美術の著作物とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 著作権関連用語 > 美術の著作物の意味・解説 

美術の著作物

絵画版画彫刻、書、漫画劇画などを総じて美術の著作物といい、著作権法では、著作物の例示一つに挙げられています(第10条第1項)。なお、著作権法では、美術の著作物は、美術工芸品を含むものとすると定義しています(第2条第2項)。これは、美的作品は、絵画彫刻等の鑑賞用の作品純粋美術)と、染色図案工業デザイン等の実用品又はそのひな形応用美術)に分けられることから、著作権法では、応用美術のうち美術工芸品(壺、茶碗、お皿、刀剣など)が保護対象になることを明らかにしたもので、応用美術については、必ずしも著作権法による保護範囲は明確ではありません。しかし、判例では、例え大量生産されたおみやげ品でも著作権保護肯定した事例Tシャツデザイン著作権保護肯定した事例などもあり、美術工芸品限らず鑑賞色彩の強いものについて、著作権法上の保護認め傾向あります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美術の著作物」の関連用語

美術の著作物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



美術の著作物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2021 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS