IEEE 802.11とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > IEEE 802.11の意味・解説 

アイトリプルイー‐はちまるにてんいちいち【IEEE 802.11】


IEEE 802.11

読み方アイトリプルイーはちまるにーてんいちいち
別名:IEEE 802.11規格IEEE 802.11 standardIEEE 802.11bIEEE 802.11aIEEE 802.11gIEEE 802.11nIEEE 802.11n draftIEEE 802.11n ドラフトdraft n11b11a11g11n11n draft11n ドラフトドラフトn

IEEE 802.11とは、IEEE電気電子学会)が定めた無線LAN国際規格総称である。利用する電波の周波数通信速度によっていくつかの規格分かれている。ここでは広くIEEE 802.11とその派生規格について記す。

パソコン用無線LANとして事実上一番最初登場した規格は、1999年策定されIEEE 802.11bである。2.4GHz帯周波数使って最大11Mbpsの通信速度実現し無線LAN普及足がかりとなった今でも無線LANスタンダード的な存在として、パソコン用無線LAN機器だけでなく、ゲーム機携帯型端末などにも搭載されている。

一方、ほぼ同時期規格化されIEEE 802.11aでは、11bよりも高速な通信速度54Mbpsを実現した。しかし、11b違って5GHz帯周波数使っているため、先に普及した11bとの互換性がなく、11bネットワーク環境に取り込むにはアクセスポイント入れ替え必要だった

これに対し2003年登場したIEEE 802.11gは、11aと同じ通信速度54Mbpsを、11bと同じ2.4GHz帯実現したことから11b互換性保ち相対的に古い11bネットワーク環境との混在容易になった。

2008年現在より2009年にかけて次期無線LAN規格であるIEEE 802.11n取りまとめられる予定となっており、通信速度さらなる高速化などが見込まれている。規格ドラフト案が既に公開されていることから、そのドラフト案、通称ドラフトn」に対応した無線LAN機器機器内蔵したパソコン登場している。

接続インターフェースのほかの用語一覧
IEEE:  バイトモード  標準化団体  IEEE 1394  IEEE 802.11  IEEE 802.3  IEEE802.3標準  ISAバス

IEEE 802.11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 10:03 UTC 版)

IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)は、IEEEにより策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つである。無線局免許不要で使えるものも多い。


注釈

  1. ^ サブキャリアの本数は52→56(ただしうち4本はパイロット信号用のため、実質的には48→52)に増え、最大の符号化率は3/4→5/6に向上した。これに伴い、最大伝送速度の理論値は (52/48)×(5/6)/(3/4) = 65/54倍になった。
  2. ^ 1シンボル当たりのデータ送信時間は 3200 ns のため、このオプションを利用すれば、最大伝送速度の理論値はさらに (3200 + 800) / (3200 + 400) = 20/19 倍になる。
  3. ^ IEEE 802.11n-2009(英語版)を参照
  4. ^ 2011年(平成23年)現在、最大伝送速度が300 Mbpsの無線LANルーターは「11n準拠」、150 Mbpsの無線LANルーターは「n (11n) テクノロジー対応」としてそれぞれ販売されている。
  5. ^ 40 MHzチャンネルボンディング時の802.11nに比べ、データ信号用サブキャリアが108→234本に増えるため、最大伝送速度は234/108 = 13/6倍になる。
  6. ^ 64QAMに比べ、1シンボル当たりのビット数が6bit→8bitに増えるため、最大伝送速度は8/6 = 4/3倍になる。
  7. ^ 1ユーザーに対しては最大4ストリームのため、1つの端末に対する最大速度は4x4 MIMOと同等。下記数値は親機側の通信速度合計の理論値。

出典

  1. ^ 悩ましい無線LANの速度表記” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 日経BP (2003年10月6日). 2008年2月19日閲覧。
  2. ^ a b IEEE SA Standards Board Approvals - 09/10 February 2021”. www.ieee.org (2021年2月9日). 2021年6月13日閲覧。
  3. ^ a b IEEE 802.11ax-2021 - IEEE Approved Draft Standard for Information technology...”. www.ieee.org (2021年5月19日). 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ 井上翔「「Wi-Fi 6E」ついに解禁――総務省が6GHz帯の無線LAN利用を認める省令を公布 即日施行」『ITmedia Mobile』、2022年09月02日 18時30分。2022年9月2日閲覧。
  5. ^ OFFICIAL IEEE 802.11 WORKING GROUP PROJECT TIMELINES” (英語). IEEE Std P802.11be. IEEE (2021年6月11日). 2021年6月13日閲覧。
  6. ^ “アジレント・テクノロジー,無線LANの相互接続性に関する認定機関を開設 2002.5.27_02”. Tech Village. (2002年5月27日). http://www.kumikomi.net/article/news/2002/05/27_02.php 
  7. ^ 総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課基幹通信室. “無線LANの屋外利用について”. www.tele.soumu.go.jp. 電波利用ホームページ. 総務省. 2020年2月21日閲覧。
  8. ^ 「5GHz 帯無線 LAN の周波数変更」に関するガイドライン 第三版”. 一般社団法人電子情報技術産業協会AVC部会 (2010年3月31日). 2011年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月10日閲覧。
  9. ^ 情報通信審議会 情報通信技術分科会 5GHz帯無線アクセスシステム委員会 (2006年11月13日). “5GHz帯無線アクセスシステム委員会 作業班検討結果報告”. 総務省. 2021年1月24日閲覧。
  10. ^ 総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課基幹通信室. “5GHz帯無線アクセスシステム”. www.tele.soumu.go.jp. 電波利用ホームページ. 総務省. 2021年1月24日閲覧。
  11. ^ 特集 5GHz帯無線アクセスの屋外利用開放に期待できること/できないこと”. internet.watch.impress.co.jp. INTERNET Watch. 株式会社インプレス (2002年7月1日). 2021年1月24日閲覧。
  12. ^ 5GHz帯無線アクセスシステムの無線局の利用拡大に係る告示等改正についての意見募集の結果” (日本語). 総務省. 報道資料. 総務省 (2012年11月22日). 2021年1月24日閲覧。
  13. ^ 日本ゼオン株式会社 様” (日本語). 富士通ネットワークソリューションズ. 導入事例. 富士通ネットワークソリューションズ. 2021年1月24日閲覧。
  14. ^ 本社と支社間のデータ通信を無線化” (日本語). DENGYO 日本電業工作株式会社. ソリューション 導入事例. 日本電業工作株式会社. 2021年1月24日閲覧。
  15. ^ 放送映像・FM放送局臨時伝送路” (日本語). DENGYO 日本電業工作株式会社. ソリューション 導入事例. 日本電業工作株式会社. 2021年1月24日閲覧。
  16. ^ 福島県 只見町 様” (日本語). 富士通ネットワークソリューションズ. 導入事例. 富士通ネットワークソリューションズ. 2021年1月24日閲覧。
  17. ^ 恩納村 長距離無線LAN構築” (日本語). 株式会社リウデン. 株式会社リウデン. 2021年1月24日閲覧。
  18. ^ 次世代無線ネットワークシステム 5GHz帯無線アクセスシステムのご提案”. Toa 東亜株式会社. 東亜株式会社. p. 13 (2013年2月). 2021年1月24日閲覧。
  19. ^ 沖縄県宜野座村地域限定ブロードバンドサービス”. 宜野座村. 沖縄県国頭郡宜野座村. 2021年1月24日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ a b 変調方式 256QAM, 符号化率 5/6, GI 400 nsの時。青字はWave2規格で追加されたもの。
  21. ^ 総務省、無線LANを高速化するために電波法を改正」『日経クロステック(xTECH)』、2007年6月29日。2022年11月24日閲覧。
  22. ^ IEEE802.11nはどうして一気に300Mbpsの速度になったの?” (日本語). ASCII.jp. 今が買い時! IEEE802.11n対応無線LAN機器: 第1回. ASCII.jp. p. (3/4) (2010年1月14日). 2013年11月15日閲覧。
  23. ^ LAN-WH450N/GR”. ロジテックダイレクト. ロジテックINAソリューションズ株式会社. 2012年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月5日閲覧。
  24. ^ 清水 理史 (2010年3月1日). “IEEE 802.11nでPCも家電もゲームもおまかせ! 高速&お手軽な最新無線LANルーターに買い換えよう” (日本語). INTERNET Watch. 株式会社インプレス. 2010年10月10日閲覧。
  25. ^ Wi-Fi Alliance® affirms core Wi-Fi CERTIFIED™ 802.11n program tests will not change for September update”. www.wi-fi.org. Press. Wi-Fi Alliance (2009年7月23日). 2009年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月11日閲覧。
  26. ^ 金子寛人 (2012年5月2日). “これでいいのか“汚れた”無線LAN”. 日経BP PC Online. http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20120329/1044715/ 2012年12月18日閲覧。 
  27. ^ depro-user. “IEEE 802.11p” (日本語). 株式会社デプロ. 2017年5月18日閲覧。
  28. ^ 公益社団法人自動車技術会(PDF) 『ITSの標準化 2015』2015年9月。ISSN 2189-5643http://www.jsae.or.jp/01info/its/2015_bro_j.pdf2017年5月18日閲覧 
  29. ^ “WIRELESS JAPAN 2006 – 携帯、無線LAN関係規格の開発・標準化動向 2 802.11aベースで車同士の通信を行うIEEE802.11p”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2006/07/20/wj1/001.html 2017年5月18日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ 11nの10倍以上! 次世代無線LANの802.11acとは?” (日本語). @IT. 解剖! ギガビット無線LAN(1). アイティメディア株式会社 (2013年3月11日). 2013年11月15日閲覧。
  31. ^ 永沢 茂 (2008年11月4日). “60GHz帯を使って最大3Gbps、NICTらが超高速無線LANシステム”. INTERNET Watch. インプレス. 2013年11月15日閲覧。
  32. ^ 松元 英樹 (2012年8月6日). “【IEEE 802.11ad/WiGig】60GHz帯を使い近距離の機器間で高速通信” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 図解で分かる無線通信. 2013年11月15日閲覧。
  33. ^ 人見 高史「4-3 ネットワーク Wi-Fi の最新技術動向」 『インターネット白書2013-2014』http://iwparchives.jp/files/pdf/iwp2014/iwp2014-ch04-03-p201.pdf2016年10月2日閲覧 
  34. ^ Wi-Fi Alliance® introduces Wi-Fi 6”. www.wi-fi.org. Wi-Fi Alliance. 2020年2月19日閲覧。
  35. ^ Shankland, Stephen. “Here come Wi-Fi 4, 5 and 6 in plan to simplify 802.11 networking names” (英語). CNET. CNET. 2020年2月19日閲覧。
  36. ^ Goodwins. “Next-generation 802.11ax wi-fi: Dense, fast, delayed” (英語). ZDNet. 2019年2月20日閲覧。
  37. ^ Gold, Jon. “FAQ: What you need to know about 802.11ax, the next big Wi-Fi standard” (英語). Network World. https://www.networkworld.com/article/3048196/mobile-wireless/faq-802-11ax-wi-fi.html 2017年8月22日閲覧。 
  38. ^ Dignan, Larry (2018年1月8日). “D-Link, Asus tout 802.11ax Wi-Fi routers, but you'll have to wait until later in 2018”. zdnet. https://www.zdnet.com/article/d-link-asus-tout-802-11ax-wi-fi-routers-but-youll-have-to-wait-until-later-in-2018/ 2018年4月14日閲覧。 
  39. ^ Goodwins. “Next-generation 802.11ax wi-fi: Dense, fast, delayed” (英語). ZDNet. 2019年2月20日閲覧。
  40. ^ Goodwins. “Next-generation 802.11ax wi-fi: Dense, fast, delayed” (英語). ZDNet. 2019年2月20日閲覧。
  41. ^ Wi-Fi Alliance® brings Wi-Fi 6 into 6 GHz”. www.wi-fi.org. Wi-Fi Alliance. 2022年8月9日閲覧。
  42. ^ Introduction to 802.11ax High-Efficiency Wireless” (英語). NI. ホワイトペーパー. ナショナルインスツルメンツ (2022年11月10日). 2016年10月1日閲覧。



IEEE 802.11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 23:21 UTC 版)

「IEEE 802.11」の記事における「IEEE 802.11」の解説

英語では "I triple E eight O two dot eleven"(アイトリプルイー エイトオーツー ドット イレブン)という形で発音され省略する場合には単に "dot eleven"(ドットイレブン)と呼称される規格である。日本語では「はちまるにい てん いちいち」と呼ばれることが多い。1997年IEEE最初に規格統一された無線LAN規格物理レイヤ規格MACレイヤ規格から主に構成され一つMACレイヤ規格複数物理レイヤ規格サポートするのが特徴である。2.4 GHz帯無線だけでなく、赤外線物理レイヤサポートする規格具体的に物理レイヤとして、スペクトラム拡散のうち周波数ホッピング方式 (FHSS) のもの、直接拡散方式 (DSSS) のもの、および赤外線方式のものの3種類が規定されている。伝送速度物理レイヤでの理論値1 M、2 Mbps実現MACレイヤについてはCSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) 方式用いているのが特徴である。CSMA/CA方式は "Listen Before Talk" 方式であり、人間例えると「話す前に聞け」という原理基づアクセス制御方式である。すなわち、自分パケット信号送信しよう思ったならば、まずはアンテナ他の装置パケット信号出していないかどうかを、良く確かめてから送信するという極めて単純な機構採用したアクセス制御方式である。CSMA/CA方式2.4 GHz帯のように干渉互いに与えない範囲での独立なチャネルが4チャネルしか取れない場合に、自分以外のアクセスポイント親局)が自律分散的(つまり隣近所事前計画的なチャネル設定等を行わずに)に動作させる上で、簡単かつ実際的なアクセス制御方式であり、この後繋が一連の無線LAN発展基礎をなす概念である。 暗号化技術としてはWEP利用想定されていた。

※この「IEEE 802.11」の解説は、「IEEE 802.11」の解説の一部です。
「IEEE 802.11」を含む「IEEE 802.11」の記事については、「IEEE 802.11」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IEEE 802.11」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IEEE 802.11」の関連用語

IEEE 802.11のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IEEE 802.11のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIEEE 802.11の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIEEE 802.11 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIEEE 802.11 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS