韓語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 韓語の意味・解説 

かん ご [0] 【韓語】


から ことば 【唐語・韓


朝鮮語

(韓語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 19:58 UTC 版)

大韓民国の韓国語と朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮語の学術表記




  1. ^ 中国語ではよく「韓語」と省略。
  2. ^ ドイツ語の場合、ドイツオーストリアスイスの三カ国の文部省が共同で正書法の改訂に携わる制度があり、すくなくとも書面語におけるドイツ語の一体性は国境をこえて保持されている[要出典]
  3. ^ たとえば朝鮮総督府が発行した朝鮮語教科書がある。
  4. ^ なお、例外的な場合として、一部の熟語でのみ異なる発音になるもの(例: 識の通常の発音は식であるが、熟語「標識」においては지と発音される。)や姓に用いられる場合にのみ異なる発音になるもの(金の通常の発音は금であるが、姓「金」においては김と発音される。)がある。

出典

  1. ^ 日韓外相会談” (日本語). 外務省. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ 首都圏の人口、史上初めて韓国全体人口の50%を突破(ハンギョレ新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年1月10日閲覧。
  3. ^ 韓国系アメリカ人」『Wikipedia』2019年12月19日。
  4. ^ 신민재 (2012年7月21日). “중국내 조선족 183만명..20년새 4.6% 감소” (朝鮮語). 연합뉴스. 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ 朝鮮語専攻|外国語学部|大阪大学”. www.sfs.osaka-u.ac.jp. 2020年1月10日閲覧。
  6. ^ 日本が承認していない国一覧」『Wikipedia』2019年12月29日。
  7. ^ 【遊中亞】流放中亞的朝鮮族 不諳韓語最愛泡菜”. Apple Daily 蘋果日報. 2019年7月3日閲覧。
  8. ^ 韓語交流協會”. www.io.gov.mo. 2019年7月3日閲覧。
  9. ^ 精選書摘 (2018年10月11日). “韓國人也不知道的韓語知識:掛電話時為何要說「您請回去」?” (中国語). The News Lens 關鍵評論網. 2019年7月3日閲覧。
  10. ^ “韩国语学堂”布局中国北疆:搭建韩语普及平台_手机搜狐网”. m.sohu.com. 2019年7月3日閲覧。
  11. ^ 韓国語の表現力、スピーチで競う 10月、参加者募集 県立名護屋城博物館|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE” (日本語). 佐賀新聞LiVE. 2019年7月3日閲覧。
  12. ^ 韓国語” (日本語). 明治大学. 2020年1月10日閲覧。
  13. ^ 韓国語専攻 | 神田外語大学” (日本語). 神田外語大学 - 外国語を学ぶなら. 2020年1月10日閲覧。
  14. ^ “令和のインターナショナル新人” 日本語・英語・韓国語を操るPOP/R&BシンガーNOAがデビュー(エキサイトミュージック)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年1月10日閲覧。
  15. ^ 韓国語コース(2019年4月開設)の学び” (日本語). 城西国際大学. 2020年1月10日閲覧。
  16. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年1月7日). “【韓国メディアの苦悩(5)】<新事業編>広告費は“みかじめ料” デジタルの未来阻む慣習” (日本語). 産経ニュース. 2020年1月10日閲覧。
  17. ^ 13カ国語、窓口にタブレット通訳 四日市市役所” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2020年1月10日閲覧。
  18. ^ TWICE MOMO認愛後首現身 子瑜韓語可愛口音萌翻天” (中国語). tw.news.yahoo.com. 2020年1月10日閲覧。
  19. ^ 【麻辣上選】遇「英文」「韓語」夾殺 老宋秀法文 扳回一城” (中国語). 蘋果新聞網. 2020年1月10日閲覧。
  20. ^ 发自首尔, Bbc埃文斯. “记者来鸿:韩国语真比其他语言好学?” (中国語). BBC News 中文. 2020年1月10日閲覧。
  21. ^ 多语种在线学习APP多邻国用户量达1500万,日语、韩语用户增长最快”. baijiahao.baidu.com. 2020年1月10日閲覧。
  22. ^ 駐日韓国文化院 Korean Cultural Center”. www.koreanculture.jp. 2019年7月3日閲覧。
  23. ^ 文嬉眞. “北朝鮮における言語政策 「第 l 次・第 2 次金日成教示」の分析”. 愛知学院大学学術紀要データベース. p. 135. 2019年7月3日閲覧。
  24. ^ 野間秀樹(2010)『ハングルの誕生』平凡社新書、165ページ。
  25. ^ 東海大学コリア語研究室大東文化大学国際関係学部上智大学帝京大学、2015.6.6閲覧
  26. ^ 『綜合教育教科書 : 各科教授法・教育制度・学校管理法. 乙』帝国地方行政学会、1923年、朝鮮語教育及び漢文の推進(朝鮮語教授の要旨の項)、NDLJP:924525/47




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韓語」の関連用語

韓語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



韓語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝鮮語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS