 著作権なるほど質問箱 流行語大賞を獲得した言葉や造語は著作物ですか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  49. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 独創的な商品名は著作物ですか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  50. ^ a b c 安藤和宏 2018, p. 171.
  51. ^ a b c d 安藤和宏 2018, p. 170.
  52. ^ 日本写真協会著作権委員会 2012, p. 40.
  53. ^ a b c 安藤和宏 2018, p. 173.
  54. ^ 2011年12月8日 MSN産経ニュース 北朝鮮の作品に著作権保護義務なし 最高裁判決
  55. ^ 最高裁判所第一小法廷判決 2011年12月08日 、平成21(受)602、『著作権侵害差止等請求事件』。
  56. ^ a b c d e f 安藤和宏 2018, p. 172.
  57. ^ a b 安藤和宏 2018, p. 174.
  58. ^ WIPO-Administered Treaties WIPO Bodies > Assembly (Berne Union)
  59. ^  大阪高等裁判所判決 2007年10月02日 、平成19(ネ)713、『著作権に基づく差止請求権不存在確認請求控訴事件,同附帯控訴事件』。
  60. ^ 『著作権とは何か』 51頁。
  61. ^ a b c 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 300.
  62. ^ 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 300-301.
  63. ^ 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 301.
  64. ^ 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 302.
  65. ^ a b 半田正夫 & 紋谷暢男 1989, p. 308.
  66. ^ a b c 山本桂一 1973, p. 22.
  67. ^ 土肥一史 2003, p. 228.
  68. ^ 土肥一史 2003, p. 275.
  69. ^ 土肥一史 2003, p. 229.
  70. ^ 半田、松田 2015a, p. 798.
  71. ^ 日本の著作権法に独特の規定。
  72. ^ 著作権なるほど質問箱 - 文化庁
  73. ^ 米最高裁がGoogleの訴えを却下、OracleとのJava著作権訴訟で - ITPro・2015年6月30日
  74. ^ 半田、松田 2015a, p. 704.
  75. ^ a b c 半田、松田 2015a, p. 705.
  76. ^ 北朝鮮の作品に著作権保護義務なし 最高裁判決MSN産経ニュース、2011年12月8日
  77. ^ a b 『著作権とは何か』 123頁。
  78. ^ 著作物が自由に使える場合は? - 著作権情報センター
  79. ^ 「一切の複製を禁じます」という著作権契約は有効か?:「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」について - 栗原潔のIT弁理士日記・2014年9月4日
  80. ^ 「いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料)」 - 文化庁
  81. ^ 土肥一史 2003, p. 256.
  82. ^ 『著作権とは何か』 123・176-177頁。
  83. ^ 平成14年04月25日最高裁判所第一小法廷判決、民集第56巻4号808頁
  84. ^ 土肥一史 2003, pp. 257-258.
  85. ^ 土肥一史 2003, p. 257.
  86. ^ 著作権なるほど質問箱 - Q 公園に設置されている彫刻は、屋外の場所に恒常的に置いてある美術の著作物として、大幅な自由利用が認められていると考えていいのですか。”. 文化庁. 2019年4月15日閲覧。
  87. ^ 最高裁昭和59年1月20日第2小法廷・別冊ジュリスト著作権判例百選第3版No.157 4頁
  88. ^ a b c 森公任、森元みのり『著作権・コンテンツビジネスの法律とトラブル解決マニュアル』2018年、98頁
  89. ^ 森公任、森元みのり『著作権・コンテンツビジネスの法律とトラブル解決マニュアル』2018年、98-99頁
  90. ^ a b 森公任、森元みのり『著作権・コンテンツビジネスの法律とトラブル解決マニュアル』2018年、98頁
  91. ^ https://www.jpaa.or.jp/old/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200910/jpaapatent200910_075-079.pdf
  92. ^ 書籍スキャン代行業者を提訴=著名作家7人が差し止め請求-東京地裁
  93. ^ 自公、出版業界と懇談 「自炊」代行業者提訴などで






著作権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「著作権」の関連用語

著作権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著作権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS